テン マク デザイン ウッド ストーブ。 テンマクデザインのウッドストーブにSサイズが登場!薪ストーブはコンパクトなウッドストーブS?それとも一回り大きなウッドストーブM?サイドヴューも捨てがたい!

【ウッドストーブ サイドビュー】炎の揺らぎが見れる窓付き薪ストーブが登場!

テン マク デザイン ウッド ストーブ

まだまだ暑い日が続いている中で、こんな話をすると更に暑くて嫌になってしまうかもしれませんが、薪ストーブの話をしていいですか? 毎年のように、寒くなる季節でもキャンプに行きたい衝動に駆られるのですが、どうしても薪ストーブに手が出ません。 見た目もカッコよく、導入すればベテランキャンパーさんのようになれちゃうキャンプギアですが、ハードルが高いのがネックですよね。 僕も毎年欲しくて悩んでいるのですが、昨年とうとう石油ストーブを買っちゃったんです。 しかし困ったことに、いつかは薪ストーブを使いこなしたいと言う思いは無くならないんですよね。。。 薪ストーブの購入で悩む時、DODやホンマ製作所、そしてtent-Mark DESIGNS(テンマクデサイン)やANEVAY(アネヴェイ)の薪ストーブが候補にあがってくると思います。 中でもテンマクデサインの薪ストーブ「iron-stoveちび」は、コンパクトでデザインも良くて有名ですよね。 僕も一時は本当に買おうかと思いましたが、勇気が出なかったんです。 でも、テンマクデサインの薪ストーブは、その時から僕の中で気になる存在になっています。 そのテンマクデサインから、「TITAN STOVE」と「ウッドストーブ」の2種類の薪ストーブが発売されることになりました。 秋冬キャンプに向けて、薪ストーブを考えている方は、今のうちからチェックしておきましょう。 tent-Mark DESIGNS(テンマクデサイン)TITAN STOVE 出典: テンマクデサインの「TITAN STOVE」は、素材にチタン合金を使ったコンパクトな薪ストーブです。 高さは煙突も含めた高さなので、サーカスTCにインストールしても、全く問題ないありません(テント内は推奨されていないので自己責任で) 出典: そして「TITAN STOVE」は、収納サイズもコンパクトになるのが魅力です。 これなら、ソロキャンプにも持っていける大きさですよね。 組立は、コンパクトになる分少し手間がかかり、折りたたまれた4面を立ち上げて、それぞれ金具で固定していきます。 そして、気になるのが煙突です。 煙突部分は、パーツを組み合わせていくタイプではなく、シートのような形状の物を丸めて煙突状に組み立てるようです。 まるで紙をクルクル丸めて棒を作る感じです。 クルクルと丸めたチタン製のシートにリングを通して固定していけば、煙突の完成です。 これは、ホームページの説明に 煙突の組立は練習が必要です。 1回で成功するのは稀です。 必ず練習してからフィールドに出かけて下さい。 引用:tent- Mark DESIGNS と、書かれているので、ちょっと厄介ですよね。 iron- stoveちびと比較 出典: 「TITAN STOVE」は、チタン製なので軽く出来ています。 サイズが違うので比較にならないかも知れませんが、「TITAN STOVE」より少し大きめの「iron- stoveちび」で重量が18kgあります。 「TITAN STOVE」は、約2,1kgとかなり軽くなっているので、持ち運びに便利ですよね。 そして収納袋が付属しているので、持ち運ぶ時にどうしようか迷う心配もありません。 はじめからセットで付いていると、何かお得な感じがしますよね。 テンマクデサインの「TITAN STOVE」は、コンパクトで軽量で持ち運びに便利なので、ソロキャンプなどにおすすめですが、煙突の組立方法にクセがありそうです。 9月下旬の発売になっているので、気になる方は早目に購入し、練習しておきたいですね。 TITAN STOVE 設営動画 tent- Mark DESIGNS(テンマクデサイン)ウッドストーブ 出典: テンマクデサインの「ウッドストーブ」は、ステンレス304を使用した耐久性抜群の薪ストーブです。 サイズはMサイズとLサイズがあり、オプションパーツも豊富で、自分のスタイルに合わせたカスタマイズできるのも魅力です。 ウッドストーブはスペシャルパッケージがお得 出典: テンマクデザインの「ウッドストーブ」には、薪ストーブ本体の販売の他に、スペシャルパッケージがあります。 通常オプション品として別売りになっている、ウォータータンクと防火シート、収納ケースがセットになっているものです。 Mサイズなら、本体が39,800円でスペシャルパッケージが49,800円でその差額は1万円になっています。 別に購入すると、ウォータータンクMが10,500円、カーボン製防火シートが4,800円、収納ケースが6,800円、合わせて22,100円なので、スペシャルパッケージとの差額は、12,100円となります。 Lサイズだと、本体が49,800円でスペシャルパッケージが59,800円で、差額は1万円です。 オプションで別に購入すると、ウォータータンクLが10,500円、カーボン製防火シートが4,800円、収納ケースが7,200円で、合計で22,500円です。 Lサイズのスペシャルパッケージとの差額は、12,500円となります。 両サイズ共、1万円ちょっとで3つのオプション品を購入できるのはお得ですよね。 ちなみにウォータータンクは、ウッドストーブ専用で、天板の上の煙突部分にジャストフィットするものです。 中にお水を入れておけば、常に沸いたお湯を使う事が出来るので、重宝しそうなアイテムです。 そして、収納ケースは元々付属していないので、別途購入する必要があります。 収納ケース単品で7,000円近くするので、スペシャルパッケージで買った方がお得ですよね。 テンマクデサインのウッドストーブのサイズ 出典: ウッドストーブにはMサイズとLサイズがあります。 これも「iron- stoveちび」よりも、本体は小さいようです。 使用時にはバタフライ型のステンレス棚を広げたり、折りたたまれていた脚部を広げるので、長さや幅が大きくなります。 重量は「iron- stoveちび」が、本体約18kgなのに対しウッドストーブのMサイズで約12. 1kg、Lサイズで14kgとデザインは違うものの軽量になっています。 ウッドストーブのデザイン 出典: テンマクデサインの薪ストーブと言えば、今までは「iron- stove」が有名でした。 「iron- stove」は、横に長いデザインをしているのが特徴で、暖を取りながら調理することに長けています。 「iron- stoveちび」は、横に長く奥行があまりないので、薪は横に入らないと入りきりません。 多分キャンプ場で売っている薪は、長さが約40cm前後の物が多いと思うので、縦に薪を入れるには調整が必要になってしまうかもしれません。 幅は478mmあるので、横入れする分には問題ありません。 ウッドストーブは、アネヴェイのフロンティアストーブのようなデザインで、3本足で立ち、本体に奥行きがあります。 本体の長さがMサイズで380mm、Lサイズで460mmになっているので、薪を縦に入れてMサイズでギリギリ入りきらない薪もあるかもしれません。 Lサイズなら余裕を持って入れる事ができます。 (薪の長さは色々あるので一概には言い切れません) ウッドストーブMとLの比較 ウッドストーブLとアネヴェイのフロンティアストーブと比較 出典: テンマクデサインのウッドストーブLと似ているデザインの薪ストーブにアネヴェイのフロンティアストーブがあります。 どちらも3つの脚で立ち、本体に奥行きがある薪ストーブです。 両方とも本体の上は平らになっていて、フタを開ければ直火で調理することができます。 出典: 薪の投入口は、フロンティアストーブでは円形で中を見る窓が付いていません。 ウッドストーブLでは角ばった形をしていて、ガラス窓が付いています。 そして本体奥に上に伸びる煙突が付いています。 フロンティアストーブは煙突の高さが2410mmで太さが径60mmですが、ウッドストーブLは2732mmで径89mmになっています。 (煙突は、どちらも本数を変えれば調節できます。 ) 重量は、アネヴェイのフロンティアストーブで約12kg、テンマクデサインのウッドストーブLで約14kgとなっています。 ほとんど同じように見えますが、ウッドストーブLには、バタフライ型のステンレス棚と炎を見る事の出来る窓が付いていて、使い勝手はフロンティアストーブよりも良さそうです。 アネヴェイのフロンティアストーブにも、ウッドストーブのウォータータンクと同じようなウォーターヒーターが別売りでありったりと拡張性もありますが、ウッドストーブLのスペシャルパッケージほどお得感はありません。 今までおしゃれキャンパーに人気だったフロンティアストーブですが、新たにテンマクデサインのウッドストーブという選択肢も出てきましたね。 ウッドストーブLとアネヴェイのフロンティアストーブと比較表 PETROMAX ペトロマックス キャンピングストーブ Loki ロキと比較 出典: 実はもう1つデザインが似ている薪ストーブがあるんです。 ペトロマックスの薪ストーブのロキも三本の脚で立ち、どちらかというとフロンティアストーブに似ています。 やはりフロンティアストーブと同じように投入口に窓は付いていないので、本体の中はそのまま確認する事はできません。 パイプの直径も60mmなので、ほぼフロンティアストーブと同じです。 そう考えると、バタフライ型のステンレス棚や中を確認できる窓が付いたウッドストーブの方が使い勝手が良さそうです。 ペトロマックスの薪ストーブのロキには、灰受けが付いています。 それも、ウッドストーブのスペシャルパッケージに付属している防火シートがあれば、こぼれた灰に対応できます。 しかし、見た目は灰受けが付いていた方が、カッコよく見えますよね。 販売価格は、ペトロマックスのロキが今のところ一番安いようです。 ウッドストーブLとペトロマックスのキャンピングストーブ ロキと比較表 まとめ テンマクデザインから新しく販売される2種類の薪ストーブが気になりますよね。 「TITAN STOVE」は、煙突の組立がどうしても気になってしまうので、僕的にはウッドストーブの方に興味が行ってしまいます。 そして、ウッドストーブを購入するならお得なスペシャルパッケージが良いというのもわかりました。 設営も簡単で、足を出して煙突を繋げるだけ。 さらにバタフライ型のステンレス棚を広げれば、広く使うことが出来ます。 オプションも豊富で、拡張性もあります。 テントの中にインストールして。。。 (本当はテントの中はダメダメ!)なんて考えたら、ヨダレが止まりません 笑 オシャレキャンパーさん達には、アネヴェイのフロンティアストーブやペトロマックスのロキが人気の薪ストーブでしたが、今年の秋冬はテンマクデザインの「TITAN STOVE」と「ウッドストーブ」の2種類の薪ストーブをキャンプ場で見かけることになりそうです。 とはいえ、お得なウッドストーブのスペシャルパッケージでも、僕にとってはかなりの高額アイテムです。 発売開始までに許可が出るとは思えません。。。 今年もまた、薪ストーブでオシャレキャンプを妄想した切ないキャンプになりそうです。

次の

テンマクデザインのウッドストーブにSサイズが登場!薪ストーブはコンパクトなウッドストーブS?それとも一回り大きなウッドストーブM?サイドヴューも捨てがたい!

テン マク デザイン ウッド ストーブ

ついに登場!ソロキャンプを極めたコンパクトウッドストーブ 軽量コンパクトで場所をとりません。 耐久性抜群のステンレス304使用で耐久性も抜群です。 M、L同様丸蓋を外せば直火料理が可能。 Sサイズのサイドビューモデルは設計上装着が不可能なため発売予定はございません。 天板は必ずゆがみます。 ウォータータンクや鍋など全面が接地 することはありません。 必ずどこかが浮きますが使用には 問題ありません。 ご了承下さい。 使用後は熱で変色します。 元には戻りません。 組み立て時には必ず手袋をしてください。 怪我をする恐れがございます。 屋外専用です。 空焚き厳禁。 本体を扱う時はグローブ(難燃性などのグローブ)を使用しトングなどを使い扱って下さい。 怪我や火傷をする恐れがございます。 本体・ウォータータンクステンレス304• 防火シートグラスファイバー(シリコンコーティング)• 5L 重量• 総重量(約)8. 16kg• 本体6kg• ウォータータンク690g• 防火シート(約)520g•

次の

★☆そろそろキャンプ☆★:テンマク・ウッドストーブM

テン マク デザイン ウッド ストーブ

ウッドストーブ サイドビュー 2019年度のしたテンマクデザインのウッドストーブ。 その進化版ともいえる「 ウッドストーブ サイドビュー」が今秋登場します。 目立った特徴はネーミング通りサイドのガラス窓から見える炎の揺らめき。 もちろん従来通り正面もガラス窓となっているため、これぞまさしくクローズドな焚き火。 冬季最強の暖房器具としてだけでなく、鑑賞目的としても死角のない仕上がりとなりました。 当然天板の上でダッチオーブンなのど調理も可能ですし、丸蓋を外せば直火調理だってお手の物。 バタフライ型のステンレス棚を備えているので、料理の保温や食器・衣類の乾燥にも便利です。 サイズ展開はソロ・デュオ向けのMとグループ向けの一回り大きなLの2種類。 それではここでスペックを比較してみましょう。 M L 重量 約9. 7kg 約15. 732(h)mm たとえMサイズでもさほどコンパクトにはならないので、どちらも車への積載が前提となりそう。 ちょっとバイクでは厳しいかもしれませんね。 よって車の積載量と使用環境なんかで選択するといいでしょう。 例えばわたしが所有するテントだとサーカスTC内での使用ならMサイズ、NEMOヘキサライト内での使用ならLサイズといったところでしょうか。

次の