近く の ソフト クリーム 屋 さん。 平泉寺のソフトクリーム屋さん

平泉寺のソフトクリーム屋さん(福井県勝山市)

近く の ソフト クリーム 屋 さん

アイスクリーム店やソフトクリーム店はそのほとんどがフランチャイズによる開業を占めているといわれており、未経験のほうが異業種から参入しやすい業種とされています。 小資本で開業できるというメリットもあるので、個人法人を問わず安定して新規参入者の多い業界です。 ただ、アイスクリーム特有の商品の性質や、店舗展開によるお客さんの流れ方など、いくつか注意しておくべきポイントがあるので、新規でこうした店を出店する際にはアイスクリームやソフトクリームの特徴を良く押さえて準備する必要があります。 未経験でも参入可能!開業のメリット アイスクリーム・ソフトクリーム店での開業のほとんどは、フランチャイズ加盟によるものです。 アイスクリームはその製法やブランドイメージなどが確立されているので、業種未経験から始める場合は、フランチャイズ本部からの綿密な指導を受けられるフランチャイズへの加盟によって開業するのが一般的です。 比較的に小資本で始められるのもメリット。 開業資金の目安は店舗展開の仕方によってかなり差がありますが、およそ600万円から2,000万円といったところです。 アイスクリーム・ソフトクリーム自体の原価が比較的安めで、たとえば通常のソフトクリーム1本の原価はコーンが15円から20円、ソフトクリームが30円から50円ほどですから、原価率30%から40%と設定しても200円前後の値段設定で利益が出ることとなります(もちろん実際にはソフトクリームやアイスクリームでは冷凍のコストなどが上乗せになることを考慮しなければなりません)。 アイスクリームやソフトクリームだけでなく、カフェメニューやスイーツメニューを展開することも可能で、アイスクリームやソフトクリームそのものをアレンジしてお店の特徴を出した独自メニューを打ち出しやすいというメリットもあります。 アイスクリーム・ソフトクリーム店開業のデメリット アイスクリーム・ソフトクリーム店の開業には、商品特有の事情からのデメリットも少なからずあります。 まずは季節の問題です。 冬場のアイスクリームの売り上げは夏場のピーク時の3分の1程度になることもあるので、冬場にどういった商品を提供するのか戦略を練っておく必要があります。 また、コンビニチェーンがアイスクリームやソフトクリームをはじめとしたスイーツの開発に力を入れており、安くて高クオリティな「コンビニアイス」が大きな競合相手となってきています。 こういった事情から、アイスクリーム業界は全体的としては縮小傾向にあるので、お店にお客様がわざわざ足を運んでもらえるような、わかりやすい「コンセプト」やアイスクリーム・ソフトクリームの「オリジナリティ」、そして主力となる客層である若い女性だけでなく幅広い層のお客さんを呼び込めるような「集客戦略」が大切になってきます。 アイスクリーム・ソフトクリーム店の開業の手続き アイスクリーム・ソフトクリーム店の開業の際には大きく分けて、飲食店営業許可、食品衛生責任者の資格取得、税金関係の手続き、そして人を雇う場合には社会保険や労務関係の手続きを行う必要があります。 まず「飲食店営業許可」は開店するお店を管轄する保健所に対して許可の申請書類を提出し、保健所の担当者による実地調査などを経て許可が下ります。 だいたい期間は申請から2週間~3週間ほどです。 そして、お店には最低1名「食品衛生責任者」を置かなくてはなりませんので、調理師や栄養士などの免許のない方は保健所の講習会を受講して資格を取得しましょう。 個人開業の場合は開業後に税務署に対して「開業の届け出」を提出し、法人であれば健康保険や厚生年金関連の手続きを社会保険事務所で、雇用保険関連の手続きをハローワークで、労災保険関連は労働基準監督署に対して手続きを行います。 また、深夜の時間帯(午前0時から日の出)に酒類などを提供する場合には、これらとは別に「深夜酒類提供飲食店営業許可」という申請を公安委員会に対して行う必要があります。 自分で選べる「店舗スタイル」 アイスクリーム・ソフトクリーム店は「店舗スタイル」によってさまざまなお店の特徴を出すことが可能です。 商業ビルや繁華街のテナントに入る「ビルイン型」、ショッピングモールや駅ビルに展開する「インショップ型」、幹線道路沿いで車の利用者をターゲットとする「フリースタンディング型」、そしてワゴンなどで移動販売する「ワゴン型」と、大きく分けてこのような店舗スタイルがあります。 こうした立地による店舗スタイルの違いだけでなく、イートイン形式とテイクアウト形式を織り交ぜたスタイル、クレープやワッフルなどのスイーツと合わせて提供するスタイル、ジュースやコーヒーなどのドリンクを扱ってカフェ風の店舗にするスタイルなど、お店のコンセプトに合わせたバリエーションを考えることが可能なのもアイスクリーム店やソフトクリーム店の営業の魅力です。 開業方法のほとんどはフランチャイズ加盟によるものですが、個人で大きな特徴を打ち出せるコンセプトやスキルがあれば、自力で開業することも不可能ではありません。 ズバリ成功の秘訣は? アイスクリームやソフトクリームはコンビニで手軽に買えるものが非常に高いクオリティになってきていますので、わざわざお店で食べてもらえるだけの「付加価値」を何らかの形で提供できるかが成功のカギになります。 市販のものでは味わえない豊富な種類のフレーバー、フルーツとの取り合わせを工夫したアイスクリーム、原料にこだわったソフトクリームを提供するなどの工夫と、それをお客様に知ってもらうための営業努力が必要でしょう。 ターゲットを「若い女性」などの特定の層に絞りこむだけでなく、立地とその周辺の人の流れに合わせて、幅広い層のお客さんに興味を持ってもらうための「ショップイメージ」を考えることも大切です。 スイーツやドリンクなどと合わせて提供する場合には、お店のイメージがぶれないようにメニューを選定していくことも重要です。 まとめ アイスクリーム・ソフトクリーム店での開業は、開業スキームの確立されたフランチャイズ加盟による開業が主流となっていて、立地や店舗スタイルによってさまざまな店舗展開が可能です。 比較的小資本でも始められることから業界未経験の方の参入も多い業界です。 ただし、アイスクリームは季節によって売り上げが大きく左右され、コンビニアイスの台頭によって安くて質の高いアイスクリームが手軽に手に入る状況もあって、業界全体は縮小気味という現実があります。 お客さんの目を引くお店の「コンセプト」や付加価値の高いアイスクリームやソフトクリームの提供、立地や人の流れを意識した集客戦略がその成功の大きなカギとなるでしょう。

次の

平泉寺のソフトクリーム屋さん

近く の ソフト クリーム 屋 さん

Contents• 人気のソフトクリームを作るための工夫 何故ソフトクリーム屋を始めたいのですか? 人それぞれ理由はあると思います。 ソフトクリームを売っている所は今や沢山ありコンビニでも購入ができます。 そんな中普通のソフトクリームを販売していても中々数は売れないと思います。 もし何の変哲もないお店とこのように工夫された商品を売っている店があったらどちらにいきますか? という事です。 開業してからあたふたするよりも、事前にどのようなソフトクリームを作るかは検討しておいた方が良いと思います。 また、人気のソフトクリーム屋を作るにはこういった工夫もあります。 ネームバリューを活かしたい人はフランチャイズ登録をする事で出来ます。 フランチャイズに加盟する事で色々なメリットも存在します。 ソフトクリーム屋開業に必要な資金 ソフトクリーム屋さんを開業するに当たり未経験でも始めやすいのがフランチャイズ登録です。 フランチャイズに加盟する事で多くのメリットを受ける事が出来ます。 ・開業までのサポート ・開業資金援助 ・ノウハウの研修 このような援助をしてくれるフランチャイズもあります。 どのような所でフランチャイズになる事ができるのでしょうか? 少し紹介させて頂きます。 このように色々なフランチャイズがあります。 費用などはどうなっているのでしょうか? 2-1. 設備、フランチャイズ加盟料などの初期費用 開業するにあったって初期費用がなければ始める事ができません。 そのような費用がかかるのか見ていきたいと思います。 まずは設備についてですが必要となるのは ・冷凍庫 ・ソフトクリームの機械 本当に最低限で言えばこの程度です。 冷凍庫も機械もピンキリで価格差が大きいです。 安いもので揃えて20万円~、高いもので200万円程度かかります。 その他にも場所代(家賃等)や移動販売なら車の購入、椅子や机、その他看板などの雑費があります。 最低限の条件で始めるとして200万円~と言われています。 これはあくまでも最低限なのでこれで売上が立つかと言ったら不安が大きいです。 フランチャイズに加盟する際にはどうでしょう? 加盟料としては200万円前後が相場です。 その他に初期費用として300万円~2,000万円とあります。 そのフランチャイズによって大きく異なりますので、事前に確認が必要です。 フランチャイズでは加盟料や初期費用が大きく掛かっているように見えます。 しかし、ノウハウが詰まった方法での開業ですしネームバリューも活用できるのでその後の売上を考えると納得できます。 また開業までに研修等も実施されるため、個人で開業するよりも成功確率は段違いにあがります。 2-2. 経営にあたってのランニングコスト 開業してからのランニングコストはどのくらいかかるのでしょうか? こちらも価格に関しては大きく差がでます。 ・光熱費 ・材料費 ・店舗維持費(家賃等) ・機械メンテナンス費用 ・雑費 このようなランニングコストがかかります。 実際にどのような店舗を持つのかどのような機械を使うかによって大きく変わります。 ここに人材を使うなら人件費もかかります。 フランチャイズでのランニングコストとしては、ロイヤリティやその他の負担金があります。 これは売上に対しての割合で金額を決める事が多いと言われています。 このロイヤリティと負担金の相場は売上金の0%~8%と言われています。 このようにして開業してからもランニングコストがかかりますので把握しておくことをオススメします。 ソフトクリーム屋の開業に必要な資格 どんな仕事も開業するには届出や資格が必要となります。 ソフトクリーム屋も例外ではありません。 ここではどのような資格や届け出が必要になるのか見ていきたいと思います。 3-1. 【食品衛生責任者】 飲食店の場合は必ず1人以上食品衛生責任者を配置しなければいけません。 調理師免許や栄養士であれば良いのですが、何もない方は食品衛生責任者の資格を取る必要があります。 これは、保健所の講習会を受講して取得できますので、事前に取得しておくことをオススメします。 3-2. 【飲食店営業許可】 飲食店の営業を行う際には届出も必要となります。 保健所に対して許可申請を行います。 許可申請は申請書類を提出して、その後保健所の現地調査を行って許可が下ります。 申請から許可までは大体2~3週間かかります。 3-3. 【開業の届け出】 個人での開業を目指す方は開業の届け出も必要となります。 開業したら税務署に行って開業届を提出しましょう。 最低限このような手続きや資格が必要となりますので、事前準備も忘れないようにしましょう。 また、法人として従業員を雇う際には上記の手続きに加えて健康保険、年金、雇用保険、労災保険などの手続きも必要となります。 ソフトクリーム屋に適した物件と立地 開業を決めてどのような商品を売るか決めたら次はどこで商売をするかです。 商売をする上で立地等の外的要因は売上に大きく左右してしまいます。 商品の特性と開業したいエリアの特徴を抑えて場所選びをしましょう。 ここでは都会と田舎でどのような物件と立地がオススメか紹介します。 4-1. 都会で開業する場合 都会での特徴としては人口が多く土地代が高いという事です。 特にここで活かしたいのが人口が多い事です。 好奇心で一度は食べてみたいと色々な人が購入するきっかけとなります。 味に自信があってリピーターを呼ぶことが出来るソフトクリームの販売には 「商業施設」を狙う事をオススメします。 商業施設を利用する人が常連となり商業施設に来た際には高い頻度で利用してくれます。 また、販売方法としてはワゴン販売がオススメです。 テナント等に入る際の費用がかさむので、特に初期費用を抑えたい方にはワゴン販売が合っています。 ワゴンにする事で目立つこともでき、何かイベント等ある時はワゴンのフットワークを活かして移動する事も出来ます。 4-2. 田舎で開業する場合 それでは田舎での開業する際にはどのような所での開業が良いのか? このような所をオススメします。 田舎の特徴としては人口が少なく土地が安いという事です。 田舎でも大きな町のショッピングセンターがある時は都会と同じようにショッピングセンターを狙うのが良いと思います。 家賃も都会に比べて低いのでテナントに入るのも良いと思います。 特に地元の特産物等を扱っているソフトクリームの場合はその特産物を扱っている農園や施設に隣接する事です。 そうする事によって観光等できた顧客に販売する事が出来ます。 更には集客力がある施設の場合には宣伝する必要もなく集客できます。 このようにソフトクリームの特色を生かす場合は同じ特産物等を扱っている所に隣接させて観光地になる事をオススメします。 特産物を使ったまでの特色が無いソフトクリーム、周りに大きなショッピングセンターもない時は? こういった場合はワゴン販売をオススメします。 何もない日はスーパー等での販売 イベントがある時にはイベント会場での販売 フットワークを軽くして人が集まる場所を狙って販売する事をオススメします。 スーパーでの販売はスーパーの特徴に合わせて移動する事も効果的です。 セールをする日がわかればおのずと人が増えます。 曜日を決めて定期的に移動する事で時間が掛かるが認知されてリピーターが増えるきっかけも作る事が出来ます。 このようにして都会と田舎では特徴が違いますので、そこのエリアに合った土地選びと販売方法の選択が必要です。 非常に大事な所なので十分検討しましょう。 まとめ ここまでソフトクリーム店開業に向けて必要な資金や手続きを紹介してきました。 開業までに必要なものや費用の大まかが分かったと思います。 また個人での開業には大きなリスクがあります。 個人的にはノウハウを教えてもらったりネームバリューを活用できるフランチャイズに加盟する事をオススメします。 フランチャイズに加盟する際にも企業の特徴もありますのでしっかりと抑えましょう。 また、初期費用とランニングコストも確認して選ぶこともオススメします。 上記でも紹介したフランチャイズ加盟店募集企業も是非参考にして頂けたらと思います。

次の

ソフトクリーム屋の開業資金と必要な設備・資格まとめ

近く の ソフト クリーム 屋 さん

玉木宏が主演している春ドラマが『スパイラル~町工場の奇跡~』(テレビ東京系)。 「下町の技術を守るために買収を仕掛ける外資と戦う社会派ヒューマンドラマで、玉木さんは町工場の再建のために奮闘する元銀行員役。 プライベートでは、昨年6月に女優の木南晴夏さんと結婚しています」(テレビ誌ライター) 結婚して約3か月後、玉木家には新たな動きがあった。 身体の弱い妹のために 「 昨年9月、都内の幹線道路に面した場所に小さなソフトクリーム店がオープンしたんですが、初日のパーティーになんと玉木さんが出席していたんです。 どうやら店を切り盛りしているのが妹さんなんだとか。 生まれつき身体が弱い妹さんが無理なく働けるように、玉木さんが支援したみたいですね」(近くの商店街関係者) 道の角に位置する店舗は2畳半ほどで、無理なく働ける小規模なスペース。 「こぢんまりとした店ですが、ソフトクリームの味は上々。 ミルクの味がしっかりしていて、ふんわりとした口当たりが評判です」(近隣住民) 味の秘密は、特別なマシンにあるらしい。 アイスジャーナリストのシズリーナ氏に話を聞くと、 「 このお店では1台500万円もするイタリア・カルピジャーニ社の製造機を使っています。 空気を多く含ませることにより、濃厚さを感じながらも後味がさっぱりで飽きのこないソフトクリームに仕上げることが可能となります」 販売しているのは、使用する牛乳が違う2種類。 濃厚タイプとさっぱりタイプで、どちらも1個500円。 「ほかでは味わえない食感だし、スプーンやカップのデザインも可愛くて高いとは思いません。 不定期で手作りのパンも販売していて、これも美味しいんですよ」(前出・近隣住民) パンが店頭に並ぶ日には、木南も買いに来るという。 「 母親がパンの配達をする仕事をしていたこともあって、木南さんは大のパン好き。 結婚寸前までいった前の彼女と破談したのは、妹さんとの折り合いが悪かったからではないかと言われていました」(スポーツ紙記者) 家族とは、結婚後も自宅と同じ敷地内で同居しており、妹のことも変わらず気にかけている。 「 玉木さんが妹さんのために、こだわりのソフトクリームを作って売ることのできる環境を用意してあげたのでは。 何かに没頭できる時間こそが、兄からの最高の贈り物だったのかもしれませんね」(前出・商店街関係者) 美味しさの決め手は高価なマシンではなく、温かい兄妹愛なのかもしれない。

次の