あいみょんマリーゴールド歌詞。 あいみょん「マリーゴールド」歌詞の意味を解釈!花言葉から読み解く世界観がすごい!

あいみょん『マリーゴールド』歌詞の意味・解釈と考察

あいみょんマリーゴールド歌詞

「マリーゴールド」は紅白歌合戦で披露されたあいみょんの曲。 去年の8月にリリースされた夏のラブソングで、 麦わら帽子の後ろ姿をマリーゴールドの花びらに例える情景豊かな楽曲だ。 過去と現在を行き来する歌詞を解釈する。 風が呼び込む記憶 Aメロ、Bメロと歌詞を読んでいくと、生活の中で悩みはたくさんあるけど、恋人によって自分をポジティブな方向に持っていけていることがわかる。 そんな当たり前となってしまった恋人との生活に、思いを馳せるきっかけになったのが「風」だった。 2人はあの日の夏へ サビでは風が吹いていたあの夏の記憶が再生される。 恋人たちは振り返っている、付き合ったばかりのあの夏を。 風が揺らすマリーゴールドを。 空のように青かった自分たちを。 その頃二人とも持っていた情熱を。 変わってしまった関係 2回目のAメロ、二人が一つだったあの夏と違い、自分は恋人に対して言えない不満が積み重なっている様子。 でも怖くて言えない、その理由はBメロで明らかになる。 好きすぎて嫌われたくないから、自分の本当に思っていることが伝えられないのだ。 サビで季節は流れて晩秋。 現在も二人は愛しあっている。 キスすらためらう初恋の頃とは違っていて、二人の関係が進んでいることがわかる。 言えなかったこと Cメロでは言えなかったことの一つが明らかになる。 それは君への強い想いだった。 相手がもしそう思っていなかったら…という怖さ。 心が強くない自分は、相手に確かめることはできず、ただ祈るばかり。 切ない。 一見すると噛み合っている2人。 しかし 自分は離れても繋がっていたい、君は離してほしくない、という考えなので若干ズレていることがわかる。 もしも自分が遠くにいくことになっても、この関係は続くのか?そういった不安が心をかすめる。 日本的感性 愛しあっていながらも、どこか関係が変わっていってしまう切なさを歌っているのが「マリーゴールド」だ。 その気づきを与えるのが、あの日と同じ「風」だった。 細やかな情感を季節や風景で描写するあいみょんの感覚、素晴らしい。 これはもうJ-POP版の和歌だ。 おわりに マリーゴールドは色によって花言葉が違う。 「変わらぬ愛」「濃厚な愛情」「信頼」「嫉妬」「生命の輝き」などなど。 どの言葉もこの曲の解釈に使えるけど、その意味は大きく変わってしまうだろう。 だからこそあなた自身の解釈で「マリーゴールド」を聴いてほしいと、あいみょんは語っている。 多様な解釈が可能であることで、あなたが今感じていることに寄り添える曲に仕上がっているのだ。 夏も冬も、この曲があなたと共にあることを。 それでは。

次の

マリーゴールドの歌詞

あいみょんマリーゴールド歌詞

シンガーソングライターのあいみょんが、 5THシングル「マリーゴールド」をリリース。 あいみょんの夏の代表曲となる予感です。 今回は、その歌詞の意味を解説します。 「マリーゴールド」の歌詞の意味については、 描かれている主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 ぜひ、情景を想像されて、聴いてみてくださいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 あいみょん 新曲「マリーゴールド」の歌詞 マリーゴールド 作詞 あいみょん 作曲 あいみょん Release 2018. よく麦わら帽子をかぶっていた彼女。 その姿は、マリーゴールドの花のようでした。 風に揺れるマリーゴールドを見ると あの日の彼女との思い出が蘇ります。 彼を見つめる真っ直ぐな瞳の彼女、 二人で肩を寄せ合い歩いた日の空気、 愛してるの言葉だけじゃ足りなくてキスをせがんだ彼女。 今日もあの日と同じ優しい夏の雲が 青い空に浮かんでいます。 あの日の思い出が雲の中に残っているんじゃないかと、 雲に手を伸ばしたい気持ちの彼がそこにいます。 純愛は美しいですね。。 関連記事.

次の

あいみょん「マリーゴールド」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?

あいみょんマリーゴールド歌詞

一度聴くとその温かみのあるメロディーと、少し切なくノスタルジックな歌詞に心を掴まれる優しいラブソングに思える一曲ですよね。 あいみょんさん自身の言葉を借りて、まずはこの楽曲が生まれた背景を探っていくことにしましょう。 「マリーゴールド」についてインタビューで聞かれたあいみょんさんは、 この曲の作曲について、 「ほんとに偶然、最初のサビの歌詞がひらめいて、そっから物語を作っていった感じですね。 麦わら帽子をかぶってる女の子の後ろ姿がマリーゴールドの花に似てるっていうところから」 「そもそも自分が作った物語としては、あの頃の恋を思い出してるふたりがいて、これからもずっとずっと一緒にいれたらいいねって言ってる話なんですけど、聴き手によって、それぞれに物語を作ってもらっていいですし、もしかしたら悲しい歌になるかもしれないし、ものすごいラブソングなのかもしれないし」 というコメントを残しています。 確かに、曲の歌詞に注目してみると、 真面目に見つめた 君が恋しい 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない といった表現が並んでおり、今まさに現在進行系で恋をしている人が、好きな相手を想って浸れる曲とも捉えられるし、「あの頃の恋」を思い出してる描写も共存しているような印象も受けます。 あいみょんさんが最初に意図していたのは「ハッピーなラブソング」ということは分かりました。 それでは、この解釈をベースに置いた上で、 今度はあいみょんさんの曲特有の余白を楽しみながらこの「マリーゴールド」をもう少し深く探ってみましょう。 なんとなくいい曲というよりも、「自分自身のことを歌った曲」と思えるほうがその曲への思い入れは深まりますからね。 この「マリーゴールド」も、聴く人によっては「恋人との悲しい別れを想像する人がいる」そうで、この曲の解釈に残された余白の効果が大きいことが想像できます。 その余白に関係してくるマリーゴールドの花言葉。 ここに少し着目してみたいと思います。 マリーゴールドには色によって、 「予言」や 「健康」、 「絶望」、 「嫉妬」、 「別れの悲しみ」、 「信頼」、 「生命の輝き」、 「変わらぬ愛」、 「濃厚な愛情」など、本当にたくさんの花言葉があります。 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように なども、もしかするとこの二人は今はもう一緒にいないのかもしれないと思わせるフレーズ。 花言葉の意味を含めてこの曲について考えると、先程の「恋人との悲しい別れ」についても納得することができます。 これも、聴き手に色々な解釈を起こさせるあいみょんさんの技なのかもしれませんが、当の本人というと、 「マリーゴールドにいろいろな花言葉があるのは、最近知ったんですよ。 」とインタビューで答えており、曲を作った後に知ったことを告白しています。 やはり基本的には、ストレートなラブソング。 dailymotion. 今回の「マリーゴールド」も、2番の「ああ アイラブユーの言葉じゃ足りないから」というところから物語が動き出すんですよね。 どうしても1番は物語の設定を説明している感じになりがちで、これまで書いてきた曲も2番から物語が展開することが多いんですよ。 なので私のことを好きだと思ってくれる人たちにはぜひフルで聴いてもらいたいですね。 と本人が語っているように、最後にこの曲で垣間見えるストーリーを考えてみることにしましょう。 【2番サビ】 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 思いを寄せ合っている二人が肌を寄せ合って、 自分たちだけの記念日を作ろうとしている様子が浮かんでくるのと同時に、 口づけをした二人の影が雲に投影されたような美しい描写を想像させる部分になっています。 そして、 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない この瞬間は終わってしまうかもしれないけれど、 二人の通じ合った想いはずっと続いてほしい。 「この一時」が大好きだけど、心のどこかでは終わってしまう可能性があると分かっているからこそ、 その想いはさらに強くなるという気持ちが、 最後の「いつまでも いつまでも 離さない」で表現されているのかもしれませんね。 以上、少々長くなってしまいましたが、 このようにあいみょんさんの「マリーゴールド」は、 聴く人によって、またこの曲を聴く時に置かれた自分の状況によってもその時その時に色を変え、 違った感情を呼び起こしてくれるような不思議な魅力に溢れた一曲になっていると思うのです。 今回は、あいみょんさんの「マリーゴールド」について、歌詞の意味や曲に込められた想いを考察してみました。 聴けば一発で分かるその穏やかで深みのある声に加えて、非凡な歌詞でも注目を浴びるシンガーソングライターのあいみょんさん。 これからもリスナーの心を掴んで離さない彼女の楽曲たちに酔いしれたいですね。 私は卒業を機に遠距離恋愛になる2人の恋を歌った歌だと解釈しました。 以下、解釈。 風の強くなる春に心が揺れ動くけど、でんぐり返しのように繰り返す日々を、だらけながら過ごしていても、目の前には希望の光である彼女がいるから幸せだなぁ。 夏の日のマリーゴールドが彼女の姿に似てたなぁ。 夏にはまだ、恋だったから彼女から離れてしまってたなぁ(恥ずかしくて) 彼女から、(卒業まで僅かだから)もう離れなでと涙ぐままれて、優しく抱きしめたぜ! 本当は離れたくないっていいたいけど、言えない。 でも遠距離でもうまくいくと思うから絶望はない。 だって離れてても目を閉じればシルエット浮かぶから。 少し寒い卒業後の別れの日(新しいスタートを2人で歩み出す日)に何て名前を付けようかなんて話して あとは割愛します。

次の