たぬきち 速報。 [B! ゲーム] 【厳選】海外ガチ勢が作った本場のキッチン・カフェ部屋コーディネートがオシャレすぎな件【12選】

【怖い話】妃阿甦

たぬきち 速報

ツチノコがついに... 日本に生息すると言われる未確認生物だ。 各地で目撃情報があるようだが、未だにその正体は謎のまま... なのだが、どうやら最近、沖縄で捕獲されていたらしい。 こちらはあるツイッターユーザーが2020年5月30日に投稿した写真だ。 貼り紙には、 「世界はコロナウイルスで暗いが 日本で二例目 沖縄でツチノコ捕獲!」 とある。 捕獲というのだから、生きているのだろう。 下に書かれた「500円 展示中」というのは、500円払えばそのツチノコを見せてくれるということなのだろうか。 貼り紙の謎を追うと... Jタウンネットが投稿者に詳細を聞いたところ、「ツチノコ捕獲」の貼り紙があったのは、沖縄県那覇市にある「お店なのか、お店じゃないのか微妙な感じの作り」の建物だという。 投稿者の妻が通りすがりに貼り紙を発見し、撮影した。 展示は確認していないそうだ。 投稿者に教えてもらった建物のある場所をGoogleストリートビューで調べてみたところ、18年9月には七宝焼の工房があったようで、ガラス戸には電話番号も書かれていた。 しかし、投稿者にもらった現在の建物の写真では看板に書かれた店名は変わり、ガラス戸の文字は消えている。 投稿者によると、 「お昼も夜も開いている様子が無い」 とのこと。 20年6月3日に投稿者がこの場所を訪れてみると、すでに貼り紙は無くなっていたという。 結局、誰が貼ったのか、捕獲されたというツチノコはどんなものだったのか、一例目はどこで捕獲されたものなのかなどはわからなかった。 投稿者のツイートには、 「1例目も初耳なんですがww」 「土でできたノコギリだったりして」 「マジで? 本物なら多分歴史に名を残すレベルの大発見!! 見てみたい(笑)」 など疑いつつも期待に胸を膨らませる声が寄せられている。 学研の超常現象専門誌「ムー」の公式アカウントもこの貼り紙について、「拝見したい」と呟いていた。 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by peace.

次の

【速報】社長のたぬきちを逮捕して牢屋に入れた #18【どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー実況プレイ】

たぬきち 速報

動物保護団体PETAが『あつまれ どうぶつの森』にクレームをつける。 同作にさまざまな注文をつけている。 ヴィーガンとは、動物由来の食品を一切口にしない菜食主義者。 ヴィーガンとして目線をまじえながら、動物保護的な観点をもって同作の(彼らが思う)問題点に切り込んでいる。 まず問題提起したのは「釣り」についてだ。 魚を釣ることはヴィーガンではない、釣りは現実でもすべきではないので、ゲーム内でもすべきないとコメントしている。 ゲーム内の魚は痛みを感じないが、釣り自体は生物や星のために有害。 魚の権利を奪うだけでなく、「寄付」し博物館に飾る行為も言語道断と切り捨てる。 さまざまな虫が住むにぎやかな島で彼らを捕獲し寄贈することは、たぬきちなどに推奨されていても、すべきではないと断言した。 水槽やケースに生き物を閉じ込め展示するのはおかしいとし、自然のままにすべきであると付け加えている。 彼らの文句は、これだけでは終わらない。 砂浜に埋まっているアサリは、痛みを感じるかわからないものの、生態系において重要な役割を果たすので、やはり捕まえるべきではないと批判。 ヤドカリを捕まえた際にプレイヤーが発するセリフ「ひきこもってちゃダメ!」というセリフにも不満を示している。 ヤドカリは自然な場所で生息していれば30年以上いきられる生き物。 (いくら1000ベルだからといって)売るべきではないとも語っている。 プレイヤーにローンを課していくたぬきちについては、まずそもそもたぬきは毛皮のために頻繁に殺されているとコメント。 甚大な被害に遭っているので、大目に見てあげてほしいとの姿勢を示した。

次の

ほのぼのしない動物速報 (Ф∀Ф)

たぬきち 速報

ツチノコがついに... 日本に生息すると言われる未確認生物だ。 各地で目撃情報があるようだが、未だにその正体は謎のまま... なのだが、どうやら最近、沖縄で捕獲されていたらしい。 こちらはあるツイッターユーザーが2020年5月30日に投稿した写真だ。 貼り紙には、 「世界はコロナウイルスで暗いが 日本で二例目 沖縄でツチノコ捕獲!」 とある。 捕獲というのだから、生きているのだろう。 下に書かれた「500円 展示中」というのは、500円払えばそのツチノコを見せてくれるということなのだろうか。 貼り紙の謎を追うと... Jタウンネットが投稿者に詳細を聞いたところ、「ツチノコ捕獲」の貼り紙があったのは、沖縄県那覇市にある「お店なのか、お店じゃないのか微妙な感じの作り」の建物だという。 投稿者の妻が通りすがりに貼り紙を発見し、撮影した。 展示は確認していないそうだ。 投稿者に教えてもらった建物のある場所をGoogleストリートビューで調べてみたところ、18年9月には七宝焼の工房があったようで、ガラス戸には電話番号も書かれていた。 しかし、投稿者にもらった現在の建物の写真では看板に書かれた店名は変わり、ガラス戸の文字は消えている。 投稿者によると、 「お昼も夜も開いている様子が無い」 とのこと。 20年6月3日に投稿者がこの場所を訪れてみると、すでに貼り紙は無くなっていたという。 結局、誰が貼ったのか、捕獲されたというツチノコはどんなものだったのか、一例目はどこで捕獲されたものなのかなどはわからなかった。 投稿者のツイートには、 「1例目も初耳なんですがww」 「土でできたノコギリだったりして」 「マジで? 本物なら多分歴史に名を残すレベルの大発見!! 見てみたい(笑)」 など疑いつつも期待に胸を膨らませる声が寄せられている。 学研の超常現象専門誌「ムー」の公式アカウントもこの貼り紙について、「拝見したい」と呟いていた。 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by peace.

次の