ラグビー 日本 vs 南アフリカ。 【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

ラグビー日本代表がW杯で南アフリカを破る番狂わせ!大興奮したファンの発狂動画を集めてみた。

ラグビー 日本 vs 南アフリカ

アジア初開催の大会で、日本は1次リーグA組を4戦全勝の首位で通過し、初めて決勝トーナメントに進んだ。 優勝候補の一つだったアイルランド(同5位)や8強常連のスコットランド(同9位)を破るなど躍進し、W杯開幕時に10位だった世界ランキングは過去最高の6位まで上昇した。 日本のW杯通算成績は8勝2分け23敗。 前回のイングランド大会(2015年)で歴史的な白星を挙げた南アフリカとの対戦成績は1勝2敗となった。 準決勝は26、27の両日、横浜・日産スタジアムで行われる。 (世界ランキングは19日現在)【真下信幸】 【日本-南アフリカ】南アフリカに敗れ悔しさをにじませる稲垣(中央)ら日本代表の選手たち=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、喜屋武真之介撮影 日本3-26南アフリカ 後半40分 レフェリーが日本にアドバンテージ。 これを見た南アフリカは、ボールをタッチに蹴り出した。 フルタイム 後半40分 南アフリカがボールをキープして攻め続ける最中に、ホーンが鳴った。 このプレーが切れれば試合は終わる。 しかし、南アフリカは、ボールを蹴り出さない。 最後までトライを狙うのは、強敵・日本へのリスペクトか。 後半37分 日本が自陣22mライン付近のマイボールのスクラムから右に展開。 WTB 松島 幸太朗が突進するが、タックルされる 後半32分 日本の選手交代 【日本-南アフリカ】スタンドで盛り上がるファン=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、長谷川直亮撮影 ここで前半終了 日本3-5南アフリカ 前半40分 前半最後のプレー、南アフリカは日本陣22m付近のラインアウトからモールを作って押し込み、さらに縦に突進してトライ。 しかしここでまたも反則。 南アフリカのノットリリースザボール。 トライは認められず、日本は命拾い 前半37分 南アフリカがモールを押し込んで左に展開するが、またもミス。 ノックオン 前半34分 日本のマイボールラインアウトを南アフリカが奪い、ゴール前まで。 しかし、またしても南アフリカに反則。 日本がピンチを脱する 前半33分 日本のFL リーチ・マイケルの突進に対し、激しいタックルでボールをはじき出し、南アフリカが左に展開。 最後は3対1で南アフリカが余ったが、WTB 松島 幸太朗がうまくディフェンス、トライを許さず 前半31分 日本ボールのラインアウトで、ボールを奪われピンチ。 しかしここで南アフリカにペナルティー 前半30分 久しぶりに南アフリカが日本陣内に攻めこむ。 日本ボールのラインアウトに 前半28分 南アフリカ陣内10m付近の南アフリカボールのスクラム 前半27分 日本が南アフリカ陣内で攻め続けるが南アフリカが鋭い出足からディフェンス 【日本-南アフリカ】前半、ディフェンスを振り切り突進する福岡(中央)=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、長谷川直亮撮影 前半11分 日本ボールのスクラムから展開するが、南アフリカがターンオーバー 前半11分 日本はFL ピーター・ラブスカフニが HIA(脳しんとうの疑いのある選手に対する措置)で一時的選手交代 前半10分 南アフリカボールがマイボールスクラムからハイパント。 その後の日本のPR 稲垣 啓太の突進を南アフリカのPRムタワリラがタックル。 抱え上げ落としたが、このプレーが危険と判断され、シンビンで10分間退場。 日本が数的優位に。 前半8分 南アフリカの攻撃、日本がターンオーバー。 しかし攻撃がつながらず 前半7分 南アフリカがモールを押し込んで、右に展開。 先制トライのWTBマピンピが疾走するが、日本がタックル 前半4分 南アフリカのSO ポラードのコンバージョンキックは失敗 前半3分 南アフリカは日本陣内22m付近のマイボールスクラムからブラインドサイドをアタック、南アフリカWTBマピンピが先制トライ 日本0-5南アフリカ.

次の

ラグビーWC2019日本勝利!に海外の反応は?世界に歓喜と驚き!|TOKYO SCOPE

ラグビー 日本 vs 南アフリカ

南アフリカとの対戦は、劇的な逆転勝利を収めた2015年W杯イングランド大会の1次リーグ以来2回目。 日本は前半に3トライを奪われ、後半にWTB松島幸太朗(サントリー)がトライを返したが、及ばなかった。 今年のテストマッチ通算成績は3勝1敗。 W杯日本大会には世界各国・地域から20チームが参加。 日本は20日にロシアとの開幕戦(午後7時45分開始、東京・味の素スタジアム)に臨む。 ・ノーサイド 日本が7-41で敗れる ・後半39分、日本のミスからボールを奪った南アフリカ、途中出場のハーシェル・ヤンチースが走りきってトライ。 ゴールも決まって 日本7-41南アフリカ ・後半36分、日本は南アフリカ陣に攻め込むが、右タッチライン沿いでノックオン。 この時間帯に入ってミスが増えてきた日本 ・後半33分、南ア陣に攻め込んだ日本がマイボールスクラムからボールを左に展開するが、冷静にプレーを見ていたWTBチェスリン・コルビが見事にパスインターセプト。 そのまま80メートルを独走してトライ。 アタアタ・モエアキオラからWTB松島幸太朗にパスが渡り、松島が独走トライ。 SO 田村優のキックも決まる。 ゴールは失敗したがリードをさらに広がる。 日本0-27南アフリカ ・後半9分、日本がノット・リリース・ザ・ボール。 南アフリカが危地を脱する。 南アフリカの冷静なディフェンスが光る ・後半8分、日本、ラックからのサイド攻撃を南アフリカが執念のタックルですべて阻止。 ・後半7分、日本が5メートルスクラムから連続攻撃。 ゴール前手に汗握る展開。 前半終了のホイッスル ・前半39分、なんとか前半に点がほしい日本、NO8 アマナキ・レレイ・マフィがラックのボールを奪おうとして自陣内でオフサイド。 SOハンドレ・ポラードがペナルティーゴールを決める 日本0-22南アフリカ 【日本-南アフリカ】前半、ディフェンスを振り切り突進するリーチ=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、藤井達也撮影 ・前半31分、南アフリカがスクラムから展開攻撃、WTBマカゾレ・マピンピがさらに追加のトライ。 SOハンドレ・ポラードのキックはポストに当たって跳ね返り失敗 日本0-19南アフリカ ・前半22分、日本のハイパントボールを南アフリカFBルルーが好捕、走り込んできた南アフリカWTBマカゾレ・マピンピに絶妙のパス。 マピンピが左タッチライン沿いを快足を飛ばして走り、トライ。 SOハンドレ・ポラードのキックも決まって 日本0-14南アフリカ ・前半20分、南アフリカが、スクラムから日本ディフェンスの裏に蹴り込む絶妙のキック。 先制トライのWTBチェスリン・コルビがゴールギリギリでワンタッチするがトライとはならず。 ・前半19分、日本が南アフリカのタッチキックをチャージ。 日本がさらに攻めるが、ここで日本に痛恨の反則、ノット・リリース・ザ・ボール ・前半18分、日本が連続攻撃で、SO 田村優が切れ込む。 ゴールまであと1メートル。 ラインアウトは日本がボールを取るが、ノックオン。 南アフリカボールのスクラムに ・前半4分、WTB福岡が交代、アタアタ・モエアキオラが出場 ・前半2分、日本、ハーフウェー付近でバックスが展開も、WTB福岡堅樹が負傷か。 日本にいきなりアクシデント ・南アフリカのキックオフで試合開始 ・両チームが、入場。 南アフリカとの対戦は劇的な逆転勝利を収めた2015年W杯イングランド大会1次リーグ以来で2回目。 W杯前最後の強化試合で、日本は優勝候補を相手にどんな戦いを見せるか。 初の8強進出に向けた試金石として注目される。

次の

海外の反応「GO JAPAN!日本vs南アフリカ戦のラグビー実況スレが盛り上がる」

ラグビー 日本 vs 南アフリカ

アジア初開催の大会で、日本は1次リーグA組を4戦全勝の首位で通過し、初めて決勝トーナメントに進んだ。 優勝候補の一つだったアイルランド(同5位)や8強常連のスコットランド(同9位)を破るなど躍進し、W杯開幕時に10位だった世界ランキングは過去最高の6位まで上昇した。 日本のW杯通算成績は8勝2分け23敗。 前回のイングランド大会(2015年)で歴史的な白星を挙げた南アフリカとの対戦成績は1勝2敗となった。 準決勝は26、27の両日、横浜・日産スタジアムで行われる。 (世界ランキングは19日現在)【真下信幸】 【日本-南アフリカ】南アフリカに敗れ悔しさをにじませる稲垣(中央)ら日本代表の選手たち=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、喜屋武真之介撮影 日本3-26南アフリカ 後半40分 レフェリーが日本にアドバンテージ。 これを見た南アフリカは、ボールをタッチに蹴り出した。 フルタイム 後半40分 南アフリカがボールをキープして攻め続ける最中に、ホーンが鳴った。 このプレーが切れれば試合は終わる。 しかし、南アフリカは、ボールを蹴り出さない。 最後までトライを狙うのは、強敵・日本へのリスペクトか。 後半37分 日本が自陣22mライン付近のマイボールのスクラムから右に展開。 WTB 松島 幸太朗が突進するが、タックルされる 後半32分 日本の選手交代 【日本-南アフリカ】スタンドで盛り上がるファン=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、長谷川直亮撮影 ここで前半終了 日本3-5南アフリカ 前半40分 前半最後のプレー、南アフリカは日本陣22m付近のラインアウトからモールを作って押し込み、さらに縦に突進してトライ。 しかしここでまたも反則。 南アフリカのノットリリースザボール。 トライは認められず、日本は命拾い 前半37分 南アフリカがモールを押し込んで左に展開するが、またもミス。 ノックオン 前半34分 日本のマイボールラインアウトを南アフリカが奪い、ゴール前まで。 しかし、またしても南アフリカに反則。 日本がピンチを脱する 前半33分 日本のFL リーチ・マイケルの突進に対し、激しいタックルでボールをはじき出し、南アフリカが左に展開。 最後は3対1で南アフリカが余ったが、WTB 松島 幸太朗がうまくディフェンス、トライを許さず 前半31分 日本ボールのラインアウトで、ボールを奪われピンチ。 しかしここで南アフリカにペナルティー 前半30分 久しぶりに南アフリカが日本陣内に攻めこむ。 日本ボールのラインアウトに 前半28分 南アフリカ陣内10m付近の南アフリカボールのスクラム 前半27分 日本が南アフリカ陣内で攻め続けるが南アフリカが鋭い出足からディフェンス 【日本-南アフリカ】前半、ディフェンスを振り切り突進する福岡(中央)=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、長谷川直亮撮影 前半11分 日本ボールのスクラムから展開するが、南アフリカがターンオーバー 前半11分 日本はFL ピーター・ラブスカフニが HIA(脳しんとうの疑いのある選手に対する措置)で一時的選手交代 前半10分 南アフリカボールがマイボールスクラムからハイパント。 その後の日本のPR 稲垣 啓太の突進を南アフリカのPRムタワリラがタックル。 抱え上げ落としたが、このプレーが危険と判断され、シンビンで10分間退場。 日本が数的優位に。 前半8分 南アフリカの攻撃、日本がターンオーバー。 しかし攻撃がつながらず 前半7分 南アフリカがモールを押し込んで、右に展開。 先制トライのWTBマピンピが疾走するが、日本がタックル 前半4分 南アフリカのSO ポラードのコンバージョンキックは失敗 前半3分 南アフリカは日本陣内22m付近のマイボールスクラムからブラインドサイドをアタック、南アフリカWTBマピンピが先制トライ 日本0-5南アフリカ.

次の