ホタルイカ 食べ 過ぎ。 ホタルイカの下処理・下ごしらえ方法!ひと手間加えたアレンジレシピも!

食べ過ぎ注意!竹の子&ホタルイカなど身近な食材で腸閉塞になることがある

ホタルイカ 食べ 過ぎ

その名の通り、ホタルのように自らの光を発するイカ、ホタルイカ。 ホタルイカの旬の季節になると、ホタルイカが青く光を放っている幻想的な富山の水揚げ風景がニュースに出たりしますよね。 イカはイカでも普通のイカよりも小さくて食べやすいホタルイカは、佃煮や、酢味噌和え、天ぷらや、から揚げなど用途も様々。 美味しくて1パイが小さいので、ついついパクパク食べてしまいます。 普通のイカもホタルイカも大好きな私。 気がついたら、「たくさん食べ過ぎちゃった〜」なんてことよくあり、体調が気になったりします。 このホタルイカ、食べ過ぎて大丈夫なのでしょうか? ホタルイカの栄養や体への作用についてまとめたのでご紹介します。 ホタルイカの栄養素って? ホタルイカの主な成分は、たんぱく質、脂質、ビタミンA レチノール 、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カリウム、マンガン、りん、鉄、銅、亜鉛などなど。 ビタミンAには、発育を促進、肌の健康維持、目の健康維持、生殖作用の維持、免疫力の向上、感染症の予防まで、いろいろな作用もあるんですよ! 他にも銅が含まれているので、貧血予防や、関節リウマチや骨粗しょう症の予防にも。 上手に食べれば、健康効果が見られる素晴らしい食べ物ですね。 でも、ホタルイカを食べ過ぎると... こんなに栄養素がたくさんで含まれ、良い効用も沢山あるホタルイカですが、食べ過ぎは良くありません。 適量食べていれば栄養素でたくさんいい事が、食べ過ぎて悪い方向に行ってしまうことも。 ホタルイカの場合は、良い栄養素であるビタミンAが、食べすぎることによって、「ビタミンA 過剰症」という症状をもたらします。 大量に食べてしまうと急性中毒となり、その症状は悪心や嘔吐、頭痛といった症状が出てきます。 慢性中毒となると、体重減少や食欲不振、甲状腺機能の低下や脱毛や肝障害など様々な症状をもたらすのです。 特に妊婦の方は、注意が必要です。 なぜなら、ホタルイカの過剰摂取で、ビタミンA、特にホタルイカに多いと言われているレチノールを多量に取ることになり、副作用として赤ちゃんの奇形の発症率を上げてしまうというのです。 ホタルイカのように、レチノールを多く含む動物性食品のビタミンAの摂取を避け、植物性食品からビタミンAを摂取した方がいいですね。 ホタルイカ好きの方は残念ですが、生まれてくる我が子のために10ヶ月間はちょっと我慢した方が良さそうですね。 ホタルイカのもう一つの注意点 ホタルイカを食べる時に、食べ過ぎ以外にも気をつけなくてはいけない点があります。 それは、ナマ食の時の寄生虫に十分に注意が必要なんです。 ホタルイカは自然界で生きている生物。 内臓には、施尾線虫という寄生虫がいることがあるんです! この寄生虫は高温もしくは、低温にならないと死なないため、ほとんどは水揚げ後すぐにボイルされたり、4、5日冷凍されてから市場に出回るんです。 そんな理由から、普段、スーパーなどでみるホタルイカはボイルが多いのではないでしょうか。 稀にお刺身で見るものは、内臓を取り除いているので大丈夫だと思いますが、念のため、内臓がないかを調べてから購入もしくは食されることをお勧めします。 知らずに寄生虫に感染してしまった場合は、嘔吐や腹痛、また、ひどければ腸閉塞になる恐れがあります。 早めにお医者さんにかかってみてもらいましょう。 今後期待のホタルイカ効果 妊婦さんにとって危険だったり、生食では寄生虫感染の恐れがあるホタルイカではありますが、ホタルイカには画期的な研究がなされていて、肝臓や血液中の脂質を減少させ、コレステロール値を下げてくれる素晴らしい食材になりうると言われています。 ホタルイカの今後に期待が持てますね! まとめ• ホタルイカには発育促進、肌、目の健康維持、免疫力向上、感染症の予防など良いこと沢山• ホタルイカの食べ過ぎは悪心や嘔吐、頭痛など様々な症状を呼び起こすので注意• 妊婦さんのホタルイカの食べ過ぎは奇形の発症率を上げてしまうので避けた方が良い• 今後、肝臓、血中の脂質減少、コレステロール値低下に重要な食材になるかも。 栄養が沢山あるホタルイカ、食べ過ぎに気をつけて、是非、美味しくいただいてくださいね〜! - This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の

食べ過ぎ注意!竹の子&ホタルイカなど身近な食材で腸閉塞になることがある

ホタルイカ 食べ 過ぎ

イカの栄養や効能とは? まず、イカにはどのような栄養や効能があるのかご紹介します。 イカの栄養で特質すべき栄養素といえば、「 タウリン」です。 「 タウリン」は、 コレステロールの代謝を促し、血液をさらさらにしてくれる効果があるといわれています。 また 心臓や肝臓の機能を向上させる、 視力の回復を促す、 インスリン分泌促進、 高血圧の予防するなど、さまざまな効果があると言われています。 人の体内でもタウリンは生成されていますが、絶対量が少ないため、食品から摂取することが必要です。 イカの食べ過ぎが良くない理由とは? イカの食べ過ぎが良くないと言われる理由は、消化があまり良い食べ物だと言えない点にあります。 イカを食べ過ぎるとお腹が痛くなったり、胃もたれがする人も多いのではないでしょうか? 特に病気などで消化能力が落ちているときは、イカを食べると具合が悪くなることもあります。 これはイカが繊維質の強い食べ物であるため、良く噛んで食べないとなかなか消化されないのが理由なのです。 ただ食べ物の食べ過ぎにありがちな、特定の栄養素の過剰摂取などはイカの場合当てはまらないので、その点では気にしなくても大丈夫です。 イカを食べる場合には良く噛んで、食べ過ぎないようにしましょう。 また生で食べる時には鮮度に気をつけて、清潔な場所で調理をするようにしてください。 また煮物などの味付けとして使われるイカのハラワタは、かなり新鮮なもの以外は使用しないようにしましょう。 【スポンサーリンク】 イカの食べ過ぎで病気のリスクが上がる? イカの食べ過ぎで、特定の病気のリスクが上がることはあるのでしょうか? イカといえばご存知の通り魚介類で、塩っ気を多く含んでいます。 そのため1日に大量のイカを食べ過ぎると、 塩分過多となって高血圧のリスクが上がる傾向にあるのです。 高血圧は命に関わるような病気を誘発してしまうので、塩分の多いイカを食べ過ぎないようにしてくださいね。 またイカは魚介類にありがちな プリン体を含む食材でもあります。 しかし余程の量を食べ過ぎない限り、痛風などの病気となるようなプリン体を摂取することはまず無いと言えるでしょう。 イカで痛風などの病気のリスクが上がることは考えにくいので、ほどほどの量を食べていれば問題はありません。 イカは1日どのくらいの量までなら食べ過ぎにならない? イカには塩分が多く含まれていますが、日本における1日の塩分摂取目安量は7〜8gです。 しかしイカを1杯食べた場合、それだけで塩分を2gも摂取してしまい食べ過ぎになるのです。 こうなると他の食事と合わせた時に、明らかに塩分過多になってしまいます。 そのためイカは、1日にできれば半分くらいに抑えておくのが好ましいですね。 またスルメイカの丸干しなどの乾物は塩分が凝縮されているので、より食べる量に気をつけなければなりません。 食べ過ぎると高血圧などの病気を引き起こす可能性があるので、注意していきたいですね。 イカの食べ過ぎに関するまとめ イカの食べ過ぎに注意したい理由と、引き起こされる可能性のある病気についてご紹介してきました。 イカは消化が良い食べ物ではないので、食べ過ぎてしまうとどうしても病気などで消化能力が落ちているときはお腹が痛くなりやすいです。 しかしよく噛んで食べることで、多少消化を良くすることができるのです。 またイカは塩分濃度が高いため、高血圧などの病気のリスクを上げる可能性があります。 1日に半分程度の量に抑えることで、塩分過多を防ぐことができます。 またイカは生で食べるよりも乾物の方が塩分濃度が高いので、食べ過ぎには注意していきましょう。 ついたくさん食べ過ぎてしまうイカですが、体に影響が出ない程度に抑えることが大切です。

次の

ホタルイカは食べ過ぎ注意!適量や栄養・効果についても!|食べ物info

ホタルイカ 食べ 過ぎ

ホタルイカの食べすぎによる体への影響 気になるのは食べ過ぎてしまった場合どうなってしまうかですよね。 栄養豊富な分過剰摂取してしまうと何か病気になってしまうのではないかと心配になってしまう人も多いはず。 そこで、 ホタルイカを食べ過ぎてしまった場合におこる身体への影響をご紹介します。 先述した通りホタルイカには魚介類の中でも上位に来るほどビタミン Aを含んでいます。 ビタミンは取り過ぎた分は体から出て行ってくれるというものが有名なため、あまり気にしていない人も多いかもしれません。 しかし、ビタミン Aは 脂溶性のため体から出て行くことがなく溜まっていってしまいます。 そのため摂取量を超えてしまうと体に不調が見られるようになります。 ビタミン A過剰症の 主な症状は吐き気や嘔吐、頭痛などがよく見られます。 他にも 食欲不振やめまいなどの症状が見られることもありますので。 水溶性のビタミンと違って脂溶性のビタミン Aの過剰摂取には注意が必要です。 この病気の症状は 強烈な腹痛と吐き気、便秘または下痢などを引き起こします。 この病気の原因は 食べ物が腸に詰まってしまうことで起きる病気です。 ホタルイカは消化され肉食べ物の1つのためうまく消化されず腸に詰まりやすくなってしまいます。 そうすると腸をふさぐ形になってしまうのでお腹が張ったり便秘になります。 便秘と似たような症状に感じて気づかない人もいるようです。 しかし、この病気はホタルイカが悪いというわけではなく、 よく噛んで食べなかったり、食事中にあまり水分を取らない人などがなりやすい病気です。 よく噛んで水分補給をしっかりすれば回避することができます。 あまり縁がないように思うかもしれませんがホタルイカのボイルなどは 内臓を取り除いていないことがほとんどです。 この内臓には白子などと同じように プリン体が多く含まれていますので、たくさん食べてしまうと尿酸値が上がってしまい最悪の場合痛風になります。 そのため、普段から尿酸値などが高かったり気をつけるように言われている方はホタルイカを食べるのは控えた方がいいかもしれません。 ホタルイカの適切な摂取量は? 食べ過ぎてしまった時に起こる身体への影響をご紹介しましたが、日常生活に影響の出るものばかりなので食べることに抵抗を持つ人も多いはず。 しかし、 しっかりと適切な量を守れば体にとても良い食品です。 ホタルイカの1日の摂取量はビタミン Aの摂取量を目安に考えるといいです。 そうすることでビタミン Aの過剰摂取を抑えることができます。 この量を超えて食べ続けるとビタミン A過剰症などの症状が出てくる可能性があります。 適切な量を食べると肥満防止になる 先述した通りホタルイカはとても栄養豊富な食品です。 そのためしっかりと適切な量をとることで 病気になりにくい体にしてくれます。 特にメタボは聞き慣れたワードではありますが、実際自分がなると嫌なものです。 しかし、ホタルイカを適切な量摂取していることで 脂肪肝やメタボの原因になる肝臓や血中の脂質を抑えてくれる効果があります。 うまく日頃の食事に組み込んでいくことで、病気になりにくい健康的な体を作ることができます。 食べ過ぎ以外で注意しなければならないこと ホタルイカを食べ過ぎてしまった時におこる身体への影響をご紹介しましたが、実はホタルイカは 食べ過ぎ以外にも注意しなければいけないことがあります。 それは 「寄生虫」です。 魚介類には寄生虫が内臓に入ってしまってしまうことがあります。 そのため、内臓を取り除いていない魚介類を食べると寄生虫が体内に入ってしまい、感染してしまうと ひどい腹痛や嘔吐などの体調が悪くなります。 また、ひどい場合には腸閉塞などの 大きな病気につながる可能性があります。 この寄生虫は高温または低温でないと死滅してくれません。 また、刺身用であれば内臓を取り除いておかないと感染の恐れがあります。 しかし、スーパーで販売されているもののほとんどがしっかりとボイルされている上に刺身用のものであっても内臓を取り除いてくれているのがほとんどですので、あまり気にしすぎる必要はありません。 しかし、念のために内臓が残っていないか確認することをお勧めします。 まとめ.

次の