パンチマシン ドッカン。 【ドッカンバトル】DOKKANと叩け!パンチマシン!の2つのおすすめ編成!

まったりゆったりドッカンバトル詳細解説: 【2020/02/20更新】パンチマシンステージ1~3攻略(7777万ダメージ)

パンチマシン ドッカン

日頃育てたキャラクターたちの力試しにもってこいのイベントだ。 逆に言うと高レア高性能な戦士がいないとまともにクリアできない戦いでもあるが…。 ルール ・ステージは3つ 【龍石ステージ】【潜在能力玉ステージ】【ゼニーステージ】の3つに分かれており、それぞれ与ダメージミッションが設定されている。 ・バトルは2ターン 行動できるキャラクターは6体。 1体は行動させることができないので無駄になってしまう。 通常のバトルと同じく、行動キャラクターは開始時にランダム。 ・サポートアイテム使用不可能 ステージ1~3のみの条件 挑戦する場合は【サポートアイテムを外さなければならない】。 制限イベントではアイテム所持してても使えない状態にできているはずだが…? ・ アックマン使用不可能 極低確率ではあるが、ATK10000倍のパッシブスキルを持つアックマンを使うことはできない。 出禁である。 発動しさえすればATK1億を余裕で超えるので仕方ない。 ・計測は一撃の最大ダメージ 計測するダメージは2ターンの間に出した「1回のダメージ量」。 連続攻撃での連続ダメージなどは計測の対象にならず、純粋に【一撃のダメージ】を重視する。 編成 一撃を重視した『 メンバー1体の火力を最大限発揮できる状態を作る』ということをコンセプトにするのが一番重要。 他のパーティメンバー4体は基本的に サポート重視。 気玉変化で盤上の気玉を一色染めしたり、ATKサポートパッシブスキル、リンクスキルなどアタッカーのための編成を組もう。 613 444 423 397 329 320 247 205 204 201 200 188 186 185 175 172 164 162 162 152 150 142 142 137 135 132 129 124 121 119 119 114 112 111 108 108 107 101 100 99 95 94 93 93 86 84 77 76 76 74 74 72 69 69 69 69 67 67 64 64 61 60 59 57 53 53 52 49 47 46 45 45 43 41 41 41 35 35 35 33 32 31 31 30 30 29 29 28 27 26 25 25 25 25 23 23 23 23 21 21 21 19 19 19 19 18 18 18 17 17 16 16 14 13 13 13 12 12 12 10 10 10 10 10 10 9 9 8 8 8 8 8 7 7 7 7 7 6 6 6 6 6 6 6 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1.

次の

【ドッカンバトル】パンチマシンの攻略情報

パンチマシン ドッカン

ドッカンバトル1日2回挑戦できる チャレンジイベント『DOKKANと叩け!パンチマシン!』の攻略まとめです。 ダメージ9999万以上を出す方法を紹介していきましょう。 リーダー・フレンドのリーダースキルが気玉取得に応じてATKアップできるキャラであること• 「たこ焼き」「チライ」「レモ」など気玉変換+ATKアップ効果のあるサポートアイテムを持って行くこと• 味方キャラのATKをアップできるサポートパッシブスキルキャラを編成すること• パッシブスキルで気玉取得に応じてATKアップできるキャラをアタッカーにすること• もしくは超必殺技で超極大ダメージを与えるLRキャラをアタッカーにすること• アタッカーが潜在スキルで「会心」を取得していること• アタッカーのATKを最大限に引き出すリンクスキルを持つキャラも編成する• 得意属性のパンチマシンに攻撃することを忘れずに! では、上記を満たした状態で挑戦してみましょう。 おすすめ編成キャラクター おすすめアタッカー LR超サイヤ人3孫悟空 超必殺技で相手に超極大ダメージ。 超必殺技発動時にATK180%アップ。 パーフェクトセル(極限Z覚醒) 気玉取得につきATK15%アップ。 超サイヤ人3ブロリー ATK100%アップ+気玉取得につきATK10%アップ。 おすすめサポートキャラ 魔人ブウ(純粋) 味方全員のATK50%アップ。 以上を踏まえてパーティー編成するとこんな感じ。 おすすめパーティー編成 アンドロックでは、以下の技属性のパーティー編成を推奨します。 アタッカーには虹になっているパーフェクトセル、LR超サイヤ人3孫悟空を任命!あとはサポートキャラたちです。 味方のATKをアップさせてくれるパッシブスキルを持つキャラがいいですね。 パンチマシンは1キャラが大ダメージを出せばいいので、 サポートキャラはダメージを出す必要が無いんです。 リーダースキルがかかってなくても全然OKです。 パンチマシン9999万ダメージ突破!! まずはアタッカーのところでサポートアイテム「プーアル」を利用し、知気玉と技気玉だけが残る状態にします。 ここでサポートアイテム「たこ焼き」を利用すると、このように全て技気玉になります。 ただし、ランダム変換なので、使っても気玉が変化しない場合があります。 そのときは2回連続で使ってみてください。 そして、全気玉を取得すればこのとおり。 ATK値は3800万超え。 会心も発動し、9999万ダメージを出すことができました!! アタッカーとサポートキャラが並んでいることも条件になってくると思います。 それにしてもこの絵かっこよすぎます・・。 キャラの並び順や「たこ焼き」の変換など、運に左右される部分もありますが、根気強くトライしてみてください!! ドラゴンボールZ ドッカンバトル攻略TOPページ•

次の

まったりゆったりドッカンバトル詳細解説: 【2020/02/20更新】パンチマシンステージ1~3攻略(7777万ダメージ)

パンチマシン ドッカン

平均と言っても、機種が複数あるので 数値にバラツキや設定等 成人平均は、これぐらいと決め付ける事が出来ません。 特に、はじめの一歩機では、 ・センサーを隠す ・パッドを斜めに倒す グローブ等を挟む ・助走を付ける ・マイグローブに鉛を仕込む ・パッド起き上がり直後に打つ バウンドする力を利用して 等のずるい打ち方もありますので、尚更成人男性の…と言う括りは出来なくなってきます。 経年劣化とパンチによる酷使で、最初からパッドが斜めになってしまう物もありますので、これも正確に測れません。 幾つかある中で一歩機が一番信用出来ません。 ネット上にアップされてる動画をよく見て頂けると先に述べた様なやり方をされてる方が多々いるというのが理解できると思います。 小細工をせず、綺麗なストレートでハイスコアを出してる人は滅多に居ません。 大抵は野球投げの様なラリアットです。 パンチ力と質問されているので、ずるい打ち方ですと正確に判定できないと言う答えになります。 同じ条件ではないですので あくまでも自分の周りの友人 格闘技経験者や体格の良いトレーニー 、あとTVなんかでボクサーが遊びでやってたりしたのも含めての一歩機での判断で答えると、ずる無しストレートだと140前後ぐらいが普通、170~190前後ぐらいで強い、200を超えるとハードパンチャーではないでしょうか。 ずるすると、これらの数値が2倍以上になります。 まぁ数値を上げたい人は、数字が命なんでしょう、まぁゲームですので。 やはり正確に測りたいのであれば、ストレート打ちで測らないとってことです。 結局打ち方が違うので、一概に平均は出せません。 もっと言うと、ゲームセンターのマシーンは、パッドがセンサーを通過するスピードで測っていますので、パンチ力とは呼べません。 パッドをより早く移動させるテクニックになります。 kgやtと表示されても実際の単位ではないです パンチ力は、インパクト時に発生する衝撃力を指します。 決して押し込んで物を移動させる力では無いです。 逆に言えば押し込み続けてパッド移動スピードを上げればスコアも上がります。 ラリアットでバットを折ったり、瓦を割ったり等の動画 勿論細工無しで があれば、パンチ力と呼べるのかも知れませんね。 しかし、拳頭を当ててないのでやはりパンチでは無いですね。 話が長くなりましたが、パンチングマシーンの数字はあまり気にしない方がいいです。 実際スコアが高いラリアットは、試合では使いものにならないです。 カウンターの蹴りかパンチで沈みますし、動かない 衝撃が逃げない ターゲットに打てば自分の腕が折れるでしょう。 ゲームとしてのスコアに拘るなら、それで良いですが格闘技などされているのであれば、フォームと体重移動など基礎を身に付けながらマシーンで遊ぶのが理想だと思います 怪我をしない為にも。 それでも正確に自分のパンチを数値化したいのであれば、格闘技などの団体が使用する計測器で測るしかないでしょう。 本物の計測器は、パッドがその場から移動しません。 ダメージを吸収して衝撃力を測っています。

次の