バルコニー。 「ベランダ」と「バルコニー」、その違いは? [部屋探し・家賃] All About

『避難上有効なバルコニー』の構造とは|二以上の直通階段を免除する方法

バルコニー

「バルコニーを作るかどうか迷っています。 バルコニーの無い家というのはあまり見かけませんが、バルコニーが無くて後で困ることはあるのでしょうか?」 読者さんからこのようなバルコニーに関する質問をもらいました。 確かに、平屋の家でもない限りバルコニーが付いている家がほとんどで、バルコニーが無い家というのはあまり見かけないですよね。 サイズは大きいバルコニーから小さいバルコニーまで様々でも、バルコニーが付いている家はたくさんあり、場合によってはバルコニーを作るのが当たり前のように感じてしまうこともあります。 では、家を建てる時にバルコニーは本当に必要なんでしょうか? 今回は家にバルコニーが必要かどうかについて見てみましょう。 その理由は、木造住宅のバルコニーの奥行きは70センチほどであることが多いからなんです。 70センチというと、人がひとり歩けるくらいのスペースです。 決して広いとは言えませんね。 どうしてこんな奥行きのバルコニーが多いかと言うと、木造住宅の場合、バルコニーの下に柱や壁が無い限り、家から1mほどしかバルコニーを跳ね出すことができません。 また、モジュールと言う家を設計する時に基準となる寸法があるのですが、このモジュールの寸法が1m、もしくは1m弱のことがほとんどとなっており、そこに外壁の厚みを考慮するとバルコニーの奥行きは70センチほどになってしまうんですね。 このような理由から、70センチほどの奥行きのバルコニーが多くなる要因となっています。 では、バルコニーの奥行きが少ないと、どのようなデメリットがあるのでしょうか。 バルコニーの奥行きが70センチでも洗濯物は干せますが、例えばバルコニーにエアコンの室外機を置くと、ただでさえ奥行きの狭いバルコニーがより狭くなってしまいます。 バルコニーの奥行きはあまりないけども幅があるので面積は十分と思っていると、思わぬ落とし穴があることもあるんですね。 図面だけだとバルコニーの奥行きは分かりづらいもの。 そのためバルコニーの奥行きは必ず確認しておきたいのと、エアコンの室外機がどこにくるのかもあらかじめ確認しておくと、後で思ったよりもバルコニーの奥行きが狭かった、通路が狭くて使いにくかったという失敗は無くすことができます。 布団を干す時の注意点 次にバルコニーに布団を干す時の注意点を見てみましょう。 バルコニーに布団を干す時、基本的にはバルコニーの手すりの部分に布団を干すことになります。 そのため、バルコニーの手すりをどんな形状にするかで布団の干しやすさは変わってくるんですね。 家を建てる時、普通はバルコニーの手すりまで気にすることはあまりありませんが、いざ布団を干そうと思った時に使いやすさがかなり変わってくるので、この辺りも抑えておきたいポイントです。 一般的には4人家族だと4. 5mくらいバルコニーの幅があると、かなり使いやすい長さと言えます。 (布団1枚に対して1m強が目安です) 布団を干す場合は部屋の窓や布団乾燥機を使うという方法もありますが、バルコニーに布団を干すなら、バルコニーの長さは意識してみてくださいね。 バルコニーに屋根をつける? バルコニーの1番の役割が洗濯物を干すことだと考えると、バルコニーの奥行き、長さの次に屋根を掛けるかどうかを考慮する必要があります。 バルコニーの上に屋根があると、多少の雨なら洗濯物を干しっぱなしでも大丈夫なんですね。 忙しい方や家をよく留守にする方なんかは、バルコニーに屋根があると特に重宝します。 また、屋根のあるバルコニーのことをインナーバルコニーと呼ぶこともあります。 バルコニーは外部ですが、バルコニーに屋根が付いてインナーバルコニーとなると、より家の内部のような使い方ができるようになるので、2階リビングなどバルコニーを庭のように使える場合は、積極的にインナーバルコニーを設けていきたいですね。 屋根を掛けるためには構造材を太くしたり、屋根を支えるための柱や壁が必要になってくるなど、構造的な部分も絡んでくるんですね。 そのため、間取りに制約が出たり費用が多く必要になってしまう点に注意が必要となってきます。 また、バルコニーに屋根があればあるほど、屋根の下は光が入らなくなっていくので、吹抜けを作ったりトップライトを設けるなど何かしらの対応をしないと1階部分には直射日光が入らないというケースも注意したいですね。 バルコニーは外から砂や埃が飛んできて、意外に汚れやすい場所なんですね。 そのため、マメに手すりや物干を拭いたり、バルコニーの掃除をする必要が出てくるのですが、水がないと掃除に意外と手間がかかってしまいます。 そこで活躍するのがバルコニーの水栓。 やはり水が近くに有ると、水で汚れを洗い落とすこともできますし、掃除がかなり楽になります。 これまで家を建てた方の声を聞いても、「バルコニーに水栓をつけておいて良かった」という声もよく聞きます。 バルコニーに水栓をつけるのは効果が高いですし、水栓をつけるだけなら金額もそんなにかからないのもおすすめポイントです。 バルコニー水栓を付けないにしても、バルコニーの近くに手洗いや洗面といった水場があるといいですね。 では、ここで1つ質問です。 どういうケースならバルコニーがなくても大丈夫なのでしょうか? ここまで読んでくれた読者の皆さんなら、もうお分かりですね。 それは、洗濯物を干す場所がバルコニー以外にあること。 これが大前提となります。 室内干しができる広いスペースを確保しているならバルコニーに洗濯物を干す必要はありませんし、敷地にゆとりがあって庭に洗濯物を干せるのであれば、バルコニーがある必然性というのは無くなります。 平屋住宅なんかは敷地が広い場合に建てることが多く、バルコニーがなくても洗濯物には困らないですよね。 それと同じなんですね。 (反対に、洗濯物を干す場所がバルコニーを設けないと無いのであれば、家族の洗濯物を干せるくらいの広さのバルコニーは必須となります) このように、洗濯物を干すのに困ることが無ければバルコニーを付けないという選択をするのもいいですね。 バルコニーを付けると意外といい金額がするので、その分、家の他の部分に予算を掛けることもできますし、家の価格を抑えることができるようになります。 バルコニーに洗濯物を干さなくても困らない方は、バルコニーをつけないという選択肢も「有り」です。 限られた家の予算を有効に使うためにも、何となく当たり前と思っていた事も1度本当に必要かどうか考えてみるのも大切なんですね。 バルコニーが無くて1番困るのは洗濯物を干す場所がないことなので、その洗濯物の問題を解決さえできればバルコニーは必ずしも有る必要はありません。 (もちろん、バルコニーを庭代わりにするなど洗濯物以外にバルコニーを使うなら、バルコニーはつけた方がいいです) バルコニーはほとんどの家に有るので当たり前と思ってしまいがちですが、それは間取りや要望によって変わってきます。 本当にバルコニーが必要なのかどうかを考えながら、無駄のない家にしていきたいですね。 バルコニーについてはこちらも参考にしてください。 家づくりの参考にどうぞ。

次の

www.cygnus.com: バルコニー 目隠し プライバシー バルコンガーデン シェード 簡単設置 カットーUV保護のための装飾カバー500x90cm: ホーム&キッチン

バルコニー

家づくりをしていたり住まい探しをしていると「バルコニー」や「ベランダ」、「テラス」という言葉をよく耳にします。 バルコニーやベランダと言うと何となく家の外の空間というイメージを持つ方も多いと思いますが、この3つの言葉はそれぞれ違う場所を意味しています。 では、バルコニー、ベランダ、テラスの3つの違いとはどのようなものでしょうか? 今回はそんなバルコニー、ベランダ、テラスの違いについて詳しく見ていきたいと思います。 意味の違いを知ることで間取り図で何気なく書かれている言葉の意味が分かるようになりますし、あとで「イメージしてたい物と違ってた」というケースを避けることもできるようになるので、ぜひバルコニー、ベランダ、テラスの違いを覚えてみてくださいね。 harada-kensetsu. バルコニーやベランダは家の外に張り出した空間のことですが、バルコニーとベランダの違いは何なのでしょうか? 実はバルコニーとベランダは上に屋根が有るかどうかで呼び方が違ってきます。 屋根があるとベランダに、屋根が無いとバルコニーという呼び名になるんですね。 例えばマンションであれば上下階が同じ間取りのことがほとんどなので屋根のあるベランダになることが多く、戸建ての家では屋根のないバルコニーとなっているケースが多く見られます。 バルコニー、ベランダどちらの方が良いかはどのようにバルコニーやベランダを使うかによって変わってきます。 たとえばバルコニーは屋根がないので日当たりが良い反面、雨が降るとバルコニーが使えなくなってしまうという一面が、ベランダは屋根があるので雨の日でも洗濯物を干すことができたりプライベート感が出るのでベランダでくつろぎやすくなりますが、部屋の日当たりはバルコニーよりも少なくなり、屋根がある分だけ費用も高くなってしまうという特徴があります。 そのため、洗濯物を基本は室内干しにしたり乾燥機を使うというケースではバルコニーで十分なことも多くなりますし、2階リビングなどで外の空間も頻繁に使うと言うケースでは屋根のあるベランダの方が外をセカンドリビングのように使うことができるようになるなど、家の間取り、生活の仕方によってバルコニー、ベランダどちらの方があなたに合っているかは変わってくるんですね。 ちなみに、間取り図の中にはバルコニー、ベランダの区別をせず「バルコニー」という表現で統一しているケースもよく見受けられます。 バルコニーとベランダを混同するとややこしくなってしまうのと、バルコニーの方が音の響が良いのが大きな要因です。 また、ベランダのことを「インナーバルコニー」と表現して、屋根の有り無しの区別をしているケースもよくあります。 ルーフバルコニーとは簡単に言うと、屋根部分をバルコニーとして使えるようにしたバルコニーをルーフバルコニーと呼びます。 屋根の代わりにバルコニーにしているからルーフバルコニーという訳ですね。 屋上をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。 ルーフバルコニーは屋根をバルコニーにするため広い面積を確保しやすいのが特徴で、広いバルコニーが欲しい場合にはルーフバルコニーは魅力的な選択肢となってくれます。 テラスとは、家の庭にタイルやデッキを敷き詰めて外に出やすくしたスペースの事をテラスと呼びます。 テラスはバルコニーやベランダと同じように家の外に張り出した空間のことですが、テラスは基本的に1階に、2階以上になるとバルコニーやベランダというように呼び名が変わってくるんですね。 最近では屋外空間を家の延長として有効活用するケースも多いので、デッキ敷きやタイル敷きのテラスを作る方もよく見かけます。 例えば、中庭にする場合は中庭部分をテラスにして家から中庭にすぐ出られるようにすることも多いですし、セカンドリビングとして庭を使う場合なんかもテラスにしてLDKとの一体感を強くするケースが多くあります。 また、テラスにはウッドデッキやタイルを敷くことが多いので、庭の手入れをできるだけ少なくする場合もテラスは効果的です。 ここまでバルコニー、ベランダ、ルーフバルコニー、テラスについて見てきたので、1度簡単に1枚の絵にまとめてみたいと思います。 バルコニー、ベランダ、ルーフバルコニー、テラスをまとめると次のようになります。 このような違いを頭に入れながら、家づくりや住まい探しをしてくださいね。 バルコニーをアレンジするなら(余談) 最後に、バルコニーやベランダのちょっとしたアレンジの方法についてもご紹介しておきたいと思います。 バルコニーは通常は外に出やすいように段差を少なくするケースが多いですが、あえて普通とは違うバルコニーを作ってしまうという方法もあります。 次の画像は八女市の「里山のミライをつなぐ集合住宅」という集合住宅ですが、どちらかというとバルコニーと言うよりも窓の外のちょっとしたベンチのような作りになっています。 realfukuokaestate. php? ちなみに室内側から見るとこのような感じになります。 ちょっとした段差を付けて外を眺めるためのスペースになっているんですね。 また、室内側に段差があるので家の中の方を向きながら段差に腰掛けるという使い方も考えられます。 もちろん、小さなお子さんがいる家庭では落ちないようにネットを張ったり外に出ないように注意する必要もありますが、例えばバルコニーを作るスペースがなかったりバルコニーまでは必要なくてもLDKの中に居心地の良い場所が欲しい場合なんかは、このように外に張り出した空間を有効活用するのはとても効果的です。 バルコニーやベランダと一言で言ってもその形はアイデア次第で様々なんですね。 バルコニーやベランダは外に張り出した空間という意味です。 そのため外に張り出した空間にどういうスペースが欲しいのかどうか。 家づくりをする時には一度くらいは考えてみたいですね。

次の

バルコニー

バルコニー

「バルコニーを作るかどうか迷っています。 バルコニーの無い家というのはあまり見かけませんが、バルコニーが無くて後で困ることはあるのでしょうか?」 読者さんからこのようなバルコニーに関する質問をもらいました。 確かに、平屋の家でもない限りバルコニーが付いている家がほとんどで、バルコニーが無い家というのはあまり見かけないですよね。 サイズは大きいバルコニーから小さいバルコニーまで様々でも、バルコニーが付いている家はたくさんあり、場合によってはバルコニーを作るのが当たり前のように感じてしまうこともあります。 では、家を建てる時にバルコニーは本当に必要なんでしょうか? 今回は家にバルコニーが必要かどうかについて見てみましょう。 その理由は、木造住宅のバルコニーの奥行きは70センチほどであることが多いからなんです。 70センチというと、人がひとり歩けるくらいのスペースです。 決して広いとは言えませんね。 どうしてこんな奥行きのバルコニーが多いかと言うと、木造住宅の場合、バルコニーの下に柱や壁が無い限り、家から1mほどしかバルコニーを跳ね出すことができません。 また、モジュールと言う家を設計する時に基準となる寸法があるのですが、このモジュールの寸法が1m、もしくは1m弱のことがほとんどとなっており、そこに外壁の厚みを考慮するとバルコニーの奥行きは70センチほどになってしまうんですね。 このような理由から、70センチほどの奥行きのバルコニーが多くなる要因となっています。 では、バルコニーの奥行きが少ないと、どのようなデメリットがあるのでしょうか。 バルコニーの奥行きが70センチでも洗濯物は干せますが、例えばバルコニーにエアコンの室外機を置くと、ただでさえ奥行きの狭いバルコニーがより狭くなってしまいます。 バルコニーの奥行きはあまりないけども幅があるので面積は十分と思っていると、思わぬ落とし穴があることもあるんですね。 図面だけだとバルコニーの奥行きは分かりづらいもの。 そのためバルコニーの奥行きは必ず確認しておきたいのと、エアコンの室外機がどこにくるのかもあらかじめ確認しておくと、後で思ったよりもバルコニーの奥行きが狭かった、通路が狭くて使いにくかったという失敗は無くすことができます。 布団を干す時の注意点 次にバルコニーに布団を干す時の注意点を見てみましょう。 バルコニーに布団を干す時、基本的にはバルコニーの手すりの部分に布団を干すことになります。 そのため、バルコニーの手すりをどんな形状にするかで布団の干しやすさは変わってくるんですね。 家を建てる時、普通はバルコニーの手すりまで気にすることはあまりありませんが、いざ布団を干そうと思った時に使いやすさがかなり変わってくるので、この辺りも抑えておきたいポイントです。 一般的には4人家族だと4. 5mくらいバルコニーの幅があると、かなり使いやすい長さと言えます。 (布団1枚に対して1m強が目安です) 布団を干す場合は部屋の窓や布団乾燥機を使うという方法もありますが、バルコニーに布団を干すなら、バルコニーの長さは意識してみてくださいね。 バルコニーに屋根をつける? バルコニーの1番の役割が洗濯物を干すことだと考えると、バルコニーの奥行き、長さの次に屋根を掛けるかどうかを考慮する必要があります。 バルコニーの上に屋根があると、多少の雨なら洗濯物を干しっぱなしでも大丈夫なんですね。 忙しい方や家をよく留守にする方なんかは、バルコニーに屋根があると特に重宝します。 また、屋根のあるバルコニーのことをインナーバルコニーと呼ぶこともあります。 バルコニーは外部ですが、バルコニーに屋根が付いてインナーバルコニーとなると、より家の内部のような使い方ができるようになるので、2階リビングなどバルコニーを庭のように使える場合は、積極的にインナーバルコニーを設けていきたいですね。 屋根を掛けるためには構造材を太くしたり、屋根を支えるための柱や壁が必要になってくるなど、構造的な部分も絡んでくるんですね。 そのため、間取りに制約が出たり費用が多く必要になってしまう点に注意が必要となってきます。 また、バルコニーに屋根があればあるほど、屋根の下は光が入らなくなっていくので、吹抜けを作ったりトップライトを設けるなど何かしらの対応をしないと1階部分には直射日光が入らないというケースも注意したいですね。 バルコニーは外から砂や埃が飛んできて、意外に汚れやすい場所なんですね。 そのため、マメに手すりや物干を拭いたり、バルコニーの掃除をする必要が出てくるのですが、水がないと掃除に意外と手間がかかってしまいます。 そこで活躍するのがバルコニーの水栓。 やはり水が近くに有ると、水で汚れを洗い落とすこともできますし、掃除がかなり楽になります。 これまで家を建てた方の声を聞いても、「バルコニーに水栓をつけておいて良かった」という声もよく聞きます。 バルコニーに水栓をつけるのは効果が高いですし、水栓をつけるだけなら金額もそんなにかからないのもおすすめポイントです。 バルコニー水栓を付けないにしても、バルコニーの近くに手洗いや洗面といった水場があるといいですね。 では、ここで1つ質問です。 どういうケースならバルコニーがなくても大丈夫なのでしょうか? ここまで読んでくれた読者の皆さんなら、もうお分かりですね。 それは、洗濯物を干す場所がバルコニー以外にあること。 これが大前提となります。 室内干しができる広いスペースを確保しているならバルコニーに洗濯物を干す必要はありませんし、敷地にゆとりがあって庭に洗濯物を干せるのであれば、バルコニーがある必然性というのは無くなります。 平屋住宅なんかは敷地が広い場合に建てることが多く、バルコニーがなくても洗濯物には困らないですよね。 それと同じなんですね。 (反対に、洗濯物を干す場所がバルコニーを設けないと無いのであれば、家族の洗濯物を干せるくらいの広さのバルコニーは必須となります) このように、洗濯物を干すのに困ることが無ければバルコニーを付けないという選択をするのもいいですね。 バルコニーを付けると意外といい金額がするので、その分、家の他の部分に予算を掛けることもできますし、家の価格を抑えることができるようになります。 バルコニーに洗濯物を干さなくても困らない方は、バルコニーをつけないという選択肢も「有り」です。 限られた家の予算を有効に使うためにも、何となく当たり前と思っていた事も1度本当に必要かどうか考えてみるのも大切なんですね。 バルコニーが無くて1番困るのは洗濯物を干す場所がないことなので、その洗濯物の問題を解決さえできればバルコニーは必ずしも有る必要はありません。 (もちろん、バルコニーを庭代わりにするなど洗濯物以外にバルコニーを使うなら、バルコニーはつけた方がいいです) バルコニーはほとんどの家に有るので当たり前と思ってしまいがちですが、それは間取りや要望によって変わってきます。 本当にバルコニーが必要なのかどうかを考えながら、無駄のない家にしていきたいですね。 バルコニーについてはこちらも参考にしてください。 家づくりの参考にどうぞ。

次の