アニマ ストリーム。 【ロマサガRS】アニマストリームが術師最強陣形で異論はないな!?

【ロマサガRS】陣形交換所で優先して交換するべきおすすめ陣形はコレだぞ!

アニマ ストリーム

先頭のキャラにヘイトをガッツリ集めるタイプの陣形。 使い道として1番理想なのは 1周年記念限定SSユリアンを持っていればそれを先頭に置くのが最適。 次点として直接攻撃に対してカウンターをぶつけるタイプのキャラを先頭に置くのもおすすめ。 SSロビン・SSノーラ・SSアザミ・SSヴァルドーのような回避カウンターを使うタイプの採用がおすすめ。 被弾はするがSSブラックの「カモンベイベー」もあり。 その他、 鳳天舞の陣でやっていたパリイ戦法と同じようなことも出来る。 鳳天舞は全体精神アップの恩恵があったが、タイガーシャークでは後ろのキャラが器用さ知力アップをもらえるので、突や術の火力が上昇する恩恵がある。 ただし、先頭キャラの火力ステアップが無駄になるのがネックか。 カラフルレンジャーズ 陣形 効果 カラフルレンジャーズ• 体力を犠牲にして、それぞれの火力 と回復量 を最大限に伸ばす陣形。 一見するとごっちゃ混ぜに思えるが、実は 打と突の周回用陣形としても使えるのが特徴。 ヒーラーを置けば回復量は増えるが、SS白薔薇ならもはや過剰回復にも程があるレベル。 最終皇帝 女 でも回復は十分すぎるので、置くなら「生命の水」で回復量の少ないSSロックブーケやSSウンディーネになるのか。 「回復呼吸」や「吸収攻撃」アビリティ持ちのキャラでも可。 普通にアタッカーを置いた方が周回するときは正解。 素早さマイナスが無いのでオート周回において必要以上に連携してしまう確率が高くなるデメリットもある。 攻略で火力が欲しい時にも使えるので腐ることはないが、周回で場合によっては連携が煩わしくなることも。 フリーファイト-1 陣形 効果 フリーファイト-1• 狙われやすさが大幅に低下する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 周回でも攻略でも扱えるが、周回で使うならぶっちゃけラピッドストリームで十分。 BP消費の大きい技のランク上げで後ろに置くと言う使い道も出来るが、ハンターシフトでも一応代用できる。 攻略面ではヒーラーを後ろに置いて隠すことが出来るので安定感が増す。 使い道がはっきりしているので必要以上に考える事のない扱いやすい陣形だ。 アニマストリーム 陣形 効果 アニマストリーム• 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが低下する。 愛を犠牲にして知力を補う 周回型の陣形。 4人の知力を上げられる陣形で術主体で周回するときにめちゃくちゃ便利。 特に最近 陣形実装時 は術アタッカーの全体ファスト攻撃が優秀なのでおすすめの陣形になっているぞ。 素早さも場所によってプラスマイナスの恩恵があるので、連携事故を少し防ぎやすかったり素早さ調整がしやすいなどメリットが大きい。 一部のイベントボスでは状態異常も有効なので、スタンハメなどを狙う場合にも使えるのが嬉しい陣形だ。 シグモイドフォーム 陣形 効果 シグモイドフォーム• 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが低下する。 狙われやすさが低下する。 腕力・知力を上げながら素早さを上げたり下げたりできる 周回用の陣形。 素早さ調整が容易なのがこの陣形の強み。 腕力知力バランスよく上げられるので物理アタッカーと術士を一緒に編成しやすいメリットもある。 陣形交換所で優先して交換するもの 結論から言うとコレ 現状オートでの周回において最強と噂されるシグモイドフォームがおすすめ。 素早さ調整が容易に可能で全員の火力もあげられるので周回編成でお世話になること間違いなし。 カラフルも優秀 カラフルレンジャーズもOnly性能。 突メインで編成しても、素早さデメリットが無いのでデッドリーピアスとは異なる運用になる。 打メインで編成しても棍棒・体術・銃をバランスよく採用できる上に知力恩恵のおおきい配置も用意されている。 カラフルレンジャーズがあると編成の幅が広がるのでなかなかにおすすめだ。 アニマストリームも優先しよう 術士の周回性能を大幅に上昇させることが可能なアニマストリームも優先したい。 こちらも 4人の知力を上げられるOnly性能になっているぞ。 タイガーシャークは限定ユリアンに依存 1周年限定SSユリアンを持っているかどうかで価値が大きく変わる陣形。 基本的に高難易度イベントを攻略するときに使うことになるので使用頻度は多くない。 ユリアンの有無で優先度がめちゃくちゃ変わるぞ。 持っていないなら後回しでOKだ。

次の

【ロマサガRS】アニマストリームが術師最強陣形で異論はないな!?

アニマ ストリーム

現状習得する術は全て1点物。 厳密にはメイルシュトロームはスービエも使えますが、あっちは槍技。 こちらは水術で別物。 (・・・と思いたい) アビリティに火力アップ系はなく、BP回復系がメイン。 スタイル補正 スタイルレベル42の状態です。 スタイルレベル50ではこんな感じ 腕力 32. 00%+14 魅力 58. オートだと冷属性の全体攻撃、味方が瀕死になったら生命の雨で全体回復となかなかいい動きをしてくれます。 現状、全体回復ができるのはメサルティム以外にいないので、この全体回復にどこまで価値を見出すかが焦点。 (個人的には持っておいて損のないスタイルだと思います) 生命の雨と素早さがマッチしている 生命の雨はLP2を消費するので1戦闘で2回までしか撃てません。 オートで撃つ条件は、瀕死以下の味方が1人以上いることです。 HP全快のキャラが4人、瀕死1人。 この状態でも普通に撃ち、単体回復と変わらないという場合もあります。 しかし素早さが極端に遅い(アニマの最後尾の場合)ので、 敵が攻撃し終わったあとに回復するパターンがほとんど。 単体回復だと瀕死を回復しても、また別のキャラが削られたりとなかなか全員のHPが全快でターンを跨ぐことはありませんよね。 生命の雨もメサルティムの目玉となる術なので8まで覚醒必須。 メイルシュトロームだけは、使うと生命の雨を使うことが難しくなるのでお好みで。 わたしはメイルのランクが99になったら16に戻す予定。 まとめ 以上、メサルティム育成後の性能や評価でした。 生命の雨を除けば全体攻撃がメインのキャラになりますが、アクアドロップもメイルシュトロームも命中率は素早さ依存の術なのでアテにしないほうがよさそうです。 全体回復がウリのキャラ。 これに尽きるかと。 最初は攻撃が全然当たらなかったのですが、育成していくうちに当たるようになってきました。 冷属性全体攻撃要員として周回にも使えそうです。 さて、どうしよう・・・。 」と決めてブン回しました。 あと思ったのが周回時、BP3安定で全体打てて、溜まったら「S」全体?! もしかして周回有能では?と思いました。 1ターンスルーしても崩れない技構成キャラ求めてたからいいかも! 何気に少ないんですこれが出来るキャラ これが出来るのはミリアムとか限られてて優秀なのは証明済 一応確保してどうするか迷ってたけどちゃんと育ててみよ! ただ正直ウン子、リズ、海娘、タリア、カタリナ、ガラハド、もう冷属性お腹いっぱいw 全体回復なければまず引いてなかったけど、周回でも使えそうならかなり優秀な可能性もありますね。 参考になりました。 考察どうもです!.

次の

ラスト レムナント攻略 By二度楽しむ方法シリーズ

アニマ ストリーム

ウルトラハード25を安定周回するための条件とは? ボスとなるプラズマは取り巻きをすべてやっつけないとガードアップ(大)が付与されて、与ダメがだいたい3分の1くらいになってしまいます。 その取り巻き連中は耐久力こそそれほどではないですが、攻撃力が高く、先に動かれてしまうと1ターン目から壊滅的なダメージを受けてしまいます。 そこで取り巻きからダメージを受けないために先制しつつ全体攻撃を連発する必要があるのですが、これがけっこうスタイルや陣形を選ぶ。 少しでも先制する確率を増すために、ラピッドストリームなど素早さ補正のかかる陣形が第一候補となります。 しかし、鈍足スタイルだとそれでも素早さが足りず、相手に先制を許してしまうこともしばしば。 つまり、ある程度の素早さと初手全体火力を備えたスタイルでなければ使いにくいということになります。 この「縛り」について、アニバウンディーネを入れることで素早さという条件が解放されるんですね。 アニバウンディーネがもたらすメリットとは? サンダークラップによって、初手で取り巻き全員にスタンを付与することができます。 サンダークラップは、フル覚醒でBP10、威力Bの雷属性でスタン付与(確率小)ができる冷術です。 アニバウンディーネ自身は、全スタイルトップレベルの素早さと知力を兼ね揃えており、スタン付与係としては全スタイル最高の適正を誇ります。 私の場合、スタイルレベル50にしているのでかなり知力は高い状態ですが、陣形で知力補正をしなくても見事に取り巻き全員にスタン付与をしてくれます。 また、アニバウンディーネ自体の素早さが高いため、ほぼ先制してくれますが、先制をより確実にするためにカラーレンジャーの素早さ枠に置いています。 先制スタン付与のおかげで、取り巻きに動かれることなく一方的に攻撃できるため、素早さを気にする必要がありません。 特に槍で火力の高いスタイル(ハンニバルやナイトハルト)は素早さが低いことが多いため、実質先制攻撃のようにできるのは恩恵がでかいです。 素早さを気にする必要がなくなることで、ラピッドストリーム以外の陣形も使いやすくなります。 私はカラーレンジャーで腕力、器用さ、知力補正の位置にそれぞれの適正スタイルを置くことで与ダメを増やし、周回速度を早めています。 さらにアニバウンディーネは「生命の水」を継承することができるため、初手スタン付与後はヒーラーに移行できます。 ボスであるプラズマは状態異常が一切効かず、全体・単体火力ともにけっこう高いため、ヒーラーを置くことで安定度がグッと増します。 相手を動けなし、ヒーラーもできるという点では、佐賀ロックブーケでの全体マヒ付与や佐賀タリアでの全体石化付与でもいけなくはないですが、先制するための素早さを考慮するとアニバウンディーネが一番適正です。 素ステ90超えが当たり前になっているあたり、インフレが進んだなぁと感じざるを得ない。 この「槍の試練」というイベント、突属性のキャラクターを育成するにはもってこいのイベントなので、とにかく時間ができたら周回することをオススメします。 アニバウンディーネを持っている人はぜひ試してみてください。

次の