夜 に 駆ける 小説。 小説を音楽にする新生ユニットYOASOBI、第1章シングル「夜に駆ける」待望のDL配信スタート

ヨアソビ「夜に駆ける 」小説を音楽にしたユニット

夜 に 駆ける 小説

YOASOBIは音楽を努める 「Ayase」とボーカルを担当する 「幾田りら」で構成された音楽ユニットであり、本楽曲のアニメーションイラストは 「藍にいな」が担当しています。 第一章「夜に駆ける」公開されました。 原作小説「タナトスの誘惑」の世界を、藍にいな さんによる最高のMVと一緒に形にさせていただきました。 綴られているように 「夜に駆ける」は、星野舞夜が手掛けた小説「タナトスの誘惑」が元になっています。 私の本楽曲との出会いはYouTubeのおすすめでした。 色彩の良いイラストに釣られて再生をクリックし、鮮やかな鍵盤と幾田さんの歌声に一撃で魅了された私ですが、ルーツを調査し小説の世界観を歌で表現していると知って更に感激しました。 だからこそ味わい深いストーリーが生まれていたのだなと。 物語の全容を知れば感じ方も変わってきます。 それでは本題の楽曲考察に移っていきましょう。 まずはタイトルから。 楽曲名「夜に駆ける」とは 「夜に駆ける」とはそのままの意味だと 夜を疾走する。 となるのですが、実は本楽曲においては 二人で飛び降りていくさま を比喩する言葉として使われています。 MVを見ると分かるのですが、まさにクライマックスのシーンと重なります。 衝撃的なラストシーンに辿り着くまでの情景とは? 本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく 作詞作曲:Ayase スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提として 楽曲の基本情報の欄でも述べたように、「夜に駆ける」は原作小説「タナトスの誘惑」が元になっているため、そちらをご覧いただくことで歌詞の解像度がグッと上がります そのため今回の考察では、 歌詞と小説をリンクさせて解説させて頂きました。 小説の要点もおさえつつ解釈を行っています。 感想的な要素も強く入っちゃいました では、歌詞を細かく見ていきましょう。 1番 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に まるでこの世界に二人だけしか存在しないと思えるような妖艶な夜。 これが本楽曲の舞台。 情景はどのように展開されていくのでしょうか。 歌詞を追っていきます。 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた まず前提として押さえておきたいポイント。 原作小説「タナトスの誘惑」の中では 生に対する欲動に支配される人間と、死に対する欲動「タナトス」に支配される人間が存在する。 そしてタナトスに支配されている人は「死神」が見える。 死神は、それを見る者にとって1番魅力的に感じる姿をしていて、それはまさに「理想の人」の姿をしている。 という世界設定があります。 ちなみに楽曲の主人公が好意を寄せている君 彼女 は、タナトスに支配されています。 だから「さよなら」と主人公に連絡しては、高いところから飛び降りようとする。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 原作小説で描かれていましたが、主人公と君が関係を持ったのも、飛び降りようとする君を引き止めたことがきっかけでした。 はじめて君を見た日、主人公は奇々怪界な雰囲気を感じながらも、どこか闇のある君に何故か自然と惹かれていきます ここは物語最後の伏線 飛び降りようとする君とそれを引き止める僕。 それを繰り返すことで主人公はいつか円満な二人の未来が訪れると確信しています。 だから付き合って以降も何度も君を引き止める。 サビ1 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう サビ1では、• 僕の手を掴んでほら• 怖くないよ• 二人でいよう など前向きな言葉が綴られていく。 なぜなら毎回「さよなら」と連絡を送ってくる君の行動から「君は自殺を引き止めて欲しいのでは?」と読み取っているから。 君が生を望んでいると勝手に解釈しているから、キラキラした温かい世界に誘おうとしているのです。 全ては 「魅力的な君」のため。 二人で手を取り合えば、俗に言う「幸せ」に近づいていけると信じて疑っていないのです。 完全に「タナトスの誘惑」の世界観に寄り添っていることが分かります。 原作を読んだ方は既にご存知かと思いますが、ここからのクライマックスまでのどんでん返しがすごい。 2番 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ はじめに紹介したように、 「タナトス」である君は 死神 自分の中で最大の理想像 が見えています。 君は自分には憂いの表情しか見せてくれないのに、死神には恋をしているような表情をする。 自分との態度の違いに苛立ちや焦りを感じながらも、やはり君への想いは解けないから 「いつか分かり合える」と必死に言い聞かせています。 歌詞にあるのはまさにその情景。

次の

小説を音楽化するYOASOBI『夜に駆ける』 妙に耳に残る日本語歌詞――近田春夫の考えるヒット(2020年6月23日)|BIGLOBEニュース

夜 に 駆ける 小説

小説・イラスト投稿サイト「monogatary. com」で2019年7月? 9月にかけて実施されていたコンテスト「モノコン2019」内の「ソニーミュージック賞」で大賞に輝いた物語を楽曲化するために結成された新生音楽ユニット。 第1弾楽曲「夜に駆ける」は、11月16日(土)に公開するや否や瞬く間に注目を集め、公開2週間で50万再生を突破。 公開1か月足らずでYouTube、ニコニコ動画併せて動画投稿サイトにて100万回再生を突破。 その後も勢いは衰えることなく伸び続けている。 2018年12月よりボーカロイド楽曲の投稿を開始、2019年4月に投稿した「ラストリゾート」がYouTube再生200万回を突破。 11月23日(土)にリリースしたEP『幽霊東京』はiTunesアニメランキング3位、通信販売で用意したCDも即完した。 そんな二人によるユニット初の楽曲「夜に駆ける」は、物語「タナトスの誘惑」 星野舞夜 著 を原作としたリズミカルでシリアスなナンバー。 繊細かつセンセーショナルな表現のアニメーションで作品世界を彩り、楽曲のストーリー性とメッセージ性をより強めている。 また、第2弾の楽曲が2020年1月に公開されることも発表。 既にその原作となる物語「夢の雫と星の花」 いしき蒼太 著 も「monogatary. com」にて公開されている。 【Ayase コメント】 原作小説の滲み出るような厭世観、そこから生まれるドラマを僕なりにポップな音に落とし込みました。 登場人物の感情はikuraの表現力でよりリアルに、駆け抜けるような物語の展開は藍にいなさんのアニメーションでよりドラマチックに。 それぞれの色が紡いで出来上がったこの作品を、何度も聴いて、咀嚼して、愛してくれると嬉しいです。 【ikura コメント】 原作を読ませていただいたとき背中をなぞられるような、心臓の鼓動が速まっていくような感覚を覚えました。 そのイメージを持ちつつ、登場人物の心情を乗せていくように、一音一音大切に歌わせていただきました。 Ayaseさん、藍にいなさんの才能あふれるこの作品にボーカルとして参加できたことを嬉しく思います。 沢山の方の耳に届きますように。 【藍にいな コメント】 Ayaseさんが奏でる、転がるような音色がとても好きです。 繊細ながらも芯があり、かつドラマチック。 その空気感を掴みつつ情緒的な魅力を引き出せればとMVを制作しました。 「君」と「僕」、2人の姿も合わせて楽しんで頂ければ幸いです。

次の

小説を音楽化するYOASOBI『夜に駆ける』 妙に耳に残る日本語歌詞――近田春夫の考えるヒット

夜 に 駆ける 小説

別の視点から申せば、カーシェアリングみたいなものだろうか。 サブスクでは、楽曲は、借りているだけで、多分所有は出来ないのだと思う。 非パッケージ商品がチャート上位に占める割合が加速度的に増えつつある気配は、ひしひしと実感せざるを得まい。 夜に駆ける/YOASOBI(配信・SONY)ソニーミュージック運営の小説サイトと連携するユニット。 昨年末の発売後、各チャートで上位に留まる。 『夜に駆ける』を聴いてまず思ったのが、そこにはどことなく、件の『香水』と似た匂いの感じられたことだった。 ちなみに、YOASOBIは、小説を音楽化するという、レコード会社のアイデア/企画によって組まれたユニットのようで、『夜に駆ける』は、星野舞夜の『タナトスの誘惑』を原作として書かれた作品なのだそうだが、それでふと閃いた/思ったのが、この楽曲の製造工程のことなのだった。 昨今のjpopでは、メロディに歌詞を乗せていくというのが、まぁ常道の手順といっていいだろう。 では今回のように小説を原作とするといった前提の場合は、どうなのか。 原作者の手前、ストーリー展開は無視出来まい。

次の