神戸 教諭 いじめ 加害 者。 神戸教員いじめ事件!逮捕前から加害者の名前や写真が出回るのは悪い事か

神戸市東須磨小学校の教員いじめ内容全部まとめ!時系列で解説!加害者の非人道的行為がありえない!

神戸 教諭 いじめ 加害 者

「激辛カレーを無理やり食べさせる」は「強要罪」 「わいせつメッセージを送るように強要」も「強要罪」 「送迎を強要」も「強要罪」 「所有者を蹴る、屋根に乗る」は「器物損壊罪」 「コピー用紙の芯でお尻が張れるほど殴る」は少なからず「暴行罪」 「足を踏みつける、肘で打つ」は「暴行罪」 「激辛カレーを目に入れる、体につける」も「暴行罪」 他にも次から次へと行為が出てくるが、その多くは何らかの罪に該当する行為である。 よって、これは 校内で行われた犯罪であり、 加害者は刑法犯であるのだ。 10月8日になって、下記のような内容が報道された。 これは、神戸市教育委員会がメディア用にプレスリリースした内容である。 つまりは、 現在調査中であり、 処分は検討するというものだ。 一方で、4人の教諭は、自宅待機という処分がないという方便で、「 有給休暇をとって自宅待機」をしている。 何とも悠長な話だが、多くの教員出身などの教育評論家が、口を揃えるように、 免職などの処分は期待できない。 また、この件は前の校長が事実を把握していたのにかかわらず、「被害者本人が大丈夫です」と言ったから、「 もう問題は解消しました」 と教育委員会に報告していることが明らかになっている。 さらに、神戸市教育委員会は、7月に事態を把握しつつも、実際には 9月に入ってから被害者の家族から相談を受けて動き始めている。 twitterを使いこの事件が起きた神戸市立東須磨小学校の保護者と名乗る人物に取材をしたところ、ネット上に書き込まれた教諭は確かに10月に入ってから学校に来ておらず、また、保護者会で校長は、 ちょっとしたイタズラのようなもので心配をかけてすみませんという内容の説明をしたとのことだった。 加害行為をした男性教諭が、 子供達に面白い出来事としてこの犯罪行為の内容を話したというのも事実だということだ。

次の

神戸教諭いじめで「性行為」強要か “女帝”40代教諭はあきれた謝罪…批判相次ぐ

神戸 教諭 いじめ 加害 者

こんにちは、 です。 肉体も心も成熟していない子供にとって 「学校教育」というのは今度の人生を定める極めて重要なものです。 繊細な時期に家族以外の大人に教わったことは生涯の思い出になりやすく、事実ぼく自身も小学校の先生に言われたこと・されたことを今でも覚えています。 大人にとって、教師という選択肢はあくまでも職業選択のひとつに過ぎませんが、その教師のモチベーションや人間性に関わらず、生徒にとって 「教師」は 「教師」です。 困ったことがあったら先生に相談する。 これは一番最初に学校で学ぶことです。 生徒の悩みや相談に真摯に向き合い、解決に結びつける。 できているかできていないかはともかく、生徒にとって先生は 「心の寄り所」であるべきとぼくは考えます。 では、その先生自身に悩みがあったらどうすればいいのでしょうか? 今日は 神戸市立東須磨小学校の教員が同職である教員から構造的ないじめを受けていたという社会ニュースについて深く書いていきます。 いじめを防ぐべき教員が、学校で、教員を、いじめていたという問題です。 事件概要 2019年10月4日、神戸市立東須磨小学校で 教師4人による同僚イジメが起きていることが発覚しました。 体調を崩して休んでいる被害者の男性教員 25 は11日、代理人の弁護士を介し、兵庫県警に 暴行容疑で被害届を提出。 男性教員は2017年に教職につき、東須磨小に赴任。 「気づいたらいじめられていた」と振り返り、今年4月ごろからは眠れなくなったり呼吸困難になったりする症状に苦しめられていたと訴えています。 いじめ内容 羽交い締めにされて激辛カレーを眼にこすりつけられる動画が話題になっていますが、それだけではありません。 被害に遭った男性が現在明らかにしているいじめ内容は以下の通り。 これらは 学校及びプライベートの場で日常的に行われていました。 直接的な暴力 加害教師が日常的にしていたことはいじめではなく犯罪行為である。 被害届が受理されたことによりいじめは刑事事件になった。 前校長も加担者 事件が明るみになった経緯では、2019年6月に別の教諭から学校側に相談があり、7月に学校から教育委員会にトラブルの報告があったとされています。 しかしよくよく調べると それ以前に被害男性が校長に状況を訴え出ていることが判明しています。 この校長というのは今回会見した現任の校長ではなく、今年3月まで勤務していた 前校長です。 この校長が在任時の2018年に被害男性は校長にいじめの相談をしました。 が、この校長は加害者教員と懇意にあり、被害男性に向かって「いじめられてないよな?」と反対に圧力を掛けたと報道されています。 また加害教員4人のうちのリーダー格とされている女性教員は、そもそもこの前任の校長が東須磨小学校に呼んだいうこともあり、この前任校長は 加害者教員とグルになっていじめを容認していたということで間違いないです。 すなわちこれは 学校グルみの組織的な犯罪行為であったわけです。 圧倒的想像力の欠落。 人間力の欠如。 教師失格否、人間失格である。 生徒も保護者もみんな被害者 今回の事件での被害者は当然男性教諭です。 しかしその先には男性教員が受け持っていた生徒、その保護者がいます。 この教師を好きだった生徒、信頼していた保護者。 好きだった先生が別の先生にいじめられていたという事実は幼い子供の心を傷つけ、それは一生消えない傷になる場合もあります。 そしてまた、報道によると 加害者教師も生徒に慕われる先生だったとの情報があります。 卒業生や在校生ならニュースになっているのがどの先生なのか自ずと判別がつくはずです。 自分の相談に乗ってくれていた先生がいじめを繰り返す犯罪者だったと知ったとき、教え子達はどんな気持ちになるのでしょうか。 小学校の先生というのは中学生や高校生よりももっと繊細な、まだ何も分からない子供を預かっています。 その教師が日常的に行っていた犯罪の数々。 過去に自分たちに関わった生徒やその保護者、あらゆる場所への影響力があることを想像できない極めて幼稚な人間。 今回の事件で悲しんでいるのは被害男性だけではないはずです。 「自身の教育」と「普段の振る舞い いじめ 」を別で考えられる頭は異常としかいいようがない。 彼は教師になりたかった 被害教諭が代理人弁護士を通じて教え子や保護者にメッセージを公開しました。 その中で教師はハッキリと 「中学生の頃から教師を夢見てきた」と記述しています。 教師になるために努力し、素敵な先生に指導され、教員採用試験に合格。 「これで教師になれる」と胸をワクワクさせた。 しかし、夢見た教員が思い描いていた世界とは違いました。 初任の夏頃からいじめられるようになりました。 原文ママ 憧れていた世界が思い描いてたものとは違うというのはよくある話で、ぼくがなりたかった俳優の世界もそうでした。 だけども、これは状況は違います。 無能な奴らのストレス解消の為に夢を奪われるなんて許しがたい話です。 自分のチカラ不足に悩み、その度に勉強し直して、何度でも壁に挑戦して成長するのが人生です。 こんな教育者もどきに人生を壊されるなんて、悲しいです。 教師に でもなるか、教師に しかなれなかった、 といった でもしか先生が多い中で、 中学の頃から教師を夢見ていた人間がどうしてこんな目に遭わなければいけなかったのか。 いつだってやる気のある人間が無能な人間に邪魔される世の中なのだと、今回も痛感しました。 彼は教師になりたかった。 教師になった彼を待っていたのは地獄だった。 無くならない大人のいじめ 小さいとき母親に 「大人のいじめはタチが悪いのよ」と教わりました。 幼かったぼくは 「え!?大人にもいじめがあるの!?」と驚いたのをよく覚えています。 一般的に「いじめ」という言葉や報道を聞くと頭の中に浮かぶのは「学校」です。 そしてぼくは学校でいじめが起きるのは仕方のないことだと思っています。 その理由は 「子供だから」です。 幼いゆえに善悪の判断がまだ付かずにその場のノリや相手を思いやる気持ちが未発達なので、いじめ が起きる。 その結果として歯止めが効かなくなって犯罪レベルになるのはまた別問題ですが、いじめの前段階の「いじり」はそういう風に生まれると思っています。 ならば大人になったらいじめはなくなるのか。 なくなる、と小さい頃のぼくは思っていました。 しかし正解は 無くならない。 断言します。 「大人の世界のいじめ」は今後も無くならないと思います。 理由は学校と同じです。 善悪の判断が付かない人間があまりに多いから。 これを読んでるあなたも賛同してくれると思いますが、世の中頭の悪い人が多いです。 それは勉学ができるとか知識があるとかそういう尺度ではなくて、 やってはいけないことをやる、というレベルの話です。 ましてや自分の頭で物事を考えずに誰かのいいなりになって生きてる人も少なくないです。 ぼくはこのブログを開設してから何度も何度も何度も書いてますが、 変な人と関わったらダメです。 相手が変わることを期待してもムダです。 関わらないのが一番。 世の中には星の数だけ仕事があって、それ以上に色んな人がいます。 ひとつの仕事にこだわる必要はまるでなし。 そのこだわりがあなたの身を滅ぼすことになるかもしれません。 大人のいじめも頭がおかしい人も絶対に無くならない。 大事なのは自分の頭で生きていく勇気。 それでも助けてくれる人はいる 理不尽な事件が起こったときにネットでは 悪を許さないと立ち上がる方が沢山います。 拡散されると知識のある方が助言をくれます。 大事なのは あなたがいる世界などちっぽけなものに過ぎないと常に思うことです。 「ここで頑張らないとダメ」なんてことはありません。 そこで頑張りたいと心から思えるなら頑張るべきだし、 環境を変えたいならさっさと変えるべきです。 が当たり前に使われている世の中です。 使えるモノは使ってください。 陰口言われようが気にしなくていいです。 陰口言いたい人はいつも次のターゲット探してるだけなので、ひとつのターゲットに何も思い入れはありません。 人の悪口言い続けないと死んじゃう可哀想な生物なのです。 今は理不尽なことはSNSですぐに拡散されて、その拡散数に応じてメディアが取り上げてくれます。 も町田総合高校もそうでした。 そうなると悪は罰せられます。 いじめという少し丸みを帯びた言い方に変換されていますが、今回の件は完全に犯罪です。 もしあなたの周りに助けてくれる人がいなくても、ネットの世界には必ずいます。 ひとりで耐えずに助けを求めて下さい。

次の

神戸の教諭いじめ問題 加害者同士で罪の擦り付け合いか

神戸 教諭 いじめ 加害 者

神戸市立東須磨小学校の教諭4名が同僚の男性に対し、激辛カレーを無理矢理食べさせるなどのいじめ行為に及んでいた問題。 発覚から4カ月が経ち、現場となった東須磨小学校でも例年通りの受験・卒業シーズンを迎えているが、学校を去った加害教師たちの近況が「週刊文春デジタル」の取材により明らかになった。 教師が同僚教師を羽交い絞めにして激辛カレーを無理やり食べさせる動画は衝撃的で、大きな社会問題に発展した。 そのあおりを受けたのが、神戸市教育委員会総務課の調整担当係長Aさん(39)だ。 Aさんは教育委員会の会議の運営や教育委員との連絡調整を担当しており超過勤務が多かった。 そして発覚から約4カ月後の2月9日、Aさんは自宅付近の橋から飛び降り、自殺したのだ。 2年前、芦屋市内に1戸建てのマイホームを購入したAさんは、妻と幼い子供2人の4人暮らし。 近所の評判も良かった。 「会うと必ず丁寧に挨拶してくれる、感じのいい方でした。 休みの日は家族揃って車で買い物に出かけたり、子供を近所の公園に連れて行って自転車の練習に付き合ったりと、パパとしても頑張っていた。 もともと地元もこのあたりのようで、芦屋の町のこともよくご存じでした」(近隣住民) 遺書には「市教委の仕事がしんどい」 Aさんは「市教委の仕事がしんどい」などの仕事の苦悩と家族への別れを手紙に綴り、2月9日の未明から行方がわからなくなっていた。 午前4時、家族が110番通報し、巡回していた芦屋署の警察官が、午前6時ごろに東灘芦屋大橋で歩いていたAさんを発見。 反対車線から声をかけると、Aさんは突然走り出し、側壁を乗り越えて高さ25メートル以上の橋から飛び降りた。 橋下のフットサル場の地面に激突し、命を落としたという。 「飛び降りた橋は、Aさんが暮らしていた芦屋の町を一望できる場所。 Aさんはよほど追い詰められていたのでしょう。 翌日の午後からも会議が控えていた」(地元紙記者) ある教育委員は「我々の職責として言うべきことは言わないと」 市政関係者が振り返る。 「ただ『教師いじめ』が発覚する前から、Aは追い詰められていました。 昨年9月頃にはAの様子がおかしいのではないかという意見もあった。 神戸市の教育現場では児童の怪我が続出した『組み体操問題』や、『いじめの隠蔽』などの問題が山積みだったんです。 教育委員会への世間の目は冷ややかで、Aは教育委員からの焦りや憤りをぶつけられる立場だった。 教育委員からの当たりの強さに、『グチグチと嫌味をいわれる』などと家族に愚痴を漏らしていたようです。 それでもAは仕事に前向きでした。 『自分しかやれる人間はいないし、頑張らないといけない』といった内容の日記も見つかっています。 しかし教師いじめ以降は残業時間が増え、退社が深夜0時を越えることもあって追い詰められていったようです。 今年になり、職場の仲間にも体調が悪いことを伝えていましたが、まさかここまでとは、誰も気がつかなかった」 ある教育委員は、Aさんの死を悼み取材にこう答えた。 「我々の職責として、言うべきことは言わないといけない。 しかし、みんながAさんに対してどうこう言ったということではなく、Aさんを経由して教育長や教育次長に物申したいことを連絡していた。 ただAさんに仕事が集中していたのは皆が知っていることです」 生徒だけでなく、教師の人気もガタ落ち 東須磨小学校にもいまだ事件の余波が残っている。 地元の飲食店店員が語る。 「東須磨小は100年以上の伝統をもつ小学校で、事件の前は本当に評判がよい学校だった。 公立にもかかわらず、遠方からわざわざ『東須磨小に通わせたい』と、越境入学させる親がいるほどでした。 でも、今年は『どうやって東須磨小を避けるか』に苦心しているらしく、入学希望者も激減しているようです。 在校生の親御さんも、集まっては『子供を転校させたい』という話をしています。 3学期になって隣町に引っ越しをした生徒もいるんです」(同前) 問題を起こした加害教師たちは現在どうしている? 教師の採用にも影響が出ている。 神戸市教育委員会が実施した2020年度の小学校教員採用試験で、約170人の募集に対して合格者は142人。 募集枠を30人近く割り込んだ。 データが確認できる2003年度以降では最多の不足数となった。 「教育委員会は定員割れについて『教員の質を重視するため人数をあえて絞った』と言い訳のような説明をしていましたが、人気がないのは明らか。 東須磨小の件は教師志望者の減少に拍車を掛けている」(地元紙記者) 問題を起こした加害教師たちは現在どうしているのか。 昨年10月末、神戸市は有給休暇中の加害者4人の教師に対し、給与を差し止める分限休職処分を下している。 これを受け、これまで2人の教師が弁護士をつけて不服を申し立てているのだ。 自分たちは主犯じゃないと、4人が同列に扱われていることに不満を抱いているようです。 被害者に対する謝罪の言葉はあるものの、取って付けたような物言いで、心から反省しているとは到底思えません」(同前) 昨年10月に被害教師(男性)が提出した被害届はすでに受理され、現在も慎重に捜査が進められている。 「いじめ事件に対する外部調査委員会の報告が上がる3月を待って、4人の加害教師のうち、複数名が書類送検されると見られている。 いじめ行為は100件以上にのぼるが、発端となった激辛カレーを無理矢理食べさせた一件のほか、激辛ラーメンを食べさせた件、紙筒で叩いた件など、数件の傷害を事件化する予定だ」(捜査関係者) 加害教師たちが重ねた愚行は教育現場への不信を招いた。 その罪は決して軽いものではなく、加害教師たちには猛省が求められる。 (「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル) 外部サイト.

次の