卒寿祝い おすすめ。 【卒寿祝いの色】贈り物の選び方も解説

【卒寿祝いの色】贈り物の選び方も解説

卒寿祝い おすすめ

知っておきたい卒寿のお祝いの基礎知識! 「卒寿」の由来とその意味は 卒寿は 90歳になられた方をお祝いする長寿祝いということはご存知の方も多いと思いますが、名前の由来までは知らない方も少なくはないので、簡単にご紹介しておきます。 名前の由来に関しては 「卒」の略字である「卆」という漢字が、九と十を組み合わせた形になっていることから、90歳のお祝いを卒寿と呼ぶようになったと言われています。 また「卒」という漢字が使われているせいか、『卒寿=人生の卒業』というイメージを抱かれている方も居るようですが、決してそのような意味合いはないので注意しましょう。 卒寿のお祝いの色は 還暦祝いに最適な色は赤、古希祝いに最適な色は紫、といったように長寿祝いにはテーマカラーが存在します。 卒寿祝いに最適な色は古希祝いと同じ「紫」なので、相手の嫌いな色であったり他に紫を避ける理由などがない場合は、紫をテーマカラーにしてお祝いをするのがオススメです。 昔は紫が高貴な色とされており、役職の高い方や徳の高い方しか身に着けられなかったという逸話もあります。 卒寿のお祝いの時期は 従来まで、卒寿のお祝いは数え年を基準にするのが一般的でしたが、最近では満年齢基準でお祝いされる方も多くなっています。 ゆえに、 数え年・満年齢のどちらを基準にお祝いしても問題はありません。 また、 この日にお祝いをしなければいけないというルールもないので、お誕生日はもちろん、お正月、お盆休み、その他の日にお祝いをしてもOKです。 ルール的には問題ありませんが、大勢でのお祝いを検討されている場合は集まる方々がお休みを取りやすい日に、といった配慮も必要になってくるでしょう。 卒寿のお祝いに渡すご祝儀のマナーや金額は? 水引や表書きは正しいマナーに則って 卒寿祝いの際にお祝儀としてお金を渡すのもオススメですが、変ないさかいを生んでしまわないように、渡す際は適切な方法や正しいマナーに則って贈るようにしましょう。 おめでたい卒寿祝いのご祝儀袋は、 紅白 or 金銀の色の水引、且つ 花結び 蝶結び になっている物を選びます。 表書きは、筆や筆ペン or 太めのフェルトペンを使い、 「祝卒寿」「卒寿御祝」「寿福」などの名目で記載するのが正しいマナーです。 贈り主の名前を書く際は、フルネームで書く・名目より小さめの文字にする・名前の下に無駄な余白がないように書く・文字が水引にかからないようにする、このあたりを意識しましょう。 卒寿に贈る金額はいくらがベスト? 卒寿祝いに贈るプレゼントの一般的な予算は 20000円~30000円が適切とされていますが、贈る相手との関係性に合わせて金額を変えるケースも多いようです。 参考情報として主な関係性ごとの適正予算を記載しておきますので、こちらも照らし合わせながら、プレゼントの予算を設定してみてください。 お祝いの言葉やメッセージを送る際には、 感謝の気持ちを込めるのがベストです。 ただ単に気持ちを伝えるだけでなく、何に対して感謝しているのか、 具体的なエピソード を交えて伝えるとより相手の方にも伝わりやすいでしょう。 長生きしてほしいという気持ちを表現する 長寿祝いのメッセージなので、 今後も元気で長生きしてほしいという気持ちを伝えるのもオススメです。 ただし、メッセージを贈る際に相手の方の体調が悪い場合は、「元気」「健やか」といったワードを使うのを避け、 長寿を祈るような内容のメッセージにするようにしてください。 家族以外には少し丁寧な表現で 相手の方との親密度や関係性にもよりますが、家族以外の方に長寿祝いのメッセージを贈る際は、くだけすぎた表現ではなく 少し丁寧な表現を心がけるのが無難です。 また、お年寄り扱いをするような内容や年齢を意識させる内容は、人によっては気分を害する可能性もあるので、相当親密な間柄であっても使わないようにしましょう。 読みやすい大きな字で書く 手紙やメッセージカードで気持ちを伝える際に意外と見落としがちなポイントですが、90歳ともなると視力の低下を訴える方も多いため、 大きめな字で書く事を意識しましょう。 また、同様の理由で薄い色のペンなどで書いたメッセージも読みにくいと感じられる方が多いので、 濃い色のペンを使うのがオススメです。 コンパクトサイズの箱に鮮やかな色合いのプリザーブドフラワーを詰め込んだ、人気のフラワーBOXです。 花びらにはスワロフスキーのラインストーンがあしらわれていて、キラキラした輝きが素敵。 おしゃれな女性へのプレゼントにオススメです。 誕生日が同じ両親に、還暦のお祝いは別で用意していたので、かわいいお花を探していました。 「60」と数字が入れてもらえるものを探していたのですが、どれも赤い花ばかりだったのでうーんと思っていたところこちらを見つけました。 こちらで両親の好きな黄色を選びました。 赤色ばっかりの花でも喜んでくれたとは思いますが、わたしの中で両親のイメージは黄色でしっくりきたので。 華やかで綺麗で、60歳の誕生日に送ってよかったと思いました。 より引用 素材に竹を使用した自然の温もりが感じられるフォトフレームクロックは、実用性のあるプレゼントとしても人気の一品です。 写真を入れるだけでなく、温度や日付が一目で確認できるデジタル時計がセットになっています。 大切な方への卒寿祝いのプレゼントにぜひご検討ください。 父の喜寿のお祝いの記念品として購入いたしました。 食事会をするときに一緒にプレゼントしようと兄弟できめたのですが、1週間後に迫っていたため「間に合うかなぁ? 」と話していましたが、注文から すぐに出来上がり手元に届けて頂けましたので、無事に渡せました。 木の質感の風合いもよく、大変喜んでもらえましたので良かったです。 おかげさまで いい記念日になりました。 より引用 艶やかなガラスが高級感あふれるカットスクエアクロック ファンの間では手に入りにくい幻のお酒として知られている本格芋焼酎「佐藤」と、ラベルに名前が入れられる芋焼酎のセットギフトです。 どちらも素材本来の美味しさを堪能できる絶品のお酒なので、お酒好きな方へのプレゼントにぜひお選びください。 上司の退職のお祝いにゴルフコンペのパーティ時にサプライズでプレゼントしました。 「焼酎です」と渡したときは普通にお礼を言われましたが、ぜひ、その場であけてくれるようにお願いしてみんなの前であけてもらいました。 ラベルへの名入れができるということで、メッセージの内容や、感謝の気持ちをこめてかわいくハートをちりばめていただいていたので、お渡しした瞬間、顔がぱっと明るく、とてもうれしそうな笑顔に変わったのが忘れられません。 みんなで記念写真撮って、パーティに素敵なエピソードが追加されてよかったです。 またこういう機会があれば利用しようと思いました。 より引用 純米酒と本醸造酒の飲み比べができる、お酒好きの方にも自信を持ってオススメできるお酒2本セットです。 それぞれのラベルにお好きな文字を入れられるので、お祝いの気持ちや感謝の気持ちを伝えるのにもぴったりです。 父の還暦のお祝いを何にしようか迷っていたところ、こちらのショップに出会いました。 お酒好きの父にピッタリだと思ったので、父の名前を入れてもらい、父の誕生日に間に合うように送っていただきました。 無事にその日に届いたようで、父が非常に喜んでおりました。 お酒を飲んだあとは、ラベルを記念に残してくれるそうです。 このように、後々形に残るのも良い点ですね。 より引用 特殊加工で文字を彫り込む越乃寒梅.

次の

卒寿祝い(90歳)のプレゼントにおすすめ!生まれた日の新聞人気商品ランキング

卒寿祝い おすすめ

卒寿に花のプレゼントは喜ばれる?知っておきたい贈り物事情 卒寿は、 90歳を迎えた方の長寿祝いです。 還暦から30年後ということもあり、まさに現代の長寿祝いといえるお祝いです。 そんな、卒寿祝いに何をプレゼントしようか悩む方は多いです。 そこで、おすすめしたいのが 花のプレゼント。 花は長寿祝いにおける定番のプレゼントになります。 ただ、花を贈る際にさまざまなことが気になってしまいますよね。 そこで今回は、卒寿祝いに花を贈る際に知りたいことをすべてまとめてみました。 本記事を読み込んで、卒寿祝いに最適な花をプレゼントしましょう。 ・卒寿の花には想いを伝えるメッセージを! 卒寿祝い用の花を購入する前に、ちょっとした工夫で喜ばれる方法を紹介します。 卒寿を含めた長寿祝いは、普段言えない感謝を伝えるのにぴったりな機会です。 そこで、花だけのプレゼントはなく、メッセージを付けてプレゼントしましょう。 花束の中に、そっとメッセージカードを仕込んでおけば、喜ばれること間違いなし。 「いつもありがとう」「卒寿おめでとう」など、短いメッセージを添えるだけでもうれしく感じてもらえます。 長い手紙ではなくてもいいので、何か一言感謝の気持ちを伝えてください。 無料でメッセージカードを付けてくれるお花屋さんが多いですが、オリジナル性を出すために手作りのメッセージカードを添えるというのも素敵です。 卒寿の花の選び方や種類の違いを解説! ここでは、卒寿の花の選び方を中心に種類の違いなどを解説します。 普段、あまり花を購入する機会がない方は、選び方や種類の違いを知っておきましょう。 また、卒寿祝いに渡す花を通して、卒寿の理解も深めておいてください。 ・卒寿の花は何色がいい? 卒寿には、イメージカラーが用意されています。 卒寿のイメージカラーは、70歳の古希や77歳の喜寿と同じ 紫色です。 紫は、昔から高貴な色として親しまれており、今でも上品なイメージのあるカラーです。 卒寿に花をプレゼントするなら、紫を意識した花にしましょう。 ただし、すべて紫の花で作るのは難しいので、ピンクや白、黄色といった相性の良いカラーで花束を作ってもらってください。 また、卒寿を迎えた方に好きな色があるなら、その色を優先しても構いません。 紫色の花は卒寿の縁起の良い色として人気がありますが、絶対に紫色の花を贈らなければならないという決まりはありません。 あくまで、花の色選びに悩んだときは、卒寿のイメージカラーである紫を意識して選びましょう。 ・卒寿の花は生花?プリザーブドフラワー? 花には、生花やプリザーブドフラワーといった種類があります。 花束といえば、一般的なのは生花ですが、記念日のプレゼントにはプリザーブドフラワーが適しているという声もあります。 そこで、生花とプリザーブドフラワーには、どのような違いがあるのかまとめてみました。 【生花】 メリット花の香りや美しさを楽しめる、種類が豊富 デメリット すぐに枯れてしまう、手入れが大変 生花のメリットは、花の香りや美しさを楽しめる点。 美しい花は見ているだけで癒し効果がありますし、生花は生き生きとした活力が感じられます。 プリザーブドフラワーにはない自然な香りで、幸せな気分にさせてくれますが、生花は短命なのでそこまで日持ちしません。 そのため、花の美しさを長く楽しんで欲しい方は、プリザーブドフラワーを購入しましょう。 ただし、生花は短命だからこそ、その一瞬の美しさに見惚れる方は多いです。 普段から花を部屋に飾っている習慣のある方には、生花をプレゼントしましょう。 自宅で卒寿祝いの食事会を開くとなった際に、テーブルに卒寿の方が好きな花を飾っておくというのも喜ばれるでしょう。 【プリザーブドフラワー】 メリット 長期間花を楽しめる、手入れが必要ない デメリット 種類が少ない、予算が少し高くなる プリザーブドフラワーは、生花と違って特殊な加工を施した花です。 あらかじめ花の色を抜いて、再び色素を使って染め直しています。 この加工のおかげで、本来その花にない色を生み出しています。 見た目は生花と変わりませんが、本来存在しない色が手に入るのは大きなメリットです。 また、高温多湿など特別な環境以外では、手入れが必要ないのもメリットのひとつ。 生花の場合、すぐに枯れてしまううえに手入れも大変ですが、プリザーブドフラワーにはこうした煩わしさはありません。 長く花を楽しんでもらいたいならプリザーブドフラワーがおすすめです。 そんなプリザーブドフラワーにもデメリットが存在します。 実は、プリザーブドフラワーの加工が施せる花は限られています。 贈りたい花がプリザーブドフラワーに不向きの場合は、購入してプレゼントできないのでほかの選択肢が必要です。 ほかにも、特殊な加工をしている分、生花に比べると予算が高いです。 この点については、後ほど説明するので、予算が限られている方は参考にしてください。 卒寿の花の相場はいくら?予算や購入場所を解説! 卒寿祝いの予算が決まっている方は、相場を知っておきましょう。 また予算は、購入場所によっても若干変わってくるので、こちらも覚えておいてください。 相場を知っておけば、予算内で購入しやすいです。 ・卒寿の花の予算は3,000円〜1万円程度がおすすめ 卒寿祝いの予算は3,000円〜3万円ほどといわれています。 もし、卒寿に花をプレゼントする場合は、卒寿祝いの相場を基本として、3,000円〜1万円ほどの花をプレゼントしましょう。 花束なら、5,000円程度でも大きなものをプレゼントできます。 プリザーブドフラワーなど、特殊な加工を施した花で大きなサイズを購入する場合は、もう少し予算が高くなります。 また、欲しい花の種類によっては、さらにかかることもあるので注意しましょう。 基本は卒寿祝いの相場以内で、どうしても足りない様子なら、少し予算を増やして購入してください。 ・そもそも卒寿の花はどこで買うの? さて、ここまで花の選び方や予算などをご紹介しましたが、肝心なのは花をどこで買うのかという点。 一般的には花屋で購入しますが、最近ではネットでも手軽に購入できるようになりました。 卒寿祝いの花を購入する前に、購入場所による違いを知っておきましょう。 【花屋】 メリット 予算内で花束を作ってもらえる、その場でイメージを伝えられる 卒寿祝いの花を花屋で購入するメリットは、予算内で作ってもらえる点です。 例えば、予算が5,000円ならその予算内で花を作ってもらえます。 予算に限りのある方は花屋での購入がおすすめです。 また、その場で色のイメージや欲しい花を伝えられるので、理想通りの花をプレゼントできます。 卒寿の方の好きな花を入れたり、縁起の良い花を入れてもらったりといろいろと調整してもらいやすいのも魅力の一つです。 ただし、花屋には欲しい花があるとは限りません。 季節や花屋の仕入れの状況によっては、欲しい花が手に入らないかもしれません。 どうしても入れたい花があるなら、花屋ではなくネットで購入しましょう。 ほかにも、卒寿祝い当日に花を手に取りに行く手間もかかるので、この点も注意してください。 【ネット】 メリット 時間がなくても注文できる、プリザーブドフラワーも購入できる 卒寿祝いの花をネットで購入するメリットとしては、お店に行かなくても購入できる点です。 オンラインショップを経由して、花を選べるので手軽に購入できます。 ネットでは予算の設定なども簡単にできるので、多くの商品の中から好みのものを選びやすいです。 また、花屋では取り扱いの少ないプリザーブドフラワーも購入可能です。 どうしても時間がない方は、花屋ではなくネットで購入しましょう。 ネットの注意点は実物との違いです。 掲載されている写真しか情報がないので、オンラインショップによっては、実物と違うものが贈られる可能性があります。 これまで、花束をネットで購入したことがある方以外は、確実に購入できる花屋がおすすめです。 卒寿におすすめの花と花言葉をまとめて紹介! 最後に、卒寿祝いにどの花を選べばいいのかわからない方へおすすめの花と花言葉を紹介します。 今回は、卒寿のカラーである紫を中心に選びました。 ・バラ 長寿祝いに花を贈るなら、必ず入れておきたいのがバラです。 還暦祝いに赤いバラを60本贈るのは、定番のプレゼントになっています。 紫のバラは上品な見た目なので、花束にするとより一層映えます。 通常の赤いバラよりも紫のバラは珍しさがあるため、特別感も演出できます。 また、紫の花がない場合は、白やピンクといった花で代用しましょう。 バラは色ごとに花言葉が決まっています。 例えば、赤いバラは「情熱」、ピンクのバラは「感謝」、白のバラは「尊敬」などです。 そして、紫のバラには「上品」や「誇り」といった意味があります。 まさに、卒寿を迎えた方に適した花言葉といえます。 ・スイートピー スイートピーといえば、松田聖子さんの「赤いスイートピー」でおなじみですよね。 スイートピーは、赤以外にもピンクや白、紫などたくさんの色が存在します。 また、春頃に開花し、出回り時期が長いので手に入りやすい花でもあります。 そんな紫のスイートピーの花言葉は、「永遠の喜び」。 スイートピー全般の花言葉は、「永遠の別れ」や「門出」といった悲しいものが多いですが、色によっては明るい花言葉もあります。 紫のスイートピーは問題なく贈れる花言葉なので、卒寿祝いにぴったりといえるでしょう。 ・トルコギキョウ 見た目の美しさから、古希祝いなど長寿祝いに人気の高いトルコギキョウ。 トルコギキョウは、見た目がトルコ人のターバンに似ていることから、名前が付けられた花です。 トルコ原産の花ではなく、実際の原産国はアメリカです。 その後、日本に渡り現在は日本産が多くなっています。 そんなトルコギキョウは、華やかな見た目で人気の高い花のひとつです。 花束にボリュームを持たせてくれるので、使いやすい花ともいえます。 紫のトルコギキョウの花言葉は「希望」。 その美しい見た目からポジティブな花言葉が多いです。 例えば、白いトルコギキョウは「思いやり」、「すがすがしい美しさ」。 ピンクのトルコギキョウは「優美」といった花言葉が付けられています。 トルコギキョウの花言葉を知ると、長寿祝いを含めた記念日の花として愛されている理由がわかりますね。 ・ダリア ダリアは、フラワーアレンジメントを中心に人気のある花です。 さまざまな色や種類があるので、選ぶ側の選択肢が多いです。 ただし、長寿祝いにダリアを贈る場合は、ネガティブな花言葉に注意しましょう。 なぜなら、ダリアにはポジティブな花言葉とネガティブな花言葉があるからです。 ポジティブな花言葉は、「感謝」「気品」など。 ネガティブな花言葉は「移り気」「裏切り」などです。 ちなみに、卒寿にプレゼントに適した紫、赤、ピンクといったダリアには、ネガティブな花言葉はありません。 赤のダリアは「華麗」、紫とピンクは花言葉自体がないので、全体の花言葉が当てはまります。 そのため、卒寿には紫とピンクが「感謝」「気品」といった意味を持ちます。 ・ガーベラ ガーベラは明るくて元気なイメージがあり、花束やアレンジメントで重宝されている花です。 多彩な品種があり、色も豊富に揃っています。 さらに、開花時期が春と秋の2回あるので、1年を通して手に入りやすい花です。 ガーベラは赤やオレンジ、黄色などカラフルな色が揃っていますが、紫のガーベラは品種改良以外で存在しません。 もし、卒寿祝いに贈るなら紫に近い赤やピンクのガーベラを花束にして贈りましょう。 ガーベラ全体の花言葉は「希望」「前進」です。 赤のガーベラは「神秘」、ピンクのガーベラは「感謝」といった花言葉があります。 どのガーベラも前向きでポジティブな花言葉が多いので、卒寿の方の好きな色にあったガーベラを贈っても問題ありません。 まとめ 卒寿の花について紹介しました。 普段から花を贈った経験がない方にとって、どのように花を選ぶか、予算はいくらなのか、注意点はなんなのか、など不安な点がいっぱいですよね。 そんな方は本記事で花の選び方や予算、注意点を知って、卒寿の花束を購入してください。 また、どうしても花選びに悩んだら、おすすめの花から選びましょう。 どの花も花束の定番なので、花屋で伝えるか、ネットで探して購入するといいです。 それでは、卒寿にぴったりの花を手にして、すてきな卒寿祝いを行ってください。

次の

長寿祝い年齢・読み・由来まとめ|還暦

卒寿祝い おすすめ

日本の長寿祝いの種類や卒寿の意味について 日本には、60歳の還暦から始まり年齢の節目には長寿をお祝いする行事が多数あります。 還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)など。 卒寿とは、米寿の次の長寿祝いであり、数え年の90才をお祝いする行事です。 卒寿祝いがいつごろの時代から行われてきたのか、そのルーツは正確には分かっていません。 なぜ「卒」が90歳なのかと言うと、 九十という漢字を縦書きにすると卆となり、この卆が卒の略字であったことから、90歳を迎えて長寿をお祝いすることを卒寿と呼ぶようになったと言われています。 卒寿の卒の字が卒業をイメージするので、 「人生を卒業する」といった解釈、連想をしてしまう人が時折いるようです。 しかし、これはとても大きな間違いで、そういった説明は とても失礼にあたるので注意が必要です。 近年の卒寿をお祝いするタイミングについて 90歳をお祝いする卒寿祝いですが、近年ではどのようなタイミングでお祝いされることが多いのでしょうか。 ここでは、卒寿をお祝いするのに最適なタイミングについてご紹介します。 最近では満年齢が多い 昔はこのような祝義は数え年で祝うのがしきたりでしたが、現在は満年齢で祝うことが多くなっています。 数え年の90歳は、満年齢でいうと89歳です。 ただ、現代ではそこまで数え年や満年齢に関してこだわる必要はなく、 満年齢90歳の時に卒寿祝いを行っても問題はありません。 昔ながらの風習を大切にされている方であれば数え年で、あまり風習を気にされない方であれば数え年よりもわかりやすい満年齢で卒寿をお祝いすると良いでしょう。 また、地域によっては長寿祝いを催す時期が決まっている場合もあるので、地域の風習がある場合にはそれに沿って計画を立てましょう。 家族が集まりやすい日を選ぶ 近年では、日本人の平均寿命が 女性で87. 05歳、男性で80. 79歳となり男性も80歳を超えるようになってきました。 よって、還暦、古希などは長寿と呼んでよいか悩ましいところです。 そういった事情を考えると、卒寿というのは非常に価値が高く晴れがましいことであると思われます。 そのため、家族みんなで集まり、お祝いの言葉や感謝の言葉を伝える場として卒寿祝いをも催すのが望ましいでしょう。 卒寿祝いをする際には、 卒寿の方の予定を聞きながら家族みんなが集まれる日を検討するのをおすすめします。 卒寿祝いを行う日は特に決まりがありませんので、誕生日のほかゴールデンウィークやお盆、お正月などの連休、敬老の日などを利用するご家庭も多いです。 卒寿祝いのプレゼントの選び方 卒寿祝いをお祝いする際悩む方が多いのが、プレゼントに何を選ぶかということ。 ここでは、卒寿祝いのプレゼントの選び方と合わせておすすめのプレゼントについてもご紹介します。 テーマカラーが含まれた贈り物 卒寿祝いの色は、古希や喜寿と同じ「紫」もしくは「白」です。 基本的には紫でお祝いすることが多く、古来より紫は高貴な色とされています. 紫色のちゃんちゃんこ、座布団やお花などがお祝いの定番と言えるでしょう。 紫色のちゃんちゃんこはその時にしか使えませんが、今後も長く使ってもらえるものを贈りたいという場合には、紫色が取り入れられた 洋服やファッションアイテムなど実用的なアイテムを贈るのもおすすめです。 これからの生活に役立つもの 「これからも長生きしてほしい」という願いを込めて、 健康に役立つアイテムやこれからの楽しみにつながるものを贈られる方が多いです。 例えば、 毛布や枕、マッサージ器など健康に過ごせるようなものや趣味に関連したものが挙げられます。 健康に役立つアイテムは、健康状態や体調に合ったものを贈らなければ使う機会が少なくなってしまいますので、事前に卒寿の方の体の悩みなどをリサーチしておきましょう。 また、趣味に関連するものに関しても、卒寿の方が今どのようなことに関心があるのか、楽しまれているのか確認してから選びましょう。 最近では、 名入れできる趣味のグッズも多いので、卒寿祝いの記念に名入れをして贈るのもおすすめです。 思い出に残る贈り物 そして、卒寿の年齢ともなると、同年代の友人は少なくなっていると思われます。 子どもや孫が中心となって お祝いの席を設けることが一番喜んでもらえます。 卒寿を迎えるご本人がどうお祝いしてほしいと思っているかリサーチしてお祝いの仕方やプレゼントの内容を考えましょう。 90歳のお祝いの卒寿祝いに喜ばれるおすすめのプレゼント 卒寿祝いのプレゼントの選び方を確認したところで、次に90歳のお祝いの卒寿祝いに喜ばれるおすすめのプレゼントをご紹介します。 フラワーギフト 卒寿祝いのテーマカラーを取り入れやすいという点や華やかさがあることから、卒寿祝いにはフラワーギフトが人気があります。 卒寿のテーマカラーは紫色なので、紫色を基調とした花束やプリザーブドフラワーの贈り物がおすすめです。 紫のバラや胡蝶蘭、ダリアなど美しい紫の花は多く、縁起の良い花言葉を持つ花も多くありますので、 花束を贈る場合にはお花屋さんに行って相談しながら作ってもらうのも良いでしょう。 卒寿祝いにフラワーギフトを贈る際には、「いつもありがとう」「卒寿おめでとう」など短い言葉でも良いので、 メッセージカードを添えるのをおすすめします。 短い言葉でも受け取る側からすると嬉しく感動的な贈り物になりますので、花を選んだらメッセージの内容も考えてみましょう。 座布団 卒寿の方の健康を気遣うアイテムとしては、座布団の贈り物が喜ばれます。 90歳を迎える頃には、 立ったり座ったりする動作がきつい、長時間同じ体勢でいるのがきついと感じる方が多いもの。 そこで、足腰の負担を軽減できる座布団を贈るのはいかがでしょうか。 座る時だけでなく、ちょっと横になる際にも使ってもらいやすいです。 縁起の良さを演出するために、紫色の光沢のある座布団を選んだり、鶴のデザインが施されている座布団を選んだりするのがおすすめです。 いつでも好きな場所で使ってもらえるよう、軽くてコンパクトなサイズのものを選ぶのも意識しましょう。 食事会 卒寿の思い出に残る贈り物としては、家族での食事会が喜ばれます。 子どもや孫の顔を見て食事を楽しんだり、会話をしたりといった時間が何よりうれしいと感じる方は多いもの。 離れて住んでいてなかなか会う機会がないという場合には、より嬉しい贈り物になります。 せっかくご家族で集まる機会なので、 家族写真を撮っておくのもおすすめです。 90歳の年齢になると長時間の会は体に負担がかかる場合がありますので、 できるだけ自宅や近場の場所で食事会をする、時間を短めに設定するといったことに気を付けると良いでしょう。 卒寿祝いに避けた方が良いプレゼント 反対に避けたほうが良いプレゼントとしては、 ・ハンカチ(「手布」はてぎれと読み「手切れ」を思わせるので) ・櫛(「苦」「死」とも考えられるので縁起が悪い) ・靴や靴下(「踏みつける」を連想してしまうため) ・お茶(お葬式の香典返しとして使われることが多いため) などがあります。 これらのものは、お祝い事の贈り物としてはふさわしくなく、卒寿に限らず避けるべきものなので注意が必要です。

次の