金田一耕助 三つ首塔 犯人。 悪魔の手毬唄〜三つ首塔

横溝正史「三つ首塔」金田一シリーズ全巻読破の私が評価に苦労した作品!

金田一耕助 三つ首塔 犯人

俳優の古谷一行はテレビドラマで金田一耕助を多く演じている人気の俳優です。 「古谷一行の金田一シリーズ」として毎日放送系列で制作されるほどで、古谷一行が当たり役として認知されていたことを証明しています。 原作通りの和服にハットをかぶって大きなカバンを持つ姿は視聴者に金田一耕助とはそのような人物なんだと、印象付けたと言っても良いでしょう。 そんな古谷一行が演じた金田一耕助シリーズは、「犬神家の一族」や「夜歩く」はもちろん、短編小説の「女怪」や「殺人鬼」「死仮面」といった作品まで幅広く演じています。 実際にテレビドラマで頻繁に放送された金田一耕助シリーズは多くの人気を集め、これをきっかけに原作を読んでみようと小説にいきついたファンも多くいます。 最初から原作に入りにくいという方には、これら映像から入ることもおすすめです。 短編のようにすぐ終わってしまうものよりも、ゆっくり、 じっくりと推理を楽しみたいという方には長編作品がおすすめです。 もともと、金田一耕助シリーズの作品は1946年から「宝石」「男女」「新青年」「キング」といった雑誌に連載されていました。 そして長編作品では本陣殺人事件が1946年4月から12月、獄門島が1947年1月から1948年10月、夜歩くが1948年2月から1949年12月、八つ墓村が1949年から1951年1月、犬神家の一族が1950年1月から1951年5月までと、どの作品も1年から2年で完結しています。 長編小説としてはとても読みやすいスパンとなっており、金田一耕助シリーズの作品は、飽きずに読み終えることができる点が特徴です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 短編集のため、時間をかけずに読み切ることができる点も魅力です。 その内容は近年のストーカーを連想させるストーリーで、主人公の八代竜介を語りてとしてストーリーが進行します。 ストーリーに様々なひねりがあり、結末の意外な展開もさすが横溝正史とうならせる、なかなか手の込んだ推理小説として高い評価を得ています。 獄門島へのプロローグとして今でも高い人気を誇る力作です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 本作は昭和35年という設定で、金田一シリーズの中では 比較的に新しい時代です。 軽井沢の別荘地を舞台に、 怪奇色を抑えて描かれています。 『犬神家の一族』や『獄門島』のように、 第二次世界大戦や血縁などが重要な要素になってくる作品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 金田一最後の事件として知られています。 発表された作品では『悪霊島』が最後ですが 、金田一が最後に解決する事件はこの『病院坂の首縊りの家』の事件です。 未解決事件が発生した事件が発生した場所で、再度事件が起こるというストーリー。 20年に亘った事件を解決し、金田一は姿をくらませてしまいます。 本格推理としての評価は低いものの、 金田一の生き様が描かれたファン必見の作品です。 amazon. rakuten. shopping. yahoo. html? 同時に、 金田一耕助シリーズ最後の作品でもあります。 まさにシリーズの集大成とも呼べるでしょう。 金田一耕助シリーズを締めくくる本作の舞台は、シリーズではおなじみの岡山。 岡山県警の 磯山警部の過去や活躍が見どころです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 『八つ墓村』や『不死蝶』と同じく、 洞窟でも事件が起こります。 過去の事件との因果関係や 複雑な人間関係を楽しめる作品です。 登場人物が多いので、 読者が推理するのは容易ではありません。 読んだあとにスッキリとすることも特徴です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 冒頭でも八つ墓村を思い出す描写があり、関連性を示唆してくることが特徴です。 『女王蜂』『鴉』『幽霊座』とのつながりもあるので、一緒に読むことをおすすめします。 過去の犯人と思われる人物が名前を変えて登場するという、 金田一耕助シリーズによくある流れも魅力的な作品といえます。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 映像化された作品に比べて影が薄く、忘れられてしまいがちな作品ですが、非常に面白い作品です。 『面白倶楽部』1958年7月号から一年間に亘って掲載されていた本作は、 怪人が登場する作品です。 江戸川乱歩を彷彿とさせますが、最後まで真犯人探しで盛り上がるのが本作の特徴といえます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. サスペンス色が強く、ドラマチックなストーリー展開が魅力的で、石坂浩二が金田一耕助を演じて有名になった人気作品です。 一目見ただけで男を虜にするという妖艶な女性をヒロインにし、彼女をめぐる様々な情念が交差する様子から読者は次第に目が離せなくなっていきます。 犬神家の一族や八つ墓村のような首無し死体というような凄惨なシーンは抑えられ、膨大な数の登場人物が入り乱れるといったこともないため、比較的混乱しないで読みやすく、 最初に金田一耕助シリーズを選ぶにはおすすすめの人気小説です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 少女時代に両親をなくし、伯父宅に引き取られたヒロインに、遠縁の玄蔵老人からの遺産、それも百億円相続の話が舞い込んできます。 しかしそれには見知らぬ謎の男との結婚が条件でした、思いもかけない事態にとまどうヒロインの周辺で次々と殺人事件が起こります。 おぞましい世界観にぞくぞくしますが、 横溝正史が初めて推理小説にロマンスの融合を試みた作品として語り継がれているおすすめの作品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 「我、近く汝のもとに赴きて結婚せん」という奇妙な手紙と写真が、古神家の令嬢八千代のもとにまいこんだ。 三日後に起きたキャバレー「花」での画家狙撃事件という内容です。 作品内にはいたるところに伏線が張り巡らされており、トリックを駆使した極上の推理小説になっています。 最後まで犯人がわからず、真相を知った時の衝撃は思わず声を上げたくなるほどです。 全く予想がつかないようなあっと驚く結末が用意されているおすすめの推理小説です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 岡山と兵庫の県境、四方を山に囲まれた鬼首村が舞台です。 たまたまここを訪れた金田一耕助は、村に昔から伝わる手毬唄の歌詞どおりに、死体が異様な構図をとらされた殺人事件に遭遇するという内容です。 人間関係が複雑ですが、どの登場人物にも細かく丁寧に焦点が当てられており、 知らず知らずのうちに感情移入してしまうところもあります。 金田一耕助独特の魅力も随所に見ることができるおすすめの人気作品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 戦後直後の昭和時代の没落貴族に巻き起こる悲惨すぎる惨劇を描いており、ドロドロした人間関係が余計に作品の気持ち悪さを煽っています。 読ませるストーリー、伏線の忍ばせ方、衝撃の結末と、巧みなストーリー展開に引き込まれる人気作品で、なんとも言えない読後感に包まれます。 タイトルの悪魔とはいったい誰なのか?そしてなぜ悪魔になってしまったのか?「 悪魔が来たりて笛を吹く」は、その動機の部分に最大の焦点があてられた作品になっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. この作品で 第1回日本推理作家協会賞を受賞した力作として日本にその名を轟かせました。 江戸時代からの宿場本陣の旧家、一柳家を舞台に、その婚礼の夜に響き渡った、ただならぬ人の悲鳴と琴の音。 離れ刺しでは新郎新婦が血まみれになって参殺されていたという内容です。 名探偵金田一耕助の登場で、密室殺人、数々の伏線、驚きのトリックなど、これぞミステリー小説と呼ぶにふさわしい名作に仕上がっています。 さらに著者独特のおどろおどろしい雰囲気がデビュー作から炸裂し、多くのファンを集めました。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo.

次の

金田一耕助シリーズ

金田一耕助 三つ首塔 犯人

window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition.

次の

[mixi]【ネタバレ注意!】 意外な犯人、意外なト

金田一耕助 三つ首塔 犯人

ストーリー [ ] 宮本音禰(みやもとおとね)は、13歳のときに両親を亡くし、伯父の某私立大学文学部長でである上杉誠也にひきとられた。 昭和30年 9月17日、音禰は、遠縁に当たる佐竹玄蔵老人の百億円に近い財産を、高頭俊作という見知らぬ男と結婚することを条件に譲られることになっていることを告げられる。 その1ヵ月後の10月3日。 上杉伯父の還暦祝いの夜に、の最初の事件が起こる。 その連続殺人事件は、玄蔵老人が、かつて死に追いやった2人の男と自らの合せて3人の首を供養するために建てたという蓮華供養塔「三つ首塔」に起因していた。 解説 [ ] 本作は、ヒロイン音禰による回想手記の形をとっている。 そのため『』同様、の出番は少ない。 つねに合理的解決を厳守する横溝正史としては、やや珍しい終わり方をする。 その理由について、原稿枚数の都合で合理的な結末を展開できなかったと作者自身が語っている。 作者は本作を自選ベスト10の8位に挙げている。 ただし、自選は7位までで8位以下は文庫本の売れ行き順であり、「(8位以下の作品を)ベスト10に入れるとなると躊躇せざるをえない」とも記している。 登場人物 [ ]• 金田一耕助(きんだいち こうすけ)…私立探偵• 等々力大志(とどろき だいし)…警視庁警部• 宮本音禰(みやもと おとね)…「私」、百億円のに選ばれる。 佐竹玄蔵(さたけ げんぞう)…大富豪、音禰に遺産を相続させようとする、偽名は陳和敬• 佐竹彦太(さたけ ひこた)…玄蔵の長兄、故人• 佐竹善吉(さたけ ぜんきち)…玄蔵の次兄で音禰の曾祖父、故人• 宮本省三(みやもと しょうぞう)…音禰の父、国文学者、故人• 宮本節子(みやもと せつこ)…音禰の母で善吉の孫、故人• 上杉和子(うえすぎ かずこ)…節子の姉で音禰の養母、善吉の孫、故人• 上杉誠也(うえすぎ せいや)…和子の夫で音禰の養父、某私立大学の文学部長• 上杉品子(うえすぎ しなこ)…誠也の姉• お茂(おしげ)…上杉家女中• 佐竹建彦(さたけ たてひこ)…節子の弟で音禰の叔父、善吉の孫• 武内大弐(たけうち だいじ)…山師、玄蔵に殺される。 武内潤伍(たけうち じゅんご)…大弐の孫• 高頭省三(たかとう しょうぞう)…玄蔵の共同出資者、大弐殺しの罪を着せられになる。 高頭俊作(たかとう しゅんさく)…高頭省三の曾孫• 高頭五郎(たかとう ごろう)…高頭省三の曾孫で俊作の従兄弟• 笠原薫(かさはら かおる)…彦太の曾孫、アクロバットダンサー、芸名はナンシー笠原• 笠原操(かさはら みさお)…彦太の曾孫で薫の妹、アクロバットダンサー、芸名はカロリン笠原• 島原明美(しまばら あけみ)…彦太の曾孫、バー「BON・BON」のマダム• 古坂史郎(ふるさか しろう)…明美の愛人• 佐竹由香利(さたけ ゆかり)…彦太の玄孫、オリオン座の芸者• 鬼頭庄七(きとう しょうしち)…由香利の養父• 根岸蝶子(ねぎし ちょうこ)…彦太の曾孫で花子の双子の姉、紅薔薇座の芸者、芸名はヘレン根岸• 根岸花子(ねぎし はなこ)…彦太の曾孫で蝶子の双子の妹、紅薔薇座の芸者、芸名はメリー根岸• 志賀雷蔵(しが らいぞう)…紅薔薇座支配人、蝶子と花子の愛人• 黒川(くろかわ)…黒川法律事務所所長• 法然(ほうねん)…蓮華供養塔(三つ首塔)の和尚、同性愛者• 岩下三五郎(いわした さごろう)…私立探偵 映画 [ ] 1956年版 [ ] 『 三つ首塔』はに公開された。 、監督は小林恒夫、。 主演は。 詳細は「」を参照 テレビドラマ [ ] 1972年版 [ ] 『 いとこ同志』は、の「」(毎週火曜日21時30分 - 22時26分)でからまで放送された。 全6回。 遺産相続資格者は一條玄蔵(原作の佐竹玄蔵)の孫娘たちで、一條百合(原作の宮本音禰)のみが男系で他は女系である。 建彦という名は百合の亡父と設定されていて、百合の父方の伯叔父母は登場しない。 女系の孫娘たち(原作の佐竹彦太末裔)は3姉妹の娘5人(双生児設定は無し)に整理されていて(原作登場人物名の一部は玄蔵の娘たちの名に割り当てられ登場しない)、各々に男がついている。 高杉卓也と次郎(原作の高頭俊作と五郎)は兄弟で、父親が冤罪で死刑となっていた。 スタッフ• 企画 - 小坂敬• プロデューサー - 高橋靖二、中尾孝道• 音楽 -• 脚本 -• 監督 -• 撮影 - 岩佐一泉• 美術 - 松井敏行• 録音 - 橋本文雄• 照明 - 宮崎清• 編集 - 井上治• 製作担当 - 高木正幸(1回)、長尾茂久(2 - 6回)• 助監督 - 岡本弘• 記録 - 中尾寿美子• 結髪 - 加藤つや子• 衣裳 - 東京衣装• 映広音響• 高津映画装飾• 東京テレビアート• 衣裳協力 -• 製作 - キャスト• 金田一 - 登場せず• 一條百合(原作の宮本音禰) - 、一條玄蔵の長男建彦の娘20歳• 上野誠也 - 、国文学者、一條百合の伯母上野奈美子の夫43歳、金田一の謎解きの代わりに自らが罪を告白する。 高杉卓也 - 、一條玄蔵の遺言状の中で、百合が全財産を相続する条件として、高杉卓也と結婚することとされていた。 高杉次郎 - 、卓也の弟• 佐竹かほる - 、百合の従姉(一條玄蔵の三女佐竹和子の娘)26歳• 佐竹由香利 - 、百合の従妹(一條玄蔵の三女佐竹和子の娘)18歳• 志賀節子 - 、百合の従姉(一條玄蔵の次女笠原蝶子の娘)32歳• 志賀幸二 - 、志賀節子の夫35歳• 古坂史郎 - 、島原明美の情人19歳• 鬼頭庄七 - 、佐竹由香利のマネージャー32歳• 辻森源三 - 、佐竹かほるの情人、不動産業者• 島原明美 - 、百合の従姉(一條玄蔵の長女島原花子の娘)36歳• 島原操 - 、百合の従姉(一條玄蔵の長女島原花子の娘)33歳• 神山光司 - 、島原操の情人36歳• 黒川弁護士 -• 雨宮刑事 - 、捜査責任者• 小倉刑事 - 、雨宮刑事の部下• 小田刑事 -• ジュン - 宮野リエ、高杉次郎の仲間のフーテン娘• ナレーター - 1977年版 [ ] 『 ・三つ首塔』は、でからまで毎週土曜日22時 - 22時55分に放送された。 全4回。 基本的に原作通りにストーリーが進むが、細かい設定が多々省略されている。 具体的には、堀井敬三の多様な変装、音禰が上杉家から出奔したときの詳細経緯、志賀雷蔵から逃げ出す際の鍵入手および古坂史郎との遭遇、ヤミ屋パーティでの堀井の負傷、古坂史郎から逃げ出すときの詳細経緯、三つ首塔発見後の近辺での情報収集、井戸に落ちた後の食糧事情などが省略されている。 また、堀井敬三の各々の隠れ家に管理人が居ることは科白で語られるが、音禰からの電話を取り次ぐ以外には登場しない。 原作が宮本音禰の手記であるゆえに描写できていない、金田一が上杉誠也を追いかけて三つ首塔に達した経緯・古坂史郎による武内家としての恨みの独白・終盤での古坂史郎たちの仲間割れが具体的に映像化されている。 なお、上杉誠也は三つ首塔へ向かう前に音禰への恋愛感情を金田一に指摘されており、三つ首塔近くでも宿屋で金田一に対峙し、原作のように姿を隠してはいない。 原作では高頭俊作は高頭省三の、古坂史郎は武内大弐の各々曾孫だが、黒川弁護士は前者を、金田一は後者を各々「孫」と説明している。 一方、宮本音禰は原作通り佐竹善吉の曾孫である。 その他、以下のような原作からの変更がある。 佐竹玄蔵の遺産は100億円ではなく10億円である。 俊作と音禰は巻物に同時に手形を押していた。 原作では11歳と6歳だが、本作の巻物に記載された年齢は5歳と3歳である。 上杉の還暦パーティで音禰は洋装であり、プレゼンテーターとして目立つ役割を担っている。 高頭俊作(実は五郎)の死体は階段で発見される。 佐竹彦太の末裔は堀井と金田一が分担して見つけ出した。 佐竹由香利の舞台はスローテンポであり、笠原姉妹は原作の描写ほどのアクロバットではない。 ヤミ屋のパーティに金田一が事務所員・かねを同伴して潜入しようとして警察に逮捕されてしまう。 警察の手入れが入ったのは堀井が密告したからである。 俊作と音禰が井戸から救出された後、建彦のほか薫も呼ばれる。 品子は現れない。 音禰が見た由香利と史郎に絞殺されそうになる夢は、2人が旅館の中へ侵入してくるものであり、そのとき実際に俊作が絞殺されかかっていた。 由香利の絞殺死体は作業小屋に寝た状態で発見され、史郎の絞殺死体は自殺に偽装されていた。 由香利と史郎の殺害現場で金田一が謎解きを始め、上杉が三つ首塔へ向かって歩き始めたのを皆が追いながら話が続き、全てが明らかになってから上杉が塔へ飛び込む。 原作のような後日談は無い。 キャスト• 金田一 -• 宮本音禰 -• 上杉誠也 -• 佐竹建彦 -• 佐竹由香利 -• 法然和尚 -• 島原明美 -• 古坂史郎 -• 笠原薫 -• 志賀雷蔵 -• 鬼頭庄七 -• 高頭俊作 -• かね -• 日和警部 -• 等々力刑事 -• 弁護士 -• 上杉夫人 - スタッフ• 監督 -• 脚本 - 岡本克己 1988年版 [ ] 『 ・三つ首塔』は、の「」(毎週土曜日21時2分 - 22時51分)でに放送された。 双生児設定の登場人物は各1人に変更されていて、音禰と俊作以外の遺産相続資格者は、高頭明美(原作の島原明美)、武内操(原作の笠原操)、武内蝶子(原作の根岸蝶子)、佐竹由香利の4人である。 佐竹由香利の義父は鬼頭ではなく鬼川庄七である。 玄蔵の遺産は数千億円で、ひとりあたりの利子だけで毎月一千万円ほどになる。 玄蔵が3家の末裔に遺産を遺すとした事情は、金田一が玄蔵の故郷に行って調査した結果に基づく推理として語る。 岩下三五郎に代えて岩下史郎というダンサーが登場し、還暦祝賀パーティーでダンスを披露していて、パートナーの操が毒殺される。 その後は原作の古坂史郎の役割を負っている。 序盤で蝶子と組んで音禰を拉致しようとし、そのあと蝶子が殺害される。 音禰が逃避行する設定は無い。 堀井に命じれられて明美の手元にある三つ首塔の写真を入手に行くが岩下に遭遇、クローゼットからは明美の死体が出てきた。 音禰は何とか逃げ出し、写真の裏の地図に従って堀井と共に三つ首塔へ向かう。 三つ首塔の和尚が同性愛者であった設定は無い。 由香利は単に弄ばれていた恨みから岩下の協力を得て鬼川の頸に縄をかけ、音禰と堀井を突き落とした井戸に吊して絞殺した。 そのあと上杉が岩下と由香利を殺害しようとするが、両親を亡くしていた由香利の境遇が音禰に重なったため止めを刺せなかった。 高頭俊作として殺害されたのは武内慎一(原作の潤伍)であった。 アメリカで俊作を殺害して成りすまそうとしたが、俊作は死なず堀井五郎を名乗っていた。 キャスト• 金田一 -• 宮本音禰 -• 上杉誠也 -• 佐竹由香利 -• 堀井五郎 -• 岩下史郎 -• 等々力警部 -• 1993年版 [ ] 『 ・三つ首塔』は、の「」(毎週月曜日21時 - 22時54分)でに放送された。 原作とは全く無関係なストーリーである。 登場人物の氏名は原作が元になっているが、家族関係や性格設定は特に継承されていない。 「音禰」という人物が「俊作」という人物との結婚を条件に「玄蔵」という人物の遺産を相続できるという設定と、「三つ首塔」に遺産の被相続人・被相続人による過去の殺人被害者・冤罪による死者の3人の木像が祀られているという設定は維持されている。 昭和25年、金田一耕助は黒川弁護士の代理で座光寺玄蔵の遺言状を執行するため京都丹波の法師村を訪れた。 相続条件である結婚相手の宮本俊作は、座光寺音禰の妹・由香利と恋仲であった。 俊作と由香利は駆け落ちしようとするが、由香利が殺害される。 さらに島村(音禰の叔母・蝶子の内縁の夫)、音禰の父・雷蔵、蝶子が殺害される。 由香利、雷蔵、蝶子は首が持ち去られ、三つ首塔に置かれていた。 俊作の母・薫は玄蔵に殺害された武内大弐の娘で、音禰は雷蔵の養女であり薫が玄蔵に強姦されて産んだ娘であった。 その強姦の現場を目撃していた島村は薫から金と体を強請っていた。 事件は薫と巡査・古坂史郎(冤罪による死者・高頭善吉の息子)による復讐であった。 薫は音禰を殺害したうえ三つ首塔で焼身自殺した。 キャスト• 金田一 - 古谷一行• 座光寺音禰 -• 座光寺雷蔵 -• 座光寺由香利 -• 座光寺蝶子 -• 座光寺玄蔵 -• 島村今朝三 -• 宮本薫 -• 宮本俊作 -• 古坂巡査 -• 等々力警部 - スタッフ• プロデューサー - 細井保伯、浜井誠• ディレクター・監督 -• 脚本 - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の