マンド リカルド 八幡。 マンドリカルドとは

【FGO】マンドリカルドの評価と再臨素材

マンド リカルド 八幡

いいよ 何それ可愛い。 エレシュキガル「マンドリカルドさん!?」 勘違いでよかったかも……。 どうやら修行が足りておらぬようだな。 何、いつもよりは手加減してやる。 後でしばいておこう。 八幡「ちょっと待っててくれ。 少し用事を思い出した」 マンドリカルド「いいっすよ。 俺はずっとここに居るのが日課なんで」 八幡「ありがとな」 そうして、俺はある所へと向かった。 サインが欲しいんだよ」 ヘクトール「何だ、そんなことかい。 それならこのオジサンにどんと任せな!」 八幡「ありがとう。 お礼にこれ貰ってくれ」 ヘクトール「これは何だい?」 八幡「マッ缶っていう奴だ。 ちなみに結構甘い」 ヘクトール「へぇ…ま、ありがたく受けとっておこう」 八幡「ああ。 じゃあ!」 そう言って俺はヘクトールの部屋を出ていった。 [newpage] 八幡「戻ったぞー」 マンドリカルド「……それ何すか」 八幡「これか?これはなぁ……じゃじゃーん!」 マンドリカルド「ッ!これは、ヘクトールのサインッ!!!」 八幡「ああ、そうだよ。 ずっと欲しいって言ってただろ?だから俺が貰ってきたのさ。 ほらよ」 マンドリカルド「ガガガガ、ガチっすか!?や、やばい…俺の手にヘクトールのサインが!!!!!」 八幡「ハハ。 嬉しそうで何よりだ」 マンドリカルド「マジでありがとうございます!!!このご恩は一生忘れませんッ!」 八幡「いや、いいよ。 何かさ、マルドって昔の俺みたいなんだよな。 だからほっとけないっていうか、まぁそんな感じなんだよ。 これからもよろしくな」 マンドリカルド「いや、こちらこそよろしくっす。 やっぱりマスターとは馬が合うっすね」 八幡「そうだな。 まさかマッ缶好きな奴が他にもいたとは思わんかったし。 あ、ちょっとゲームやらないか?」 マンドリカルド「ゲームっすか。 まぁ暇なんでいいっすよ」 八幡「OK。 なんつーか、久しぶりに笑った気が…」 八幡「そりゃよかった。 今日は時間が無いけど、時間あったらまたやろうぜ!」 マンドリカルド「…よろしく頼むっす、マスター!」 拳と拳をぶつけ合う動作をして、友情を確かめ合う儀式をやり、俺とマルドはそれぞれ別れた。 [newpage] イシュタル「ちょっと、早く行きなさいよ。 ああ、行くか」 エレシュキガル「ごめんなさい。 やっぱりダメよ…え?い、いいのかしら!?!?」 八幡「何言ってんだ?そんくらいダメなわけないだろ?」 何かガッツポーズしてる。 んじゃあ、行くか」 エレシュキガル「行くのだわ!」 [newpage] 八幡「これがタピオカか……」 よく分からんな。 ただの黒い玉じゃん。 エレシュキガル「美味しいのだわ!」 八幡「……タピオカが美味しいというよりは、ジュースが美味しいだけな気がするけどな」 エレシュキガル「そうかしら?あ、あれやりたいのだわ!」 そう言ってエレシュキガルが指で示したのは、UFOキャッチャーだった。 八幡「……3回くらいにしてくれよ?」 じゃないと財布が死ぬ。 エレシュキガル「分かっているのだわ!」 1回目…2回目…3回目と立て続けにやった訳だが。 全部当たりを取っていた。 なんて運してんだ、エレシュキガル。 まぁ、女神だから当たり前か。 八幡「よーし、結構暗くなってきたし、そろそろ帰らないか?」 エレシュキガル「最後にあれだけやりたいのだけれど」 八幡「プリクラの事か…いいけど絶対他の奴には見せるなよ。 主に俺が殺される」 エレシュキガル「分かってるわ」 そう言ってエレシュキガルに引っ張られながらプリクラの方へといった。 そうしてプリクラを撮り、俺達はカルデアに帰った。 [newpage] 八幡「おい、スカサハ」 スカサハ「何だ?」 八幡「お前、マルドを串刺しにしたって本当か?」 スカサハ「い、いやぁ……あれは謝ったから良くないか?」 八幡「OK。 to be continued…….

次の

マンドリカルド

マンド リカルド 八幡

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) マンドリカルド(Mandricardo)は、ルネサンス期のによる未完の叙事詩『』、その後を続編という形式をとって描かれたであるの『』、『』の派生作品であるの『』、『』等に登場する人物。 の王族で、アグリカンを父にもつ。 により父が討たれたことをきっかけにの剣であるを求め冒険者となった。 元より粗暴で傲慢な性格であったが、ローランとの決闘後デュランダルを手に入れてからそれに拍車がかかり、自らの装備を過信し、に討たれるという形で命を落とした。 『』では、カンドリマンドという弟とセラウラという妹がいる。 恋するオルランドでのマンドリカルド 3巻より登場。 3巻1章 粗暴な独裁者としてタタールに君臨していたマンドリカルドは、一人の老人からパラディンのローランにより父であるアグリカンが討たれたことを知る。 復讐心に燃えたマンドリカルドは老人の促すまま自らの武勇のみでローランを打倒すると決意し、身分を隠した上武器や馬も持たずにタタールを出国する。 道中(地域にて)武器などを得るため見つけた泉のそばにある天幕に侵入、鎧と馬を奪うも魔術の炎にて下着ごと全て焼かれてしまう。 泉に飛び込んだところで乙女に会い、近くの城にヘクトールの武具(デュランダルを除く)がしまわれているということを教えられ、「あなたにヘクトールの武具を手に入れる勇気があるのなら案内しましょう」と告げられる。 マンドリカルドは一瞬躊躇したがその話に乗り、ヘクトールの武具を手に入れる旅を始めた。 3巻2章 武具を手に入れるためまずマンドリカルドに与えられた試練として、まず捕らわれていたグラダッソ(セリカン王)との戦闘があり、槍を互いに砕きながらもマンドリカルドが勝利。 だが武具を置いてある城に入ることのできる時間が過ぎたため、マンドリカルドは他の城へと宿泊したがそこに巨人が襲来。 戦闘となったがマンドリカルドは巨人を城の水路に叩き落とすという形で倒す。 更に武具のある城では膨大な量の穀物を刈り尽くし、畑の中にある大木を根元から引き抜き、大木を抜いた穴から這い出た大蛇を殺したりと試練を突破。 ヘクトールの鎧などを授けられる。 妖精の主に『デュランダルを手に入れるまで、それ以外の剣を使わない』という誓いを立てさせられた後、ひとまずタタールへと戻る旅を始める。 3巻3章 マンドリカルドはグラダッソと共に旅をしていた。 ある海岸にて乙女ルキアナが縛られているのを発見、海魔オルクへの生贄であることを知りオルクの打倒を決定。 マンドリカルドは策を講じてオルクを巨大な溝の中に落とし、ルキアナを救う。 そのお礼として船に乗せてもらっていたのだが再びオルクが出現、今度はなんとか逃げ切りアクア・モルタ(とを分かつ山の中にある)へと漂着、情報を集めているところでアグラマンテとシャルルマーニュの戦闘に遭遇する。 3巻5章 とはぐれたロジェロに出会う。 マンドリカルドはロジェロの持つ盾(鷲のコート・オブ・アームズが描かれている)を見るや否や「なんの権利をもってその盾を所有している」と詰め寄る。 自らがヘクトールの子孫であることを告げられ、逆になぜ武具の所有権を主張するのかとロジェロに問われる。 マンドリカルドはヘクトールの鎧を手に入れた経緯とを説明し、盾の所有権を巡って決闘しようと持ちかける。 ロジェロはマンドリカルドが剣を持っていないことに気づき戦うことをためらった。 その中にグラダッソが「デュランダルを手に入れる権利は自分にある」と割って入り、互いに近くの木を引き抜いて戦闘。 後にやってきた騎士であるフロリマールによりそれは仲裁されデュランダルの現保持者であるローランの元へと案内すると言われるが、人数が一人多いということで一人不参加になる者をくじで決めたところマンドリカルドがそのはずれを引く。 結果、マンドリカルドは一行と分かれ、単身アグラマンテの野営地へと向かうことになる。 狂えるオルランドでのマンドリカルド 14歌より登場。 14歌 シリアにある魔女の城でヘクトールの鎧を手に入れた武勇譚と、デュランダルを手にするまで他の剣を帯びないと誓ったことが語られる。 ローランを追う最中ロドモンテと結婚する予定であった(スペインの都市)王女ドラリーチェの輿入れ行列を見かけたマンドリカルドは、美人と言われた王女を一目見たいがために襲撃。 「護衛がその任務に相応しいか試す」と謳い警備隊を蹴散らした末に、王女を口説き落として浚っている。 23歌 マンドリカルドは追っていたローランと遭遇。 デュランダルを賭けた決闘を挑む。 デュランダルを木に吊して戦うこととなったが、マンドリカルドを乗せていた馬が暴走し何処かへと走り去ってしまい戦闘は中断した。 ローランはマンドリカルドを追いかけたのだが、途中カタイの美姫であるアンジェリカがイスラム軍の一兵卒と結婚していたことを知った。 24歌 服を脱ぎ捨てデュランダルや愛馬ブリリアドーロも置き去りにし発狂したローラン。 その友人であるの王子ゼルビンが投げ出された装備たちを松の木に立てかけ安直していたのだが、戻ってきたマンドリカルドがデュランダルを強奪。 マンドリカルドの卑劣な行いを止めようとしたゼルビンによりマンドリカルドは強烈な攻撃を受けるも、ヘクトールの鎧に込められた魔力によって傷を負うことなくゼルビンをデュランダルで殺害。 イスラム軍の戦線へ帰るついでに、ローランの名馬ブリリアドーロも強奪している。 途中ロドモンテに遭遇し戦闘へ発展しているが、ここもヘクトールの鎧によって無傷。 だが勝負はつかず、二人はアグラマンテを救出するため休戦している。 26歌 女帝マルフィーザと交戦するが互いの装備している鎧に阻まれ決着がつかず、ここも一度休戦してアグラマンテの救出へと向かうことになる。 道中合流したロジェロの持つ盾を見て「なぜヘクトールのコートオブアームズである鷲の紋章をつけているのか」とふっかけ言い合いになる。 愛馬フロンティーノやドラリーチェについても言い争いが発生し、結果的にマンドリカルド、マルフィーザ、ロジェロ、ロドモンテの4人が乱闘を開始。 今回もアグラマンテの救出のために中断、マルフィーザにマンドリカルドは好敵手と認められる。 この時マンドリカルドはマルフィーザを口説こうとしていたがあっさりと拒まれている。 27歌 先述の4人でフランス軍の包囲網を突破しアグラマンテを救出、シャルルの軍勢をパリまで押し返す。 デュランダルを長らく求めていたグラダッソ、マンドリカルドの手にあるデュランダルを見て所有権を主張。 これがイスラム軍内の不和の種となる。 29歌 ロジェロとの決闘が始まる。 これまでの戦いでヘクトールの鎧が帯びる力を知ったマンドリカルドは慢心し、この戦い勝てるということを確信する。 しかしロジェロが持つ魔剣ベリサルダの『あらゆる守りを貫通する』力の前に敗北。 脇腹から心臓を刺し貫かれ死ぬ間際に、デュランダルでロジェロの頭を打ち二寸ほどをめり込ませている。 そのままマンドリカルドは馬上にて絶命。 このときにデュランダルやヘクトールの鎧、ブリリアドーロなどは奪われている。

次の

#2 その部室に比企谷八幡はもういない

マンド リカルド 八幡

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) マンドリカルド(Mandricardo)は、ルネサンス期のによる未完の叙事詩『』、その後を続編という形式をとって描かれたであるの『』、『』の派生作品であるの『ロドモンテの嫉妬』、『契丹のアンジェリカ』等に登場する人物。 の王族で、アグリカンを父にもつ。 により父が討たれたことをきっかけにの剣であるを求め冒険者となった。 元より粗暴で傲慢な性格であったが、ローランとの決闘後デュランダルを手に入れてからそれに拍車がかかり、自らの装備を過信し、に討たれるという形で命を落とした。 『ロドモンテの嫉妬』では、カンドリマンドという弟とセラウラという妹がいる。 恋するオルランドでのマンドリカルド [編集 ] 3巻より登場。 3巻1章 粗暴な独裁者としてタタールに君臨していたマンドリカルドは、一人の老人からパラディンのローランにより父であるアグリカンが討たれたことを知る。 復讐心に燃えたマンドリカルドは老人の促すまま自らの武勇のみでローランを打倒すると決意し、身分を隠した上武器や馬も持たずにタタールを出国する。 道中(地域にて)武器などを得るため見つけた泉のそばにある天幕に侵入、鎧と馬を奪うも魔術の炎にて下着ごと全て焼かれてしまう。 泉に飛び込んだところで乙女に会い、近くの城にヘクトールの武具(デュランダルを除く)がしまわれているということを教えられ、「あなたにヘクトールの武具を手に入れる勇気があるのなら案内しましょう」と告げられる。 マンドリカルドは一瞬躊躇したがその話に乗り、ヘクトールの武具を手に入れる旅を始めた。 3巻2章 武具を手に入れるためまずマンドリカルドに与えられた試練として、まず捕らわれていたグラダッソ(セリカン王)との戦闘があり、槍を互いに砕きながらもマンドリカルドが勝利。 だが武具を置いてある城に入ることのできる時間が過ぎたため、マンドリカルドは他の城へと宿泊したがそこに巨人が襲来。 戦闘となったがマンドリカルドは巨人を城の水路に叩き落とすという形で倒す。 更に武具のある城では膨大な量の穀物を刈り尽くし、畑の中にある大木を根元から引き抜き、大木を抜いた穴から這い出た大蛇を殺したりと試練を突破。 ヘクトールの鎧などを授けられる。 妖精の主に『デュランダルを手に入れるまで、それ以外の剣を使わない』という誓いを立てさせられた後、ひとまずタタールへと戻る旅を始める。 3巻3章 マンドリカルドはグラダッソと共に旅をしていた。 ある海岸にて乙女ルキアナが縛られているのを発見、海魔オルクへの生贄であることを知りオルクの打倒を決定。 マンドリカルドは策を講じてオルクを巨大な溝の中に落とし、ルキアナを救う。 そのお礼として船に乗せてもらっていたのだが再びオルクが出現、今度はなんとか逃げ切りアクア・モルタ(とを分かつ山の中にある)へと漂着、情報を集めているところでアグラマンテとシャルルマーニュの戦闘に遭遇する。 3巻5章 とはぐれたロジェロに出会う。 マンドリカルドはロジェロの持つ盾(鷲のコート・オブ・アームズが描かれている)を見るや否や「なんの権利をもってその盾を所有している」と詰め寄る。 自らがヘクトールの子孫であることを告げられ、逆になぜ武具の所有権を主張するのかとロジェロに問われる。 マンドリカルドはヘクトールの鎧を手に入れた経緯とを説明し、盾の所有権を巡って決闘しようと持ちかける。 ロジェロはマンドリカルドが剣を持っていないことに気づき戦うことをためらった。 その中にグラダッソが「デュランダルを手に入れる権利は自分にある」と割って入り、互いに近くの木を引き抜いて戦闘。 後にやってきた騎士であるフロリマールによりそれは仲裁されデュランダルの現保持者であるローランの元へと案内すると言われるが、人数が一人多いということで一人不参加になる者をくじで決めたところマンドリカルドがそのはずれを引く。 結果、マンドリカルドは一行と分かれ、単身アグラマンテの野営地へと向かうことになる。 狂えるオルランドでのマンドリカルド [編集 ] 14歌より登場。 14歌 シリアにある魔女の城でヘクトールの鎧を手に入れた武勇譚と、デュランダルを手にするまで他の剣を帯びないと誓ったことが語られる。 ローランを追う最中ロドモンテと結婚する予定であった(スペインの都市)王女ドラリーチェの輿入れ行列を見かけたマンドリカルドは、美人と言われた王女を一目見たいがために襲撃。 「護衛がその任務に相応しいか試す」と謳い警備隊を蹴散らした末に、王女を口説き落として浚っている。 23歌 マンドリカルドは追っていたローランと遭遇。 デュランダルを賭けた決闘を挑む。 デュランダルを木に吊して戦うこととなったが、マンドリカルドを乗せていた馬が暴走し何処かへと走り去ってしまい戦闘は中断した。 ローランはマンドリカルドを追いかけたのだが、途中カタイの美姫であるアンジェリカがイスラム軍の一兵卒と結婚していたことを知った。 24歌 服を脱ぎ捨てデュランダルや愛馬ブリリアドーロも置き去りにし発狂したローラン。 その友人であるの王子ゼルビンが投げ出された装備たちを松の木に立てかけ安直していたのだが、戻ってきたマンドリカルドがデュランダルを強奪。 マンドリカルドの卑劣な行いを止めようとしたゼルビンによりマンドリカルドは強烈な攻撃を受けるも、ヘクトールの鎧に込められた魔力によって傷を負うことなくゼルビンをデュランダルで殺害。 イスラム軍の戦線へ帰るついでに、ローランの名馬ブリリアドーロも強奪している。 途中ロドモンテに遭遇し戦闘へ発展しているが、ここもヘクトールの鎧によって無傷。 だが勝負はつかず、二人はアグラマンテを救出するため休戦している。 26歌 女帝マルフィーザと交戦するが互いの装備している鎧に阻まれ決着がつかず、ここも一度休戦してアグラマンテの救出へと向かうことになる。 道中合流したロジェロの持つ盾を見て「なぜヘクトールのコートオブアームズである鷲の紋章をつけているのか」とふっかけ言い合いになる。 愛馬フロンティーノやドラリーチェについても言い争いが発生し、結果的にマンドリカルド、マルフィーザ、ロジェロ、ロドモンテの4人が乱闘を開始。 今回もアグラマンテの救出のために中断、マルフィーザにマンドリカルドは好敵手と認められる。 この時マンドリカルドはマルフィーザを口説こうとしていたがあっさりと拒まれている。 27歌 先述の4人でフランス軍の包囲網を突破しアグラマンテを救出、シャルルの軍勢をパリまで押し返す。 デュランダルを長らく求めていたグラダッソ、マンドリカルドの手にあるデュランダルを見て所有権を主張。 これがイスラム軍内の不和の種となる。 29歌 ロジェロとの決闘が始まる。 これまでの戦いでヘクトールの鎧が帯びる力を知ったマンドリカルドは慢心し、この戦い勝てるということを確信する。 しかしロジェロが持つ魔剣ベリサルダの『あらゆる守りを貫通する』力の前に敗北。 脇腹から心臓を刺し貫かれ死ぬ間際に、デュランダルでロジェロの頭を打ち二寸ほどをめり込ませている。 そのままマンドリカルドは馬上にて絶命。 このときにデュランダルやヘクトールの鎧、ブリリアドーロなどは奪われている。 関連作 [編集 ] ゲーム『』にて、ライダーのサーヴァントとして初登場。 マイナーであったがそのキャラクター性によって『マンドリカルド』の名を広めるきっかけとなった。

次の