筆王 早割。 しまうまプリントの年賀状を投函代行で注文してみた【クーポンあり】|ミシガン駐妻ブログ

プリントパックの年賀状印刷の口コミ・評判は?料金・クーポンコード・早割キャンペーンまとめ【2020年】

筆王 早割

もくじ: 好きな所から読めるよ• 年賀状がスマホでできる無料アプリおすすめ4選 年賀状をスマホで作ることができるなら年末の忙しい時期に作らなくても、 毎日の通勤時間やちょっとした待ち時間で作ることが可能なので年末は逆に楽ですよね。 でもどれを使えばいいのでしょうか?年賀状の作成アプリはそれほど違いはありませんが、作りやすくて簡単なものをお届します。 みんなの筆王 出典: テンプレートが3,000種類ありデザイン豊富なアプリ。 デザインやスタンプも自由自在でオリジナリティのある年賀状が作れます。 作った年賀状はそのままネットプリントに出すことも可能! 保存して別で印刷もできますが、宛名は印刷できません。 使うボタンが少ないため、感覚的&簡単に作りたい人にはおすすめ。 好きなデザインテンプレートを見つけたら、写真やスタンプ、文字などを貼り付けていくだけで年賀状が作れます。 つむぐ 出典: つむぐの デザインはかわいいし、なんだかプロが作った感じのおしゃれな年賀状!というようなデザインが多め。 写真を使えるテンプレートも豊富で思わず「これいいな!」と思ってしまうデザインがあるので、 デザイン重視の人にはおすすめです。 そのままネットプリントに出せますが、 保存して別の所で印刷もOKです。 ただしネットプリントを使わずに保存して別で印刷する場合は、メアドとアカウントを作らなければなりません。 また 宛名印刷は有料でしてくれますが、自分では登録はできても印刷はできません。 100種類程のデザインと他にもスタンプなどがあります。 宛名はハガキなどの住所を写メる(制限あり)と登録されますが、 アプリ版は印刷できず完全注文のWEB版で使用できます。 裏面だけセブンイレブンでの印刷も可能です。 また印刷をネットプリントで注文したい人はWEB版というものをダウンロードするとネット注文ができますよ。 しかし 宛名登録にはメアドや生年月日などの登録が必要です。 書体はゴシック、明朝、手書き風、楷書、デザインの5種類しかありません。 しかしスタンプとデザインが充実しているので文字にこだわりがなければ問題ないと思います。 ただ 印刷はネットプリントのみの選択しかありません。 ネットプリントをする予定で デザインのいい年賀状を探したい人にはおすすめです。 年賀状アプリでのコンビニ印刷は宛名印刷はできません。 裏面印刷ができるコンビニはセブンイレブンのマルチコピー機がある店舗になります 印刷の方法ははがきデザインキットとみんなの筆王&つむぐとはちょっと違います。 コンビニ印刷のメリット コンビニ印刷のメリットとデメリットをいくつか あげますね。 使いようではコンビニ印刷はかなり便利です。 宛名印刷ができないので枚数が多い人には手書きになり辛い• 印刷に時間がかかる場合、ちょっと迷惑な人の視線を浴びる• コンビニに出かけないとダメ• セブンイレブンしかできないので、近くにない人には不便• 自宅プリントよりはきれいだが、ネットプリントよりは劣る• ネットプリントの早割や激安のサイトよりは高くなる場合もあり 宛名印刷は表面に住所や名前が書かれた印刷イメージ画面を1人ずつPDFにして、印刷時に1枚ずつ指定すれば印刷はできるのですが、アプリではできずパソコンを使えばできます。 しかしかなり面倒でおすすめできません。 それでは年賀状アプリでお決まりの様に付いている、ネットプリントではどちらが安くて手間が掛からないのでしょうか? Sponsored Link コンビニ印刷とネットプリントどちらがお得? コンビニ印刷とアプリについているネットプリントはどちらがお得なのか?をまとめてみました。 ネットプリントの代金はいくつかのサイトの大体中間の金額で設定しています。 またインク代も純正品でないものを使えばかなり安くなります。 ネットプリントとコンビニ印刷は、1,140円の違いですが、ネットプリントサイトによって金額や決まりが違いますので、依頼するネットプリントサイトの金額設定や決まりはよく確認してください。 サイトによって高くなったり安くなったりします。 ネットプリントの注意点 ネットプリントは便利ですが、いくつか確認しておいた方がいい事があります。 ネットプリントサイトによっては、宛名印刷を別料金で取るところもあります。 ネットプリントサイトは安いところも結構あります。 早割キャンペーンなどが使えると安くなります。 年末にデータを渡す期限があり、間に合わないと年明けの印刷になります。 配送料は急ぎの場合、高くなります。 期限があること、宛名印刷が別料金?、配送料の違いなどサイトによって違いますので、その点はしっかりチェックしてくださいね。 まとめ 年賀状を無料でスマホから作成できる時代になりましたが、宛名印刷をしようとするとネットプリントに出さないと印刷できないなど、少し面倒なことも多いようです。 自宅のプリンターはインク代だけでできますが、画質の満足度が落ちますし、手間もかかります。 セブンイレブンでの印刷は裏面だけできますが、宛名はできません。 しかし時間を問わず印刷ができその場で仕上がるので便利です。 アプリから年賀状を作成して、そのまま印刷の注文ができるネットプリントは画質がキレイで手間いらず それぞれに特徴がありますので、どれにすれば自分に合っているか?を考えて選び、年賀状を作成してくださいね^^.

次の

【2020年】年賀状アプリのおすすめ比較人気ランキング10選【無料・安い・自宅印刷OK】

筆王 早割

いよいよ2020年(令和2年)子(ねずみ)の年賀状が郵便局から発売開始になりました!この年賀状発売イベントがあると、「年末が近づいてきたなあ」と毎年感じます。 これから年賀状を作成する際にぜひご利用ください。 特に郵便局の年賀状無料テンプレートはいつも通りなかなかハイクオリティで、様々な無料テンプレートが用意されています。 これならわざわざ素材集を買わなくてもよさそう。 また、併せて年賀状作成に便利なパソコン用フリーソフトや、iPhone, iPad, Androidで使える年賀状作成アプリもまとめています。 ぜひこちらもご活用ください。 ちなみに年賀状の配達受け付けは12月15日(日)からで、 元日(1月1日)に年賀状を届けるためには2019年12月25日(水)までに投函すると良いそうです。 それと、今年も経費削減で1月2日の年賀状配達は無いようです。 そして、みんな楽しみな年賀状当選番号の抽選・発表は、2020年1月19日(日)です。 今年のお年玉商品は、特等が「東京2020オリンピック招待チケット」、1等が「現金30万円又は電子マネー31万円分」、2等が「ふるさと小包等」、3等が「お年玉切手シート」となっています。 皆さん、貰った年賀状は大切に保管しておきましょう。 お年玉商品を確認するページへのリンクも紹介していますので、良かったご利用くださいね。 我が家の家族写真入り年賀状の作成方法:SNS(LINEなど)やメールで年賀状を送る際にも便利! 我が家では毎年、子供の写真を中心に年賀状を作成しています。 最近はプリンターの性能も上がっていますが、インク代や仕上がりを考え、我が家ではいつも写真データを「gimp2」で作成し、それを「」の「自分でデザインする年賀状」でプリントしてもらっています。 年賀状を買う手間もないし、基本料金も安くておすすめです! また、一度印刷用のデータを作れば、これをLINEやメール、SNSなどで送付することも可能です。 ぜひ皆さん挑戦してみてくださいね! 基本的な使い方はこんな感じ。 使う写真(家族写真など)を選別• 年賀状作成ソフトを起動。 我が家では「筆王」を使用していますが、「ペイント」や「GIMP」などでも問題ありません。 写真を開き、適正なサイズに合わせる。 文字などを装飾。 場合によっては無料の年賀状素材を活用しても良いでしょう。 保存 という流れでオリジナル年賀状を作っています。 後は作成した写真データを「カメラのキタムラ」に送信して申し込むだけ。 慣れれば非常に簡単です。 また、この作成した年賀状データをLINEやメールで送れば、簡易の年賀状としても喜ばれると思いますよ。 仕上がりは光沢があり、なかなか良い感じ。 家庭用プリンターでの印刷代金と比較し、ご自身の環境に応じて検討してみてくださいね。 思わぬ人から年賀状が届いた際などに余裕があると便利ですよ。 勿論、必要枚数きっちり申し込み、追加分は家にあるプリンターで印刷でも良いと思います。 年賀状作成はお早めに! 管理人は毎年「まだ時間があるから明日でいいや」の繰り返しで、いつも年賀状の投函がギリギリになりがちです。 そしていざ年賀状作りを始めてみると、去年使っていた年賀状作成ソフトの使い方が分からなくなっていたり、素材集めに苦労したり、住所の訂正や確認に手間取ったりと、意外と時間も手間もかかるものです。 という事で、皆さん早めに年賀状を作成し、余裕を持って年末を過ごしましょう。 今回の記事が少しでもお役に立てば光栄です。

次の

■【ソースネクスト】: 最新の「筆まめ」「筆王」「宛名職人」がお得に購入できる早割キャンペーン実施中!

筆王 早割

もくじ: 好きな所から読めるよ• 年賀状がスマホでできる無料アプリおすすめ4選 年賀状をスマホで作ることができるなら年末の忙しい時期に作らなくても、 毎日の通勤時間やちょっとした待ち時間で作ることが可能なので年末は逆に楽ですよね。 でもどれを使えばいいのでしょうか?年賀状の作成アプリはそれほど違いはありませんが、作りやすくて簡単なものをお届します。 みんなの筆王 出典: テンプレートが3,000種類ありデザイン豊富なアプリ。 デザインやスタンプも自由自在でオリジナリティのある年賀状が作れます。 作った年賀状はそのままネットプリントに出すことも可能! 保存して別で印刷もできますが、宛名は印刷できません。 使うボタンが少ないため、感覚的&簡単に作りたい人にはおすすめ。 好きなデザインテンプレートを見つけたら、写真やスタンプ、文字などを貼り付けていくだけで年賀状が作れます。 つむぐ 出典: つむぐの デザインはかわいいし、なんだかプロが作った感じのおしゃれな年賀状!というようなデザインが多め。 写真を使えるテンプレートも豊富で思わず「これいいな!」と思ってしまうデザインがあるので、 デザイン重視の人にはおすすめです。 そのままネットプリントに出せますが、 保存して別の所で印刷もOKです。 ただしネットプリントを使わずに保存して別で印刷する場合は、メアドとアカウントを作らなければなりません。 また 宛名印刷は有料でしてくれますが、自分では登録はできても印刷はできません。 100種類程のデザインと他にもスタンプなどがあります。 宛名はハガキなどの住所を写メる(制限あり)と登録されますが、 アプリ版は印刷できず完全注文のWEB版で使用できます。 裏面だけセブンイレブンでの印刷も可能です。 また印刷をネットプリントで注文したい人はWEB版というものをダウンロードするとネット注文ができますよ。 しかし 宛名登録にはメアドや生年月日などの登録が必要です。 書体はゴシック、明朝、手書き風、楷書、デザインの5種類しかありません。 しかしスタンプとデザインが充実しているので文字にこだわりがなければ問題ないと思います。 ただ 印刷はネットプリントのみの選択しかありません。 ネットプリントをする予定で デザインのいい年賀状を探したい人にはおすすめです。 年賀状アプリでのコンビニ印刷は宛名印刷はできません。 裏面印刷ができるコンビニはセブンイレブンのマルチコピー機がある店舗になります 印刷の方法ははがきデザインキットとみんなの筆王&つむぐとはちょっと違います。 コンビニ印刷のメリット コンビニ印刷のメリットとデメリットをいくつか あげますね。 使いようではコンビニ印刷はかなり便利です。 宛名印刷ができないので枚数が多い人には手書きになり辛い• 印刷に時間がかかる場合、ちょっと迷惑な人の視線を浴びる• コンビニに出かけないとダメ• セブンイレブンしかできないので、近くにない人には不便• 自宅プリントよりはきれいだが、ネットプリントよりは劣る• ネットプリントの早割や激安のサイトよりは高くなる場合もあり 宛名印刷は表面に住所や名前が書かれた印刷イメージ画面を1人ずつPDFにして、印刷時に1枚ずつ指定すれば印刷はできるのですが、アプリではできずパソコンを使えばできます。 しかしかなり面倒でおすすめできません。 それでは年賀状アプリでお決まりの様に付いている、ネットプリントではどちらが安くて手間が掛からないのでしょうか? Sponsored Link コンビニ印刷とネットプリントどちらがお得? コンビニ印刷とアプリについているネットプリントはどちらがお得なのか?をまとめてみました。 ネットプリントの代金はいくつかのサイトの大体中間の金額で設定しています。 またインク代も純正品でないものを使えばかなり安くなります。 ネットプリントとコンビニ印刷は、1,140円の違いですが、ネットプリントサイトによって金額や決まりが違いますので、依頼するネットプリントサイトの金額設定や決まりはよく確認してください。 サイトによって高くなったり安くなったりします。 ネットプリントの注意点 ネットプリントは便利ですが、いくつか確認しておいた方がいい事があります。 ネットプリントサイトによっては、宛名印刷を別料金で取るところもあります。 ネットプリントサイトは安いところも結構あります。 早割キャンペーンなどが使えると安くなります。 年末にデータを渡す期限があり、間に合わないと年明けの印刷になります。 配送料は急ぎの場合、高くなります。 期限があること、宛名印刷が別料金?、配送料の違いなどサイトによって違いますので、その点はしっかりチェックしてくださいね。 まとめ 年賀状を無料でスマホから作成できる時代になりましたが、宛名印刷をしようとするとネットプリントに出さないと印刷できないなど、少し面倒なことも多いようです。 自宅のプリンターはインク代だけでできますが、画質の満足度が落ちますし、手間もかかります。 セブンイレブンでの印刷は裏面だけできますが、宛名はできません。 しかし時間を問わず印刷ができその場で仕上がるので便利です。 アプリから年賀状を作成して、そのまま印刷の注文ができるネットプリントは画質がキレイで手間いらず それぞれに特徴がありますので、どれにすれば自分に合っているか?を考えて選び、年賀状を作成してくださいね^^.

次の