フィギュアスケート フリー。 フィギュアスケートのショートとフリーの違いを教えてください。

フィギュアスケート☆グランプリシリーズ その他スポーツブログ・テーマ

フィギュアスケート フリー

男子のショートプログラムを見返してみたら、ミハル・ブレジナ選手の4回転サルコウとトリプルトゥループ、綺麗だ!加点2. 91かあ。 テレビ朝日で女子フリー見ました! 本田真凜ちゃん。 最初のコンビネーションジャンプの転倒が痛そうだった😵 そこからジャンプが上手くいかなくなってどんどん崩れて…。 頑張ってる子が報われないのは見てて辛い…。 泣いちゃうよね、足痛めたのかな。 昨日の喜びを見てるだけに辛かったけど、次回は思い通りの演技で報われますように。 坂本花織ちゃん。 ジャンプが全部決まってよかった!朝ドラの安藤サクラさんに似てる…。 大変余計なお世話だとは思いますが、オリンピックの時も思いましたが、本人のキャラを生かした明るい音楽では踊らないのかな?昔は踊ってたのかな? (追記)10月29日午前のスポーツニュースで坂本花織ちゃんの特集みました!ジュニアの頃は元気系で、シニアに上がってから大人の表現力を意識してのプログラムへ移行して行ったのですね。 で、今年のテーマが「大人」と。 「少女から大人へ」のテーマで真央ちゃんの例を出しながら特集されていたけれど、失礼ながらあんまり変わってないような…。 ごめんなさい。 表現については自分でも気にしていたり意識していたりしているんだな、とわかってよかったです。 頑張って欲しいです!でも私は、もう少し今でも元気系でもいいな、と思っちゃう。 宮原知子ちゃん。 ラスボス感を感じた!表現力では彼女は随一ではないでしょうか?多くのスケーターに物足りない部分を、彼女は持っていると思いました。 顔の表情、角度、フリ。 全部計算して練習してきて臨んでいるのだとわかりました。 ジャンプも良かった! そしてオリンピックを経験したことが大きいのか、ベテランのような風格を感じました!文句なしの一番です! ワンツーおめでとう! カテゴリー• 249• 194• 303• 264• 151•

次の

フィギュアスケートYouTube 動画Blog

フィギュアスケート フリー

歴史 [ ] フリースケーティングは、とともにフィギュアスケート競技黎明期から実施されていた。 1972-1973年シーズンよりが本格導入されたが、フリースケーティングは「フリー」の名が示す通り要素に対する制限のない自由な演技種目であった。 1982年ので優勝したを契機に、1982-1983年シーズンより ウェルバランス(well-balanced program)と呼ばれるやなどの要素に対する制限を設け、現在に至る。 2004-2005年シーズンより本格導入された新採点システムでも ウェルバランスは存在し、重要な役割を果たしている。 なお、ジャンプに関する ウェルバランスは俗に ザヤックルールとも呼ばれ、同一プログラム内で3回転以上のジャンプを2度跳ぶことができるのは2種類までの制限を指す。 国際スケート連盟ルール [ ]• 演技時間• 男子シングル:4分。 女子シングル:4分。 ペア:4分30秒。 使用音楽:選曲は自由。 歌詞の入った楽曲の使用も可能。 シングル [ ] 以下の要素を行う。 男女ともに12。 男女ともに7つまで。 1つのを含む。 7回のジャンプという意味ではない。 また規定数のうちコンビネーションジャンプは3回まで、また3連続のコンビネーションジャンプは先の3回のうち1回まで• 3つまでの• コレオシークエンス ペア [ ] 以下の11の要素を行う• 3つまでの• 2つまでの異なる• もしくは(いずれか一つを選択)• コレオシークエンス 外部リンク [ ]• - ISU.

次の

フィギュアスケート 2018

フィギュアスケート フリー

総合7位:ブレイディ・テネル(アメリカ) 総合得点:213. 47点 FS:7位 143. 97点 SP:10位 69. 50点 総合8位:ソフィア・サモデュロワ(ロシア) 総合得点:208. 58点 FS:8位 138. 16点 SP:9位 70. 42点 総合9位:マライア・ベル(アメリカ) 総合得点:208. 07点 FS:9位 136. 81点 SP:6位 71. 26点 総合10位:イム・ウンス(韓国) 総合得点:205. 57点 FS:10位 132. 66点 SP:5位 72. 91点 総合11位:ガブリエル・デールマン(カナダ) 総合得点:192. 67点 FS:12位 123. 48点 SP:11位 69. 19点 総合12位:ルナ・ヘンドリックス(ベルギー) 総合得点:186. 29点 FS:11位 123. 69点 SP:13位 62. 60点 総合13位:Ekaterina RYABOVA(アゼルバイジャン) 総合得点:179. 88点 FS:13位 122. 70点 SP:17位 57. 18点 総合14位:イ・クリスティ・リャン(香港) 総合得点:177. 22点 FS:14位 118. 62点 SP:14位 58. 60点 総合15位:ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス) 総合得点:170. 59点 FS:15位 113. 78点 SP:19位 56. 81点 総合16位:ニコル・ショット(ドイツ) 総合得点:170. 56点 FS:17位 107. 38点 SP:12位 63. 18点 総合17位:アレクサンドラ・フェイジン(ブルガリア) 総合得点:165. 31点 FS:16位 108. 62点 SP:20位 56. 69点 総合18位:ダーシャ・ゲルム(スロベニア) 総合得点:161. 16点 FS:18位 103. 58点 SP:16位 57. 58点 総合19位:チェン・ホンギ(中国) 総合得点:157. 59点 FS:19位 99. 06点 SP:15位 58. 53点 総合20位:エリスカ・ブレジノワ(チェコ) 総合得点:153. 45点 FS:20位 96. 32点 SP:18位 57. 13点 総合21位:ナターシャ・マッケイ(イギリス) 総合得点:151. 56点 FS:21位 95. 16点 SP:21位 56. 40点 総合22位:エヴァ・ロタ・キーブス(エストニア) 総合得点:149. 99点 FS:22位 94. 61点 SP:23位 55. 38点 総合23位:アレーヌ・シャルトラン(カナダ) 総合得点:148. 97点 FS:23位 93. 08点 SP:22位 55. 89点 総合24位:イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル) 総合得点:143. 22点 FS:24位 88. 02点 SP:24位 55. 20点 フリーのみの順位・得点 1. アリーナ・ザギトワ(ロシア) 155. 42 2. 紀平梨花(日本) 152. 59 3. エフゲーニャ・メドベデワ(ロシア) 149. 57 4. エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン) 148. 80 5. 坂本花織(日本) 145. 97 6. 宮原知子(日本) 145. 35 7. ブレイディ・テネル(アメリカ) 143. 97 8. ソフィア・サモデュロワ(ロシア) 138. 16 9. マライア・ベル(アメリカ) 136. 81 10. イム・ウンス(韓国) 132. 66 11. ルナ・ヘンドリックス(ベルギー) 123. 69 12. ガブリエル・デールマン(カナダ) 123. 48 13. Ekaterina RYABOVA(アゼルバイジャン) 122. 70 14. イ・クリスティ・リャン(香港) 118. 62 15. ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス) 113. 78 16. アレクサンドラ・フェイジン(ブルガリア) 108. 62 17. ニコル・ショット(ドイツ) 107. 38 18. ダーシャ・ゲルム(スロベニア) 103. 58 19. チェン・ホンギ(中国) 99. 06 20. エリスカ・ブレジノワ(チェコ) 96. 32 21. ナターシャ・マッケイ(イギリス) 95. 16 22. エヴァ・ロタ・キーブス(エストニア) 94. 61 23. アレーヌ・シャルトラン(カナダ) 93. 08 24. イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル) 88.

次の