篠山 紀信 写真 展 山口 百恵。 『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show』レポート

篠山紀信展写真力(横浜)の混雑状況や期間は?料金やアクセスも!

篠山 紀信 写真 展 山口 百恵

本土復帰前の沖縄から彗星の如く現れた稀代の美少女、南沙織 昭和46年にアイドル歌手としてデビューするや否や「17才」で54万枚を超える大ヒット。 レコード大賞で新人賞を獲得し、その後もヒット曲を連発する。 「」 ところが、南沙織人気絶頂期の昭和53年 上智大学に進学するために突然の芸能界引退宣言。 そして、その翌年の昭和54年 なんと、南沙織が衝撃の結婚を発表する。 しかも、相手の男の年齢が39歳 ななんと、当時25才だった南沙織より14歳も年上の おっさんだったのだ!! で、その南沙織の夫となった男とは・・・ すみません、まちがえました。 改めまして、その南沙織の夫となった男とは・・・ そう。 写真界の巨匠・篠山紀信だったのだ。 篠山紀信といえば、数々の有名女優を脱がせ、衝撃的な写真集を世に送り出してきた。 「 」 「 」 「」 当然、篠山紀信はアイドル時代の南沙織の写真も撮っており、その過程で篠山が南沙織を口説いたのだろうと思っている向きも多いはずだ。 しかし、実のところ篠山紀信は南沙織の写真集を出してはいない。 南沙織が引退した後に、篠山紀信との交際が始まり、結婚に至ったという。 カメラを武器にせずに、どうやってあのモジャモジャ頭で時のトップアイドルを口説き落として嫁にしたのだろうか・・・? いや、それはいい。 そんなことよりも、飛ぶ鳥を落とす勢いの新進気鋭の写真家であった篠山紀信が当時のトップアイドルである南沙織をなぜ撮っていなかったのだろうか・・・? あるいは篠山紀信は女として意識する相手は被写体にはしない、ということだったのかもしれない。 Sponsored Link そんな篠山紀信が被写体として強烈に惹かれていた女優がいた。 他でもない。 山口百恵だ。 山口百恵が14歳の夏。 篠山紀信は初めて山口百恵の写真を撮った。 「中学3年生の彼女のなかにまだこの世界に染まっていない初さと、ほんの少しの自己主張をぼくは感じた」 被写体としての山口百恵の魅力に気が付いた篠山はそれから山口百恵が引退するまでの7年間、ひたすらに山口百恵の写真を撮り続けた。 その量。 その質。 篠山が被写体としてきた女優は星の数ほど存在するが、山口百恵は無双であった。 21歳になった時、山口百恵は三浦友和との結婚、そして自らの芸能界引退を表明した。 それから数か月後。 篠山紀信は山口百恵の最後の写真を撮った。 最後の撮影が終わった後、篠山紀信とスタッフは山口百恵を囲んで白ワインを開けてスタジオの隅で乾杯した。 別れる前に、山口百恵がカメラを手に取った。 そして、山口百恵は篠山紀信に向けてシャッターを切った・・・ 昭和55年8月1日 東京池袋の西武デパートで篠山紀信の写真展が開催された。 写真展のタイトルは「百恵も燃え」 篠山紀信が撮り続けた山口百恵7年間の全記録だ。 「7年間の出会いから今日の最後の撮影まで何万枚もの百恵を撮ったことになる。 だが、これから先ただの1枚も百恵を撮ることはなくなる。 でもそのことに対する感傷は微塵もなくて、むしろ爽快感があった。 僕自身にも百恵にやれることは全てやり尽くしたのだという気持ちがあるからだと思う」 篠山紀信は万感の思いでこの日を迎えた。 関連ページ 山口百恵と三浦友和が婚約発表をした。 と同時に山口百恵が芸能活動から引退するという衝撃の事実も明らかになった。 引退発表直後の山口百恵がTBSドラマ「ナナハン学園危機一髪」に主演した。 裏番組はドリフの『8時だョ! 全員集合』。 山口百恵は主演女優としてあのお化け番組に果敢に挑んだのだ。 親友同士だった山口百恵とアン・ルイスは偶然にも同じ昭和54年に結婚した。 しかし、三浦友和の妻として幸せになった山口百恵とは違い、桑名正博と結婚したアン・ルイスには辛い人生が待ち構えていた。 引退発表した山口百恵最後の主演映画は川端康成の「古都」に決まった。 ファンは三浦友和との共演を期待していた。 しかし、「古都」の制作発表の場に三浦友和の姿はなかった。 山口百恵最後の主演映画が川端康成の「古都」に決まった。 三浦友和の出演がなかったことへの国民の反発が大きかったことから、監督の市川崑は急遽、原作にないキコリの役を作り三浦友和を出演させることにした。 生き別れた双子の姉妹千恵子と苗子(山口百恵の一人二役)。 赤ん坊の時に親に捨てられた姉の千重子は呉服問屋に拾われ裕福な生活を送っていた。 一方の妹苗子は両親を亡くして村で貧しい暮らしをしていた。 大人になった千重子と苗子は偶然に再開。 千重子は苗子と一緒に暮らすことを願う。 結婚引退を控え過酷なスケジュールで埋め尽くされて山口百恵がヨーロッパに独身最後の旅行に行った。 といっても、もちろんテレビ番組のロケだ。 山口百恵はヨーロッパ各地を巡りながら、引退を控えた現在の心境を語った。 赤いシリーズ最終作となる「赤い死線」の制作発表がなされた。 そしてこれが山口百恵最後のテレビドラマでもあった。 相手役は夫となる三浦友和。 山口百恵は引退前の過密スケジュールの中でこのドラマの撮影に臨んだ。 山口百恵最後のテレビ番組である「赤い死線」。 山口百恵は夜の街のダンサーで三浦友和は殺人事件の容疑者。 二人は故郷の北海道に帰るために殺人の真犯人を探し続けた。 結婚引退を間近に控えた山口百恵が日本武道館でファイナルコンサートを開催。 デビューからの様々なヒット曲を披露し、最後は涙を堪えながら「サヨナラの向こう側」を熱唱。 そして、歌い終えた山口百恵はステージ上にそっとマイクを置いて去っていった。 引退前の山口百恵「夜のヒットスタジオ」の特番「サヨナラ山口百恵」に出演した。 これが最後のテレビ生出演だ。 桜田淳子、森昌子など仲の良かった歌手たちに囲まれながら、山口百恵は最後の歌「さよならの向こう側」を歌い切った。

次の

山口百恵 激写/篠山紀信|音楽・舞台|DVD

篠山 紀信 写真 展 山口 百恵

篠山紀信が「デジタル」という、新しい潮流に出会ったとき、新しい写真表現方法が生まれました。 net』となっています。 選りすぐりの名シーンを「体感」して下さい。 5mにわたる3面の壁面全面を使用し、美女たちの表情をプリントアウトし、埋め尽くします。 この作品は数度再放送され、2004年にはDVD化された。 1980年 写真雑誌『写楽』創刊時にスライドと音楽による映像イベント「写真フォーラム」を全国で開催。 1981年 『GORO』で連載の激写シリーズと音楽をジョイントした「激写サウンド発表会」を日本青年会館ホールで開催。 1983年 複数台のカメラを連結し同時撮影する手法を試み、「シノラマ」と名付ける。 3面スライドによるシノラマ上映会を試みる。 1985年 シノラマの手法で都市を撮った「ニューヨーク・ローマ・ソウル・東京1985」を東京・朝日講堂をかわきりに全国で、またフランス、アルケスナン、ニューヨーク、フィンランドなどで上映。 つくば万博日本政府パビリオンで9面シノラマ「シノラマ・人間」を発表。 1987年 「SHINORAMA TOKYO1987」をパリ、ポンピドーセンターで開催。 1998年 2月からインターネット・写真ライブラリーとして、「インターネット篠山紀信」(小学館)を開設する。 第一弾「白鳥智恵子」が話題となる。 同時に(六本木ORIBEホール)で上映発表会。 2003年 以後「安達祐実」、「仲間由紀恵」、「大竹しのぶ」など上映。 「週刊ポスト」誌上にて「アカルイハダカ」を連載。 Web、DVDでも発表。 net」となる。 「和楽」に「坂東玉三郎」のDVDを製作。

次の

山口百恵・松田聖子・宮沢りえ…篠山紀信が語る「アイドル力」(FRaU編集部)

篠山 紀信 写真 展 山口 百恵

[広告] 展示会場はテーマごとに5つのエリアから成る。 故ジョン・レノンさんとオノ・ヨーコさん、故渥美清さん、故樹木希林さんなどを被写体とした作品群「GOD:鬼籍に入られた人々」に始まり、山口百恵さんや宮沢りえさんなど時代を彩るスターを捉えた「STAR「すべての人々に知られる有名人」、「シノラマ」と呼ばれる大判カメラ複数台を用いたパノラマの手法を使った作品群が並ぶ「SPECTACLE:私たちを異次元に連れ出す夢の世界」、「激写シリーズ」はじめダンサーやアスリート、刺青の男性などを被写体とした「BODY:裸の肉体-美とエロスと闘い」と続き、「ACCIDENTS」(2011年3月11日-東日本大震災で被災された人々の肖像)」で結ぶ。 4日に行われたプレス向け内覧会で、篠山さんが撮影エピソードを語った。 故三島由紀夫が『聖セバスチャンの殉教』を演じたものという肖像写真では、「年が明けたらまた撮りましょうと言った1週間後に三島さんが亡くなった。 死後に友人を名乗る多くの人が、死を予感していたような話をしたが、僕は血のりに使う化粧品の話ばかり記憶にある。 彼の死によって写真の意味がガラリと変わり、死に向かうドキュメンタリー作品と言われるようになった」などと当時を振り返った。 百恵さんの写真の前では「『なぜこんなに色っぽい写真を撮れるのか、何て声を掛けるのか』とよく聞かれるが、単に百恵さんは疲れていたんじゃないですかね(笑)。 でも疲れている姿を、色っぽく撮れるのが写真家の腕」と、会場の笑いを誘った。 「天井の高い、でっかい空間で、でっかい写真のパワーのみなぎった展示になった。 『写真力』と『空間力』のバトルをぜひ実際に会場に足を運んで体感してほしい」と篠山さんは来場を呼び掛ける。 開催時間は10時~18時。 入館料は、一般=1,400円、高校・大学生=900円、小・中学生=400円。 10月27日まで。

次の