ゼンリー友達追加。 『Zenly(ゼンリー)』 で友達追加する方法

Zenly(ゼンリー)危険!?怖い!?位置がバレないようにする方法や退会方法など徹底解説

ゼンリー友達追加

現在地を友達や家族と共有できるコミュニケーションアプリ「Zenly(ゼンリー)」。 ゼンリーを開くと全世界マップが展開され、ゼンリーで繋がった友達の現在地がほぼ正確に表示されます。 リアルタイムでみんなの居場所がわかるため、ちょっとお茶したいときに近くにいる友達を見つけたり、子どもの安全確認に利用したりといった便利な使い方も可能です。 さらに、充電残量メーターやチャットルーム、世界征服ゲームなど、ゼンリーオリジナルの楽しいコンテンツも用意されています。 マップ・位置情報共有機能に加えて、ポップな仕掛けが楽しいコミュニケーションアプリ「Zenly」とは一体どんなアプリなのか、その機能や基本的な使い方を紹介します。 Zenly(ゼンリー)って何? は、地図上で現在地を友達と共有して楽しむ無料のコミュニケーションアプリです。 フランスを拠点に、位置情報共有サービスについて研究・開発するスタートアップ企業が手がけています。 ゼンリーでは、お互いに承認した場合にのみ位置情報の共有が可能で、チャットやルート検索の機能なども備わっています。 現在、Android版アプリは500万以上のダウンロードを突破しています(iOS版アプリも提供中)。 左:世界地図 右:拡大して詳細表示も可能 iOS版ではアップル標準のマップ、Android版では Googleマップ(またはMapboxが選べる)が地図として使われており、位置情報から取得された自分の現在地が表示されます。 赤丸で囲った自分の友達が、今どこにいるのかがわかる ゼンリーの大きな特徴の一つが、自分以外の人の現在地情報をマップで見られるという点。 ゼンリーで友達になったアカウントの位置情報が、自分のゼンリーマップに表示されます。 日本に限らず世界のどこにいてもリアルタイムでわかるようになっています。 たとえば、近くにいる友達をご飯に誘う、家族がそれぞれ今何処にいるのかを把握するなど、ゼンリーを便利に使うことができます。 もちろん、現在地を相手に表示したくないときのために、一時的にバレないようにするゴースト機能や完全に表示を消すブロック機能も用意されています。 自分のZenly IDを作る 画面右の「人」マークから自分のプロフィール画面へ進みます。 カード枠内の中心部分をタップして、好きなIDが設定できます。 ただし、ひらがな・カタカナは使用できません。 電話番号を入力する 相手の電話番号を入力して友達追加する方法です。 追加申請ののち、相手の許可により友達追加が完了します。 相手がまだゼンリーに登録していない場合は、SMSに登録用のURLが届くようになっています。 スマホ同士をBumpする(近くに友達がいる状態でそれぞれスマホを振る) ゼンリーに追加したい友達が近くにいる場合、お互いの端末をBump(振るように)するだけで友達追加ができる機能です。 機能にも似ています。 IDや電話番号の入力が省けて便利です。 友達と一緒に「スマホ同士をBumpする」を選ぶと、右のようなBump画面が起動します。 相手の端末を近づけた状態で、縦に振るだけでOKです。 画面が切り替わったらお互いに[友達として追加]をタップすれば自動的に追加が完了します。 「知り合いかもしれないユーザー」に自動表示されるアカウントを追加する 「知り合いかもしれないユーザー」はLINEの「知り合いかも」に似ています。 あなたの電話番号を登録している相手かつ、ゼンリーを利用しているユーザーや、「友達の友達」にあたるユーザーが表示されるようになっています。 承認されれば追加が完了です。 ゼンリーで友だちとチャットができる ゼンリーでは友達とチャットが可能です。 1対1はもちろん、グループチャットもできます。 一度メッセージを送ると、自動でトークルームにスレッドが作られます。 トークルームへは、地図画面(真ん中の地球マークで表示)の左側にある吹き出しマークボタンで移動します。 一度メッセージをやり取りした友達とのスレッドは、すでに作られているので、 LINEのように各スレッドからチャットしましょう。 右上の[グループ]ボタンから、グループスレッドを作成できます。 友達リストからグループを作るメンバーを選択し、[チャット]ボタンでグループトークがスタートします。 左:「グループを作成しました」をタップ 右:グループ名を変更 トークルーム画面に遷移後「グループを作成しました」からグループ名が付けられます。 グループ名を変更しない場合は、メンバーの名前が表示されるようになっています。 ゼンリーをもっと楽しく活用する4つの機能 みんなの現在地がわかる、チャットができるだけではない、ゼンリーの便利な機能や、おもしろい仕掛けを紹介していきます。 その1:現在地からの友達との距離・ルート検索ができる かなり使えるのが、自分のいる場所から友達の場所までの距離・ルート検索ができる機能です。 ルート検索の際、Googleマップまたは端末のマップが自動で起動されますが、わざわざ場所を入力する手間が省けるのが便利です。 距離を調べたい相手をタップし、右側にある矢印マークをタップするだけです。 地図画面に遷移し、自分から相手までの距離が表示されます。 スニーカー・車のマークをタップすれば、徒歩の場合と車の場合でかかる時間とルートを再計算、再表示してくれます。 このまま拡大してマップを利用することも可能ですが、[行き方を調べる]をタップすると、端末のマップアプリ(Googleマップ)へ遷移するようになっています。 ナビや、電車の場合の経路検索機能などはゼンリーに備わっていないため、他のマップへ移動がおすすめです。 その2:近くに接近していると電話がかけられる 友達のいる場所までのルート検索を行う際、お互いが近くにいる場合は電話ボタンが表示されます。 そのまま電話ボタンをタップすると、端末の発信画面へ遷移して電話を掛けられます。 近くにいるのにも関わらずなかなか相手を見つけられないときに便利な機能です。 その3:4種類の地図を自由に選択できる ゼンリーでは地図が4種類用意されており、自分の好みに合わせて表示を切り替えることができます。 一度設定した後も自由に変更可能です。 左:スタンダード 右:ZENLY スタンダードでは高速やメインの大通りに色が付けられているのに対し、ZENLYはシンプルな表示になっています。 左:ハイブリッド 右:衛生 「ハイブリッド」と「衛星」に切り替えると立体的に地図を見ることが可能です。 「ハイブリッド」はスタンダード地図と衛生を兼ね備えたもの、「衛星」は文字や記号表示が一切ない地図です。 その4:エリアごとの行動範囲ランキング 地図画面の右上にある王冠マークをタップすると、そのエリアで誰が一番行動範囲が広いかのベスト3が選出される、ゲームのような機能があります。 地図に表示された地域名をタップします。 この地域名は、自分の行ったことのある場所しか表示されません。 画像の場合は千代田区で、自分の行動範囲は白色、未開拓な範囲は緑色になっています。 画面の上部には、その地域での行動範囲が何パーセントか、割合の多い順で3人がランキング表示れ、自分が1位だと、エリアの色がゴールドになります。 国内だけでなく海外でも同じようにランキングが見られます。 たとえばアメリカ合衆国を見てみると、日本と同様に自分の行ったことがある地域がタップできるようになっており、「West Athens」ではエリアのうち0. 雲隠れできる「ゴースト設定」 みんなの現在地がわかるゼンリーですが、相手に居場所を特定されたくないときもあります。 そんなときのために、「ゴースト機能」が用意されています。 ゴースト機能を使うと、一時的、または解除するまでの一定期間、自分の居場所がどこにいるかが意図的に正しく表示されなくなります。 画面右下の人マークをタップし、右上にある「おばけ」アイコンから設定が可能です。 自分(さゆたろ)が友達「appllio」を選んで、「あいまい」をタップしてみました。

次の

無料位置共有アプリ『Zenly(ゼンリー)』の基本的な使い方

ゼンリー友達追加

A ベストアンサー No. 1の方に補足です。 現にお使いの方ではないようで情報が古いようですので。 これの位置情報確認は、 ・互いにアプリを入れてあり、 ・かつ友だちとして相手を追加し ・追加を求められた相手がそれを承諾して初めて互いに位置情報がタイムリーに確認しあえます。 アプリを起動しますと、近隣エリアの地図と、そのエリア内にいる登録済みのお友達の居場所が表示され、エリア外のお友達については地図画面の下にアイコンが位置確認をした回数の上位3人がアイコンとして並んで表示されており、その3人のアイコン部分をタップすると、その他のお友達全員のアイコンが並んで広がります。 位置確認をしたい人をタップすればその人の居場所、移動中なら地図上をアイコンがタイムリーに動きます。 これを満たした後であっても、位置情報を今は確認されたくない側は、スマホのGPS機能をOFFにするか(当然この場合はナビなど他の位置情報を活用するアプリがすべて機能しなくなります。 )、アプリ「Zenly」の中で自分のページを開き、「ゴーストモードのアイコン」をタップして開く別画面で「設定を変更する相手」を選択した上で、その相手に「正確な位置」「あいまいな位置」「位置をフリーズ」のどの表示モードに指定するかを選択することになります。 「今はこの人には位置を確認されたくないなあ」という場合は、その人を選び「位置をフリーズ」にすることで実行できますが、このフリーズを選ぶにしてもその状態の持続時間「2時間」「8時間「24時間」「ずっと」を選ぶように画面が開きますのでどれかを選ぶようになります。 時間し手をした場合、その時間が経過した後は自動的に解除され、位置情報を確認されるようになります。 「ずっと」の場合のみ、設定で再び解除するまではずっと位置を探られません。 1の方に補足です。 現にお使いの方ではないようで情報が古いようですので。 これの位置情報確認は、 ・互いにアプリを入れてあり、 ・かつ友だちとして相手を追加し ・追加を求められた相手がそれを承諾して初めて互いに位置情報がタイムリーに確認しあえます。 アプリを起動しますと、近隣エリアの地図と、そのエリア内にいる登録済みのお友達の居場所が表示され、エリア外のお友達については地図画面の下にアイコンが位置確認をした回数の上位3人がアイコンとして並んで表示されており、その3人のアイコ...

次の

Zenly(ゼンリー)の初期設定方法と注意点

ゼンリー友達追加

「プライベートモード」「友達が電話番号登録」していない場合はフレンド追加の通知はされない 再度された友達申請でブロックすると相手にメッセージが表示される 2回目の友達申請の際に表示される「ブロック」でユーザーをブロックすると、 ブロックされた相手には上の画像のように「エラー:このユーザーは友達に追加できません。 」と表示されます。 もし、再度友達申請をされるようなことがあればこのエラー表示がされるので確実にブロックされたことはバレるでしょう。 ブロックに近い機能でバレる ゴースト機能でバレる Zenlyにはブロックまではいきませんが、ブロックに近い機能があり、位置情報をバレずに利用することができます。 ですが、実際は「フリーズ」も「あいまい」もどちらもこれから紹介する理由が原因で友達にはバレてしまいます。 フリーズ まず、フリーズ機能とはあなた自身の位置情報を固定する機能です。 例えば、 自宅にいて「フリーズ」を設定してそのまま外出しても友達などに表示される位置情報は自宅の位置情報のままになります。 一見、じゃあ位置情報はバレないし、利用しても特に問題ないかもと感じますが、以下のバレる理由を確認してください。 「あいまい」に設定すると、友達の地図上に表示される自分のピンに「あいまい」と表示され、友達があなたの位置情報をタップすると「〇〇はあいまいになっています。 」と表示されます。 このようなことから「あいまい」を使っているんだと完全にバレてしまいます。 ブロックやゴースト機能を利用していることをバレないようにする方法 ブロックはしない ブロックしてしまうと、確実にいつか「ブロックしていること」が相手にバレてしまいます。 しかし、友達申請の際に「拒否」を行っておけば友達になることもない上に、拒否したところで特にバレません。 何度も申請する人に対して毎回拒否するのは面倒かもしれませんが、バレないようにするためにはこの方法がいいでしょう。 リアルな友達だと「なんで承諾してくれないの?」と聞かれる場合があるので注意が必要です。 あいまいは使わない 先ほど説明したように「あいまい」は相手の地図上に表示されてしまう機能です。 なので、知られたくないから「あいまい」に設定しているんだとバレてしまいます。 すぐにバレるので「あいまい」は使わないようにしましょ う。 フリーズは一定時間で居場所を変えるようにする 「フリーズ」は位置情報がバレないとても便利な機能ですが、位置情報を固定する機能なので、数日間も場所を変更しないと「フリーズ」を使っているとバレてしまいます。 フリーズを使ってバレないようにするには「一定時間で居場所を変更する」ということです。 フリーズ機能を一度解除して違う場所に移動して、再度フリーズ機能に設定することで居場所を変更することができます。 そうすることで、フリーズを設定していても不自然に位置情報が固定されることがないのでおすすめです。 退会する Zenlyは常に位置情報をオンにしておかなければ利用できないアプリなので、 位置情報は誰にもバレたくない、知られたくないと思った方は退会することをおすすめします。 退会することでブロックやゴースト機能を利用せずに位置情報を知られることがなくなります。 ただし、退会するということはZenlyを利用できなくなるということなので、 Zenlyは利用したいという場合には「フリーズ」機能を利用することが一番のおすすめです。

次の