あっという間劇場 歌詞。 公演頑張った組(SKE48) あっという間の少女 歌詞

おかあさんといっしょ:あ: ♪takimariの音楽な自由時間

あっという間劇場 歌詞

あっという間の少女 瞬間少女 「公演頑張った組」名義 (センター:二村春香) チームKII:赤枝裏々奈、山田澪花 チームE:酒井萌衣、高木由麻奈、都築裏佳 研究生:市野成美、犬塚あさな、大脇有紗、荻野利沙、日置実希、二村春香、水埜帆乃香、宮前杏実、山田みずほ 風が木の枝を揺らし 風兒搖曳樹木枝條 枯葉たちが舞い始めたら 枯葉片片翩翩飛舞 街はカーディガンを著るように 街道紛紛穿上毛衣 冬が靜かに近づいて來る 寒冬正悄然走近 バスの停留所で 君を待っていても 即使在車站 一直等待著你 沈む夕陽が 早くなって來て 切ないよ 夕陽早早迎來下沉 教人難過 あっという間に少女は 大人びて 一瞬間少女長成大人 少し薄暗い道 走って來る 從那微暗道路奔跑而來 ずっと束ねたその髪 ほどいてたから 一直束起的長髮 披散下來 昨日と違う 見たことない オーラだった 散發出與昨天截然不同 前所未見的氣場呢 冬の制服と気持ちは 冬季制服還有我的心情 どこで著替えればいいのだろう 要在哪里換上好呢? 衣替えなんて先だけど 換裝還有一段時間 地面からそう 冷えて來るよ 地面已經透出涼意 バスのテールランプを 僕はやり過ごして 公車車燈無言地掃過我身上 部活帰りの 君を待っていた 會いたくて… 我還在等著結束部活動的你 好想見你呢… あっという間に少女は 美しく 一瞬間少女如此美麗 2人 同級生と 思えないよ 我們看起來完全不像同級生呢 同じ中學の頃には みんなのように 冗談言って 明明在中學時 還和大家一樣 開著玩笑 ごく普通の 君だったのに… 那樣普通不起眼的你… あっという間に少女は 輝いて 一瞬間少女閃閃發光 今の帰り道では 眩しすぎる 現在面前回去的路過分耀眼 僕の聲も聴こえない 遠い場所へと 你聽不見我的聲音 朝著遙遠他方出發 君は1人で 大人の國 行ってしまうの? 獨自一人 去往大人的國度了嗎? 以上: AKB48, SKE48 ,NMB48 ,HKT48 ,秋元康 ,日本歌, 日本歌中文翻譯歌詞, 歌詞, 中文歌詞, CD, SINGLE, ALBUM, シングル, アルブム, 劇場盤, 公演歌曲, 通常盤, TYPE A, B, C, 10th Single キスだって左利き• 122• 194• 414• 230• 285• 549• 182• 110• 119• 1163• 796• 748• 701• 699• 647• 628• 605• 449• 421• 345• 270• 190• 146• 132• 123•

次の

アニメ『彼女、お借りします』OP・ED担当アーティスト決定! コメントあり!

あっという間劇場 歌詞

LIVEのアンコールでこのイントロが流れてくるとさっきまで「アンコール!」や「マモ!」と言っていた歓声がウソのように静寂に包まれる。 そんな雰囲気を持っている始まりだ。 まさに、LIVEのために作られたような楽曲。 壮大なオーケストラアレンジの中に、宮野真守の美しい声が響き渡る。 LIVEが終わってしまうと、ファンと会えない時間になってしまう寂しさなどもあるが、思い出として宮野真守の心の中に残っていることが分かる。 もし自身が、生まれ変わったとしてもまた「歌手」でありたいという思いなども伝わってくる。 「ここは大切な場所のままだからさ」という歌詞は、宮野真守にとってLIVEとは、ファンとの唯一の交流会のような印象を受ける。 そして、LIVEが楽しいと感じてくれたらもう一度来てほしいという思いが「君をまた見つけたいんだ」の歌詞に思いが込められているようだ。 LIVEはファンとの大切な時間 ---------------- その声を この夢を 重ね合おう LIVE is beautiful さぁ今 舞い上がれ! LIVEが楽しすぎるから、あっという間に過ぎ去っていく時間についてがここに表現されている。 どんな声であっても宮野真守自身に届いていることが分かる。 ファンにとってもLIVEは「鳴り止まない鼓動」であることも分かる。 ファンのコール&レスポンスは、どのアーティストのLIVEでも違うように、宮野真守のLIVEにも「僕らだけのcall」が存在している。 LIVEは、あっという間に過ぎ去っていく時間で、ファンも演者もこの日を待ちわびていた大切な瞬間。 宮野真守が作詞をした曲はこれまでにいくつもある。 ぜひ『アンコール』という曲を聴いてみて欲しい。

次の

アニメ『彼女、お借りします』OP・ED担当アーティスト決定! コメントあり!

あっという間劇場 歌詞

天海さんは元々お芝居をする人になるというのが幼少期からの夢。 背が高く宝塚を高校の演劇部の顧問に勧められ、両親にも認められたから1度だけと約束して受験したそう。 宝塚時代をリアルタイムでは知りませんが、ファンが嫌いというより宝塚の文化に馴染めなかったという方が正しいかと。 本人も後に当時は抜擢に心が付いて行かなかったし、尖ってました。 今ならあの時より色々と上手くとできる気がすると話しています。 一方で、尊敬する人かつ天海祐希の土台を作ってくれた人として未だに入団時のトップの剣さんの名前を挙げてますし、今でもプライベートでは宝塚の先輩後輩同期とはお付き合いされてるので宝塚のことは大事にされてます。 ただ自分から辞めますと言って宝塚から離れた以上、都合のいい時だけ宝塚を利用することに抵抗があったと言われてるのでそれが退団後、積極的には歌劇団の公のイベントに参加しなかった理由かなと。 あと、いい人キャラということはないと思いますよ。 共演者の方にふとした瞬間に怖い。 バサバサ言うのでっていわれてますが、その感じは現役の時から変わってない気がします。 未だにマナーを欠いたファンには塩どころじゃない反応ですし。 天海祐希さんの2番手時代は何度か観ていますが、トップになってからは1度も観れませんでした。 朝早くから並んでキャンセル待ちをしたり、あの当時は劇場前で開演ギリギリに売っている人がいたりして、劇場まで行けばどうにか観れた時代でしたが、彼女のトップ時代だけはどうしてもチケットが取れませんでした。 その位すごい人気でしたね。 彼女のファンに対する冷たさは有名でしたが、あの当時の月組は殆どが塩対応でしたよ。 ゆりちゃんだけが特別って事もなかったような。 その後何年も宝塚を離れていて、最近のスターさんの出待ちスタイルに驚きましたもの。 皆ファンサービスが凄い!現在と比べたら当時の天海さんは、それはそれは塩対応に見えるでしょう。 ただ彼女に憧れて宝塚を目指した方、その後スターになられた方がどれだけ多かったか。 それは舞台に立っている彼女が輝いていなければありえません。 なので、舞台上で客席を見ないとか、やる気が無いとか、そう言ったことは全く無かったと思います。 数年前に劇団新感線の舞台を観まして 天海さんの演技を久しぶりに拝見しました。 在団当時はあまり上手いとは思わなかったのですが 過ぎた年月分成長されたという気がしましたし 宝塚での経験が、芸の基礎になっているのだとも 感じました。 そういう演技でした。 だから宝塚時代はご本人にとっても意味のあること だったのではないでしょうか。 そしてまた、トップとしてあれだけ騒がれなかったら 今の活躍はなかったかもしれません。 嫌なことはあったかもしれませんが、TMP音楽祭でも 当時のトップの皆さんはなぜか気が合ったみたいで 年下の彼女は土井たかこさんの物まねをしては 他のトップさんたちを笑わせていて仲良く見えました。 同じ立場だから学年が違ってもわかるよね・・・と いうような話もされていたと思いますし、普通に楽しい こともあったのではないでしょうか。 それに当時のスターさんは割と塩対応の人多かった ですよ。 SNSがなかったから、いちいち言動を 伝える人も入り出の写真を上げる人もいませんでしたから 多くの人が知っていたわけではないですけれど。 今のジェンヌさんは気の毒な気がします。 家を出たら、ファンサしたり、笑顔をつかれていても しなくちゃ塩対応と言われたり、やらなければいけない ことが多すぎます。 天海さんがあっという間にトップになり辞めていったのは 劇団側の意向なので本人のせいではないと思います。 研1で新人公演の主役とか大変すぎますものね。 劇団側としては、あらゆる手段を使って引き止めてでも なんとかトップにしたい人材だったのでしょう。 それが天海さんにとって幸せだったかどうかはわかりません。 それと彼女は、学園祭の出し物で男役?をやったのを見た宝塚好きの 恩師のすすめで宝塚に入ったと記憶しているので 特に宝塚に対して強い気持があったかどうかはわかりませんが、 別に入団時宝塚に入るのが嫌だったわけではないと思います。

次の