東京都死者数。 「隠れコロナ疑惑」という不気味な数値 実はもっと死者が出ていた!? 東京都の『コロナ死亡者数』はすでに“ケタ違い”であ

東京都における2019年コロナウイルス感染症の流行

東京都死者数

データの集計方法 データは主に厚生労働省の発表に基づいており、集計値は都道府県発表と異なる場合がある。 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。 厚労省は5月8日分に退院者などの集計方法を変更した。 厚労省発表はPCR検査について、退院時の確認検査を含めない検査人数で集計している。 ただし、一部の自治体では検査人数ではなく、検査件数が計上されている。 厚労省は累計の検査人数を訂正して減らしても、過去に遡って集計値を修正しない。 そのため、新規の検査人数が訂正前後でマイナスになっている箇所がある。 長崎県は長崎市に停泊するクルーズ船乗員の感染を県内の感染者数に計上しないと発表している。 「人口10万人あたり感染者数」の人口は総務省統計で2019年10月1日時点。 閉じる.

次の

【速報】厚労省が死者・退院者数など大幅修正 東京都の死者は19人から171人に

東京都死者数

記者会見する東京都の小池百合子知事=1日午後、都庁 東京都は1日、新型コロナウイルスの感染者が新たに165人確認されたと発表した。 都の感染者は4月29、30両日にそれぞれ50人を下回ったが、再び100人台に増加した。 累計感染者は4317人となった。 また、新たに6人の死亡が確認され、都の死者の累計は126人となった。 都によると、1日は約3割に当たる47人の感染経路が不明。 担当者は感染者数増の背景について、「病院や福祉施設での集団感染が多かったことや、29日の祝日の検体数が入ったため」と説明している。 都は死者の累計126人について、年代別の内訳を初めて発表。 70代が最多の40人、80代が38人で、合わせると6割を超えた。 都は「病院での集団感染が関係している可能性がある」とした。 性別は、男性が85人、女性が37人(確認中が4人)と男性が約7割だった。 国内では1日、計266人の陽性が判明。 死者は北海道で8人など計29人が判明し、クルーズ船を含む累計は498人となった。 福島県いわき市の30代男性は、検査で陰性となった後に発熱し、陽性が判明した。 男性の父親で、医薬品製造会社「エーピーアイコーポレーション」(東京都)のいわき工場に勤める60代男性も感染が分かっており、これまでに同工場の従業員やその家族計10人の感染者が確認された。 市保健所はクラスター(感染者集団)とみている。 山口県でも、下松市の40代男性会社員が退院後に再び陽性になった。 男性は4月4日に陽性が判明して入院し、25日に陰性となって退院。 その後自宅で健康観察を続けていたが、29日に発熱し、1日に陽性が確認された。

次の

【超過死亡の分析】東京都の死亡数の推移(〜2020年4月)|Rui Sakano|note

東京都死者数

その政権のスス発言から「の」とまで称されるほどですが、その田崎氏がの『』で語った先の発言が波紋を広げました。 <これは信じられない。 これが大嘘なら大問題> <生命をかけて本当ですか?> そんな田崎氏の発言に対する疑念が、や上にも溢れました。 近年のが背景にあり、日本だけで毎年10万人以上の人が肺炎で亡くなっています。 その人たち全員を「に無関係かどうか」などと診断できるはずがない…そう疑念を持つのは当然でしょう。 そしていま、その疑念をさらに膨らませる「ある」が注目されています。 遡ることの『』で見逃せないが流れました。 それが、『関連死亡迅速把握による9/2021大都市・肺炎死亡報告』という、感染研(国立感染症研究所)がHPで発表したです。 上に示したで重要なのは、点線で表示された「実際の死亡数」の推移です。 このを見ると、では、の9週目(2月下旬)に実際の死亡者数が、予測上限から飛び出して増加していることが。 一方、からにかけては、実際の死亡者数は上限値の範囲に概ね収まっていました。 それが、2月下旬になって突然、従来の予測範囲を超えた「異変」が起きているのです。 また、全国の統計では、「実際の死亡者数」はここしばらくの水準で推移し、今年9週目(2月下旬)から激減しているのです。 「の死亡者数だけが増えていたのは、による肺炎だったのではないか?」 やが徹底され始めたこともあり、「は流行らなかった」うえで、だけが例外だった死亡者数増加の要因は、「による肺炎ではないか?」と疑うのは極めて自然でしょう。 を発表した感染研(国立感染症研究所)は、『』の電話取材に対してこう答えています。 参考記事: 「担当の先生がひとりで分析しているなので、細かい内容にはすぐに答えられない」 たしかに10週目(3月上旬)以降のはまだ発表されていないこともあり、もしかしたら「一瞬の偶然」だったかもしれません。 また、田崎氏の言うとおり「何万人だろうが肺炎で死んだら必ずCTを撮った」とします。 その後の診断の流れを、はの会見でこう言っています。 はたして、そんな大量の肺炎による死亡者のなかから「間質性肺炎」をどこまで抽出できているのでしょうか。 では、の冬にが大流行して2万人近くの死亡者を出しました。 でもが猛威を振るい始めたの3月になって、CDC(米疾病対策)の・主任がこう明かしています。

次の