吉田 照美 twitter。 吉田照美“東大ニセ胴上げ”を振り返る「何かやる時には上には伝えない」/芸能/デイリースポーツ online

她們在紅什麼?網路爆紅ig Girls經營10大法則

吉田 照美 twitter

87年(36歳)ラジオ「吉田照美のやる気MANMAN」パーソナリティー。 99年(48歳)テレビ「どう〜なってるの? 」司会。 ・ひとりっ子。 ・子供の頃、内気でおとなしくて話下手だった。 ・子供の頃、よく扁桃腺が腫れた。 ・子供の頃、よくひきつけを起こした。 ・子供の頃、自宅に風呂はなく、社宅の共同風呂(混浴)を利用。 両親と父親の同僚が普通に入浴していた。 ・幼稚園時代、女の子にイジメられて泣かされた。 ・幼稚園時代、マンガが大好きで、漫画家になりたいと思っていた。 ・小学校時代、「照美」という名前を女の子みたいとからかわれた。 ・小学校時代、寒い冬の日にたき火で暖めた石を懐に入れて登校した。 ・小学校時代、身長が大きくいつもクラスで一番後ろだった。 ・中1の時、女の子にモテた。 ・中学時代、体操部。 屋外練習で側転に失敗して転んだ時にガラスの破片で肘を怪我をして退部。 肘から血が1mピューッと吹き出した。 ・高校時代、柔道部。 厳しい練習に嫌気がさして数ヵ月で退部。 ・高校時代、自転車に乗っていてクルマに衝突した。 ・反抗期があった。 ・1浪して大学に入学。 現役で5校受けて全敗、親が「腰抜け」と呼んでいるのを聞いてショックを受けた。 ・大学時代、対人恐怖症を治すためにアナウンス研究会に入った。 ・大学1年の時、中学時代から好きだった女性に手紙で告白したが彼氏がいてフラれた。 ・大学1年の時、アナウンスコンテストのフリートークで絶句してしまった。 デザート。 和菓子。 ・嫌いな食べ物…パクチー。 ・健康法…スポーツジム(筋トレ)。 犬の散歩(1日3回)。 ・持病…腰痛。 ・20代の時にはしかになった。 ・尿管結石になった事がある。 ・花粉症。 ・好きなマンガ家…つげ義治。 ・寝付きがとても良い。 どこでもすぐに寝られる。 ・体質水で花粉症を克服した。 ・バスタオルは1回使ったら洗う。 ・寒がり。 ・美容院が苦手。 ・アロハシャツが好き。 ・ペット…犬(ラブラドール)。 猫(=02. 03現在)。 ・住んでいる所…東京都渋谷区(=20. 04現在)。 ・50歳を過ぎてから絵を描き始めた。 自宅近所にアトリエ用のアパートを借りている(=07. ・巨人ファン。 ・年賀状をほとんど出さない。 ・37歳で結婚するまで実家に住んでいた。 ・母方の叔母は106歳で他界。 ・メイド喫茶に行った事がある。 ・恋愛に関して奥手だった。 女性との初交際は20代半ばだった。 ・若い頃は自称ソープの帝王。 ソープランドをハシゴした事があった。 ・大竹しのぶ…都立小岩高校の後輩。 ・みのもんた…文化放送の先輩。 入社試験の2次試験で試験官だったみのもんたに「ラ行が弱いね」とダメ出しされた。 ・八代亜紀…八代がやっている油絵教室に通った。 ・乙葉…映画「バネ式」に出演。 ・伊東四朗…ラジオ「親父熱愛」で共演。 ・みうらじゅん…みうらが勝手に制定した「みうらじゅん賞」を吉田が受賞。 ・ザ・リリーズ…吉田照美&リリーズでデュエット曲「夫婦茶碗」をリリース。 ・小俣雅子…ラジオ番組「吉田照美のやる気MANMAN」で長年共演。 デュエット曲「浮気道・やるべ」をリリース(=98年)。 雑誌「女性自身」が車中熱烈キスシーンを掲載(=01年)。 ・品川祐…品川の母親と一緒に司会の仕事をした事がある。 ・ヒデ(ペナルティ)…ラジオ「てるてるワイド」のハガキ職人だった (中学時代、ペンネームは「明石家まぐろ」)。 ・小山薫堂…吉田が経営していた店の店長だった。 ・HEY! たくちゃん…吉田のモノマネをする。 ・有野晋也、坂本昌行…顔が似ているとよく言われる。 ・真野響子…憧れている芸能人。 ・妻…88年結婚。 9年間交際して結婚。 ラジオ「セイ! ヤング」の公開イベントで知り合った。 ・子供: 長男…中1(=02. 12現在)。 ・ラジオ「セイ! ヤング」の企画でいろいろなイタズラをした。 電車の車内で乾杯する企画にリスナーが殺到してパニックになりかけた。 東大の合格発表でニセ学生として派手に胴上げされてNHKのニュース番組で取り上げられた。 ・ラジオ番組の宣伝の為に頭にリボンを付けて日本テレビ「ズームイン朝! 」に出演して 徳光和夫からインタビューされた(テレビ初出演=81年)。 ・ラジオ「吉田照美のやる気MANMAN」が全局ワイド番組の中で首位を獲得(=98年)。 ・ラジオ番組のCMの合間に昼ごはんを食べた事がある(食べながら喋った事もある)。 ・映画「ゴジラ2000ミレニアム」にゴジラ上陸のニュースを読む役で出演(=99年)。 ・舞台「バネ式〜17歳のこの胸に」に主演(脚本・演出も担当=00年)。 ・映画「バネ式」を監督(第1回監督作品=02年)。 ・自宅を「情報ツウ」で公開(=02年)。 ・美術展(三軌展)で入選(=06年)。 ・若い頃は遅刻の常習犯だった。 ・生放送のラジオ番組で気分が乗らない時は「今日は調子が悪いです」と冒頭で言う。 ・日本テレビ「ラジかるッ」にDJ TERUの名前で出演。 ・CD付きの絵本「バルサの翼」を出版(文、絵、作詞をてがけた=07年)。 ・アルバム『愛よ! 倹つましき者たちに、絶え間なく降りそそげ! 」をリリース(=12年)。 ・エッセイ集「いななくぞこのやろう」を出版。 ・文化放送の冠帯番組に36年半出演(80年10月〜17年3月)。

次の

吉田照美“東大ニセ胴上げ”を振り返る「何かやる時には上には伝えない」/芸能/デイリースポーツ online

吉田 照美 twitter

アナウンサーの吉田照美氏(65)が1月13日に安倍総理を揶揄する風刺画を発表した。 意味不明な奇行に批判が殺到している。 吉田照美アナが世に発表したのはこの風刺画。 ゴジラになった安倍総理が街中を闊歩し、人気アニメの作品と共演するというもの。 そもそも風刺画としての意味がめちゃくちゃで、なんだか病気の人の脳内を覗いているかのような気分になってくる。 大体このイラストだと安倍総理が人気者だと解釈することできるのでいまいち風刺画として成り立っていない気がしてしまう。 吉田照美アナは「あえて解説は載せません」という言葉とともにこの画像をTwitterに投稿した。 65歳。 作品を堂々と発表する様子。 そういえば著作権の問題はないのだろうか?安倍総理のイラストはともかく、「ゴジラ」「君の名は。 」「この世界の片隅に」という3つの作品を勝手に使用しているのはまずいと思うのだが…。 作品名とキャラクターの使用について事前に許可をとっているとは考えにくい。 なお、吉田照美アナは作品の意味について次のように語っている。 先日、発表されましたキネマ旬報のベストテンの第1位に28年ぶりに、アニメの作品「この世界の片隅に」が選ばれ、2位は、「シン ゴジラ」、一番ヒットしている「君の名は」は、ベストテンにも入りませんでした。 どれも良い映画でしたが、やっぱり、「この世界の片隅に」は、傑出していて、戦争をやりたがっている馬鹿な政治家には、絶対見させなくてはいけない映画です。 兎に角、いま挙げさせて頂いた三つの作品は、共通点があります。 「この世界の片隅に」は、広島の原爆、「君の名は」は、福島の原発事故を想像される出来事がモチーフ、「シン ゴジラ」は、核実験の放射線から生まれた巨大生物。 今回は、それをまとめた作品にしました!「この世界の片隅の君の名は、晋ゴジラ」です。 「シン ゴジラ」は、安倍晋三さんの「晋 ゴジラ」です。 いろいろばら撒いてます。 日本の国民へのお金を削って、12日は、フィリピンに1兆円ばら撒きました! このゴジラは、息を吐くように嘘をつき、自分のお金のように国民の税金を外国にばら撒きます。 文章を読むに、やはり安倍総理に対する不信感を表現した作品ということが分かる。 平和な街を晋ゴジラがめちゃくちゃにしてしまうという意味合いが込められているのだろう。 アナウンサーでありながら無駄に敵をつくる政治活動に手を出してしまうあたり、あまり賢い生き方とは言えない。 これでは炎上して当然ではないか。 ちなみに本人に直接抗議したり、著作権のことについて質問したりすると即座にブロックされる模様。 Twitterでは現在、多くの人が「吉田照美にブロックされた」とキャプチャ画像をアップしている。 吉田照美氏は炎上してもなおブロックで逃げ回るつもりのようだ。 せめて著作権者に対してはなんらかの説明をしたほうがいいと思うのだが…。 吉田照美氏は文化放送から切り捨てられてレギュラー番組を失ったばかり。 フリーアナウンサー吉田照美(65)がパーソナリティーを務める文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」(月~金曜、午後3時30分)が来春に終了することが21日、分かった。 (中略) 同局は日刊スポーツの取材に対し「さまざまな要素から総合的に判断した」とだけコメントし、終了を認めた。 もう65歳になって仕事なんてどうでもよくなったのかもしれない。 怖いものなしで行動してしまう暴走老人になっている現状、誰かが止めてあげるべきだと思う。 暴れまわるゴジラは安倍総理じゃなくて吉田照美氏、あんた自身だ。

次の

神田松之丞、吉田照美の安倍政権批判に「ハンドル左に切りすぎてる」と発言「安倍首相とかを描いて罵倒するって、時間かけすぎじゃない?」

吉田 照美 twitter

87年(36歳)ラジオ「吉田照美のやる気MANMAN」パーソナリティー。 99年(48歳)テレビ「どう〜なってるの? 」司会。 ・ひとりっ子。 ・子供の頃、内気でおとなしくて話下手だった。 ・子供の頃、よく扁桃腺が腫れた。 ・子供の頃、よくひきつけを起こした。 ・子供の頃、自宅に風呂はなく、社宅の共同風呂(混浴)を利用。 両親と父親の同僚が普通に入浴していた。 ・幼稚園時代、女の子にイジメられて泣かされた。 ・幼稚園時代、マンガが大好きで、漫画家になりたいと思っていた。 ・小学校時代、「照美」という名前を女の子みたいとからかわれた。 ・小学校時代、寒い冬の日にたき火で暖めた石を懐に入れて登校した。 ・小学校時代、身長が大きくいつもクラスで一番後ろだった。 ・中1の時、女の子にモテた。 ・中学時代、体操部。 屋外練習で側転に失敗して転んだ時にガラスの破片で肘を怪我をして退部。 肘から血が1mピューッと吹き出した。 ・高校時代、柔道部。 厳しい練習に嫌気がさして数ヵ月で退部。 ・高校時代、自転車に乗っていてクルマに衝突した。 ・反抗期があった。 ・1浪して大学に入学。 現役で5校受けて全敗、親が「腰抜け」と呼んでいるのを聞いてショックを受けた。 ・大学時代、対人恐怖症を治すためにアナウンス研究会に入った。 ・大学1年の時、中学時代から好きだった女性に手紙で告白したが彼氏がいてフラれた。 ・大学1年の時、アナウンスコンテストのフリートークで絶句してしまった。 デザート。 和菓子。 ・嫌いな食べ物…パクチー。 ・健康法…スポーツジム(筋トレ)。 犬の散歩(1日3回)。 ・持病…腰痛。 ・20代の時にはしかになった。 ・尿管結石になった事がある。 ・花粉症。 ・好きなマンガ家…つげ義治。 ・寝付きがとても良い。 どこでもすぐに寝られる。 ・体質水で花粉症を克服した。 ・バスタオルは1回使ったら洗う。 ・寒がり。 ・美容院が苦手。 ・アロハシャツが好き。 ・ペット…犬(ラブラドール)。 猫(=02. 03現在)。 ・住んでいる所…東京都渋谷区(=20. 04現在)。 ・50歳を過ぎてから絵を描き始めた。 自宅近所にアトリエ用のアパートを借りている(=07. ・巨人ファン。 ・年賀状をほとんど出さない。 ・37歳で結婚するまで実家に住んでいた。 ・母方の叔母は106歳で他界。 ・メイド喫茶に行った事がある。 ・恋愛に関して奥手だった。 女性との初交際は20代半ばだった。 ・若い頃は自称ソープの帝王。 ソープランドをハシゴした事があった。 ・大竹しのぶ…都立小岩高校の後輩。 ・みのもんた…文化放送の先輩。 入社試験の2次試験で試験官だったみのもんたに「ラ行が弱いね」とダメ出しされた。 ・八代亜紀…八代がやっている油絵教室に通った。 ・乙葉…映画「バネ式」に出演。 ・伊東四朗…ラジオ「親父熱愛」で共演。 ・みうらじゅん…みうらが勝手に制定した「みうらじゅん賞」を吉田が受賞。 ・ザ・リリーズ…吉田照美&リリーズでデュエット曲「夫婦茶碗」をリリース。 ・小俣雅子…ラジオ番組「吉田照美のやる気MANMAN」で長年共演。 デュエット曲「浮気道・やるべ」をリリース(=98年)。 雑誌「女性自身」が車中熱烈キスシーンを掲載(=01年)。 ・品川祐…品川の母親と一緒に司会の仕事をした事がある。 ・ヒデ(ペナルティ)…ラジオ「てるてるワイド」のハガキ職人だった (中学時代、ペンネームは「明石家まぐろ」)。 ・小山薫堂…吉田が経営していた店の店長だった。 ・HEY! たくちゃん…吉田のモノマネをする。 ・有野晋也、坂本昌行…顔が似ているとよく言われる。 ・真野響子…憧れている芸能人。 ・妻…88年結婚。 9年間交際して結婚。 ラジオ「セイ! ヤング」の公開イベントで知り合った。 ・子供: 長男…中1(=02. 12現在)。 ・ラジオ「セイ! ヤング」の企画でいろいろなイタズラをした。 電車の車内で乾杯する企画にリスナーが殺到してパニックになりかけた。 東大の合格発表でニセ学生として派手に胴上げされてNHKのニュース番組で取り上げられた。 ・ラジオ番組の宣伝の為に頭にリボンを付けて日本テレビ「ズームイン朝! 」に出演して 徳光和夫からインタビューされた(テレビ初出演=81年)。 ・ラジオ「吉田照美のやる気MANMAN」が全局ワイド番組の中で首位を獲得(=98年)。 ・ラジオ番組のCMの合間に昼ごはんを食べた事がある(食べながら喋った事もある)。 ・映画「ゴジラ2000ミレニアム」にゴジラ上陸のニュースを読む役で出演(=99年)。 ・舞台「バネ式〜17歳のこの胸に」に主演(脚本・演出も担当=00年)。 ・映画「バネ式」を監督(第1回監督作品=02年)。 ・自宅を「情報ツウ」で公開(=02年)。 ・美術展(三軌展)で入選(=06年)。 ・若い頃は遅刻の常習犯だった。 ・生放送のラジオ番組で気分が乗らない時は「今日は調子が悪いです」と冒頭で言う。 ・日本テレビ「ラジかるッ」にDJ TERUの名前で出演。 ・CD付きの絵本「バルサの翼」を出版(文、絵、作詞をてがけた=07年)。 ・アルバム『愛よ! 倹つましき者たちに、絶え間なく降りそそげ! 」をリリース(=12年)。 ・エッセイ集「いななくぞこのやろう」を出版。 ・文化放送の冠帯番組に36年半出演(80年10月〜17年3月)。

次の