中島 みゆき ファイト。 中島みゆき『ファイト!』の歌詞と意味を考察!闘う相手は自分自身!|fun doors

中島みゆき 吉田拓郎 ファイト!の意味

中島 みゆき ファイト

ファイト! 作詞 中島みゆき 作曲 中島みゆき 唄 中島みゆき あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた 女の子の手紙の文字は とがりながらふるえている ガキのくせにと頬を打たれ 少年たちの眼が年をとる 悔しさを握りしめすぎた こぶしの中 爪が突き刺さる 私 本当は目撃したんです 昨日電車の駅 階段で ころがり落ちた子供と つきとばした女のうす笑い 私 驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった ただ恐くて逃げました 私の敵は 私です ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ 暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく 光ってるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね やせこけて そんなにやせこけて魚たちのぼってゆく 勝つか負けるかそれはわからない それでもとにかく闘いの 出場通知を抱きしめて あいつは海になりました ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ 薄情もんが田舎の町にあと足で砂ばかけるって言われてさ 出てくならおまえの身内も住めんようにしちゃるって言われてさ うっかり燃やしたことにしてやっぱり燃やせんかったこの切符 あんたに送るけん持っとってよ 滲んだ文字 東京ゆき ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ あたし男だったらよかったわ 力ずくで男の思うままに ならずにすんだかもしれないだけ あたし男に生まれればよかったわ ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく 諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ ファイト! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 中島みゆきさん『ファイト! 』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 中島みゆきさん『ファイト! 』の歌詞 ファイト words by ナカジマミユキ music by ナカジマミユキ Performed by ナカジマミユキ.

次の

中島みゆき

中島 みゆき ファイト

この曲は中島みゆきさんのラジオに投稿されたお手紙が元になっていると言われています。 このときのラジオの演出にあわせ、まずこの音源をお聞きください。 高校に行きたくても、経済的な問題で行けなかった。 それでも仕方ないと、彼女は中卒ながら必死に働いています。 しかし、ことあるごとに「中卒だから」「中卒だし」と自分の学歴を笑われ 自分のランクを勝手に判断され、仕事すら任せられない。 理由を問えば「中卒だから」と。 それでも、必死に働いている。 その辛さ、悲しさ、どうしようもなさというのは癒されたり救われたりする類のものではありません。 一昔前ネットが無かった頃、若いゆえの辛さや悩み、吐露といったものの受け皿は深夜のラジオでした。 今なら2chのようなものでしょう(あるいは今ならニコニコなのかもしれません)。 中島さんはそうしたいわばぶつけようの無い吐露をひたすらに受け入れ、一緒に悩みながら言葉を返していました。 しかし、しかしながらこの手紙の持っていたエネルギーはそのラジオの時間だけで応答できるものではなかったのだと思います。 中島さん、あるいはそのリスナーが「学歴なんて関係ないだろ。 大事なのはおまえ自身だろ」そう言い、彼女の価値を認めたとしても 多くの世間は「中卒である」という彼女の評価を覆しませんし 彼女自身の心に深い深い影を落とすその人生の選択に対する認識が彼女の中で変わることはないということが 中島さん自身にも痛いほど分かっていたからだと思います。 ファイトはこの手紙に対する応答なのです。 どうしようもない、自分自身のせいだけでない。 そういう類の鬱屈した悩みや辛さ。 おそらく歌詞の最初にあった「尖りながら震えてる」、これはそのまま本当に手紙をラジオに送った人の心の形であり 実際の手紙の状態でもあったのでしょう。 その後、ひたすらに情景が描写されていきます。 理不尽に殴られ、目で言い返すことしかできないまま淀んでいった瞳。 通り魔のように少年を殺そうとした女が薄笑いを浮かべる姿。 そしてそれを目撃しながら、責めるでもなく助けるでもなく傍観する自分自身。 その自分自身をさらに傍観する自分自身。 チャンスをつかめるはずだったのに、田舎の同調圧力によってそれを不意にさせられた女性。 その言い訳すら正直には言えない辛さ。 男に力でいいようにされ、もう自分の性を恨むしかない女性。 いずれも「自分の力ではどうにもならない理不尽に、自分自身が蹂躙される」という情景になります。 どの登場人物も、その殻を突き破れば解決できる問題ではあるのですが常人にそれは不可能です。 ここにひたすらに水の流れに逆らって、身を覆う鱗が剥がれるのも構わずに前へ前へ突き進む魚の姿が挿入されます。 それどころか、その姿が美しいのは剥がれかけた鱗が光っているからだとも。 どうしようもなく傷ついて心から血を流し続け それでも前に向かって進んでいくあなたは美しいという意味ですね。 この歌詞に出てくるファイトは「がんばれー」なんていう応援とはほど遠いところにある「闘って、傷ついて、血が流れるのも厭わずにさらに闘え」という強烈な闘争本能を焚きつける「ファイト」です。 あらゆる人生がありますが、このファイトをこの意味で受け取れる人は少ないと思います。 普通の人生の中にある理不尽なんてものよりも、一層深い ある意味「血」に起因するほどの理不尽を持つ人への闘いの歌であるわけですから。 身の毛がよだつのは、これが応援歌でないことを心が理解しているからでしょう。 極端な話をしてしまえば、これは殺意すら喚起させるレベルの強烈な反骨の歌です。 中島さんはそんなことは望んでいませんし、前を見て闘え!と叱咤激励しているだけなのですが 殺してやる!と思わせるくらいの理不尽をこの歌は歌い上げています。 この質問を見かけて寄ってみたんですが・・・ いや、驚きました、下の方の素晴らしい評論に。 (評論として成立している!) で、僕は、関係のない?話を。 アルバム「親愛なるものへ」がでたころ、 ぼくは、自分を見失い、酒とギャンブルの日々を送ってました。 夜、酔っぱらって帰る途中の、吉野家や、立ち食いうどんの店で、 頭の中には、「狼になりたい」の、みゆきさんの震える声が響いていて・・・・ そんなことを思い出します。 みゆきさんは、あのころ、対象を見て創作するのではなく、 巫女のように、弱い人間を憑依させて歌っていた。 だからこそ、ステージでも声は震え、われ、音程は外れ、涙が流れ、 でも、圧倒的に胸に迫った。 ・・・・・そう思います。

次の

ファイト! 中島みゆき 歌詞情報

中島 みゆき ファイト

「頑張って」「応援してるから」という言葉 人は「相手へ結果を残して欲しいから、本当に頑張ってほしいから」頑張れや応援してるのような言葉を相手に贈る。 心から相手を想う気持ちは本物なのだろう。 でも、その声援は使い方を間違えるとプレッシャーや、相手を追い詰める刃ともいえる…。 ひと味違う中島みゆきのファイト 中島みゆき『ファイト!』は、そんな相手を応援するための言葉とは一味違う楽曲。 1983年に発表されたアルバム「予感」に収録された楽曲で、1994年に住友生命ウィニングライフのCMで起用されている。 近年では、大塚製薬カロリーメイトCM「とどけ、熱量。 」でもタイアップ曲となり、女優:満島ひかりがカバーを行った。 楽曲「ファイト」がもつ雰囲気と満島ひかりの声の相性も良く、当時は話題にもなっていた。 もっとも、この楽曲は満島ひかりだけでなく、 福山雅治、YUKI、山下達郎など名のあるアーティストがカバーをしている。 同じ歌詞でも、印象や迫力がまた違うので、様々な「ファイト!」を楽しんでみてほしい。 確かに、同じ意味であることに間違いはないが、この言葉にはもう1つ意味がある。 ファイト=闘え。 ご存知の方も多いだろうが、もうひとつの意味は「闘え」である。 誰でも、生きていれば闘う相手に事欠かないハズだ。 例えば、歌詞が淡々と語るような学歴を重視する社会、子供の反論を許さない大人の態度。 世の中には、そうした納得できない理不尽で溢れている。 しかし、本当の敵は世の中ではない。 しかし、そこから現状を変えるために自分は何かしただろうか。 周囲に逆らうのも怖くて、闘う前から諦めてはいなかっただろうか。 本当の敵は、 周りの環境を変えようともしない見て見ぬフリが上手くなった自分なのだ。 これは、周囲に合わせる一番の方法かもしれない。 周囲にあわせないということは、つまり白い眼で見られるということでもある。 どちらをとっても、茨の道というわけだ。 けれど、自分だけの闘いに周りの意見は不要だ。 心を決めたら、覚悟を決めたら、前進あるのみ。 この曲は、そんな大事なことを訴えている楽曲なのだ。 TEXT 空屋まひろ.

次の