ツイキャス 雑談 ネタ。 会話のネタ一覧を大公開!話題が続かない人のコミュニケーション術も解説

初心者必見!ツイキャス配信で犯しやすいミスと注意点・改善点【スマホ編】

ツイキャス 雑談 ネタ

初対面で会話が盛り上がるテッパンの話題・ネタ15選&避けたい話題・ネタ6選|バイト先/大学などシーン別 学校やバイト先で初対面の人に会うと、「何か話さなくちゃ」と思うあまりに、緊張してうまく話せないことがあります。 そういう場面では、会話の糸口となる話題・ネタをあらかじめ用意しておくと安心です。 では、初対面の人との会話に困ったとき、どんな話題・ネタを取り上げるのが良いのでしょうか。 この記事では、初対面の人とも会話が盛り上がりやすいテッパンの話題・ネタ15個を厳選してご紹介します。 初対面では避けたい話題・ネタも併せてお伝えしますので、早速今日から役立ててください。 【目次】 初対面のときに適切な話題・ネタ【バイト先編】 バイト先では、学校よりも幅広い年齢層の人と接することが多いものです。 そんな場に合った話題をご紹介します。 天気・季節 年齢・性別を問わず、どんな人とでも会話のきっかけを作れるのが、天気や季節に関する話題です。 バイト先の仲間だけでなく、お客様との会話でも役立ちます。 「今日も雨になりましたね」「12月にしては暖かいですよね」「街がすっかりクリスマス一色ですね」など、その日の天気や気候に合わせて声をかけてみましょう。 相手が答えを返してくれたら、「雨が続くと洗濯物が乾かなくて困りませんか?」「暖かいので今日はコートなしで出勤しました」と、必要に応じて会話をつなげばOKです。 住んでいる場所 住んでいる場所も、話す相手を選ばない話題です。 「ご近所にお住まいですか?」「どちらからいらっしゃっているんですか?」などと声をかけてみましょう。 もしかしたら地元同士かもしれませんし、近くによく行くお店があるなど、土地勘のあるところに住んでいるかもしれません。 それがわかれば、話がしやすくなります。 知らない場所に住んでいる場合は、その街の雰囲気や通勤にかかる時間、通勤方法を尋ねたり、自分の住んでいる場所についても話したりすると、会話が途切れません。 出身地 観光名所や名物料理、名産のおみやげなど、ネタに事欠かず盛り上がるのが、出身地に関する話題です。 訪れたことがある場所ならなおさら会話が弾みます。 心理的な距離も縮まり、楽しい会話ができるでしょう。 趣味 自分から言い出すきっかけはあまりないものの、聞かれれば大いに語れる話題が、趣味に関することです。 「音楽が好き」から「好きなミュージシャンは?」と掘り下げることで、共通点が見いだせるかもしれません。 自分に縁のない趣味が会話に出てきても、好奇心を持って話を聞いてみましょう。 スムーズな会話につながりますし、新しい発見があるかもしれません。 将来の夢、目標 バイトをしている理由が、将来の夢や目標のためであるなら、それを取っ掛かりとして話を広げることもできます。 ただし、自分語りに終始すると相手が疲れてしまうので、その点は気をつけましょう。 初対面で盛り上がる話題・ネタ【学校・サークル・飲み会編】 学校やサークル、飲み会などの場では、少しフランクな話題を振っても大丈夫です。 会話が盛り上がる可能性の高い話題をご紹介します。 大学 学生にとって最も身近な話題の一つは、学校のことです。 在籍している学部や学科、参加しているサークル活動など、自己紹介も兼ねて話しかけてみましょう。 履修している授業が同じ、出身地が同じ、共通の知り合いがいるなど共通項が見つかれば、その後の会話も弾みます。 テレビ番組、YouTubeの動画 人気テレビ番組やYouTubeの動画も、話題としてはおすすめです。 たとえその番組や動画を知らなくても、出演している俳優やお互いのおすすめ動画の話で盛り上がることができます。 スマホがあれば、YouTube動画はその場で一緒に見ることができますし、ワイワイ言いながら関連動画を見ていたら、時間がたつのもあっという間でしょう。 好きな食べ物 飲み会で切り出しやすいのが、好きな食べ物に関する話題です。 食べ物の話は、意外と熱く語れるもの。 おいしいお店の情報を交換したり、意気投合して一緒に行く約束をしたりという発展性にも期待できます。 子どもの頃の思い出 子ども時代の話も定番です。 懐かしのテレビ番組、ファッションや髪型といった当時のトレンド、今だから言える失敗談など、懐かしい話に火がつくと、とどまるところを知らないという感じで盛り上がります。 ただし、人によっては思い出したくない過去があるかもしれません。 相手の表情の変化を見逃さず、話題を変えようとしている雰囲気を感じたら、それ以上話を広げないようにしましょう。 お互いの持ち物 バッグ、スマホケース、財布など、持ち物を褒められると悪い気はしません。 相手に対して興味を持っているという意思表示にもなるので、「素敵なスマホケースですね。 どこで買ったんですか?」などと積極的に話し掛けてみましょう。 初対面同士の垣根を取り除いてくれます。 時事ニュース 話題のニュース、大きな事件報道など、多くの人が関心を持つ時事ニュースも、話題にしやすいネタの一つです。 話のきっかけですから、それほど詳しく知らなくても問題ありません。 「新しいiPhoneの発売日って、いつでしたっけ?」といった話の振り方でも良いでしょう。 どっち派か 例えば、犬派と猫派、インドア派とアウトドア派、パン派とごはん派など、身近な二者択一を迫る「どっち派か?」ネタは、自己主張しながら大いに盛り上がる話題です。 飲み会で会話が途切れたときに試してみてください。 血液型 血液型も、会話のきっかけにしやすいテーマです。 ただし、「A型ということは、几帳面なんですね」などと一般的な血液型の分類に当てはめられることを快く思わない人もいます。 血液型を話題にするときは言葉に気をつけ、お互いに気持ちよく話せるように心がけることが大切です。 お酒を飲む・飲まない 飲み会に関連して、「お酒を飲むか・飲まないか」という話題もあります。 飲むのであれば、好きなお酒の種類や、お酒にまつわるエピソードなどを語り合うと会話が膨らむでしょう。 飲まない人がいる場合は、その理由やお酒以外の飲み物・食べ物の話に広げていけば大丈夫です。 休日の過ごし方 休みの前日に話題に出しやすいのが、休日の過ごし方です。 相手の性格や趣味嗜好などを知る手がかりになりますし、気になる異性を「今度、一緒に出かけませんか?」と誘う手もあります。 ただし前のめりすぎると警戒されるので、「明日のお休みは、どうされるんですか?」などと、さりげなく問いかけることがポイントです。 初対面で避けたほうがいい話題・ネタ 初対面に適した話題もあれば、避けたほうがいい話題もあります。 思わぬ誤解を生んで関係がギクシャクしないよう、次の話題はNGと心得ておきましょう。 政治や宗教、賛否が分かれる社会問題 政治や宗教に関すること、原発など賛否が分かれる社会問題は、初対面の会話にふさわしくありません。 最初は会話が盛り上がっても、気づいたら意見が対立して、ヒートアップしてしまう恐れもあります。 個々人の思想に関することは話題に出さないように心がけましょう。 応援している野球やサッカーのチーム 野球やサッカーの話題は取り上げやすいですが、応援チームに関することには注意が必要です。 熱狂的なファンの中には、ひいきのチームが負けると感情的な反応を示す人がいます。 敵対するチームを応援していると知っただけで、不穏な空気になることもあります。 プライベート 年齢や結婚の有無、家族関係といったプライベートの話題は、人によっては触れられたくないものです。 バイト先で一緒に仕事をするとき、「この人、何歳くらいかな?」と気になることもあると思いますが、初対面で尋ねることはやめておきましょう。 容姿 容姿に触れる話題はNGです。 たとえ褒め言葉であっても、セクハラになることがあります。 容姿については、誰もが何らかのコンプレックスを抱いているもの。 背の高さなど、自分にとってはうらやましいことでも、相手は気にしているかもしれません。 お金 お金の話題はデリケートですし、印象もよくありません。 初対面で「毎月のバイト代は、いくらくらいですか」と収入について尋ねたり、時給の高低を話題にしたりすると、「デリカシーに欠ける人」と不快に思われる可能性があります。 下ネタ 初対面でいきなり下ネタの話をするのは、避けるべきです。 嫌悪感を示す人は多いですし、そこまで行かなくても、品がないと受け取られ、引かれてしまうでしょう。 では、無理なく会話を続けるにはどうすれば良いのでしょうか? ネタをいくつか用意しておく コミュニケーションが苦手な人は特に、あらかじめ話しやすいネタをいくつかストックしておきましょう。 ひとつの話題が途切れたら、次の話題を取り上げてつないでいけば、長い沈黙が訪れるのを避けられます。 「はい」「いいえ」で答えられない問いかけをする 「はい」「いいえ」で答えられない問いかけをすることは、会話を続けるコツの一つです。 例えば、「~は好きですか?」と初対面の人に聞いても、「はい」か「いいえ」で会話がストップしてしまうでしょう。 そういうクローズド・クエスチョンではなく、「どちらから、いらっしゃっているんですか?」「それはどこで購入したんですか?」などと具体的に答える必要があるオープン・クエスチョンをしてみましょう。 また、自分がクローズド・クエスチョンをされた場合は、「はい」「いいえ」にひと言添えるようにすると、会話が途切れずに済みます。 相手の話に興味を持つ コミュニケーションの基本の一つが、相手の話に興味を持ち、共感することです。 会話の際、相づちを打ったり、「その後どうなったんですか?」などのリアクションを適度に入れたりすると、相手の話に興味を持っていることが伝わります。 ただし、相づちやリアクションもやりすぎるとわざとらしさが出て逆効果になりますので、注意しましょう。 自分と相手の共通点を見つけ出す 相手の話題の中に、自分の好きなもの、行ったことのある場所など、何かしらの共通点を見つけ出すように心がけてみましょう。 それが相手の会話を興味を持って聞くことにつながりますし、相手も真剣に話を聞いてくれているという印象を持ちやすいでしょう。 共通点が見つかれば、それだけで相手の存在が近くなり、会話が弾みやすくなります。 自分から話しかけて、会話の広げ方を身に付けよう 初対面で緊張するのは、お互いさまです。 最初はぎこちないかもしれませんが、会話が弾むテッパンの話題を持っていれば、それほど心配する必要はありません。 ただし、相手から話しかけられるのを待っていても、なかなか緊張が解けないので、自分から積極的に声をかけてみましょう。 ちょっと勇気がいるかもしれませんが、回数を重ねるうちに、テッパンの話題からの話の広げ方が身に付いてきます。 会話が弾めば、楽しい時間を過ごせますし、コミュニケーションに自信を持てるようにもなるでしょう。

次の

動画生配信のテクニック&コツをツイキャスのカリスマ、ももなな(西山虹華)が伝授!

ツイキャス 雑談 ネタ

いろんな年代の方がライブ配信に挑戦しています。 これにはLINEやInstagramなどのライブ機能で憧れの芸能人や著名人、自分と同年代の人がライブ配信をYouTube、ツイキャスやMixChannel Liveなどでをしているところを見て、「面白そうだから自分もやってみたい!」と思う人が増えたからでしょう。 いまやライブ配信はスマートフォン一台で手軽にできるもの。 ですが、実際にやってみるとほとんどの人が突き当たる壁があります。 芸能人や著名人のライブ配信と同じくらい不特定多数人に見てもらいたいと思う人もいるかもしれません。 しかし、ほとんどの人にとって実際は「通っている学校の廊下で顔なじみの特定少人数に会話に参加してもらう」ような10人ぐらいの人に同時に見てもらうぐらいの規模感であると思うのです。 ただ、「10人ぐらいの人に同時に見てもらう」のは簡単そうで、実はそうでもありません。 一時的に見てくれている人の人数が10人になったとしても、そのまま見続けてくれる人の人数を維持し続けることは結構難しいことです。 なかには「ライブ配信をやっても見てくれる人が増えなくてその結果やめてしまう人」もいるとも聞きます。 100人や1000人でなくてもいいけど、1人でも多く(10人ぐらい同時に)見てもらうためにはどうしたらいいのか? 今回はそんなヒントを紹介していきます。 「見てくれる人」を増やすより「コメントしてくれる人」を増やそう 「ライブ配信をしても見てくれる人が1人とか2人……さらに、コメントをしてくれる人も少ない」と感じている人は、まず「見てくれる人」を増やすより「コメントしてくれる人」を増やすことを目指してみると良いでしょう。 これは、学校の廊下である程度顔なじみの友達同士で集まって会話する時、集まった人の人数が10人だったとしても、実際に話す人が自分ひとりだけだと疲れてしまうのと同じです。 そこにいる周りの人にも会話に参加してもらうように、見てくれている人にも会話に参加してもらえるような「お膳立て」も必要。 ライブ配信をする自分は、ステージ上にいる「司会者」のようなものです。 見てくれている人が誰もコメントをしないからといって、黙って待つわけにはいきません。 司会者役の自分が見ている人も会話に参加(チャット機能でコメントを送ってくれるように)してもらわないといけません。 たとえば、学校の廊下で友達とすれ違ったとき、その友達が無言で立ち止まっていたら話しかけづらいですよね。 これはライブ配信でも同じです。 ライブ配信者が無言だったら、そのまま立ち止まりづらいですし(視聴する)、コメントも送りづらい(会話に参加しづらい)です。 しかし「コメントしてください」って言うのはNGです。 見ている人は逆にコメントも送りにくくなります。 何気なく、見ている人が立ち止まり、ついコメントをしたくなるような工夫が必要です。 これは「ステージ上に司会者の人が通りかかりの人を呼び込んで参加してもらう」のと似ています。 それでは、ライブ配信ではどうすればコメントを送ってもらえるようになるでしょうか。 そして、視聴者を増やすにはどうすればいいでしょうか。 今回は3つの方法を紹介します。 (1)何をやっているのかを伝える「テロップ」を書く 私たちが普段、なにかのイベント(ステージ)を見かけたとき、「いま、なにが行われているのか?」を気にすることが多いと思います。 そのステージ上で実施しているものがどのようなものなのかをステージ近くにあるポスターや看板、進行表をチェックすることがあるのでしょうか。 ライブ配信の場合はこれに相当するのが「テロップ」です。 YouTubeの動画であれば「タイトル」です。 わかりやすいテロップ(タイトル)を掲げることで、関心を惹いてもらうのと同時に、いまなにが起きているのかを知らせることによって、ライブ配信を見てもらったり、チャット機能でコメントを送ってもらったりといった「参加をしてもらうきっかけ」になります。 サービスによっては配信内容の「カテゴリ」も設定できるので適切なものを選びましょう。 (2)送ってもらったコメントはできるかぎり読む ライブ配信中、チャット機能を通じてコメントを送り、その送ったコメントを画面の向こうの人に読んでもらえると嬉しいものです。 これはラジオ番組宛に送るメール(ハガキ)と同じ感覚に似ています。 画面の向こうの人が有名人や著名人であったらなおさらです。 誰しも、ライブ配信をやり始めたときは、コメントも多くつかないのが現実です。 とは言え、どれだけ短文であろうともコメントをひとつやふたつ送ってもらうことがあります。 それこそ「こんにちは」などの挨拶でも。 こういった挨拶に対してでも、返事をすることが大切です。 コメントを投稿した人の名前(ハンドルネーム)も合わせて返すとより一層効果的。 ひとりずつでもリスナーを増やし、複数の人にコメントを送ってもらうような形を最初の目標にするのがオススメです。 ただ、見る人が増えると自然と送られてくるコメントも増えるので、返事をできる人が限られていまいます。 それでも、できるだけ読んであげようにしましょう。 なかでも「初見です」と初めて見る人がコメントしてくれたときは、特に大事にしてみると良いでしょう。 (3)定期的、定時的にライブ配信をする いつも見てくれる人やコメントを送ってくれる人を増やすには、チャンネル登録をしてもらうなどで、自分がライブ配信をしていることに気づいてもらうことが重要です。 もしTwitterなどのソーシャルメディアがあるのであれば、そちらもフォローしてもらうのも良いかもしれません。 最近ではスマホの通知機能によって、ライブ配信が始まると通知をしてくれるサービスもあります。 ただ、これら以上に重要なのは「できるだけ定期的、定時的にライブ配信」すること。 たとえば「毎週月曜日のよる9時ぐらい」とかおおまかに時間を決めておくことで、もし通知がされなかったとしても、その時間に何気なく自分のライブ配信を覗いてもらえるような形が一番望ましいのかもしれません。 何かの拍子で予想以上の人が自分の配信を見ることも稀にあります。 しかし、不特定多数の人に見られると、誰に見られているのかわからない不安感を感じる人も少なくありませんし、コミュニケーションのためのチャット機能でコメントを送ってもらう数も多くなりがちです。 そうすると、配信をしている自分が、そのコメントを読みきれなくなってしまうことが多くなります。 いわゆる「コメントをさばけない」という状態です。 ライブ配信は視聴者に参加してもらうことが目的であるように感じますが、根本的には「コミュニケーションを取る」ということが主です。 適切でない人数だとコミュニケーションを取ることが非常に難しくなります。 それこそ、学校の廊下である程度顔なじみの友達同士で集まって会話するときと同じです。 そこに集まる友だちの人数が少なすぎても会話の盛り上がりに限界がありますし、逆に多すぎても会話に参加してる人たち同士のコミュニケーションが難しくなります。 著名人や有名人、企業がライブ配信をするときにはできるだけ多くの人に見てもらうことを意識しますが、私たちのような個人であるならば、10人ぐらいの人たちが同時に集まって話をするぐらいがライブ配信をするのにちょうど良いのです。

次の

ツイキャスをやっている芸能人・有名人や面白い一般人から学ぶ配信コンテンツの極意

ツイキャス 雑談 ネタ

スポンサーリンク 雑談が苦手なのを克服する 話題のネタの引き出しを増やすために様々なことに興味を持つ 雑談が上手な人の特徴として挙げられるのが、「話のネタが豊富である」ということです。 なので、雑談に苦手意識があるならば、まずは話のネタのための引き出しを増やすことから始めてみましょう。 まず、世の中の様々なことに興味を持ち、情報をたくさん仕入れましょう。 そして、自分が特に興味を引く事柄に関しては、とことんまで調べ、「自分の強みに繋がるネタ」としてキープすることをオススメします。 話のネタの多さは、好奇心の大きさに比例します。 色々なことに対する好奇心を常に持ち、話のネタを増やしていきましょう。 話のネタが増えれば、雑談をすることが自然に楽しくなります。 話している相手の話を集中して聞き、それに反応しながら会話を繋げていく 「話のネタはあるんだけれど、自分から切り出すことが苦手」という理由で、雑談に対して苦手意識を持ってしまう人も多いようです。 その場合は、無理に自分から話を切り出す必要はありません。 むしろ、聞き役に徹してしまうことから始める、というやり方もあります。 まずは相手の話を集中して聞きましょう。 そして、それに対して落ち着いて反応しながら、自分の考えを述べていくのです。 これだけでコミュニケーションは十分成立しているのです。 ただの他愛のないやり取りに見えるかもしれませんが、これこそが「自然に発生した雑談」です。 特別な話題を自分から提供せずとも、雑談は自然に生まれてくるものなのです。 スポンサーリンク 失敗を恐れず、人と話す回数を増やす 雑談が苦手な人の中には、「話がつまらなかったらどうしよう」と、必要以上に失敗を恐れてしまっている人も多いようです。 しかし、雑談は試験ではありません。 失敗したとしても、全然恥ずかしいことはありません。 もし自分の話を楽しんでもらえていないようなら、さっと話題を変えてしまうくらいの、思い切った切り替えをしてしまっても大丈夫です。 それによって相手が気分を害することは、ほとんどありません。 そして、雑談で失敗することを恐がらないようにするためには、人と話す回数を増やし、雑談の場慣れをしておくことも大切です。 回数をこなして慣れていけば、恐怖心も苦手意識も、自然と消えていきます。 身近な人との会話を意識する 普段何気なく家族と会話をすることが誰でもあると思います。 そんなちょっとした日常の会話の中での言葉を一つ一つ意識してみましょう。 そうする事で会話の組み立てがしやすくなることがあります。 そして、思い浮かんだ言葉を声に出してサッと出せるようにしていきましょう。 そうする事で疑問やひらめきなども増えて雑談をするにあたっても言葉が出しやすくなったり質問などもしやすくなるのではないでしょうか。 また、家族との会話になれたら、友達や知人との雑談に混ざってみましょう。 以前よりも話せるようになったと気がつくはずです。 スポンサーリンク 雑談が苦手なら本を読んで見る 小説や雑誌、漫画関係なく色々な本を読んでみましょう。 本の中にはたくさんの言葉が存在し、いろいろな情報が掲載されています。 そんな本を読むことで知らない知識や知らない言葉に触れる機会ができます。 その本から得た言葉や知識を雑談のなかで取り入れて会話をしてみましょう。 取り入れた知識や会話を披露する事で、雑談をしている相手も言葉を返してくれるでしょう。 そして会話もスムーズにできるのではないでしょうか。 知識や言葉を知れば自然と会話力もつきます。 なので、苦手だと思う雑談でも克服できるはずです。 感情を口に出す 一人でいる時間が多くなると話す相手もいないため黙っている事が多くなってしまいます。 そしてその癖がついてしまうと会話力も低下します。 なので、一人でいる時でも感情を口に出してみましょう。 例えば、美味しいものを食べた時はおいしいと行ったり、テレビを見ていて面白いと思う時は面白いと、口に出して言ってみましょう。 その他にも家の中にいる時に感じた事を口に出してみましょう。 そうする事で、何気ない雑談でも楽しく会話をすることができるようになります。 そして、難しく考えず相手の言葉に対して思った事を返すようにすれば会話も続けられるようになります。 肩の力を抜いて雑談が苦手なのを克服しましょう。 スポンサーリンク 無口な人として認識してもらい、自分のたまの一言に頼る 雑談が苦手としていても、自分自身が話すということだけが、雑談と言うのではないため、自分が無口であることを認識してもらうことも、克服する方法の第一歩ということもあるでしょう。 無口な人と認識されたら、自分がペラペラしゃべることを苦手としていても、話をしっかり聞いてあげることに徹するよう心掛ければいいのです。 雑談と言えど、相手の会話の中の事柄を間違えてオウム返ししてばかりいたら、ちょっと失礼な人とされます。 そう考えると、おしゃべりが得意と言うのではなく、相手の話をしっかりと聞くことで、無口な人であっても、雑談は成り立ちます。 そして、雑談の間は、自分の無口さを責めずに、一言たまに、しっかりした言葉を返せばいいのです。 それが、相手に合わせているということなのです。 雑談好きな人は、相手の意見を求めてばかりいるのではありませんから、自分の意見に、うんうんと頷いて、たまにひとこと共感してくれる言葉を言われたら満足なのです。 作り笑いをしないでもいいと思うようにする 自分自身が、人との接し方がよくわからないために、雑談を苦手としているのなら、もう、それを気にすることから、やめるようにしてみましょう。 そうはいっても、自分自身が気にすることが、悩みとなるので、気にしていることを気にしなくなるようにするのは、なかなか難しいものです。 しかし、そう思うことで、自分が楽になる瞬間があったら、自分でも思ってもいないほど、気にしない癖がつくきっかけとなるかもしれません。 自分が今まで、作り笑いに頼って人と接していたのなら、それをやめてみましょう。 そんなことをしなくても、もうだいじょうぶと、自分に暗示をかけるのです。 そして、自分が雑談に混ざる機会があったのなら、できるだけ自然体の自分でいるようにするのです。 自分の作り笑いに頼るのをやめて、自分の居場所を無理に作る必要が無いと思えたら、雑談も普通に進むようになることもあります。 スポンサーリンク だれにでも好かれようと思わない 雑談が苦手な人で、完璧な自分を求めすぎている人もいます。 自分だけでなく、人に対しても、完璧さを求めるので、雑談が成り立たないという結果になることもあるのです。 完璧を求める人は、自分の事にも自信が持てなくなるだけでなく、雑談時に、話す相手のあら探しをすることがいつも当たり前の作業になってしまうため、なんとなく目を合わせられなくなったりして、話が止まってしまったり、ぎこちなくなったりします。 そんなふうに、雑談が苦手な人で、克服する一歩として心掛けることは、自分自身も含め、人は完璧ではないのだから、自分がだれからも好かれようと思わないことでもあります。 完璧を求めるから、みんなに認められない自分がいやになってしまうのです。 雑談ひとつでも、そんなふうに深く感情を揺さぶられてしまう、感受性を持っているのです。 世の中には、完璧な人などはいないと自分に言い聞かせ、誰にでも好かれようと思わないことで、自然な雑談が出来る一歩となることもあるでしょう。 自分が興味を持った相手とたくさん話してみる 雑談が苦手と思っても、自分から話すことは嫌いではないという人もいるでしょう。 要は、相手を選んでしまう癖があり、相性によって、自分がうまく雑談に入って行けないということがあるのです。 苦手な相手は、自分のことを非難することもあるでしょう。 そういった経験を重ねると、自分の合う合わない相手と言うことを選ぶ癖がついてきても当然です。 自分が傷つかないようにするための防御策として、雑談を避けるようになるでしょう。 しかし、もともと話好きな人は、そんなふうに、自分と合わない人と無理して雑談する必要が無いのです。 日によって、今日は大丈夫と言う日もあれば、今日はあの人の雑談には付き合えないという日もあるでしょう。 そんな時は、忙しそうなふりをして雑談を避けるのもおかしくはないです。 無理して雑談するくらいなら、興味を持った相手と積極的に話している時間の方が、人生には意味があるのです。 もともと話好きな人は、そんなふうに考えると、自分が雑談が苦手と思い込んでいただけと自覚し、開き直りから、克服することがあるでしょう。 雑談が苦手なら職場や仕事を変えてみるのも1つの方法 いかがでしょうか。 雑談が苦手な人が克服するのには時間がかかるものですし、なかなか成果が出ないことで諦めてしまうこともあるでしょう。 そんな時に無理をしすぎてしまい、かえってストレスを抱えてしまうのも問題です。 また、雑談が苦手な原因として挙げられるのが、環境です。 その人の仕事内容や、職場の雰囲気、人間関係に理由があり、そのような状態になってしまっている人も実はたくさんいます。 こういうケースはたいてい他の場所ではスムーズに会話を楽しむことができるはずです。 あなたがこれに当てはまるとしたら、仕事や職場を変えることを前向きに検討してみましょう。 二度と雑談が苦手・・・だとは感じないはずです。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の