マンチェスター シティ ffp。 【マンチェスターシティ】2020年メンバー・監督一気に移籍か!?今後はFFP違反でどうなる?

CL出場禁止のマンチェスター・シティ、プレミアリーグからも降格の危機!?英紙報道

マンチェスター シティ ffp

マンチェスターシティ、チャンピオンズリーグ出場権剥奪?についてウイイレ2020への影響を考える かねてから、くすぶっていた怪しいニュースが再燃し、ウイイレ2020にも当然影響あるのではと、心配になってきました。 衝撃…マンチェスター・シティ、「CL出場権剥奪」 か — つきご@ウイイレ サッカー tukigo778 そもそもマンチェスターシティ、チャンピオンズリーグ出場権剥奪ってなにやっちゃったの? マンチェスターシティがFFP(ファイナンシャル・フェアプレー制度)違反をしてるのではないかというのが理由だそうです。 マンチェスターシティが FFP(ファイナンシャル・フェアプレー制度)違反をしているのではないかというのが理由だそうです。 クラブのオーナーが、 制度違反を回避しようとして、クラブの運営費の粉飾をしたっていう疑惑ということでしょうか。 独誌シュピーゲル(Der Spiegel)は昨年11月、サッカーに関する内部告発サイト「フットボール・リークス(Football Leaks)」から入手したとされる資料を引用し、シティがスポンサーとの契約を画策し、オーナーがクラブに投入できる額に制限を加えるFFPを不当に回避していたと報じた。 そもそもFFP(ファイナンシャル・フェアプレー制度)ってなに? UEAFのファイナンシャル・フェアプレー制度っていうのは、 各クラブの経営状態を監視するためにあります。 もし収入に比べたときの赤字額が多くなっている場合には、処分しますよっていう制度です。 重い処分の場合には、 チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場権剥奪や追放がという処分がくだされることがあります。 お金つかいまくって、選手をかき集めてはだめよということでしょうね。 実はいままで、マンチェスターシティ以外にも、ACミランやパリ・サンジェルマンやローマにもこういった話がありました。 政治的な背景もあって、どうやら抜け道的な物があるのではないかという気もしています。 とはいえ、ギリシャの名門クラブさんは、 財政難で3年間の出場権剥奪されるというキツイ処分もくだされております。 チャンピオンズリーグ出れなくなれば、なおさら収入面がきつくなりそうな気もしますが・・・。 厳しいです。 2019-2020シーズンの影響は? 来季(2019-2020シーズン)のチャンピオンズリーグの予選は、もうすぐ(2019年6月から)はじまりますので、いまから急に出場権剥奪になるのは考えにくいそうです。 というのも、 マンチェスターシティ側にも、反論をする権利があって、スポーツ仲裁裁判所を通じて、UEFA側と話し合いなどの時間を作っていく必要があるからです。 サッカーファンとしては、プレミアリーグを連覇するという、強くてとても魅力的なマンチェスターシティというクラブが、来季もヨーロッパ各国のいろいろなチームと試合するのはやっぱり観たいですしね。 ただし、おそらく選手補強などについての金額的な収支のアンバランスがありそうなのも事実なので、マンチェスターシティはある程度の有力な選手を、放出せざるを得ない状況になるのかもしれませんね。 ウイイレ2020への影響は? 上記の事から考えても、 ウイイレ2020への影響はないのかなと思いますw 以前も記事に書きましたが、ウイイレ2020では、チャンピオンズリーグがウイイレに帰ってくるかもしれないっていう噂についてすこし触れました。 すぐさま、マンチェスターシティになにか処分がくだされるということは、おそらくなさそうなので、 ウイイレ2020にはチャンピオンズリーグが帰ってきてもらって、いろんなおもしろいイベントや取り組みが行われることを期待しております! tukigo.

次の

シティのFFP問題に関するCASの審理が8日から開始! 現時点では敗訴濃厚か?【超ワールドサッカー】

マンチェスター シティ ffp

概要 [ ] 1880年、のセント・マークス教会がチームを結成し、のちにアーディックAFCとなる。 その後、1894年に現在の名称となった。 現在のホームスタジアムはマンチェスターの(収容人数55,097人)。 2008年にの投資グループに買収されて以降、豊富な資金力を活かしてプレミアリーグ有数の強豪クラブとなった。 2011-12シーズンにはを僅差で凌ぎ、44シーズンぶりにリーグ制覇を果たす。 2017-2018シーズンには、プレミアリーグ初となる勝ち点3桁(100)でのリーグ制覇を果たした。 現在、時代を含めて5回のリーグ優勝を経験している。 世界規模、全国区のに対し「真のマンチェスター市民のクラブ」と言われる。 ユナイテッドとの試合は「」と呼ばれ、、と並び、リーグの3大の1つに数えられている。 サポーターはクラブの愛称をもじり「 シチズン(Citizens)」と呼称される。 著名人のファンとしてはのギャラガー兄弟(、)が有名。 彼らはかつてシティが財政難の際はスポンサーとして出資したりするなどかなりの熱狂的なファンである。 2011年にはリアムが、2012年にはノエルがユニフォームのモデルを務めた。 チーム自体がかなりオアシスと綿密な関係を維持しており、度々公式ホームページにコメントを寄せたり、スタジアムでの入場曲にやを使用している。 近年、急速に下部組織の強化を図っており、各年代毎にカテゴライズされたユースチームはそれぞれの年代でリーグ優勝するなどイングランドの中でも1、2を争う集団となっている。 2008年にはマンチェスター・シティを中心としてを創設し、やといったシティブランドを立ち上げた。 2017年1月、である『』の調査によると、2015-16シーズンのクラブ収入は5億2490万ユーロ(約640億円)であり、世界第5位である。 プレミアリーグではに次いで第2位である。 また、イギリスメディアが2012年に公表した調査によると、選手の平均年俸は約740万ドルであり、、に次いで世界で3番目に高いクラブである。 これはアメリカのスポーツチームで最も平均年俸が高いやを上回る給与水準である。 2020年2月14日、クラブ・ファイナンシャル・コントロール機関の調査の結果、2012年から2016年にわたって、スポンサー料を水増しし、に反しないように偽装したことが判明。 はクラブが調査に非協力的だったことも強調しながら、重要な違反を犯したと、声明を発表し 、2020-21シーズンから2シーズンUEFA主催の大会からの締め出し、3000万ユーロ(約36億円)の罰金を科すことを決めた。 歴史 [ ] 創設 [ ] 1880年より活動していたゴートン・アスレティックが1887年にウエスト・ゴートン(West Gorton)と合併し、プロ組織として アーディックAFC(Ardwick Association Football Club)が結成された。 1894年に現在のクラブ名になる。 1904年にを下してを制し、クラブ初のタイトルを手にした。 更に当時使用していたハイド・ローズ・スタジアムに イングランド史上初めて王室が訪れるなど、マンチェスター・シティは当初はイングランドの中心的なクラブとして存在した。 しかし1923年、火事によりハイド・ロード・スタジアムが全焼。 85,000人規模のに本拠地を移すこととなった。 チームは1部と2部を行き来しながらも、リーグ優勝1回、FAカップ優勝2回・準優勝3回と強豪の一角として存在していた。 低迷と数度のカップ獲得 [ ] シティは1930年代を最後に、長きに渡りタイトルから遠ざかり1部と2部を行き来するクラブになっていった。 1955年にはFAカップ決勝に進出しに敗れるも、翌年再び決勝に進出しを3-1で破り3度目の優勝を果たした。 しかしクラブ自体は低迷し3部に落ちることもあった。 1968年、を破ってを制し、翌年にを破り13年ぶりのFAカップ優勝を遂げる。 1970年にを初優勝し、更に国内でもを制しを達成した。 6年後の1976年には再びリーグカップを制した。 1979年には当時の移籍金記録を破る1450万ポンドでスティーブ・ダーリーを獲得するなど積極的に補強するも、リーグでは全く上位に浮上できないシーズンが続いた。 長きに渡る暗黒時代 [ ] 1980年代に入るとシティはかつてない暗黒時代に突入することになる。 これまでの強みだったカップ戦でも優勝することができなくなり、チームは2部、3部へと落ちていった。 シティは80年代から00年代にかけて30年以上もの間タイトルとは無縁の生活を送ることとなり、隣の宿敵が長い低迷の後、を招聘して世界的な強豪になっていくのをただ見ているだけとなった。 2003年には、約80年に渡りメインスタジアムとして使用していたメインロードからへ移ることとなった。 新オーナーによる投資 [ ] 2007年7月6日、クラブの公式サイトで前首相の会長就任と前監督の監督就任が発表された。 エリクソンは8月に月間最優秀監督賞を受賞するなど上々のスタートを切ったが、後半失速し9位でシーズンを終えると、2008年6月2日に成績不振により1年で解任。 を新監督に迎え、同年夏の移籍市場では、、らを獲得した。 2008年9月1日、チナワット会長はオーナー権を1年での投資グループ、 ()(ADUG)に売却。 ADUGのあり余る資金力を背景に、同年夏の移籍市場最終日にからを獲得し、翌年冬の移籍市場では当時史上最高額とも言われる移籍金でからの獲得を試み失敗するも、、、などの実力者を獲得した。 しかし2008-09シーズンはプレミアリーグを10位、をベスト8で終えることとなり期待された結果とは程遠いものだった。 2009年夏の移籍市場では再び巨額を投じ、、、らプレミアリーグで実績を残している選手を中心に大規模な選手補強を行い、これまでを務めていたや主力であったを放出してチームを編成し直した。 2009-10シーズンは開幕から連勝を重ねて序盤は首位争いを演じるも、リーグ戦を7戦連続引き分けるなど徐々に調子を落とし、2009年12月21日にヒューズは解任。 前監督のを新監督として招聘した2010年冬の移籍市場では、、らを獲得。 一方で負傷などによって調子を落としていたロビーニョをにレンタル移籍で放出した。 マンチーニ監督就任後は守備を重視した戦術を浸透させ失点が減少、結果的には5位でのシーズン終了となりは逃したものの、の出場権を獲得した。 2010年代 [ ] 2010-11 2010年夏の移籍市場では、、らを獲得。 一方で、ロビーニョらを放出した。 さらに2011年冬の移籍市場ではを獲得し、アデバヨールら余剰戦力となっていた選手らをレンタル移籍させた。 2010-11シーズンは1968-69シーズン以来35季ぶりとなる優勝を果たしたほか、プレミアリーグを3位で終えてクラブ史上初となるの出場権を獲得した。 2011-12 2011年夏の移籍市場では、、らを獲得。 更にアブダビ政府所有の航空会社と1億5千万ポンドと噂される額で10年間のスポンサー契約を締結し、改修予定中のスタジアム名称をと変更した。 2011-12シーズンは序盤から圧倒的な攻撃力を維持し、無敗をキープして迎えた9節のでのでは1-6での歴史的勝利を挙げ、その実力を世界的に知らしめた。 その後も両チームはデットヒートを繰り広げ、4月にはマンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差8とまで広がり2位に甘んじるも、ユナイテッドが終盤に入り勝ち点を取りこぼし、一方のシティはCLのバイエルン戦で交代出場の指示を拒否したとして戦力外扱いになっていたが、マンチーニ監督と和解したが無断帰国から復帰してチームに合流。 息を吹き返したシティは連勝を重ね、マンチェスター・ダービー前には勝ち点3にまで差を詰めて迎えた第36節のユナイテッドとのマンチェスター・ダービーをのヘディングシュートで1-0で制し、第27節以来の首位に立った。 そして最終節の戦は勝てば得失点差でシティの優勝がほぼ決まる状況だったが、後半途中で相手が1人少なくなったにもかかわらず、やはり勝てばプレミア残留が決まるQPRの前に2点を奪われ、1-2で逆転を許した。 しかしアディショナルタイムに入り、まずジェコのヘディングシュートで同点とし、最後はアグエロのシュートが決まり、3-2の逆転勝利で劇的な44シーズンぶりのリーグ制覇を果たした。 シティ戦がATに入った時点で同時刻KOだったvsマンチェスター・ユナイテッド戦はユナイテッドが0-1で先に勝利したため、シティは引き分けでも優勝を逃すという状況だった。 また、初出場となったでは、、、と同組の「死の組」に入り、3勝2敗1分けの勝ち点10を奪ったが、ナポリに競り負け惜しくも3位となり、に回ることになった。 そのヨーロッパリーグでも決勝トーナメント・ラウンド32でには勝利したが、ラウンド16でにアウェーゴールの差で敗退し、欧州の舞台で輝きを放つことはできなかった。 2012-13 [ ] 夏の移籍市場では、、、、、との金銭トレードで獲得したの補強に留まった。 コミュニティシールドでは優勝したもののリーグ戦はユナイテッドに独走を許してしまい、早々に優勝を決めさせてしまう(最終結果はユナイテッドと勝ち点11差の勝ち点78で2位)。 では、、と同組という極めて困難なグループで1勝もできずに3分け3敗であえなく敗退した。 タイトル獲得への最後の頼みとなったでは決勝まで進出するが、圧倒的有利と言われたに後半終了間際の決勝ゴールを決められまさかの敗戦。 これで無冠が確定したことにより決勝直後にマンチーニはシーズン終了を待たずして解任された。 後任監督にはが就任。 2013-14 [ ] 2013年夏の移籍市場では、らを放出する一方、、、、、を獲得した。 2013-14シーズンは序盤は1試合平均3点を越すようなハイペースで得点を重ねる一方、アウェイでの戦いでは格下相手に不覚を取るなど好不調の差が目立った。 しかし徐々に安定感が増していき、勝ち点を積み重ね続ける。 4月13日に行われたとのプレミア頂上決戦は一時は2点差を追いつきながらも2-3で惜敗し、その後第26節の延期分サンダーランド戦にも2-2で何とか引き分け、自力優勝はおろか2位の可能性も一度は消滅したものの、リヴァプールが控えメンバー主体のチェルシーにアンフィールドで0-2で敗れた事で自力優勝の可能性が復活。 諦めずにサンダーランド戦以降の5戦は全勝し、2シーズンぶりにプレミアリーグの覇権を奪回した。 シティがこのシーズン首位に立ってた期間はわずか14日であった(これはキャピタルワンカップで決勝まで勝ち進んだことによってリーグ戦が延期され、常に消化試合数がリヴァプールやチェルシーやアーセナルに比べて少なかったのが大きい。 またも決勝でサンダーランドを3-1で下し二冠を達成した。 2014-15 [ ] 2014-15シーズンの基本フォーメーション から 、から 、 、からを獲得した。 また、からを、1年間のレンタルで獲得した。 一方でとがに 、がに移籍することになった。 序盤は順調に勝ち点を積み重ね冬の移籍市場までに2位につけていたが、FWに負傷者が出たため、からを獲得するも 、後半戦開始直後から劇的に調子を落とし始め、の独走を許し安泰に見えた2位の座はおろか、一時はCLストレートインの条件である3位からも脱落してしまったが、最終盤にかけての好調もあって調子を取り戻し、最終的には2位の座を奪還しフィニッシュした。 また、終盤故障したのや、今シーズン大ブレイクしたのを抑えが自身初の得点王に輝いた。 は、グループステージで、、と同組になった。 結果は、前半戦は苦戦を強いられるものの後半に巻き返し2勝2敗2分で2位通過をした。 よって、2シーズン連続で決勝トーナメント進出となった。 決勝トーナメント・ラウンド16はと対戦。 が幾度もビッグセーブを見せるものの2戦合計1-3と及ばず敗退が決定した。 はベスト16でに0-2で敗れた。 は4回戦でに0-2で敗れた。 2015-16 [ ] 2015-16シーズンの基本フォーメーション 6月2日、下部組織出身でトップチーム登録もされていたベルギー代表DFがに移籍することになった。 がに 、がに 、がに 、がに 移籍した。 からイングランド代表FW 、から 、からアルゼンチン代表DF 、またクラブ史上最高額となる5500万ポンドでを獲得した。 開幕から5連勝、11得点無失点と最高のスタートを切ったが、例年通り負傷者が連発し徐々に調子が低下。 「奇跡の優勝」に向かってひた走るレスター・シティに1-3であっさり敗れるなど調子の差は歴然で、結局優勝争いにも絡めず4位に終わった。 では、グループステージで、、と同組になり、4勝2敗で1位通過。 決勝トーナメント・ラウンド16の戦を2戦合計スコア3-1で勝利し、壁となっていたベスト16突破を成し遂げた。 さらに、準々決勝戦も2戦合計スコアが3-2で突破しクラブ史上初のベスト4入りを果たした。 準決勝戦は、1stレグをスコアレスドローで終えると、2ndレグでは前半早々守備の要であったが負傷退場し、前半20分にオウンゴールで失点、その後も得点を奪うことが出来ず1-0で敗れ、2戦合計スコアが0-1でに決勝進出を許した。 は決勝をと1-1で引き分けPK戦を1-3で勝利し、4回目の優勝を果たした。 は5回戦でに5-1で敗れた。 6月2日、からドイツ代表MFを獲得した。 しかし、5月のドルトムントでのトレーニング中に膝蓋(しつがい)骨の脱臼という重傷を負い、本格的なチームへの加入は来シーズンの9月半ば頃となった。 の監督就任 [ ] 2016-17 [ ] 2016-17シーズンの基本フォーメーション 、が退団。 は現役引退も発表した。 一方、から 、から 、から、から 、からを獲得。 しかし、ガブリエル・ジェズスについては、パルメイラスを優勝に導くためが終了するまで残留したいという本人の意思を尊重し、2016年12月まではパルメイラスに在籍し、チームには2017年1月から正式加入することになった。 グアルディオラのポゼッション戦術がなかなかチーム内に浸透せず、またブラーボが低パフォーマンスでウィリー・カバジェロにポジションを奪われ、ストーンズら守備陣が脆弱だと批判を浴びるなど、彼が高く評価した選手たちが結果を残すことができずに低迷。 結局はリーグ終盤戦で、、の若い3トップが活躍したことから最終的に3位でリーグ戦を終え、チャンピオンズリーグ出場権を獲得したものの、グアルディオラ体制1年目はリーグへの適応に苦しむことになった。 では、グループステージで、、と同組になり、2勝1敗3分で2位通過をした。 決勝トーナメント・ラウンド16でと対戦。 ホームでの1stレグで5-3と勝利を収めたものの、2ndレグに1-3で敗れ、アウェイゴール数の差で敗退となった。 は準決勝でに敗れ 、はベスト16でマンチェスター・ユナイテッドに敗れたため、無冠でシーズンを終えることになった。 2017-18 [ ] 2017-18シーズンの基本フォーメーション がウェストハム、がバシャクシェヒル、がチェルシー、、は、が、が、が、が、がに移籍、バカリ・サニャは退団しフリーとなった。 一方でから、、から、から、からを獲得し 、大幅なチーム刷新が行われた。 2年目となりグアルディオラの戦術がチームに浸透し、ケヴィン・デ・ブライネ、ラヒーム・スターリング、ジョン・ストーンズといった選手が大きく飛躍。 新加入のGKエデルソンも安定感あるプレーで大きく名をあげた。 チームはリーグ第11節アーセナル戦での勝利でクラブレコードのリーグ9連勝、第21節クリスタル・パレス戦で引き分けるまでリーグ記録の18連勝、第23節リバプール戦で敗れるまでクラブ記録のリーグ22戦無敗を達成するなど快進撃を続け、首位を独走。 冬の移籍市場でからクラブ史上最高額となる5700万ポンドでフランス人DFを獲得し戦力を整えるとそのまま勢いを保ち続けた。 4月15日、2位のが破れたことにより4シーズンぶりのリーグ優勝が決定した。 そしてリーグ戦最終節戦に0-1で勝利したことで、勝ち点が「100」となり、プレミアリーグ史上初めて勝ち点を3桁の大台に乗せた。 また、2位のとの勝ち点差は19であり、これもリーグ新記録となった。 では、グループステージで、、と同組になり、5勝1敗で1位通過。 ラウンド16でもバーゼルに2戦合計5-2で快勝したが、準々決勝でと対戦。 1stレグを0-3で落とし、2ndレグでは先制点を決めたものの疑惑の判定によって2点目を取り消され、そのことについての抗議をハーフタイム中に監督が主審にしたことで退席処分になってしまい、後半からアシスタントコーチのが指揮を執るものの1-2で敗れた。 2戦合計スコアが1-5となり敗退した。 は5回戦でに1-0で敗れた。 、は決勝でを0-3で下し、5回目の優勝を果たした。 2018-19 [ ] 2018-19シーズンの基本フォーメーション 夏の移籍市場ではからクラブ史上最高額となる6000万ポンド で 、から を獲得したのみで動きは少なく、主力を維持していく方針をとった。 一方でを 、を 、をに 、パブロ・マフェオをシュツットガルトに放出するなど人員整理に努めた。 ではを0-2で破り、5回目の優勝を果たした。 シーズン開始後もチーム完成度の高さを見せつけ、開幕15戦無敗 13勝2分 で首位を快走。 しかし第16節チェルシー戦で敗れると、第18節、第19節と2年ぶりにリーグ戦連敗を喫する。 その後はが怪我がちで離脱が多かったものの、がその穴を埋める活躍を見せ、リヴァプールと激しいデットヒートを繰り広げ、第25節から最終節まで14連勝でフィニッシュ。 数々のリーグ記録を打ち立てた昨シーズンまでとは行かなかったものの、2年連続で32勝 2分4敗 を挙げ、勝点98という好記録を残しリバプールを勝ち点差1で振り切ってクラブ史上初のリーグ連覇を果たした。 も順調に勝ち進み、決勝はと0-0で引き分けPK戦を3-4で勝利し、2連覇を達成した。 また、も勝ち進んで決勝でに6-0で大勝、イングランド史上初となる国内3冠 、、 を達成した。 では、グループステージで、、と同組になり、4勝1敗1分で下馬評通り1位通過。 ラウンド16ではを2戦合計10-2で下した。 準々決勝で戦1stレグでは、がPKをに止められしまうなどして、0-1で敗れた。 ホームでの2ndレグは開始11分で2-2と激しい打ち合いになり、4-2 2戦合計4-3 となった後半、に得点を許したが、このゴールはハンドにも見えたがVARの介入後も判定は覆らなかった。 そして4-3 2戦合計4-4 となった後半終了間際、アグエロの折り返しをが決めて逆転したように思われたが、VARでアグエロのオフサイドを取られて取り消しとなり、スコアは動かず試合終了。 2戦合計4-4、アウェーゴール差で2シーズン連続ベスト8で敗退した。 冬の移籍市場では、から(チームへの加入は、2019年夏の移籍市場が開かれる2019年7月9日以降 )を獲得する一方、下部組織出身でトップチーム登録もされていたがに移籍することになった。 シーズン終了後、主将が、今季限りで退団することを発表した。 2019-20 [ ] 夏の移籍市場ではから、とのトレードでからを獲得、のを買い戻し、ピンポイントな補強を展開した。 2020年2月14日、4年間に渡るスポンサー収入の水増し報告によるFFP違反を受けUEFAから翌2年間のチャンピオンズリーグ出場停止処分が発表された。 3月1日、決勝でに2-1で勝利し、大会3連覇を果たした。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 1936-37, 1967-68, 2011-12, 2013-14, 2017-18, 2018-19• :6回• 1903-04, 1933-34, 1955-56, 1968-69, 2010-11, 2018-19• :7回• 1969-70, 1975-76, 2013-14, 2015-16, 2017-18, 2018-19, 2019-20• :6回• 1937, 1968, 1972, 2012, 2018, 2019 国際タイトル [ ]• :1回• 1969-70 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン 最多得点者 得点 リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 1967-68 ディビジョン1 42 26 6 10 86 43 58 1位 4回戦敗退 4回戦敗退 21 1968-69 ディビジョン1 42 15 10 17 64 55 40 13位 優勝 3回戦敗退 1回戦敗退 18 1969-70 ディビジョン1 42 16 11 15 55 48 43 10位 4回戦敗退 優勝 優勝 22 1970-71 ディビジョン1 42 12 17 13 47 42 41 11位 5回戦敗退 2回戦敗退 ベスト4 19 1971-72 ディビジョン1 42 23 11 8 77 45 57 4位 3回戦敗退 3回戦敗退 35 1972-73 ディビジョン1 42 15 11 16 57 60 41 11位 5回戦敗退 3回戦敗退 1回戦敗退 19 1973-74 ディビジョン1 42 14 12 16 39 46 40 14位 4回戦敗退 準優勝 18 1974-75 ディビジョン1 42 18 10 14 54 54 46 8位 3回戦敗退 3回戦敗退 18 1975-76 ディビジョン1 42 16 11 15 64 46 43 8位 4回戦敗退 優勝 24 1976-77 ディビジョン1 42 21 14 7 60 34 56 2位 5回戦敗退 2回戦敗退 1回戦敗退 23 1977-78 ディビジョン1 42 20 12 10 74 51 52 4位 4回戦敗退 準々決勝敗退 1回戦敗退 20 1978-79 ディビジョン1 42 13 13 16 58 56 39 15位 4回戦敗退 準々決勝敗退 4回戦敗退 15 1979-80 ディビジョン1 42 12 13 17 43 66 37 17位 3回戦敗退 3回戦敗退 9 1980-81 ディビジョン1 42 14 11 17 56 59 39 12位 準優勝 準決勝敗退 17 1981-82 ディビジョン1 42 15 13 14 49 50 58 10位 4回戦敗退 4回戦敗退 14 1982-83 ディビジョン1 42 13 8 21 47 70 47 20位 4回戦敗退 3回戦敗退 13 1983-84 ディビジョン2 42 20 10 12 66 48 70 4位 3回戦敗退 3回戦敗退 19 1984-85 ディビジョン2 42 21 11 10 66 40 74 3位 3回戦敗退 4回戦敗退 14 1985-86 ディビジョン1 42 11 12 19 43 57 45 15位 4回戦敗退 3回戦敗退 12 1986-87 ディビジョン1 42 8 15 19 36 57 39 21位 3回戦敗退 3回戦敗退 9 1987-88 ディビジョン2 44 19 8 17 80 60 65 9位 準々決勝敗退 準々決勝敗退 27 1988-89 ディビジョン2 46 23 13 10 77 53 82 2位 4回戦敗退 4回戦敗退 17 1989-90 ディビジョン1 38 12 12 16 43 52 48 14位 3回戦敗退 4回戦敗退 11 1990-91 ディビジョン1 38 17 11 10 64 53 62 5位 5回戦敗退 3回戦敗退 21 1991-92 ディビジョン1 42 20 10 12 61 48 70 5位 3回戦敗退 4回戦敗退 21 1992-93 プレミアリーグ 42 15 12 15 56 51 57 9位 準々決勝敗退 3回戦敗退 19 1993-94 プレミアリーグ 42 9 18 15 38 49 45 16位 4回戦敗退 4回戦敗退 6 1994-95 プレミアリーグ 42 12 13 17 53 64 49 17位 5回戦敗退 5回戦敗退 22 1995-96 プレミアリーグ 38 9 11 18 33 58 38 18位 5回戦敗退 3回戦敗退 13 1996-97 ディビジョン1 46 17 10 19 59 60 61 14位 5回戦敗退 2回戦敗退 16 1997-98 ディビジョン1 46 12 12 22 56 57 48 22位 4回戦敗退 1回戦敗退 9 1998-99 ディビジョン2 46 22 16 8 69 33 82 3位 3回戦敗退 2回戦敗退 22 1999-00 ディビジョン1 46 26 11 9 78 40 89 2位 4回戦敗退 2回戦敗退 29 2000-01 プレミアリーグ 38 8 10 20 41 65 34 18位 5回戦敗退 5回戦敗退 11 2001-02 ディビジョン1 46 31 6 9 108 52 99 1位 5回戦敗退 4回戦敗退 32 2002-03 プレミアリーグ 38 15 6 17 47 54 51 9位 3回戦敗退 3回戦敗退 14 2003-04 プレミアリーグ 38 9 14 15 55 54 41 16位 5回戦敗退 4回戦敗退 2回戦敗退 24 2004-05 プレミアリーグ 38 13 13 12 47 39 52 8位 3回戦敗退 3回戦敗退 11 2005-06 プレミアリーグ 38 13 4 21 43 48 43 15位 準々決勝敗退 2回戦敗退 10 2006-07 プレミアリーグ 38 11 9 18 29 44 42 14位 準々決勝敗退 2回戦敗退 7 2007-08 プレミアリーグ 38 15 10 13 45 53 55 9位 4回戦敗退 準々決勝敗退 10 2008-09 プレミアリーグ 38 15 5 18 58 50 50 10位 3回戦敗退 2回戦敗退 ベスト8 15 2009-10 プレミアリーグ 38 18 13 7 73 45 67 5位 5回戦敗退 準決勝敗退 29 2010-11 プレミアリーグ 38 21 8 9 60 33 71 3位 優勝 3回戦敗退 ベスト16 23 2011-12 プレミアリーグ 38 28 5 5 93 29 89 1位 3回戦敗退 準決勝敗退 GS敗退 30 ベスト16 2012-13 プレミアリーグ 38 23 9 6 66 34 78 2位 準優勝 3回戦敗退 GS敗退 17 2013-14 プレミアリーグ 38 27 5 6 102 37 86 1位 準々決勝敗退 優勝 ベスト16 28 2014-15 プレミアリーグ 38 24 7 7 83 38 79 2位 4回戦敗退 ベスト16 ベスト16 32 2015-16 プレミアリーグ 38 19 9 10 71 41 66 4位 5回戦敗退 1位 ベスト4 29 2016-17 プレミアリーグ 38 23 9 6 80 39 78 3位 準決勝敗退 4回戦敗退 ベスト16 33 2017-18 プレミアリーグ 38 32 4 2 106 27 100 1位 5回戦敗退 優勝 ベスト8 30 2018-19 プレミアリーグ 38 32 2 4 95 23 98 1位 優勝 優勝 ベスト8 32 2019-20 プレミアリーグ 38 優勝 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 基本フォーメーション 詳細は「」を参照 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 33 out No. Pos. 選手名 12 24 29 34 38 43 49 64 65 67 68 74 75 81 -- No. Pos. 選手名 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 加入内定選手 [ ] No. Pos. 2003-2004• 2004. 1-2004. 2007-2008• 2004-2009• 2010-2011• 2011-2012• 2009. 1-2013• 2009-2013• 2012-2013• 2009-2014• 2005-2015• 2011-2015• 2012-2015• 2013-2015• 2013-2016• 2008-2017• 2010-2017• 2011-2017• 2014-2017• 2013-2018• 2015-2018• 2008-2019• 2014-2019• 2017-2019• 2015-• 2016-• 2016-• 2017-• 2017-• 2018. 2018-• 2014-2018,2019-• 2019- MF [ ]• 1894-1906,1921-1924• 1936-1945• 1965-1975• 1974-1978,1979-1983• 2003-2005• 2003-2007• 2006-2009• 1999-2005, 2008-2011• 2010-2011• 2009-2012• 2011-2012• 2012. 1-2012. 2009-2014• 2012-2014• 2012-2014• 2010-2015• 2013-2015• () 2014-2015• 2014-2015• 2011-2017• 2013-2017• 2014-2017• 2010-2018• 2014-2018• 2016-2018. 2015-2019• 2015-2019• 2010-• 2013-• 2015-• 2015-• 2015-• 2016-• 2016-• 2016-• 2017-• 2017-• 2018-• 2019- FW [ ]• 1960-1961, 1973-1974• 1990-1996• 2000-2001• 2000-2004• 2002-2005• 2003-2006• 2006-2008• 2006-2008• 2006-2009• 2008-2010• 2009-2011• 2009-2012• 2009-2013• 2009-2013• 2010-2013• 2008-2015• 2011-2015• 2013-2015• 2013-2016. 2015. 1-2017• 2015-2017• 2016-2017• 2011-• 2015-• 2016-• 2017. 2017- 練習場 [ ] ホームスタジアムのエティハドスタジアムに隣接する場所に、16. 5面のサッカーピッチ、ユースチーム向けのスタジアム、最先端トレーニングセンターや宿泊施設がある。 スポンサー [ ] シーズン サプライヤー 胸 1987-88 1988-89 1989-90 1990-91 1991-92 1992-93 1993-94 1994-95 1995-96 1996-97 1997-98 1998-99 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 le coq 2008-09 2009-10 UMBRO 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20 クラブパートナー [ ]• ETIHAD• Puma• etisalat• Abu Dhabi• aabar• NISSAN• HAYS• EA SPORTS• QNET• ion• FX PRIMUS• Lewin 脚注 [ ]• SOCCERKING. FromOne co. ,Ltd. 2020年1月16日. 2020年1月16日閲覧。 2017年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2015-2016シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング• Goal. com. 2020年2月14日閲覧。 超ワールドサッカー. 2020年2月14日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年2月14日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年6月13日. 2014年6月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年6月26日. 2014年6月26日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月11日. 2014年8月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年7月8日. 2014年7月8日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月6日. 2014年8月6日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年6月16日. 2014年6月17日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月5日. 2014年8月5日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月14日. 2014年8月14日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年1月24日. 2015年1月24日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年5月24日. 2015年5月25日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2014年12月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年3月18日. 2015年3月19日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年10月29日. 2014年10月30日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年1月24日. 2015年1月25日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年6月2日. 2015年6月2日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月1日. 2015年7月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月31日. 2015年8月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月12日. 2015年8月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月28日. 2015年8月28日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月14日. 2015年7月15日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月17日. 2015年7月18日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月20日. 2015年8月20日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月30日. 2015年8月31日閲覧。 BBC Sport. BBC 2015年8月30日. 2015年8月31日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2015年12月9日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年3月15日. 2016年3月16日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年4月12日. 2016年4月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年5月4日. 2016年5月5日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年2月28日. 2016年2月29日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年2月21日. 2016年2月22日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年6月2日. 2016年6月2日閲覧。 gooニュース. NTT Resonant Inc 2016年7月1日. 2016年7月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年7月1日. 2016年7月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年8月2日. 2016年8月2日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年8月9日. 2016年8月9日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年8月25日. 2016年8月26日閲覧。 BBC Sport. BBC 2016年8月3日. 2016年8月3日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年5月21日. 2017年5月22日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2016年12月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年2月21日. 2017年2月22日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年4月23日. 2017年4月24日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年7月14日. 2017年7月15日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年4月15日. 2018年4月16日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年5月13日. 2018年5月14日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2017年12月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年4月10日. 2018年4月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年2月25日. 2018年2月26日閲覧。 BBC Sport. BBC 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年7月31日. 2018年8月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年7月31日. 2018年8月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年8月21日. 2018年8月21日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年8月7日. 2018年8月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年5月12日. 2019年5月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年5月18日. 2019年5月19日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2018年12月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年4月9日. 2019年4月10日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年12月11日. 2018年12月12日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年1月6日. 2019年1月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年5月19日. 2019年5月19日閲覧。 www. goal. com. 2019年8月12日閲覧。 超ワールドサッカー 2020年3月1日. 2020年3月3日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC. 2019年9月1日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (英語)• (日本語)• (日本語)• ManCity - (英語)• ManCityJP - (日本語) ニュース• その他• (日本語)• 1965-1971• 1971-1973• 1973• 1973-1974• 1974-1979• 1979-1980• 1980-1983• 1983• 1983-1986• 1986-1987• 1987-1989• 1989-1990• 1990-1993• 1993• 1993-1995• 1995-1996• 1996• 1996• 1996-1998• 1998-2001• 2001-2005• 2005-2007• 2007-2008• 2008-2009• 2009-2013• 2013• 2013-2016• 2016-.

次の

【サッカーコラム】マンチェスター・シティのFFP違反についてまとめてみた

マンチェスター シティ ffp

概要 [ ] 1880年、のセント・マークス教会がチームを結成し、のちにアーディックAFCとなる。 その後、1894年に現在の名称となった。 現在のホームスタジアムはマンチェスターの(収容人数55,097人)。 2008年にの投資グループに買収されて以降、豊富な資金力を活かしてプレミアリーグ有数の強豪クラブとなった。 2011-12シーズンにはを僅差で凌ぎ、44シーズンぶりにリーグ制覇を果たす。 2017-2018シーズンには、プレミアリーグ初となる勝ち点3桁(100)でのリーグ制覇を果たした。 現在、時代を含めて5回のリーグ優勝を経験している。 世界規模、全国区のに対し「真のマンチェスター市民のクラブ」と言われる。 ユナイテッドとの試合は「」と呼ばれ、、と並び、リーグの3大の1つに数えられている。 サポーターはクラブの愛称をもじり「 シチズン(Citizens)」と呼称される。 著名人のファンとしてはのギャラガー兄弟(、)が有名。 彼らはかつてシティが財政難の際はスポンサーとして出資したりするなどかなりの熱狂的なファンである。 2011年にはリアムが、2012年にはノエルがユニフォームのモデルを務めた。 チーム自体がかなりオアシスと綿密な関係を維持しており、度々公式ホームページにコメントを寄せたり、スタジアムでの入場曲にやを使用している。 近年、急速に下部組織の強化を図っており、各年代毎にカテゴライズされたユースチームはそれぞれの年代でリーグ優勝するなどイングランドの中でも1、2を争う集団となっている。 2008年にはマンチェスター・シティを中心としてを創設し、やといったシティブランドを立ち上げた。 2017年1月、である『』の調査によると、2015-16シーズンのクラブ収入は5億2490万ユーロ(約640億円)であり、世界第5位である。 プレミアリーグではに次いで第2位である。 また、イギリスメディアが2012年に公表した調査によると、選手の平均年俸は約740万ドルであり、、に次いで世界で3番目に高いクラブである。 これはアメリカのスポーツチームで最も平均年俸が高いやを上回る給与水準である。 2020年2月14日、クラブ・ファイナンシャル・コントロール機関の調査の結果、2012年から2016年にわたって、スポンサー料を水増しし、に反しないように偽装したことが判明。 はクラブが調査に非協力的だったことも強調しながら、重要な違反を犯したと、声明を発表し 、2020-21シーズンから2シーズンUEFA主催の大会からの締め出し、3000万ユーロ(約36億円)の罰金を科すことを決めた。 歴史 [ ] 創設 [ ] 1880年より活動していたゴートン・アスレティックが1887年にウエスト・ゴートン(West Gorton)と合併し、プロ組織として アーディックAFC(Ardwick Association Football Club)が結成された。 1894年に現在のクラブ名になる。 1904年にを下してを制し、クラブ初のタイトルを手にした。 更に当時使用していたハイド・ローズ・スタジアムに イングランド史上初めて王室が訪れるなど、マンチェスター・シティは当初はイングランドの中心的なクラブとして存在した。 しかし1923年、火事によりハイド・ロード・スタジアムが全焼。 85,000人規模のに本拠地を移すこととなった。 チームは1部と2部を行き来しながらも、リーグ優勝1回、FAカップ優勝2回・準優勝3回と強豪の一角として存在していた。 低迷と数度のカップ獲得 [ ] シティは1930年代を最後に、長きに渡りタイトルから遠ざかり1部と2部を行き来するクラブになっていった。 1955年にはFAカップ決勝に進出しに敗れるも、翌年再び決勝に進出しを3-1で破り3度目の優勝を果たした。 しかしクラブ自体は低迷し3部に落ちることもあった。 1968年、を破ってを制し、翌年にを破り13年ぶりのFAカップ優勝を遂げる。 1970年にを初優勝し、更に国内でもを制しを達成した。 6年後の1976年には再びリーグカップを制した。 1979年には当時の移籍金記録を破る1450万ポンドでスティーブ・ダーリーを獲得するなど積極的に補強するも、リーグでは全く上位に浮上できないシーズンが続いた。 長きに渡る暗黒時代 [ ] 1980年代に入るとシティはかつてない暗黒時代に突入することになる。 これまでの強みだったカップ戦でも優勝することができなくなり、チームは2部、3部へと落ちていった。 シティは80年代から00年代にかけて30年以上もの間タイトルとは無縁の生活を送ることとなり、隣の宿敵が長い低迷の後、を招聘して世界的な強豪になっていくのをただ見ているだけとなった。 2003年には、約80年に渡りメインスタジアムとして使用していたメインロードからへ移ることとなった。 新オーナーによる投資 [ ] 2007年7月6日、クラブの公式サイトで前首相の会長就任と前監督の監督就任が発表された。 エリクソンは8月に月間最優秀監督賞を受賞するなど上々のスタートを切ったが、後半失速し9位でシーズンを終えると、2008年6月2日に成績不振により1年で解任。 を新監督に迎え、同年夏の移籍市場では、、らを獲得した。 2008年9月1日、チナワット会長はオーナー権を1年での投資グループ、 ()(ADUG)に売却。 ADUGのあり余る資金力を背景に、同年夏の移籍市場最終日にからを獲得し、翌年冬の移籍市場では当時史上最高額とも言われる移籍金でからの獲得を試み失敗するも、、、などの実力者を獲得した。 しかし2008-09シーズンはプレミアリーグを10位、をベスト8で終えることとなり期待された結果とは程遠いものだった。 2009年夏の移籍市場では再び巨額を投じ、、、らプレミアリーグで実績を残している選手を中心に大規模な選手補強を行い、これまでを務めていたや主力であったを放出してチームを編成し直した。 2009-10シーズンは開幕から連勝を重ねて序盤は首位争いを演じるも、リーグ戦を7戦連続引き分けるなど徐々に調子を落とし、2009年12月21日にヒューズは解任。 前監督のを新監督として招聘した2010年冬の移籍市場では、、らを獲得。 一方で負傷などによって調子を落としていたロビーニョをにレンタル移籍で放出した。 マンチーニ監督就任後は守備を重視した戦術を浸透させ失点が減少、結果的には5位でのシーズン終了となりは逃したものの、の出場権を獲得した。 2010年代 [ ] 2010-11 2010年夏の移籍市場では、、らを獲得。 一方で、ロビーニョらを放出した。 さらに2011年冬の移籍市場ではを獲得し、アデバヨールら余剰戦力となっていた選手らをレンタル移籍させた。 2010-11シーズンは1968-69シーズン以来35季ぶりとなる優勝を果たしたほか、プレミアリーグを3位で終えてクラブ史上初となるの出場権を獲得した。 2011-12 2011年夏の移籍市場では、、らを獲得。 更にアブダビ政府所有の航空会社と1億5千万ポンドと噂される額で10年間のスポンサー契約を締結し、改修予定中のスタジアム名称をと変更した。 2011-12シーズンは序盤から圧倒的な攻撃力を維持し、無敗をキープして迎えた9節のでのでは1-6での歴史的勝利を挙げ、その実力を世界的に知らしめた。 その後も両チームはデットヒートを繰り広げ、4月にはマンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差8とまで広がり2位に甘んじるも、ユナイテッドが終盤に入り勝ち点を取りこぼし、一方のシティはCLのバイエルン戦で交代出場の指示を拒否したとして戦力外扱いになっていたが、マンチーニ監督と和解したが無断帰国から復帰してチームに合流。 息を吹き返したシティは連勝を重ね、マンチェスター・ダービー前には勝ち点3にまで差を詰めて迎えた第36節のユナイテッドとのマンチェスター・ダービーをのヘディングシュートで1-0で制し、第27節以来の首位に立った。 そして最終節の戦は勝てば得失点差でシティの優勝がほぼ決まる状況だったが、後半途中で相手が1人少なくなったにもかかわらず、やはり勝てばプレミア残留が決まるQPRの前に2点を奪われ、1-2で逆転を許した。 しかしアディショナルタイムに入り、まずジェコのヘディングシュートで同点とし、最後はアグエロのシュートが決まり、3-2の逆転勝利で劇的な44シーズンぶりのリーグ制覇を果たした。 シティ戦がATに入った時点で同時刻KOだったvsマンチェスター・ユナイテッド戦はユナイテッドが0-1で先に勝利したため、シティは引き分けでも優勝を逃すという状況だった。 また、初出場となったでは、、、と同組の「死の組」に入り、3勝2敗1分けの勝ち点10を奪ったが、ナポリに競り負け惜しくも3位となり、に回ることになった。 そのヨーロッパリーグでも決勝トーナメント・ラウンド32でには勝利したが、ラウンド16でにアウェーゴールの差で敗退し、欧州の舞台で輝きを放つことはできなかった。 2012-13 [ ] 夏の移籍市場では、、、、、との金銭トレードで獲得したの補強に留まった。 コミュニティシールドでは優勝したもののリーグ戦はユナイテッドに独走を許してしまい、早々に優勝を決めさせてしまう(最終結果はユナイテッドと勝ち点11差の勝ち点78で2位)。 では、、と同組という極めて困難なグループで1勝もできずに3分け3敗であえなく敗退した。 タイトル獲得への最後の頼みとなったでは決勝まで進出するが、圧倒的有利と言われたに後半終了間際の決勝ゴールを決められまさかの敗戦。 これで無冠が確定したことにより決勝直後にマンチーニはシーズン終了を待たずして解任された。 後任監督にはが就任。 2013-14 [ ] 2013年夏の移籍市場では、らを放出する一方、、、、、を獲得した。 2013-14シーズンは序盤は1試合平均3点を越すようなハイペースで得点を重ねる一方、アウェイでの戦いでは格下相手に不覚を取るなど好不調の差が目立った。 しかし徐々に安定感が増していき、勝ち点を積み重ね続ける。 4月13日に行われたとのプレミア頂上決戦は一時は2点差を追いつきながらも2-3で惜敗し、その後第26節の延期分サンダーランド戦にも2-2で何とか引き分け、自力優勝はおろか2位の可能性も一度は消滅したものの、リヴァプールが控えメンバー主体のチェルシーにアンフィールドで0-2で敗れた事で自力優勝の可能性が復活。 諦めずにサンダーランド戦以降の5戦は全勝し、2シーズンぶりにプレミアリーグの覇権を奪回した。 シティがこのシーズン首位に立ってた期間はわずか14日であった(これはキャピタルワンカップで決勝まで勝ち進んだことによってリーグ戦が延期され、常に消化試合数がリヴァプールやチェルシーやアーセナルに比べて少なかったのが大きい。 またも決勝でサンダーランドを3-1で下し二冠を達成した。 2014-15 [ ] 2014-15シーズンの基本フォーメーション から 、から 、 、からを獲得した。 また、からを、1年間のレンタルで獲得した。 一方でとがに 、がに移籍することになった。 序盤は順調に勝ち点を積み重ね冬の移籍市場までに2位につけていたが、FWに負傷者が出たため、からを獲得するも 、後半戦開始直後から劇的に調子を落とし始め、の独走を許し安泰に見えた2位の座はおろか、一時はCLストレートインの条件である3位からも脱落してしまったが、最終盤にかけての好調もあって調子を取り戻し、最終的には2位の座を奪還しフィニッシュした。 また、終盤故障したのや、今シーズン大ブレイクしたのを抑えが自身初の得点王に輝いた。 は、グループステージで、、と同組になった。 結果は、前半戦は苦戦を強いられるものの後半に巻き返し2勝2敗2分で2位通過をした。 よって、2シーズン連続で決勝トーナメント進出となった。 決勝トーナメント・ラウンド16はと対戦。 が幾度もビッグセーブを見せるものの2戦合計1-3と及ばず敗退が決定した。 はベスト16でに0-2で敗れた。 は4回戦でに0-2で敗れた。 2015-16 [ ] 2015-16シーズンの基本フォーメーション 6月2日、下部組織出身でトップチーム登録もされていたベルギー代表DFがに移籍することになった。 がに 、がに 、がに 、がに 移籍した。 からイングランド代表FW 、から 、からアルゼンチン代表DF 、またクラブ史上最高額となる5500万ポンドでを獲得した。 開幕から5連勝、11得点無失点と最高のスタートを切ったが、例年通り負傷者が連発し徐々に調子が低下。 「奇跡の優勝」に向かってひた走るレスター・シティに1-3であっさり敗れるなど調子の差は歴然で、結局優勝争いにも絡めず4位に終わった。 では、グループステージで、、と同組になり、4勝2敗で1位通過。 決勝トーナメント・ラウンド16の戦を2戦合計スコア3-1で勝利し、壁となっていたベスト16突破を成し遂げた。 さらに、準々決勝戦も2戦合計スコアが3-2で突破しクラブ史上初のベスト4入りを果たした。 準決勝戦は、1stレグをスコアレスドローで終えると、2ndレグでは前半早々守備の要であったが負傷退場し、前半20分にオウンゴールで失点、その後も得点を奪うことが出来ず1-0で敗れ、2戦合計スコアが0-1でに決勝進出を許した。 は決勝をと1-1で引き分けPK戦を1-3で勝利し、4回目の優勝を果たした。 は5回戦でに5-1で敗れた。 6月2日、からドイツ代表MFを獲得した。 しかし、5月のドルトムントでのトレーニング中に膝蓋(しつがい)骨の脱臼という重傷を負い、本格的なチームへの加入は来シーズンの9月半ば頃となった。 の監督就任 [ ] 2016-17 [ ] 2016-17シーズンの基本フォーメーション 、が退団。 は現役引退も発表した。 一方、から 、から 、から、から 、からを獲得。 しかし、ガブリエル・ジェズスについては、パルメイラスを優勝に導くためが終了するまで残留したいという本人の意思を尊重し、2016年12月まではパルメイラスに在籍し、チームには2017年1月から正式加入することになった。 グアルディオラのポゼッション戦術がなかなかチーム内に浸透せず、またブラーボが低パフォーマンスでウィリー・カバジェロにポジションを奪われ、ストーンズら守備陣が脆弱だと批判を浴びるなど、彼が高く評価した選手たちが結果を残すことができずに低迷。 結局はリーグ終盤戦で、、の若い3トップが活躍したことから最終的に3位でリーグ戦を終え、チャンピオンズリーグ出場権を獲得したものの、グアルディオラ体制1年目はリーグへの適応に苦しむことになった。 では、グループステージで、、と同組になり、2勝1敗3分で2位通過をした。 決勝トーナメント・ラウンド16でと対戦。 ホームでの1stレグで5-3と勝利を収めたものの、2ndレグに1-3で敗れ、アウェイゴール数の差で敗退となった。 は準決勝でに敗れ 、はベスト16でマンチェスター・ユナイテッドに敗れたため、無冠でシーズンを終えることになった。 2017-18 [ ] 2017-18シーズンの基本フォーメーション がウェストハム、がバシャクシェヒル、がチェルシー、、は、が、が、が、が、がに移籍、バカリ・サニャは退団しフリーとなった。 一方でから、、から、から、からを獲得し 、大幅なチーム刷新が行われた。 2年目となりグアルディオラの戦術がチームに浸透し、ケヴィン・デ・ブライネ、ラヒーム・スターリング、ジョン・ストーンズといった選手が大きく飛躍。 新加入のGKエデルソンも安定感あるプレーで大きく名をあげた。 チームはリーグ第11節アーセナル戦での勝利でクラブレコードのリーグ9連勝、第21節クリスタル・パレス戦で引き分けるまでリーグ記録の18連勝、第23節リバプール戦で敗れるまでクラブ記録のリーグ22戦無敗を達成するなど快進撃を続け、首位を独走。 冬の移籍市場でからクラブ史上最高額となる5700万ポンドでフランス人DFを獲得し戦力を整えるとそのまま勢いを保ち続けた。 4月15日、2位のが破れたことにより4シーズンぶりのリーグ優勝が決定した。 そしてリーグ戦最終節戦に0-1で勝利したことで、勝ち点が「100」となり、プレミアリーグ史上初めて勝ち点を3桁の大台に乗せた。 また、2位のとの勝ち点差は19であり、これもリーグ新記録となった。 では、グループステージで、、と同組になり、5勝1敗で1位通過。 ラウンド16でもバーゼルに2戦合計5-2で快勝したが、準々決勝でと対戦。 1stレグを0-3で落とし、2ndレグでは先制点を決めたものの疑惑の判定によって2点目を取り消され、そのことについての抗議をハーフタイム中に監督が主審にしたことで退席処分になってしまい、後半からアシスタントコーチのが指揮を執るものの1-2で敗れた。 2戦合計スコアが1-5となり敗退した。 は5回戦でに1-0で敗れた。 、は決勝でを0-3で下し、5回目の優勝を果たした。 2018-19 [ ] 2018-19シーズンの基本フォーメーション 夏の移籍市場ではからクラブ史上最高額となる6000万ポンド で 、から を獲得したのみで動きは少なく、主力を維持していく方針をとった。 一方でを 、を 、をに 、パブロ・マフェオをシュツットガルトに放出するなど人員整理に努めた。 ではを0-2で破り、5回目の優勝を果たした。 シーズン開始後もチーム完成度の高さを見せつけ、開幕15戦無敗 13勝2分 で首位を快走。 しかし第16節チェルシー戦で敗れると、第18節、第19節と2年ぶりにリーグ戦連敗を喫する。 その後はが怪我がちで離脱が多かったものの、がその穴を埋める活躍を見せ、リヴァプールと激しいデットヒートを繰り広げ、第25節から最終節まで14連勝でフィニッシュ。 数々のリーグ記録を打ち立てた昨シーズンまでとは行かなかったものの、2年連続で32勝 2分4敗 を挙げ、勝点98という好記録を残しリバプールを勝ち点差1で振り切ってクラブ史上初のリーグ連覇を果たした。 も順調に勝ち進み、決勝はと0-0で引き分けPK戦を3-4で勝利し、2連覇を達成した。 また、も勝ち進んで決勝でに6-0で大勝、イングランド史上初となる国内3冠 、、 を達成した。 では、グループステージで、、と同組になり、4勝1敗1分で下馬評通り1位通過。 ラウンド16ではを2戦合計10-2で下した。 準々決勝で戦1stレグでは、がPKをに止められしまうなどして、0-1で敗れた。 ホームでの2ndレグは開始11分で2-2と激しい打ち合いになり、4-2 2戦合計4-3 となった後半、に得点を許したが、このゴールはハンドにも見えたがVARの介入後も判定は覆らなかった。 そして4-3 2戦合計4-4 となった後半終了間際、アグエロの折り返しをが決めて逆転したように思われたが、VARでアグエロのオフサイドを取られて取り消しとなり、スコアは動かず試合終了。 2戦合計4-4、アウェーゴール差で2シーズン連続ベスト8で敗退した。 冬の移籍市場では、から(チームへの加入は、2019年夏の移籍市場が開かれる2019年7月9日以降 )を獲得する一方、下部組織出身でトップチーム登録もされていたがに移籍することになった。 シーズン終了後、主将が、今季限りで退団することを発表した。 2019-20 [ ] 夏の移籍市場ではから、とのトレードでからを獲得、のを買い戻し、ピンポイントな補強を展開した。 2020年2月14日、4年間に渡るスポンサー収入の水増し報告によるFFP違反を受けUEFAから翌2年間のチャンピオンズリーグ出場停止処分が発表された。 3月1日、決勝でに2-1で勝利し、大会3連覇を果たした。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 1936-37, 1967-68, 2011-12, 2013-14, 2017-18, 2018-19• :6回• 1903-04, 1933-34, 1955-56, 1968-69, 2010-11, 2018-19• :7回• 1969-70, 1975-76, 2013-14, 2015-16, 2017-18, 2018-19, 2019-20• :6回• 1937, 1968, 1972, 2012, 2018, 2019 国際タイトル [ ]• :1回• 1969-70 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン 最多得点者 得点 リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 1967-68 ディビジョン1 42 26 6 10 86 43 58 1位 4回戦敗退 4回戦敗退 21 1968-69 ディビジョン1 42 15 10 17 64 55 40 13位 優勝 3回戦敗退 1回戦敗退 18 1969-70 ディビジョン1 42 16 11 15 55 48 43 10位 4回戦敗退 優勝 優勝 22 1970-71 ディビジョン1 42 12 17 13 47 42 41 11位 5回戦敗退 2回戦敗退 ベスト4 19 1971-72 ディビジョン1 42 23 11 8 77 45 57 4位 3回戦敗退 3回戦敗退 35 1972-73 ディビジョン1 42 15 11 16 57 60 41 11位 5回戦敗退 3回戦敗退 1回戦敗退 19 1973-74 ディビジョン1 42 14 12 16 39 46 40 14位 4回戦敗退 準優勝 18 1974-75 ディビジョン1 42 18 10 14 54 54 46 8位 3回戦敗退 3回戦敗退 18 1975-76 ディビジョン1 42 16 11 15 64 46 43 8位 4回戦敗退 優勝 24 1976-77 ディビジョン1 42 21 14 7 60 34 56 2位 5回戦敗退 2回戦敗退 1回戦敗退 23 1977-78 ディビジョン1 42 20 12 10 74 51 52 4位 4回戦敗退 準々決勝敗退 1回戦敗退 20 1978-79 ディビジョン1 42 13 13 16 58 56 39 15位 4回戦敗退 準々決勝敗退 4回戦敗退 15 1979-80 ディビジョン1 42 12 13 17 43 66 37 17位 3回戦敗退 3回戦敗退 9 1980-81 ディビジョン1 42 14 11 17 56 59 39 12位 準優勝 準決勝敗退 17 1981-82 ディビジョン1 42 15 13 14 49 50 58 10位 4回戦敗退 4回戦敗退 14 1982-83 ディビジョン1 42 13 8 21 47 70 47 20位 4回戦敗退 3回戦敗退 13 1983-84 ディビジョン2 42 20 10 12 66 48 70 4位 3回戦敗退 3回戦敗退 19 1984-85 ディビジョン2 42 21 11 10 66 40 74 3位 3回戦敗退 4回戦敗退 14 1985-86 ディビジョン1 42 11 12 19 43 57 45 15位 4回戦敗退 3回戦敗退 12 1986-87 ディビジョン1 42 8 15 19 36 57 39 21位 3回戦敗退 3回戦敗退 9 1987-88 ディビジョン2 44 19 8 17 80 60 65 9位 準々決勝敗退 準々決勝敗退 27 1988-89 ディビジョン2 46 23 13 10 77 53 82 2位 4回戦敗退 4回戦敗退 17 1989-90 ディビジョン1 38 12 12 16 43 52 48 14位 3回戦敗退 4回戦敗退 11 1990-91 ディビジョン1 38 17 11 10 64 53 62 5位 5回戦敗退 3回戦敗退 21 1991-92 ディビジョン1 42 20 10 12 61 48 70 5位 3回戦敗退 4回戦敗退 21 1992-93 プレミアリーグ 42 15 12 15 56 51 57 9位 準々決勝敗退 3回戦敗退 19 1993-94 プレミアリーグ 42 9 18 15 38 49 45 16位 4回戦敗退 4回戦敗退 6 1994-95 プレミアリーグ 42 12 13 17 53 64 49 17位 5回戦敗退 5回戦敗退 22 1995-96 プレミアリーグ 38 9 11 18 33 58 38 18位 5回戦敗退 3回戦敗退 13 1996-97 ディビジョン1 46 17 10 19 59 60 61 14位 5回戦敗退 2回戦敗退 16 1997-98 ディビジョン1 46 12 12 22 56 57 48 22位 4回戦敗退 1回戦敗退 9 1998-99 ディビジョン2 46 22 16 8 69 33 82 3位 3回戦敗退 2回戦敗退 22 1999-00 ディビジョン1 46 26 11 9 78 40 89 2位 4回戦敗退 2回戦敗退 29 2000-01 プレミアリーグ 38 8 10 20 41 65 34 18位 5回戦敗退 5回戦敗退 11 2001-02 ディビジョン1 46 31 6 9 108 52 99 1位 5回戦敗退 4回戦敗退 32 2002-03 プレミアリーグ 38 15 6 17 47 54 51 9位 3回戦敗退 3回戦敗退 14 2003-04 プレミアリーグ 38 9 14 15 55 54 41 16位 5回戦敗退 4回戦敗退 2回戦敗退 24 2004-05 プレミアリーグ 38 13 13 12 47 39 52 8位 3回戦敗退 3回戦敗退 11 2005-06 プレミアリーグ 38 13 4 21 43 48 43 15位 準々決勝敗退 2回戦敗退 10 2006-07 プレミアリーグ 38 11 9 18 29 44 42 14位 準々決勝敗退 2回戦敗退 7 2007-08 プレミアリーグ 38 15 10 13 45 53 55 9位 4回戦敗退 準々決勝敗退 10 2008-09 プレミアリーグ 38 15 5 18 58 50 50 10位 3回戦敗退 2回戦敗退 ベスト8 15 2009-10 プレミアリーグ 38 18 13 7 73 45 67 5位 5回戦敗退 準決勝敗退 29 2010-11 プレミアリーグ 38 21 8 9 60 33 71 3位 優勝 3回戦敗退 ベスト16 23 2011-12 プレミアリーグ 38 28 5 5 93 29 89 1位 3回戦敗退 準決勝敗退 GS敗退 30 ベスト16 2012-13 プレミアリーグ 38 23 9 6 66 34 78 2位 準優勝 3回戦敗退 GS敗退 17 2013-14 プレミアリーグ 38 27 5 6 102 37 86 1位 準々決勝敗退 優勝 ベスト16 28 2014-15 プレミアリーグ 38 24 7 7 83 38 79 2位 4回戦敗退 ベスト16 ベスト16 32 2015-16 プレミアリーグ 38 19 9 10 71 41 66 4位 5回戦敗退 1位 ベスト4 29 2016-17 プレミアリーグ 38 23 9 6 80 39 78 3位 準決勝敗退 4回戦敗退 ベスト16 33 2017-18 プレミアリーグ 38 32 4 2 106 27 100 1位 5回戦敗退 優勝 ベスト8 30 2018-19 プレミアリーグ 38 32 2 4 95 23 98 1位 優勝 優勝 ベスト8 32 2019-20 プレミアリーグ 38 優勝 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 基本フォーメーション 詳細は「」を参照 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 33 out No. Pos. 選手名 12 24 29 34 38 43 49 64 65 67 68 74 75 81 -- No. Pos. 選手名 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 加入内定選手 [ ] No. Pos. 2003-2004• 2004. 1-2004. 2007-2008• 2004-2009• 2010-2011• 2011-2012• 2009. 1-2013• 2009-2013• 2012-2013• 2009-2014• 2005-2015• 2011-2015• 2012-2015• 2013-2015• 2013-2016• 2008-2017• 2010-2017• 2011-2017• 2014-2017• 2013-2018• 2015-2018• 2008-2019• 2014-2019• 2017-2019• 2015-• 2016-• 2016-• 2017-• 2017-• 2018. 2018-• 2014-2018,2019-• 2019- MF [ ]• 1894-1906,1921-1924• 1936-1945• 1965-1975• 1974-1978,1979-1983• 2003-2005• 2003-2007• 2006-2009• 1999-2005, 2008-2011• 2010-2011• 2009-2012• 2011-2012• 2012. 1-2012. 2009-2014• 2012-2014• 2012-2014• 2010-2015• 2013-2015• () 2014-2015• 2014-2015• 2011-2017• 2013-2017• 2014-2017• 2010-2018• 2014-2018• 2016-2018. 2015-2019• 2015-2019• 2010-• 2013-• 2015-• 2015-• 2015-• 2016-• 2016-• 2016-• 2017-• 2017-• 2018-• 2019- FW [ ]• 1960-1961, 1973-1974• 1990-1996• 2000-2001• 2000-2004• 2002-2005• 2003-2006• 2006-2008• 2006-2008• 2006-2009• 2008-2010• 2009-2011• 2009-2012• 2009-2013• 2009-2013• 2010-2013• 2008-2015• 2011-2015• 2013-2015• 2013-2016. 2015. 1-2017• 2015-2017• 2016-2017• 2011-• 2015-• 2016-• 2017. 2017- 練習場 [ ] ホームスタジアムのエティハドスタジアムに隣接する場所に、16. 5面のサッカーピッチ、ユースチーム向けのスタジアム、最先端トレーニングセンターや宿泊施設がある。 スポンサー [ ] シーズン サプライヤー 胸 1987-88 1988-89 1989-90 1990-91 1991-92 1992-93 1993-94 1994-95 1995-96 1996-97 1997-98 1998-99 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 le coq 2008-09 2009-10 UMBRO 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20 クラブパートナー [ ]• ETIHAD• Puma• etisalat• Abu Dhabi• aabar• NISSAN• HAYS• EA SPORTS• QNET• ion• FX PRIMUS• Lewin 脚注 [ ]• SOCCERKING. FromOne co. ,Ltd. 2020年1月16日. 2020年1月16日閲覧。 2017年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2015-2016シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング• Goal. com. 2020年2月14日閲覧。 超ワールドサッカー. 2020年2月14日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年2月14日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年6月13日. 2014年6月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年6月26日. 2014年6月26日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月11日. 2014年8月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年7月8日. 2014年7月8日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月6日. 2014年8月6日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年6月16日. 2014年6月17日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月5日. 2014年8月5日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年8月14日. 2014年8月14日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年1月24日. 2015年1月24日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年5月24日. 2015年5月25日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2014年12月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年3月18日. 2015年3月19日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2014年10月29日. 2014年10月30日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年1月24日. 2015年1月25日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年6月2日. 2015年6月2日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月1日. 2015年7月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月31日. 2015年8月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月12日. 2015年8月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月28日. 2015年8月28日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月14日. 2015年7月15日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年7月17日. 2015年7月18日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月20日. 2015年8月20日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2015年8月30日. 2015年8月31日閲覧。 BBC Sport. BBC 2015年8月30日. 2015年8月31日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2015年12月9日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年3月15日. 2016年3月16日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年4月12日. 2016年4月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年5月4日. 2016年5月5日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年2月28日. 2016年2月29日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年2月21日. 2016年2月22日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年6月2日. 2016年6月2日閲覧。 gooニュース. NTT Resonant Inc 2016年7月1日. 2016年7月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年7月1日. 2016年7月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年8月2日. 2016年8月2日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年8月9日. 2016年8月9日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2016年8月25日. 2016年8月26日閲覧。 BBC Sport. BBC 2016年8月3日. 2016年8月3日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年5月21日. 2017年5月22日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2016年12月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年2月21日. 2017年2月22日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年4月23日. 2017年4月24日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2017年7月14日. 2017年7月15日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年4月15日. 2018年4月16日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年5月13日. 2018年5月14日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2017年12月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年4月10日. 2018年4月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年2月25日. 2018年2月26日閲覧。 BBC Sport. BBC 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年7月31日. 2018年8月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年7月31日. 2018年8月1日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年8月21日. 2018年8月21日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年8月7日. 2018年8月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年5月12日. 2019年5月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年5月18日. 2019年5月19日閲覧。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2018年12月13日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年4月9日. 2019年4月10日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2018年12月11日. 2018年12月12日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年1月6日. 2019年1月7日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC 2019年5月19日. 2019年5月19日閲覧。 www. goal. com. 2019年8月12日閲覧。 超ワールドサッカー 2020年3月1日. 2020年3月3日閲覧。 Mancity - Official Club Website. Manchester City FC. 2019年9月1日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (英語)• (日本語)• (日本語)• ManCity - (英語)• ManCityJP - (日本語) ニュース• その他• (日本語)• 1965-1971• 1971-1973• 1973• 1973-1974• 1974-1979• 1979-1980• 1980-1983• 1983• 1983-1986• 1986-1987• 1987-1989• 1989-1990• 1990-1993• 1993• 1993-1995• 1995-1996• 1996• 1996• 1996-1998• 1998-2001• 2001-2005• 2005-2007• 2007-2008• 2008-2009• 2009-2013• 2013• 2013-2016• 2016-.

次の