じゃがいも の ガレット レシピ。 【新じゃがいも簡単おかず】一口ガレットは子どもも大人も好きな味

「じゃがいも」の家族に人気のレシピBEST6!意外なあのレシピが大好評

じゃがいも の ガレット レシピ

作り方• 新じゃがいもはきれいに洗い、皮付きのまま薄切りにしてさらに細切りにします。 水にさらしません。 1をボウルに入れ、薄力粉、塩こしょうを加えて和えます。 小さめのフライパンにオリーブオイル大さじ1を中火で温め、2の半分を加えて広げます。 3の上にピザ用チーズを散らします。 4の上に1の残りを広げ、フライ返しなどで上からしっかり押し固めます。 5〜6分焼いたところでフライパンを揺すってみて、全体が塊としてまとまってきたら裏返します。 オリーブオイル大さじ1を鍋肌から注ぎ、逆の面もしっかり5〜6分焼いたらできあがりです。 食べやすくカットして盛り付け、お好みでトマトケチャップを添えてください。

次の

大人気! ビストロ風ポテトガレットは意外とカンタン【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

じゃがいも の ガレット レシピ

粉チーズで味付けの手間なし!一口サイズでお弁当にも 味付けに粉チーズを使うと、簡単に味が決まって時短になります。 さらにじゃがいもと好相性のベーコンを加えることで、次から次へとお箸が止まらないおかずになります。 (水には浸さない)ベーコンはみじん切りにする。 新じゃがいもを半分に切ってからスライサーを使うことで、より小さいせん切りになり、あとで焼いた時に具材がばらけにくくなります。 ただスライサーを使う時は、手をケガしないように気を付けましょう。 2.ボウルに(1)の新じゃがいもとベーコンを入れて、粉チーズ・塩・コショウ・片栗粉を加えて混ぜる。 使用する粉チーズによって塩分量が違うので、お好みで塩の量を調節してください。 3.フライパンにオリーブ油を引いて熱し、(2)をスプーンで一口大にすくって落とし、平らに広げる。 4.片面に焼き目が付いたら、スプーンと菜箸などを使って、形が崩れないように裏返す。 カリカリに焼きたいので、蓋はしない。 5.両面焼けたらお皿へ取り出して、乾燥パセリを散らして完成。 じゃがいもをスライサーで千切りにして、フライパンに薄く広げて焼くのですが、この時に具材がバラバラにならないように、一口サイズで作ることがポイントです。 これで具材同士がくっつきやすくなるため失敗しにくく、またお弁当にも入れやすいサイズになります! フライパン一面に広げて作るような大きいガレットも見栄えがして素敵なのですが、ひっくり返す時に生地が割れてしまったり、具材がばらけてしまったり…という失敗も。 でもこのレシピなら一口サイズなので、ひっくり返す時も簡単です! 「手の込んだ料理は作る時間がないけど、少しでも栄養があっておいしいおかずを食べさせたい」そんな考えを持っているママは多いはずです。 でも、旬の野菜を使うことで、味を作りこまなくてもそのままの素材の味でおいしくなります! 栄養も豊富なので、時短と栄養摂取の両方がかなって、いいことづくめですね。 小さくて薄いので、お弁当にも入れやすい 一口サイズなのでお弁当にも入れやすいです。 お弁当として食べる場合は、焼き立てよりもカリカリ度は少ないですが、食感がモチモチとなり、また違うおいしさです。 冷めても、粉チーズとベーコンでしっかり味が付いているので、おいしく食べられますよ。 簡単おかずなので、夕飯の付け合わせにも 子どもってポテト大好きな子が多いですよね。 でも揚げ物のおかずは手間がかかって、そんなにひんぱんには作れないし、油の量も気になります。 そんな時、このレシピなら揚げ物よりも少ない油で済むし、何より薄くて小さいので早く焼き上がり、時短になるのでおすすめです。 簡単おかずなので、夕飯が少し寂しいなという時もパッと作って、メインの付け合わせとして使うこともできますよ。 また新じゃがいもは皮が薄いので、剥かずにそのまま料理できるのも簡単で魅力的です。 そして何より、旬の食材はみずみずしくておいしいですよね。 私は春になると、新じゃがいもの時期が終わらなければいいのにと毎年思います(笑) ぜひこの簡単おかずレシピで、春の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

新じゃがいものガレット 作り方・レシピ

じゃがいも の ガレット レシピ

あまり聞きなれない名前ですが、上の写真のようなお料理。 はじめて食べた時は、 「えっ?こんなにシンプルなのに うまっ!」と思いました。 どうやって作るのでしょうか? 詳しく紹介しますね。 スポンサーリンク 「じゃがいものガレット」とは? 「じゃがいものガレット」とは、 千切りにしたじゃがいもをまあるく、円盤状に焼いたお料理のことです。 本名はpomme paillasson ポム・パイヤソン)って言って、 pommeはpomme de terreでじゃがいも、 paillassonは藁(ワラ)で作った玄関マットのこと。 見た目がそれっぽいのでそんな名前がついたのだとか。 ちょっと変わった名前ですが、お味はバツグンです。 まあるく焼いたものを、適当にカットしてお料理の付け合わせにします。 本当にシンプルで、千切りにしたじゃがいもと塩とバターだけしか使わないのに、 香ばしく、じゃがいもの風味もよく、中はもっちり。 表面はバターでこんがりと焼けて、なんとも美味です。 フレンチにはじゃがいもを使った付け合わせ料理がたくさんありますが、 シンプルにじゃがいもの美味しさを引き出すこの付け合わせを食べると、 本当にフランス人はじゃがいもを使わせたら天才だなと思います。 ちなみにこの付け合わせは、お子様も喜ぶ味だと思います。 実際、ウチの子供らも大好きです。 私はよく、多めに作ってワインなんかのツマミにしてます笑 それでは作り方を紹介しますね。 メークインは皮をむき、千切りにする。 <ここで注意!> 「じゃがいものガレット」は じゃがいものでんぷん質を 利用してまとめるので、 千切りにしたじゃがいもは 決して水にさらさないでください。 千切りの細さですが、本当は2mm角くらいの細さが美味しいですが、 家庭では火の通りの早い、1mmくらいの細さでもいいでしょう。 写真のようにスライサーでスライスしてから千切りにするとラクです。 千切りにしたじゃがいもはボウルに入れ、塩を入れて混ぜる。 フライパンを火にかけ、バターを入れて、フライパンを回してバターを広げる。 火加減は中〜弱火。 千切りじゃがいもを入れ、フライパン全面に広げ、ヘラやはしで円盤状にする。 ここからは弱火。 じっくり焼くと、周りの方からだんだん透き通ってくる。 裏面にいい感じの焼き色がついたらひっくり返す。 ひっくり返した面も火が通ったら出来上がり。 出来上がったものを適当にカットして、付け合わせとして料理に添える。 好みで、ミル挽きのホワイトペッパーやパセリなどを振っても良い。 この料理のポイント 意外ですが、ポイントはなんといってもバター。 この料理は、サラダ油でなく、必ずバターを使って焼いてください。 香ばしさと風味が格段に良くなり、 じゃがいもと組み合わさった時の美味しさが跳ね上がります。 こんな料理の付け合わせにオススメ 「じゃがいものガレット」を付け合わせるメイン料理ですが、 正直、お肉、お魚なんでも合います。 ただ、特に牛肉系がよく合うなと個人的には思います。 例えば、ステーキとか、ハンバーグ。 お魚系に添える場合は、どちらかというとクリーム系のソースのときがいいと思います。 関連記事.

次の