妊婦 股関節 の 痛み。 股関節の痛み、その原因とは? | カラダネット

股関節が痛い!妊娠中や運動後におこる痛み

妊婦 股関節 の 痛み

妊娠後期・臨月に股関節の付け根が痛い!原因は? 妊娠後期・臨月には股関節の付け根に痛みを感じる方が多くいます。 妊娠とは関係のなさそうな部位の痛みなので、あまり気にしない人もいますが、実は妊婦さんによく現れる症状です。 今回は、妊婦さん(妊娠後期・臨月)に現れる足の付け根の痛みについて、原因や対処方法をご説明します。 妊娠中は股関節の付け根に痛みが出ることが多くあります。 股関節の付け根がチクチク痛む、引っ張られるような痛みを感じる場合には、妊娠によるものだと考えてください。 股関節の付根が痛む原因には以下の2つの変化が影響しています。 ホルモンで靭帯がゆるむ 出産に備えてホルモンが出て、赤ちゃんが出て来やすいように、靭帯がゆるみます。 出産時は赤ちゃんが産道を通り抜けやすいように体を柔らかくする必要がありますが、妊娠後期になると「リラキシン」と呼ばれるホルモンの分泌量が増えて、靭帯などをゆるめます。 しかし、靭帯がゆるむということは、内臓などを支える力が弱まることを意味し、大きな負荷が骨や筋肉に直接かかってきます。 特に骨盤の中央にある恥骨結合部や股関節への負担が大きくなるので、股関節の付け根の痛みとなって現れるのです。 胎児の重みで圧迫される 胎児の成長に合わせて、子宮も大きくなります。 子宮がほかの臓器を圧迫するようになると、その周辺にある筋肉や関節への負担が大きくなります。 ホルモンの影響でゆるんだ恥骨結合部や股関節がさらに圧迫されるため、股関節の付け根の痛みが強くなるのです。 お腹が大きくなる妊娠後期・臨月はもっとも靭帯がゆるみ、子宮も重くなるので、股関節の付け根の痛みも出やすくなります。 それまで痛みを感じていなかった人でも、臨月を迎える頃に痛みを感じる方が多くいます。 妊娠後期・臨月の股関節の付け根の痛みを予防 股関節の付け根の痛みは、恥骨や股関節へ負荷がかかりすぎて起こるので、その負荷を減らすことが大切です。 骨盤ベルトを使用する ホルモンによって靭帯がゆるんで骨盤が開いていくことは避けられません。 骨盤が開けば、負荷が大きくなるので、骨盤ベルトや腹帯を使って骨盤をサポートしてあげる方法があります。 妊娠中から使える骨盤ベルトなら骨盤を固定して動きが制限されるため痛みを緩和させることができます。 姿勢を意識する 股関節への負担を減らすには、普段の姿勢や歩き方にも注意しましょう。 普段立っているときに「片足に重心をかけない」「両足にかける力のバランスを意識する」などで、偏った姿勢を気をつけるだけでも負担が少なくなります。 座るときにも「足を組む」「横座り」を避けるだけでも負担は軽くなります。 できるだけ横になる時間を長くして、足への負担を軽くすることも対処法の一つです。 整体を利用する マタニティ整体をする方法もあります。 千葉【整体院の星】では妊娠中でもお腹に負担をかけないように無理のない範囲で整体することができます。 股関節の付け根の痛みが強く現れる前に、整体を行うことが大切ですが、急な股関節の痛みに襲われたらすぐにご相談ください。 ただ、整体ならどこでも良いかというとそうではないです。 中には、バキバキするような整体はお腹の胎児に負担をかける恐れがあるので、近くの整体を受ける際は十分に調べてから行ってください。 適度な運動 股関節の付け根が痛いからといって運動を控えると、筋肉が弱まって痛みがさらに増すことがあります。 股関節の付け根の痛みがひどくなる前に、軽い運動を継続しましょう。 妊娠後期・臨月の運動は出産のための体力づくりにもなります。 妊娠中いつでも気軽にできる運動としては、妊婦体操やストレッチがおすすめです。 あまり動きすぎてしまうと、むくみに繋がったり、切迫早産の危険性も出てくるので、かかりつけの医師や助産師の方からアドバイスをもらえると良いと思います。 体重増加を防ぐ 体重が増えれば、それだけ股関節にかかる負荷が強くなるため股関節の付け根に痛みが出てしまいます。 痛みがすでに出てしまっている方は、座って腕を動かしたり、軽いダンベルなどでできる運動を行ってください。 また、食欲にも気をつけてください。 妊娠後期・臨月の股関節の付け根の痛みで病院には行くべき? どんなに気をつけていても、妊娠後期・臨月になったら足の付け根がひどくなる人もいます。 出産に向けた体の準備でもあるので仕方ありません。 とはいえ、「立っていられない」「歩けない」など、日常生活に支障をきたすような痛みになったら病院へ行きましょう。 横になって安静にしていれば痛みは治まることもありますが、落ち着いたタイミングでかかりつけの産婦人科で相談してください。 千葉【整体院の星】では、一人一人に合った方法で股関節の 痛みを改善させていきます。 「早く痛みを取りたい!全身的な体のメンテナンスをして出産に備えたい!」 あなたがそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。 しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。 治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか? その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。 今だけのキャンペーン実施中.

次の

妊娠後期に足の付け根が痛い!臨月の股関節痛は出産の兆候なの?

妊婦 股関節 の 痛み

累計6万件施術。 妊産婦さんは年間3500件施術。 柔道整復師(国家資格)取得後、大学院にて研究を行い、整形外科勤務を経て整体院開院。 施術したアスリートが世界一や日本一に輝き、現在はマタニティを専門としな... 妊娠後期も進み臨月に入る頃になると、足のつけ根あたりにだるさを感じたり、股関節に違和感を感じたりすることがあります。 だんだんと痛みはじめ、産後まで続くことも珍しくありません。 どう対処していいのかわからず、ひたすら耐えている妊婦さんも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、妊娠中や産後の股関節痛の主な原因や対策、股関節痛に効くストレッチ方法などをご紹介します。 産後に股関節が痛くなる原因は?臨月の痛みと違うの? 産後と臨月の股関節の痛みは、お腹の中で大きくなった子宮を支えたり、赤ちゃんの位置が下がってきたり、赤ちゃんが狭い産道を通って生まれてきたりすることで起こる骨盤の歪みが原因であることがほとんどです。 妊娠すると、赤ちゃんが産道を通り抜けるために体を柔らかくする「リラキシン」というホルモンが分泌されて、靭帯などがゆるむと考えられます。 この靭帯などのゆるみによって、内蔵などを支える力が弱まり、股関節に負担がかかることで痛みを感じるようになる人が多いとされています。 産後は、赤ちゃんが骨盤を広げて産道を通るので、足のつけ根の筋肉が引っ張られ、股関節が痛くなりやすいといわれています。 さらに、骨盤が無理やり開くことで恥骨にまで影響が出ることも珍しくありません。 関連記事 妊娠中や産後の股関節痛の対策は? 産後や臨月の股関節痛の対策は、骨盤の歪み、広がりを整えることが重要になってきます。 また、子宮を支える骨盤底筋を鍛えることでも、痛みは緩和されます。 骨盤の歪みによる股関節痛を放っておくと、肩のこりやむくみ、腰の痛みなどの体調不良が表れるだけでなく、尿漏れなども起こりえます。 対策としては、骨盤を整えるためのストレッチを行ったり、骨盤を支えるためのベルトやニッパーを使用したりすることです。 臨月であれば、基本的には妊娠中につけられる骨盤ベルトなどで骨盤を整えながらサポートすることを重視します。 産後は、骨盤ショーツや骨盤ベルトを使って、子宮の回復具合をみながら段階的に骨盤を整えていきます。 骨盤底筋を鍛える産後ヨガなども効果的ですよ。 産後や臨月の股関節痛の対策として気をつけたいのは、無理に関節を伸ばさないことです。 臨月や産後すぐに柔軟な体になろうとしても、体への負担が増えてしまい、妊娠中の体や産後の疲れた体には悪影響を与えることもあります。 マタニティ用や産後用に組まれた股関節痛対策のプログラムなどに沿って、余計な負担を体にかけないようにしながら、ストレッチなどのケアしていくことが大切ですよ。 関連記事 産後や臨月は恥骨も痛みやすいの? 産後や臨月は、股関節痛と同時に恥骨痛に悩まされる人も多くいます。 妊娠中は臨月よりも前の妊娠後期あたりから少しずつ痛みを感じ始めることもありますよ。 恥骨は骨盤を構成する骨の一つなので、恥骨痛の原因も股関節痛の原因と似ています。 子宮を支えたり、赤ちゃんが降りてきたりすることで骨盤が歪んだり、あるいは赤ちゃんが産道を通ることで骨盤が広がったりすると、恥骨結合部分に伸びや捻じれが起き、損傷してしまうことがあります。 それが恥骨痛につながるようです。 これも、放っておくと尿漏れの原因になったり、歩けないほどの痛みを感じてしまうこともあるので、早めに対処しましょう。 関連記事 産後や臨月の股関節痛と恥骨痛に効くストレッチ方法とは? ここでは、産後はもちろん、臨月の股関節痛や恥骨痛に効果的だとされるストレッチ方法をご紹介します。 臨月の場合は、お腹が大きく動きにくかったり、場合によってはお腹が張りやすかったりするので、体調の変化に十分気をつけながら行うようにしてください。 産後すぐにベルトやサポーターを使用する場合は、入院中に医師に確認し、退院後に運動をする場合は、1ヶ月健診で医師から許可が出てからにしましょう。 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチ1 1. 足を肩幅に開き、両手を腰に当てる 2. 右回りに10回腰を回す 3. 左回りに10回腰を回す 1~3を1セットとして、1日2〜3セット程度行うのが目安です。 簡単な運動なので、洗濯機を回している間など、ちょっとしたスキマ時間に行えますよ。 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチ2 1. 四つんばいになる 2. 息を吐きながら、背中を天井から引っ張られるイメージで丸めて高く持ち上げる(顎を引いて、両腕の間に顔を埋めるようにする) 3. 息を吐きながらゆっくりお尻を突き出して背中を反らす 4. 2と3を数回ゆっくりと繰り返す 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチ3 1. 脚を伸ばした状態で仰向けに寝る 2. 息を吐きながら左右どちらかの膝を曲げ、反対の肩に向かって引き寄せる 3. ゆっくりと脚を元に戻す 4. 左右交互に5回ずつ2~3の動作を行う 臨月でお腹が大きいときや、股関節痛・恥骨痛などでこの動作をするのが難しいときは、控えるようにしましょう。 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチ4 1. 仰向けに寝て、片方の脚を太ももが床に対して垂直になるように持ち上げ、その状態で深呼吸する 2. つま先を天井に向かって伸ばす 3. 脚を伸ばした状態で深呼吸し、その後、ゆっくり元に戻す 4. 左右交互に1~3の動作を5回ずつ行う このストレッチは、大きく深呼吸を行い、リラックスした状態を味わうのが大切です。 臨月の大きなお腹では、無理のない範囲で行うようにしてくださいね。 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチ5 1. 仰向けに寝る 2. 足のつけ根を外側から内側に向かってゆっくりとさすっていく 3. 恥骨の両側に手を置き、30秒間軽く押し続ける 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチ6 1. 足を揃えてまっすぐ立つ(座っていてもかまいません) 2. 肛門をキュッと引き締める 3. 2の状態を数秒キープする 4. 力を緩め、数秒リラックスする このストレッチは、お尻に力を入れることで、妊娠中や産後にゆるみやすい骨盤底筋を鍛えることができます。 関連記事 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチはパートナーと行うといい? 妊娠中、股関節痛や恥骨痛など、マイナートラブルをケアするストレッチを行うときは、パートナーとコミュニケーションを取りながら行うのもおすすめです。 例えば、「ストレッチ1」を行うなら、バランスを崩さないように肩を支えてもらいましょう。 「ストレッチ2」を行うなら、パートナーの片手を背中に、もう片手をお腹に添えて挟むようにして、背中が丸くなる・反るといった動きをサポートしてもうらうと良いですね。 背中を押すようなマッサージは、押して良い場所や悪い場所がわからないこともあります。 無理にマッサージをして刺激を与えないよう、注意しましょう。 軽く支える、さする程度で、サポートしてもらってくださいね。 関連記事 股関節痛・恥骨痛に効くストレッチは無理のない範囲で継続しよう 産後や臨月の股関節痛・恥骨痛を緩和させる対策としてストレッチを行う場合は、自分の体調に合わせて無理のない範囲で継続することが大切ですよ。 1日に何時間も行うのは体に負担がかかるので逆効果です。 毎日数分でかまわないもので、継続して行いましょう。 しかし、産後・臨月ともに体調を崩しやすかったり、体調に急な変化がある時期なので、異変を感じた時点で中断し、体を休ませてくださいね。 特に臨月は注意が必要ですよ。 産後も、すぐに無理をすると悪露が長引いてしまうこともあります。 昼夜問わず、慣れない赤ちゃんのお世話で体力も減っているので、自分のペースに合わせてケアに取り組みましょう。 今回紹介したストレッチの中から自分にあうものを見つけ、ホームケアできるのが1番です。 しかし、痛みの原因は様々なので、ストレッチでは治らないこともあるかもしれません。 そのときは、病院や整体などを受診し、施術を受けてみてくださいね。

次の

股関節の痛み、その原因とは? | カラダネット

妊婦 股関節 の 痛み

累計約3万件の施術経験。 東京医療専門学校本科にて鍼灸按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。 在学中より様々な著名人やアスリートの通う治療院に勤め、その後コンディショニング施設にて治療面とトレーニング面か... 妊娠後期や臨月になると、足の付け根や股関節に痛みを感じる人が増えてきます。 一見妊娠とは関係のなさそうな部位の痛みなので、何かの病気なのではないかと不安になる人もいるかもしれません。 しかし、足の付け根や股関節周りの痛みは、妊婦さんによく現れるマイナートラブルの一つです。 今回は、妊娠後期や臨月に現れる足の付け根や股関節の痛みについて、原因や対処法をご説明します。 妊娠後期・臨月に足の付け根や股関節が痛い原因は? 妊娠後期や臨月になると、足の付け根や股関節に痛みが現れやすくなります。 足の付け根がチクチク痛んだり、引っ張られるような痛みを感じたりする場合は、妊娠による痛みだと考えてください。 妊娠後期や臨月に足の付け根や股関節が痛むのには、以下の2つの変化が影響しています。 靭帯がゆるむ 妊娠中は出産に備えて体に様々な変化が起こりますが、その一つに靭帯のゆるみがあります。 出産時は、赤ちゃんが産道を通り抜けやすくするために、体を柔らかくしておく必要があります。 子宮の左右には、「円靭帯」という靭帯が1本ずつついており、子宮が大きくなるにつれて引き伸ばされていきます。 円靭帯は、卵管あたりから、足の付け根を通過して、恥骨までつながっています。 ここがゆるんで引き伸ばされると、足の付け根や恥骨付近の痛みとなって現れるのです。 妊娠が進んで胎児が成長するにつれて、子宮も大きくなっていくのです。 大きくなった子宮は、恥骨や股関節を圧迫し、足の付け根に痛みを生じさせます。 また、お産に向けて赤ちゃんの頭が下がってくると、さらに股関節周りが圧迫されて、足の付け根や股関節の痛みが強くなります。 お産が近づいている妊娠後期や臨月は、もっとも靭帯がゆるみ、子宮が重く、赤ちゃんが下がってきて股関節周りが圧迫されるタイミングです。 それまで痛みを感じていなかった人も、臨月を迎える頃には痛みを感じ始めることが多いようです。 妊娠後期・臨月の足の付け根や股関節の痛みの対処法は? 妊娠後期や臨月の足の付け根や股関節の痛みは、恥骨や股関節に負荷がかかりすぎることで起きます。 そのため、足の付け根や股関節の負荷を減らすことが予防や症状の緩和につながります。 負荷を減らすには以下のような対処法があるので、できることから始めてみてくださいね。 骨盤をサポートする 妊娠後期や臨月に靭帯がゆるんで骨盤が開くと、股関節周りへの負荷が大きくなります。 骨盤ベルトや腹帯を使って、骨盤をサポートしてあげましょう。 骨盤を固定することで負荷を軽減し、痛みをやわらげることができます。 「トコちゃんベルト2」など、妊娠中も産後も使える骨盤ベルトなら、長く使えて経済的ですよ。 関連記事 妊娠後期・臨月の足の付け根や骨盤の痛みで病院には行くべき? 足の付け根や骨盤の痛みは、妊娠中の生理現象によるものです。 どんなに気をつけていても、妊娠後期や臨月になると、痛みがさらにひどくなってしまうこともあります。 「立っていられない」「歩けない」など、日常生活に支障をきたすような痛みを感じたら、かかりつけの産婦人科を受診しましょう。 足の付け根や骨盤の痛みがひどいときは、整形外科を紹介してもらうことも可能です。 一般的に、妊娠36週を過ぎると妊婦健診の頻度が週に1度のペースになるので、日常生活に支障が出る前でも、気軽に相談してみてください。 骨盤ベルトの着用や生活の指導など、状況に応じたアドバイスがもらえますよ。

次の