つい どう が。 「これについてどう思いますか?」への回答に「そうじゃないでしょ?」と怒る先生がいる件

どうみん割対象施設等一覧 | 経済部観光局

つい どう が

こんな取り組みを始めた企業が目立ってきた。 そんな折り、NECが「ニューノーマル(新常態)時代の新たなオフィスの在り方」について、最新のデジタル技術を活用した本社内の取り組みを公開した。 ニューノーマル時代の新たなオフィスの在り方とは NECが先頃、「生体認証や映像解析などのデジタル先進技術で実現する、ニューノーマル時代の新たなオフィスの在り方を見据えた本社システムの実証」についてメディアに公開するとともに会見を開いた。 その公開された内容についてはをご覧いただくとして、筆者は別の意味でも今回の会見に注目していた。 というのは、新型コロナウイルス感染防止策として広がった在宅でのテレワークが、ニューノーマル時代に向けて定着する可能性が高くなってきたのに伴い、既存のオフィスを縮小する動きが目立つようになってきたからだ。 果たして、NECはどうするのか。 NEC執行役員常務兼CIO兼CISOの小玉浩氏。 マスク未着用の写真提供を依頼したところ、同社広報から「感染症対策も今回の取り組みの重要なテーマなので写真もマスク着用のまま使ってほしい」との小玉氏の強い意向ありとのこと。 ここではその意向を尊重した。 この話については、会見の最後の質疑応答で出てきた。 そのやりとりは後ほど紹介するとして、その前に今回の取り組みの責任者で会見の主たる説明役を担ったNEC執行役員常務兼CIO(最高情報責任者)兼CISO(最高情報セキュリティ責任者)の小玉浩氏の「新たなオフィスの在り方」に通じる説明を記しておきたい。 (写真1) 「ニューノーマル時代に向けて、さまざまな分野で変革の取り組みが加速し、これから数年で世界は大きく変わるだろう。 その中でもデジタル技術の活用が一気に進むのが、働き方だ。 既にテレワークがそれを大きく変えつつある。 つまり、従来のオフィスを基本とした働き方がオンラインでライフスタイルやビジネススタイルとも融合し、大きく変化する」(図1) The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc. 当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright c 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の

品質について話したあとどうする?

つい どう が

データアナリティクス事業本部@札幌の佐藤です。 先日『アイカツオンパレード!ドリームストーリー』が完結しましたが、皆さんご覧になられたでしょうか。 音城ノエルの頑張りを見て、泣いてしまう姉の音城セイラ……『アイカツ!』をくらえって感じでしたね。 最高でした。 まだ見ていない人は、ですので是非ご覧ください。 1時間半程度で全話視聴可能です! そんな感動した『アイカツオンパレード!ドリームストーリー』、みんな見てどう思っていたか気になりませんか? 私は気になります。 ということで、Twitterのツイートを形態素解析してワードクラウドを作成、その結果をツイートする機能をサーバレスで構築したのでその話をしたいと思います。 なお、Twitterに対してのTwitterによる事前の同意がないスクレイピング行為は、規約上禁止されておりますのでご注意ください。 outputイメージ outputとしてはこんな感じで、スターライド学園の校章柄のワードクラウトと、その日のツイートユーザの情報が投稿されるような形です。 構成 今回の構成としてはこのような形です。 Amazon S3にツイートデータをPUTすると各AWS Lambdaが順番に起動していくような仕組みです。 形態素解析をする際の前処理に使用しているワードや、ストップワードについてはAmazon DynamoDBを使用しています。 またTwitterにPostするときにAPIキーを使用しているため、その情報はAWS Secrets Managerから取得するようにしています。 AWS Lambdaが複数存在しているのは以下理由のためです。 不具合や新機能を追加するときに機能単位でテストを行いたかったので、疎結合にしたかった。 AWS Lambda実行時のデプロパッケージのサイズ上限250MBを超過する。 そもそもなぜこのような構築を作ろうと思ったのか 愛です! 「アイカツ!」シリーズが好きな人も、「アイカツ!」シリーズにかかわる発表や、アニメの放送日などで周囲がどのような感想を抱いているのか気になるのではと思ったのがきっかけです。 私が気になったというのもあります。 モチベーションは完全に上の内容に完結しますが、技術的な側面ではサーバレスな構築の練習を目的としています。 AWS Lambdaにハードコードすることも可能でしたが拡張性や、触れたことがなかったAWSの機能を触ってみるという意図もあります。 どうせやるなら自分が一番好きな題材を使いたいし、『アイカツ!』に関連したデータ収集をしたかったからでもあります。 作業時間は1日2時間程度、夜寝る前に少しずつ構築していました。 面白い結果だなと思ったのは、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のテレビアニメ化が発表された日の結果です。 脚本が『アイカツ!』をご担当された加藤陽一さんで、実質『アイカツ!』じゃない?だったときのワードクラウドが以下です。 信頼や期待などポジティブな感想をみんな思っているんだな、というのを強く感じることができて実装してよかったなと思いました。 (断崖絶壁登る曲があるので、実質「ミリシタ」も『アイカツ!』) 各実装について 実装についてはすべてPython3. 6で実装しています。 形態素解析部 MeCabは他のライブラリのように pip install [ライブラリ] -t の後ZIPで固めてLambda Layersへ登録、のようなことができないため、事前にEC2でサーバーを作成し、その中でMeCabの環境をビルドしたものをZIP化する必要があります。 以下のサイトを参考にさせていただき環境を構築しました。 Dockerで環境が作成できるようですが、私のプライベートPCではDocker環境の構築が難しい(Win10 HomeではHyper-Vが通常手順でインストールできない)ので、遠回りしてEC2でサーバーを立てて入れることにしました。 辞書はIPA辞書とユーザ辞書のみです。 拡張辞書のneologdはフルで入れるとサイズ上限250MBを超過してしまうという点と、おそらくユーザ辞書を充実したほうが理想とするワードが出るかなということで今回は見送ることにしました。 ユーザ辞書は、以下のような「アイカツ!」シリーズ関連のワードを登録しています。 キャラクター名や「スターライト学園」などの舞台、それぞれのアイドルが着るドレスのブランド名、「芸能人はカードが命」などの有名なセリフなど劇中で登場するワード• 168曲分の曲名• コーデ名(カードテキスト)や「フィーバータイム」など「DCDアイカツ!」~「DCDアイカツオンパレード!」での用語やコーデ名• 「せなあか」のようなカップリングや「なまくら」などファン間での呼称• 声優や歌唱担当などのスタッフ・キャスト情報• その他、「アイカツ!」シリーズとセットで話されている「電音部」や「バトスピ」などのワード 実装よりもこのユーザ辞書の作成のほうがが大変でした。 実装 Amazon S3に対してファイルがPUT(POST されたら起動します。 ユーザ辞書が更新されるたびにLambda Layersのバージョンが上がっていく状態なので、今後の改善要素です。 import MeCab import boto3 import datetime as dt import urllib. datetime. now. join [i. resource 'dynamodb'. Tagger tagger. feature. split ',' [0] print node. surface. append node. tsv'. bot系の定型文はAmazon DynamoDBにワードをListで保持しておき、正規表現で一気に書き換えるようにしています。 あまりハードコードはやりたくなかったのですが、後続のストップワードではインターネットスラングの草 w を取り除ききる難易度が高かったため、特例としてここで取り除くようにしています。 ワードクラウド作成部 実装 サフィックスにtsvがついたものがPUT(POST されたら起動します。 ワードクラウドを作成するにあたり、wordcloudのライブラリをLambda Layersに追加しています。 png' bucket. ttf' bucket. resource 'dynamodb'. array Image. jpg" bucket. jpg' 処理したファイルは不要なので削除 boto3. client 's3'. ストップワードはAmazon DynamoDBでListで保持しています。 最後にワードクラウドのインプット情報として使用していた形態素解析処理のtsvファイルを削除しています。 蓄積しておいても単体では意味がないのと、上手く処理できない場合、Twitterのツイートデータが存在していればそこからやり直せばよいという考え方です。 ツイートのPOST部 実装 サフィックスにjpgがついたものがPUT(POST されたら起動します。 Twitterへの接続を行うため、requests-oauthlibをLambda Layersに追加しています。 import ast import json import boto3 import base64 from botocore. session. readlines return str lines[-1]. twitter. twitter. loads res. こんなワードがホットだったようです aikatsu". 最後に 実装としては正常終了すること前提でエラーが発生した場合の考慮がされていなかったり、課題も残っている状況となります。 ただDone is better than perfectという形で一旦ゴールとしては動くものができたというところでOKかなと思っています。 今回はAmazon S3にPUTされたことをトリガーとしていますが、AWS Step Functionsでワークフロー化したりまだ練習できることもあるので少しずつリファクタリングして改善していければよいかなと思います。

次の

ニューノーマルに向けた「オフィス縮小」についてNECはどう語ったか

つい どう が

はじめに 事業開発部でQAエンジニアをしている長友です。 品質シリーズの投稿です。 これまで開発者と品質やテストピラミッド、そして品質特性について話してみましょうという記事を投稿してきました。 皆さん、いかがでしょう。 いろいろお話しましたか? 開発者の方々とお話した中でいろいろ出てきたものをどうしようか考えているかもしれませんね。 話すことがまずは一番ですが、そのあとのお話を今回はしようと思います。 また開発者の方々や、今回はその他の関係者含めて話のネタにしてもらえるといいかもしれません。 開発者や関係者の方々と一緒に品質と向き合うために 品質についてお話してみて、いろいろなことが話題にでてきましたでしょうか。 もしくはまだ深く話せていなかったり、広く話題も出てきていなくても、まだまだ話したり考えたりする時間はたくさんあります。 今回の記事も参考にして、またお話する機会を継続して持っていくようにしましょう。 まずはQA担当者の方々が開発者と話してみることが第一歩です。 そして、だんだんと開発チームの中に居場所を作っていき、開発者の方々とともに品質の芽を芽吹かせて育てていけるようにしていきましょう。 QA担当者と開発者の方々が近づくことが完全に比例の効果をあげるかはわかりませんが、不具合を作り込んでしまうことと、その不具合を発見する間のタイミングの差を縮めていくことが大切です。 作ったそばから不具合を早く発見することを目指すにはどうするか。 ユニットテストやコードレビューなどを時間を開けずに実施していくことです。 私の所属部署で開発している ではスプリントに区切って開発を行っています。 そのため、以下のお話はアジャイル開発になぞらえての話になります。 完了の定義に加えてもらえてますか? 品質を考えるときには、誰かをイメージしてその誰かがよい悪いを判断するのでした。 その誰かがよいというのは何が確認できたらでしょうか。 その流れで、たとえば、ユニットテストが全部グリーンで完了している。 またコードレビューが通過しているなどがないと、その誰かも不安です。 それぞれの反復の対応で完了がしっかりと定義されていますでしょうか。 そこにどれだけ品質に関する定義が入れてもらえているかで、さきほどの「作ったそばから不具合を早く発見できるか」が変わってきます。 作ったそばから不具合が早く発見できないと、なかなか技術的負債が解消されない状況が発生していきます。 品質に関する定義があり、作ったそばから不具合を発見するには、QA担当者が開発者の方々との距離を縮めないとっていう気持ちが働きます。 それで、近くで確認することにもつながります。 そして、品質に関する定義があることは、最初の品質の話で書いたように、開発者の方々の手戻りを減らすことにもつながります。 手戻りは、完了したとなっているものについて作業を行うこと。 つまり、完了したというからには、もうそれ以降手をかける必要のないということです。 でも手戻りが発生することは多々あります。 それをどれだけ減らせるかがプロジェクトを安定させることになりますから、きちんとした完了の定義を皆さんで認識をあわせておくことが大切です。 品質スプリント、品質バックログとは という記事があることを以前の記事で書きました。 その中で「達成すべき結果へ向けてより良いシステムを届けることに集中する」スプリントを設けることが書かれています。 アジャイル開発で品質についてマネジメントするには、シンプルに考えてみることです。 アジャイルのプラクティスに乗っかることを関係者の方々と話してみましょう。 プロジェクトでは、新たに作られた機能に目が行きがちです。 そうなったときに、品質に目を向けてもらうためにも、品質に関する項目のバックログを積んでみましょう。 機能の確認はいろいろやってたのに、実際に動かすともっさりしてるなど、またセキュリティに問題があったとなると大変なことになります。 そうしたことを確認することをバックログに積みます。 そのようなバックログを品質バックログと言っておきます。 品質バックログの中でも、しっかりと完了の定義をするのをお忘れなく。 そして、品質バックログが積み上がったままになっているようなら、次のスプリントではその品質バックログを対応することを優先するということを決めて、開発者の方々やQA担当者などのみんなでやっていきます。 そうしたスプリントを品質スプリントといいます。 どうですか。 品質について話して、こうした完了の定義や品質バックログ、そして品質スプリントまでこぎつけられたら、きっと皆さんのところでも、開発者の方々とQA担当者、そして関係者の皆さんがぐっと距離が近づいて感じられるようになっていることと思います。 自動テストについても、テストピラミッドを考慮して話もできるようになると思いますから、ぜひ皆さんも品質のよいサービス提供のためにも、いろいろ話していってください。 今回はここまでです。 また次回もお楽しみに。

次の