サボン オード パルファン。 サボン オードパルファン

「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

サボン オード パルファン

香水を付ける部位としては、手首や首筋などが定番ですが、SHIRO サボン オードパルファンはオードパルファンで香りの主張も強いため、 付ける部位は1箇所に留めておいた方が無難です。 今回は、香りが分かりやすい手首にワンプッシュしました。 肌に付けてみても、甘さが鼻に残る感覚は変わりありません。 シャンプーのような、車の消臭剤のような香りともいえるため、周囲の人に清潔感を与えられる効果が期待できます。 サボン オードパルファンがおすすめの年代は、断然10代~20代前半です。 むしろ、30代以上の年代の男性が付けていたら、香りと雰囲気がマッチしないでしょう。 全体的には、10~20代前半の男性が彼女と一緒に付けるべき香水という印象を抱きました。 香水60商品を比較検証して、サボン オードパルファンは39位という結果になりました!ボトルデザインは非常にシンプルで、幅広い男性におすすめできるようなものとなっていますが、 特徴的な甘い香りは30代以上の男性が付けるにはハードルが高いといえます。 もちろん、香り自体が良くないというわけではありません。 甘さのなかにも爽やかさが感じられ、 モテる若い男性が付けていればさらにモテるのは間違いなし。 ただし、香りの濃度はオードパルファンと濃く、 付け過ぎると甘ったるい香りになり、鼻に残る匂いになってしまうので注意しましょう。 どの年代の男性にもおすすめできるというわけではありませんが、女性が付けていても違和感はまったくないため、 彼女と一緒に付ける香水を探している若い男性には、胸を張っておすすめできる香水と評価します。 前述したように、SHIROは非常に多くの製品を自社で開発しており、香水についても今回検証したサボン オードパルファンとは別の製品を製造・販売しています。 それが「ホワイトリリー ボディコロン」です。 ホワイトリリー ボディコロンの特徴は、 サボン オードパルファンと違いタイプがコロンのため、香りが強すぎないところ。 周囲から「この人香水付けている」と思われにくいため、職場で気軽にワンプッシュできます。 香りはサボン オードパルファン同様に甘いですが、より上品ですっきりとした仕上がりになっており、これなら 10代以上の男性が付けていても違和感はないでしょう。 とはいえ、付け過ぎると鼻にツンとくるため、適量を心がけるようにしてください。

次の

「夏の勝負香水」ハッピーな夏を過ごせる爽やかフレグランス特集

サボン オード パルファン

香水は、香料をアルコールで溶かした液体。 化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンと分類している。 日本では、オーデコロン・オードトワレ・オードパルファム・パルファムを総称して、「香水」と呼ぶことが多い。 日本の薬事法では香水の分類・規制がないため、メーカー毎に呼び分け方に違いもあるが、目安として次のように区別される。 パルファム(パルファン)は、濃度15~30%、持続時間5~7時間。 濃度が高いため小量で効き、香りが長持ちする。 英語で「香水」を意味する「パフューム(perfume)」は、フランス語の「パルファム(parfum)」と同源で、狭義に「香水」といえば「パルファム」を指す。 オードパルファム(オードパルファン)は、濃度10~15%、持続時間5~7時間。 パルファムのように香りに深みがあり、持続時間が長いが、濃度が低いため、価格もパルファムより低く設定されているものが多い。 「eau de parfum」の頭文字から、「EDP」と表記される。 オードトワレは、濃度5~10%、持続時間3~4時間。 濃度が低めで、ほんのり数時間香るため、普段使いに適している。 「eau de toilette」の頭文字から、「EDT」と表記される。 オーデコロンは、濃度2~5%、持続時間1~2時間。 シャワーを浴びた後のような感覚で使ったり、初めて香水を使う場合に適している。 「eau de Cologne」の頭文字から、「EDC」と表記される。 非常に濃度が低いため、オーデコロンと香水(パルファム・オードパルファム・オードトワレの総称として)に分類されることもある。

次の

「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

サボン オード パルファン

肌から15cmほど離し、適量をスプレーしてください。 <おすすめの使用方法> しっかり香らせたい時は、顔の近くで香りを感じやすい、手首や首周り、耳の後ろなどにつけ、 おだやかな香りを楽しみたい時は、足元や内もも、おなか周りなどにご使用いただくのがおすすめです。 男女問わずご使用いただきやすいやわらかい香りで、 オフィスやお食事の席などでもお使いいただけます。 髪や洋服でふんわりとした香りをお楽しみいただく方法としては、 空間に1、2回スプレーをし、その下をくぐることをおすすめいたします。 高温・多湿な場所を避け、常温で保存をしていただくのがおすすめです。 肌から15cmほど離し、適量をスプレーしてください。 <おすすめの使用方法> しっかり香らせたい時は、顔の近くで香りを感じやすい、手首や首周り、耳の後ろなどにつけ、 おだやかな香りを楽しみたい時は、足元や内もも、おなか周りなどにご使用いただくのがおすすめです。 男女問わずご使用いただきやすいやわらかい香りで、 オフィスやお食事の席などでもお使いいただけます。 髪や洋服でふんわりとした香りをお楽しみいただく方法としては、 空間に1、2回スプレーをし、その下をくぐることをおすすめいたします。 高温・多湿な場所を避け、常温で保存をしていただくのがおすすめです。 もっと見る.

次の