クエン酸 疲労回復 嘘。 クエン酸の疲労回復効果とは?嘘か本当か実験してみた!

【健康コラム】 ~炭酸水のウソとホント~

クエン酸 疲労回復 嘘

「には疲労回復効果があるって聞くけど、ホントかな?」と疑問に思っていませんか? 昔はが疲労の原因物質「乳酸」を分解することで疲労が回復すると言われてきましたが、「乳酸 = 疲労原因物質」という説は現在、否定されています。 では、には疲労回復の効果は無いのでしょうか? いえ、には別の理由で疲労を回復させる効果があるんです! 今回は、が疲労を回復させるメカニズムとその効果、推奨摂取量について詳しくお伝えします。 (科学的実証)が得られたの疲労回復効果 2003年、、など5大学、大手食品メーカー、大手医薬品メーカー18社などのよる産官学連携の「抗疲労プロジェクト」がスタートしました。 このプロジェクトの中で一般社会や医薬界などで疲労回復に効果があると言われてきた23種類の食品成分の本当の実力を検証されました。 ちなみに23種類の食品成分にはの他にも、カフェイン、オルニチン、Q10などが含まれていました。 成人男女96名を対象に、自転車こぎ運動(身体作業)とデスクワーク(精神作業)を各4時間続けるという疲労負荷を与え、その疲労の蓄積と回復の度合いを計測、評価しました。 その結果、には疲労回復効果があることが科学的に証明されました。 が疲労を回復させるメカニズム 糖質の過程である、 1)解糖系 2)回路(TCA回路) 3)電子伝達系 について解説します。 糖質のはどのように行われるの?|看護roo! [] — 2年目ナース応援 看護roo! kangoshi2016 人間の体は37兆個と言われる細胞で構成されていますが、細胞にはそれぞれの活動エネルギーを生み出すためののようなが備わっています。 は、酸素を使って主に人が食事で摂取した糖質や脂質といった栄養素を分解し、多量のエネルギーを効率的に生み出しています。 いわば体のエネルギー工場です。 このエネルギー工場こそが多様な生命活動に利用されます。 この工場でエネルギーを生む反応にはが重要な役割を果たしていることから、の基質の反応部位は、「回路(TCA回路)」と呼ばれています。 細胞の直接のエネルギー源になっているのは(アデノシン三リン酸)という物質です。 はADP(アデノシン二リン酸)という物質に変化する時に細胞にエネルギーを供給しますが、の貯蔵量には限界があります。 そこで回路が働いて、ADPをにリサイクルし続けることで細胞を安定的に動かしています。 細胞が酸化ストレスによってエネルギー不足になると、人間の脳は疲労感を覚えだし、疲労は蓄積していきます。 この時、を増やして回路を活性化させると、で再びエネルギーが産出されて疲労は軽減します。 疲労を回復させるためのの摂取量は? では、疲労を効果的に回復させるにはどれぐらいの量のを摂れば良いのでしょうか? はレモンやグレープフルーツなどの柑橘類、梅干し、酢などに含まれています。 抗疲労プロジェクトの研究によると、1日に レモンなら2個、梅干しなら2個、なら大さじ1杯の量を摂れば、疲労回復に効果を発揮するとのことです。 が特に疲労回復効果を発揮するのは、食事などから栄養を摂らずに激しい運動をしている時です。 例えば、マラソンやを行っている最中などです。 このような状況下でを摂ると、短時間で回路が活性化し、疲労が軽減されます。 以上に疲労回復に効果的な成分とは? 産官学連携「抗疲労プロジェクト」では以上に疲労回復に効果がある成分が発見されました。 それが、 という成分です。 は渡り鳥の羽の付け根の筋肉部分やカツオやマグロなどの大型回遊魚の尾ビレに多く含まれる成分です。 疲労の原因はによる細胞のサビです。 単独では、疲労の元のの攻撃を防御できないんです。 特に激しい運動や労働をすると、細胞内のにおいて回路でエネルギーを生み出す時に使った酸素から大量のが発生します。 でエネルギーは活性化されますが、酸化ストレスは防げないため、を放置しておくと、酸化ストレスによる疲労が蓄積することになります。 には、酸化ストレスを軽減する抗酸化作用があり、そのことが疲労を軽減する効果をもたらすんです。 そこでおすすめなのが、「+」の合わせ技です。 が豊富な鶏の胸肉や豚ロース肉、カツオやマグロなどとを合わせて摂ることで最強の疲労回復食になります。 「鶏の胸肉に梅干しとシソを巻いた天ぷら」、「鶏胸肉や豚ロース肉の炒め」、「レモンを搾ったカツオのタタキ」など、「+」の合わせ技で効果的に疲労を回復しましょう。 を効率的に摂れる 「抗疲労プロジェクト」の研究の中で最も疲労回復に効果がある成分と認められた。 1日200mgを最低2週間摂り続けることで抗疲労効果が現れることが証明されています。 1日200mgといえば、鶏の胸肉なら100g、豚ロース肉なら130g、カツオなら150gで摂ることができます。 ですが、は食材の品質や調理法によって摂れる量にバラツキがあり、効率的に摂るにはが適している場合があります。 食べ物から摂るのが負担になる方はを利用するのも良いでしょう。 その際は品質が確かな「確証マーク」の付いた商品を選ぶようにしましょう。 今回は、「の疲労回復効果とは?メカニズムと推奨摂取量もご紹介!」についてお伝えしました。 はエネルギーの効率をアップさせて疲労を回復させる効果が期待できます。 ですが、疲労の原因物質「」に対抗する抗酸化作用はありません。 ですから、酸化ストレスを軽減すると一緒に摂って、さらに効果的な疲労回復を目指しましょう! imamuramail491.

次の

【健康コラム】 ~炭酸水のウソとホント~

クエン酸 疲労回復 嘘

クエン酸で疲労回復は嘘なのか? クエン酸って、昔から疲労回復に効果があるって言われています。 しかし、最近の研究では乳酸は疲労物質ではないことが解明されていますし、クエン酸自体が疲労回復に効くという科学的な根拠はないという人も出てきています。 そこでこの章では、クエン酸を摂取して4年近くたつ私の体験を通じてお話させていただきます。 完全に疲れが吹き飛ぶということはありません。 でも、体が軽くなったように感じるんです。 もちろん、市販のクエン酸を含むドリンクを飲んでの話ではなく、自分でクエン酸水を作っての話です。 市販のクエン酸を含むドリンクを飲んで、疲れが減ったと感じたことは一度もありません。 でも純粋に、水とクエン酸だけで作ったものは別なんです。 しかも、ストレスも減ったように感じるし、毎日摂取するだけで体感疲労がまったく違います。 人の体は、運動をして大量の酸素を取り込むと、体内で 活性酸素が増えます。 その活性酸素が発生すると同時に、タンパク質の一種である ファティーグ・ファクターが生成され脳に信号として伝わります。 このファティーグ・ファクターが脳に伝わると、筋肉の働きが低下するので疲れたと感じるようになるのです。 なので、直接の原因は活性酸素であると言われています。 例えば、夏の暑い日、道路の照り返しが直接目に入ると、異常に疲れを感じませんか?あれは、目の奥に紫外線が侵入することで、活性酸素が増えるからです。 アスリートがよくスポーツサングラスをかけていますが、決してファッションなどではなく、紫外線から目を守ることで疲れにくくしているわけです。 活性酸素が増えすぎると細胞そのものが正常に機能しなくなって、体の冷え、頭痛など今度は自律神経にまで影響を及ぼすことになるのです。 これが疲労が溜まる仕組みです。 ちなみに、疲労物質の原因は 乳酸であるとずっと言われてきたわけですが、現在ではその誤解が解けています。 逆に人がエネルギーを作り出すのに必要な疲労回復の物質であることがわかりました。 疲労回復にクエン酸は効果があるのか? 取り敢えず以上の事から、血液の流れを良くして活性酸素を除去すれば、疲労は感じなくなるんじゃないか?ってことは何となく想像できます。 では、クエン酸はそれに当てはまるのでしょうか? 実はクエン酸には• 血液さらさら効果• 乳酸を筋肉から肝臓に回収してエネルギーに変換する• 活性酸素を除去する ・・という働きがあります。 クエン酸の実体験で分かったことは・・・? ちなみに、私のクエン酸飲用歴は約4年です。 実は、私の体は筋肉がつきにくい体質で、それにもかかわらず過去に肉体労働的な仕事を選んでいました。 凄く疲れ果て、当時は帰りの電車では寝ていました(笑)。 それまで、サプリメントは飲んでいました。 主に・・・• マルチビタミン&マルチミネラル• コエンザイムQ10• ウコン• オルニチン ・・・等です。 マルチビタミン&マルチミネラルは基本だと思っているので今でも毎日摂っていますが、他の3つに関しては、最初だけは効果を感じるけどその後は微妙な感じでした。 そんな時にクエン酸の事を知り、何気なく飲み始めたのがキッカケです。 最初は、 体の調子が良くなったような気がする・・・程度でした。 でも、気になったのでクエン酸のことを本を買って読んで調べてみました。 すると1回での摂取量が少ないことが分かり、今までの倍に量を増やしました。 ここからが劇的な変化です。 仕事中に疲れを感じても、クエン酸水を飲むと1時間しないうちに体力が回復してしまいます(正確には疲労が回復している)。 なので、この頃から積極的にクエン酸を飲むようになったのです。 結果、「クエン酸は疲労回復に有効である」ということを体を持って知りました^^ 基本的には飲む前と後では、体の軽さが違います。 飲めば疲労は回復しますが、飲み続けることで疲れにくい体にもなりました。 しかもクエン酸は発酵食品なので副作用もありません。 ただし、世の中に100%と言うのは存在しないので、当然個人差はあると思います。 摂取量によっても違ってきますし、もともとの疲労レベルの大小でも変わってくると思います。 疲労回復をもっと効果的にするには? 確かにクエン酸は疲労回復に効果がありますが、他の栄養素が満たされて初めて効果が出るような気がします。 私は、ネイチャーメイド製のマルチビタミン&マルチミネラルを毎日欠かさず摂取しています。 また、これもクエン酸の キレート作用でより体内に吸収されやすくなるので一石二鳥です。 しかし、実際にスポーツなどをやっておられる方は、 アミノ酸配合の製品のほうが良いのかも知れません。 たとえば、グリコーゲンがそのまま社名になっているグリコのサプリメントなどです。 以下は、実際にグリコパワープロダクションクエン酸+BCAAを飲んでいる方の感想です。

次の

クエン酸:疲労回復

クエン酸 疲労回復 嘘

体に嬉しいクエン酸の5つの効果 1. 食欲増進 クエン酸の酸味で唾液の分泌が促されるので、食欲が増し、胃腸の働きがよくなります。 疲労回復 クエン酸は、運動やストレスによって供給低下が起こったATP 身体のエネルギーとして使われるもの の産出を増加するため、疲労回復に効果的です。 血行促進 血液をサラサラにする要因の一つとして、pH値があります。 pH値は、血液の酸性度を表すものですが、クエン酸は体内でアルカリ性として働くため、血液のpH値を弱アルカリ性に変えてくれます。 弱アルカリ性では血液はサラサラになりますので、末梢の血流も良くなり、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞のリスクも低下します。 また、代謝の促進や冷え性改善にもつながります。 美肌効果 クエン酸にはミネラルの吸収をよくする働きがあり、細胞の老化の元となる活性酸素を除去する働きもあります。 そのため、血行促進による血流の改善とも重なり、美肌効果やアンチエイジングも期待できます。 肝臓の機能を助ける クエン酸には肝臓の解毒機能を助ける働きがあります。 二日酔いでは体はアルコールの分解に大量に水分を使うため、脱水状態になっています。 クエン酸を多く含む柑橘系の飲み物を飲めば、クエン酸と水分を同時に補給できます。 クエン酸を多く含む食べ物 クエン酸はすっぱいものに多く含まれます。 レモン、グレープフルーツ、梅、パイナップル、キウイ、いちご、アセロラなどの果物や、もちろんお酢にも多く含まれます。 疲労回復に効果的なクエン酸のとり方 1. 数回に分けてとる クエン酸の持続効果は2時間だそうです。 一度にたくさん取るのではなく、こまめにとる方が効果的です。 ビタミンB群と一緒にとる クエン酸と同じように疲労回復を助ける栄養素としてビタミンB群がありますが、特にビタミンB2はエネルギーを生み出すには不可欠な栄養素です。 クエン酸と一緒にとることで疲労回復の効果がさらにアップします。 糖質と同時にとる 運動後などの、体力が消耗している時にはエネルギーも必要になります。 糖質と同時にとることで効率よくエネルギーを得ることができます。

次の