パチンコ動画 youtube。 日直 島田(公式サイト)優等生台み〜つけた♪

日直 島田(公式サイト)優等生台み〜つけた♪

パチンコ動画 youtube

撮影に使うのはスマホで十分。 大抵の動画はスマホ撮影なんです。 動画の撮影というと、「ハンディカムや特殊な道具を買い揃えないといけないと無理なんじゃないか」 と思う方がいらっしゃいます。 しかし、実はそういった特殊な道具はいりません。 基本的にはスマホがあれば、それだけで十分に動画撮影ができます。 実は以下の6つの理由により、スマホで動画を撮影することが今主流となっているんです。 既に所持しているケースが多いので、余計なコストがかからない。 カメラの質が高いものが多いので、綺麗に取れる。 日ごろ使っているので、操作がしやすい。 周辺機器が充実していて、安価な道具が多い。 よほど複雑な動画でない限り、動画編集がスマホ内で完結できてしまう。 動画編集やYouTube関連アプリが充実している。 尚この記事では、所持率の高いスマホを使うことを前提に書いてゆきますが 既にハンディカムがある方は、それをつかってももちろんOKです。 手ぶれ防止に欲しいもの 動画を撮影する上で気を付けたいのが 手振れです。 画面が揺れてしまうと、見ていて気持ち悪くなってしまう為 視聴されませんので注意しましょう。 基本的な撮影スタイルは両手でわきを締め、カメラを体に引き寄せて、一本の柱のように立つ撮り方です。 また、何かに寄りかかり撮影者がぶれないように併せて工夫するのも手振れ防止に役立ちます。 たいていの場合は、この撮影方法で十分でしょう。 まずは、身近なものを撮影して慣れてくださいね。 安価なゴリラポッドがおすすめ 対談動画等あなた自身を撮影する際、スマホやカメラを固定することが必要になりますよね。 第三者にお願いするのもアリですが、長時間になると、どうしても疲れからブレてきてしまうので あなた自身を離れた距離から撮影する際にお勧めするのが三脚です。 その三脚の中でも特に、 ゴリラポッドという道具をお勧めします。 これをお勧めする理由は3つあります• 安価である。 価格が安いので揃えやすいです。 コンパクトである。 持ち運びにも便利ですし、収納も簡単です。 柔軟性がある。 タコみたいな形の足が自在に動きますので、様々な固定の仕方ができます。 上記のように使うことができるので、結構応用範囲が広いです。 色んな角度で撮影することも出来ます。 自宅で撮影するにしても、野外で撮影するにしても、かなりオススメですね。 移動しながら撮影するなら、手ブレ防止用アプリ『Hyperlapse』と、自撮り棒を使おう 屋外で移動しながら動画の撮影をすることもあると思います。 しかし、 移動しながら動画撮影をするときは三脚では手振れ防止はできません。 その際には スタビライザーどいう道具を使うと 手振れを最小限に抑えることができます。 『』をおすすめする理由ですが、以下の3つです。 風防止のウィンドジャマーが付いている• かなり音を拾ってくれるし、雑音を防いでくれる• 音を拾う角度を調整することが出来る という、3つが主な理由。 1,風防止用のウィンドジャマーが付いている 屋外で音声付きの動画を撮影する際に注意をしたいのが風切音。 何も対策をしない状態で撮影をすると、風切音がボーボー入り音声がとても聞き取りにくくなってしまいます。 視聴者にとって、ボーボーとする風切音はとても不快に感じてしまうので屋外での撮影時には気を付けたいところなんですよねー。 なので、以下のような市販のウィンドジャマーという風防を装着することで防ぐことが出来ます。 屋外での撮影が多いのであれば、マイクと合わせて購入しておくとよいでしょう。 先ほど紹介した『』であれば、そもそもウィンドジャマーも一緒についているので別途買う必要はありません。 2,かなり音を拾ってくれるし、雑音を防いでくれる もう一つ優れたところは、かなり音を拾ってくれるというところ。 iPhoneのデフォルトマイクだとなかなか拾えないような距離でも、結構余裕で拾ってくれます。 iPhoneデフォルトのマイクで撮影した動画だと、特に声が聞こえづらいんです。 だから、いつもアプリで音を大きくして公開するしかありませんでした。 ただねえ、iPhoneのデフォルトマイクは、雑音をキレイに拾ってくれるんですよね涙 だから、雑音も大きくなり、結局は使いものにならないという…。 だから、音も拾えて雑音も防いでくれるというのは、iPhoneで撮影するにあたって必須の機能だと僕は思っています。 3,音を拾う角度を調整することが出来る もう一つの特徴として、音を拾う角度を調整することが出来るというところ。 要するに、指向性に優れているんですね。 超指向性マイクのように厳密ではないのですが、90度・120度 といった角度で調整することが出来ます。 90度にすると、後ろ側の音をあまり拾わなくなるので、正面だけ音を拾いたいって時に最適です。 120度にすると、後ろ側の音も拾うようになるので、臨場感をより出したい時に120度にするイメージですね。 という感じで、正直『』、最高です。 僕のマイクがまさにそうなんですが、こんな感じで折れちゃっています涙。

次の

【パチンコ編】動画サイトyoutubeおすすめチャンネル2019

パチンコ動画 youtube

youtubeなどの動画投稿サイトで人気の高いコンテンツとして有名なのが「 パチスロ実践動画」。 人気パチスロライターやyoutuber ユーチューバー なんかが、こぞってパチスロ動画をアップしていますよね。 かくいう僕もパチスロ実践動画は大好きで、時間があるときなんかは結構見てます。 「パチスロを打つお金はないけど、最新台ってどんな感じなのか気になる」• 「実際に自分も打ってるような気持ちになれる」 ってことで、パチスロ動画を見ている人も多いんじゃないでしょうか? 今回は数あるパチスロ実践動画の中から、 個人的に「マジで面白い!」と思った人気のおすすめパチスロ実践動画をランキングにしてみました。 どれもyoutubeから厳選したものですので、気になるものがあればすぐにでも無料で視聴可能ですよ。 パチンコ初心者のための立ち回り解説記事を公開中! 元パチンコ店員だからこそ書ける、立ち回り解説を集約しています。 参考記事: スポンサードリンク パチスロ実践動画のおすすめ人気ランキング【youtube編】 現在youtubeだけでも、本当に数多くのパチスロ実践動画がアップされ続けています。 youtubeのコンテンツの中でも人気の高い「パチスロ実践動画」。 そんな 無数にあるパチスロ実践動画の中から再生回数の多いものをピックアップし、ランキングにしてみました。 どれも人気のあるオススメしたいパチスロ実践動画になっていますので、もしまだ見たことがない動画があった際には一度ご覧になってみてください。 それでは、まいります! 第7位:松本バッチの成すがままに! 松本バッチさんは元薬剤師として活躍されていましたが、パチスロライターになるため一念発起して退職。 それくらいパチスロ大好き。 パチスロ愛にあふれるライターさんです。 ほぼ毎日のように全国のどこかのお店で収録をしているくらい、多忙な松本バッチさん。 とにかく楽しそうにパチスロを打つ松本バッチさんの実践動画は見ていてとても楽しい気分になりますよ。 人気パチンコ・パチスロ情報番組「山口レバーオン」の司会者としても有名ですね。 最近はこういった顔にペイントをして出演するyoutuberこそ増えていますが、パチスロ実践動画の演者となれば別。 今までにないキャラクターから一度見たら忘れない、インパクトの強い動画となっています。 それにトークがめちゃくちゃ面白い。 そして、その面白さが安定してるんですよ。 台本ありきの演出や勢いに任せたトークではなく、どの動画を見てもトークがコンスタントに面白いってのが魅力的です。 もちろん、パチスロ歴も20年以上で知識や経験はかなり豊富。 実践中に出てくるパチスロ談義なんて個人的にかなり好きですね。 数少ない女性の実践者ですね。 元気はつらつで初々しい感じがすごく好印象です。 見ていて応援したくなっちゃうんですよ。 またパチスロ実践動画を見る人って比較的男性が多いんで、そういった意味でも数少ないパチスロ実践動画の演者として人気なのでしょう。 特別可愛いってわけでもなく、上の下くらいの程よく手が届きそうな可愛さというのも魅力の1つなのかもしれません。 なぎささんのパチスロ実践動画はなんと第3回にして、260万回再生を記録しています。 まさかこれって….

次の

スロパチステーションの最新動画|YouTubeランキング

パチンコ動画 youtube

撮影に使うのはスマホで十分。 大抵の動画はスマホ撮影なんです。 動画の撮影というと、「ハンディカムや特殊な道具を買い揃えないといけないと無理なんじゃないか」 と思う方がいらっしゃいます。 しかし、実はそういった特殊な道具はいりません。 基本的にはスマホがあれば、それだけで十分に動画撮影ができます。 実は以下の6つの理由により、スマホで動画を撮影することが今主流となっているんです。 既に所持しているケースが多いので、余計なコストがかからない。 カメラの質が高いものが多いので、綺麗に取れる。 日ごろ使っているので、操作がしやすい。 周辺機器が充実していて、安価な道具が多い。 よほど複雑な動画でない限り、動画編集がスマホ内で完結できてしまう。 動画編集やYouTube関連アプリが充実している。 尚この記事では、所持率の高いスマホを使うことを前提に書いてゆきますが 既にハンディカムがある方は、それをつかってももちろんOKです。 手ぶれ防止に欲しいもの 動画を撮影する上で気を付けたいのが 手振れです。 画面が揺れてしまうと、見ていて気持ち悪くなってしまう為 視聴されませんので注意しましょう。 基本的な撮影スタイルは両手でわきを締め、カメラを体に引き寄せて、一本の柱のように立つ撮り方です。 また、何かに寄りかかり撮影者がぶれないように併せて工夫するのも手振れ防止に役立ちます。 たいていの場合は、この撮影方法で十分でしょう。 まずは、身近なものを撮影して慣れてくださいね。 安価なゴリラポッドがおすすめ 対談動画等あなた自身を撮影する際、スマホやカメラを固定することが必要になりますよね。 第三者にお願いするのもアリですが、長時間になると、どうしても疲れからブレてきてしまうので あなた自身を離れた距離から撮影する際にお勧めするのが三脚です。 その三脚の中でも特に、 ゴリラポッドという道具をお勧めします。 これをお勧めする理由は3つあります• 安価である。 価格が安いので揃えやすいです。 コンパクトである。 持ち運びにも便利ですし、収納も簡単です。 柔軟性がある。 タコみたいな形の足が自在に動きますので、様々な固定の仕方ができます。 上記のように使うことができるので、結構応用範囲が広いです。 色んな角度で撮影することも出来ます。 自宅で撮影するにしても、野外で撮影するにしても、かなりオススメですね。 移動しながら撮影するなら、手ブレ防止用アプリ『Hyperlapse』と、自撮り棒を使おう 屋外で移動しながら動画の撮影をすることもあると思います。 しかし、 移動しながら動画撮影をするときは三脚では手振れ防止はできません。 その際には スタビライザーどいう道具を使うと 手振れを最小限に抑えることができます。 『』をおすすめする理由ですが、以下の3つです。 風防止のウィンドジャマーが付いている• かなり音を拾ってくれるし、雑音を防いでくれる• 音を拾う角度を調整することが出来る という、3つが主な理由。 1,風防止用のウィンドジャマーが付いている 屋外で音声付きの動画を撮影する際に注意をしたいのが風切音。 何も対策をしない状態で撮影をすると、風切音がボーボー入り音声がとても聞き取りにくくなってしまいます。 視聴者にとって、ボーボーとする風切音はとても不快に感じてしまうので屋外での撮影時には気を付けたいところなんですよねー。 なので、以下のような市販のウィンドジャマーという風防を装着することで防ぐことが出来ます。 屋外での撮影が多いのであれば、マイクと合わせて購入しておくとよいでしょう。 先ほど紹介した『』であれば、そもそもウィンドジャマーも一緒についているので別途買う必要はありません。 2,かなり音を拾ってくれるし、雑音を防いでくれる もう一つ優れたところは、かなり音を拾ってくれるというところ。 iPhoneのデフォルトマイクだとなかなか拾えないような距離でも、結構余裕で拾ってくれます。 iPhoneデフォルトのマイクで撮影した動画だと、特に声が聞こえづらいんです。 だから、いつもアプリで音を大きくして公開するしかありませんでした。 ただねえ、iPhoneのデフォルトマイクは、雑音をキレイに拾ってくれるんですよね涙 だから、雑音も大きくなり、結局は使いものにならないという…。 だから、音も拾えて雑音も防いでくれるというのは、iPhoneで撮影するにあたって必須の機能だと僕は思っています。 3,音を拾う角度を調整することが出来る もう一つの特徴として、音を拾う角度を調整することが出来るというところ。 要するに、指向性に優れているんですね。 超指向性マイクのように厳密ではないのですが、90度・120度 といった角度で調整することが出来ます。 90度にすると、後ろ側の音をあまり拾わなくなるので、正面だけ音を拾いたいって時に最適です。 120度にすると、後ろ側の音も拾うようになるので、臨場感をより出したい時に120度にするイメージですね。 という感じで、正直『』、最高です。 僕のマイクがまさにそうなんですが、こんな感じで折れちゃっています涙。

次の