鬼滅の刃 アニメ 2話。 TVアニメ『 鬼滅の刃 』第26話「新たなる任務」最終回だけど映画化だって!【感想コラム】

「鬼滅の刃」第2話「育手・鱗滝左近次」あらすじ・ネタバレ・感想!見逃し無料動画や声優、登場人物も紹介!

鬼滅の刃 アニメ 2話

鬼滅の刃2話のあらすじネタバレ結末 鬼滅の刃2話のあらすじネタバレを解説します! 物語は、炭治郎が竹の籠を作るシーンから始まります。 禰豆子に日の光を浴びせないための工夫をするのでした。 禰豆子は竹籠に入り、炭治郎が背負って、山に向かいます。 夜中、山の麓に訪れると、御堂が明るくなっていました。 休もうと思い、御堂に近づくと、血の匂いがしました。 炭治郎は、誰かが怪我をしたのかと思い、御堂に入ると、そこでは、鬼が人間を食べていました。 鬼が俺の縄張りだと言って、炭治郎に襲いかかってきます。 斧で鬼を斬りつけるが、鬼はすぐに傷を回復させました。 そうして、炭治郎がピンチになっていると、禰豆子が鬼の頭を蹴ってしまい、鬼は頭と体が分かれることになりました。 ですが、鬼は生きています。 体は禰豆子が、頭とは炭治郎が戦うことになりました。 頭は炭治郎の頭突きでダメージを与えます。 それから、鬼の体を体当たりで崖の下に落とします。 その際、一緒に落ちそうになったところを、禰豆子に助けられます。 それから、頭だけになった鬼に止めを刺そうと考えます。 しかし、炭治郎は悩んでしまい中々行動にうつせません。 そんな中、お面をした男が現れます。 お面をした男は、迷っている炭治郎を見て大丈夫かと思います。 そうこうしている内に、夜が明けて、鬼は日の光で消滅しました。 その後、炭治郎は、お面の男に判断が遅いと怒られます。 そして、もし、禰豆子が鬼になったら、禰豆子を倒して、自分も死ぬ覚悟でいろと言われます。 そして、お面の男が鱗滝左近次だと知ることになります。 それから、鱗滝左近次に連れられ、山に籠ることになります。 最初の訓練として、山の上に連れてかれ、家に戻ってくることを言われました。 山の中に仕組まれたトラップを、はなでかき分けながら把握して、なんとか家に帰ることを成功させます。 ここから、鬼殺の剣士としてふさわしいか試されます。 また、冨岡が鱗滝左近次に手紙を出していたので、今回の件は承知されていました。 大塚芳忠 がカッコいい! ・炭治郎がんばれ…泣 ・opはもちろんのことedも良き👍 — 二ロー nizinizi22 鬼滅の刃2話 感想 何が彼を救う? 生きる上での師を見つける展開は面白さへの布石。 二人だけで歩く恐怖感や鬼の本来の怖さを始めの内に感じたかった。 鬼殺の剣士や鬼の数、性質等が今後に期待できる要素な気がします。 師匠と弟子の関係だと思うのですが、そしたら鱗滝左近次は隠居のみなのですかね。 今回は鬼を倒せなかったですが、自分で倒せるようになるのか、気になるところです。

次の

アニメ『鬼滅の刃』2話|あらすじネタバレ結末!感想や伏線と鬼や鱗滝左近次を考察!|アニ電

鬼滅の刃 アニメ 2話

出典: 炭治郎は冨岡義勇の導きにより、鬼になってしまった妹・禰豆子とともに狭霧山を目指す。 夜の道中、炭治郎はお堂から血の匂いを嗅ぎつける。 誰かが怪我をしているのかもしれないと駆け寄ると、なんとそこにいたのは、人を喰らう鬼。 突如、鬼に襲われた炭治郎は、斧でなんとか応戦するが、鬼の圧倒的な力に、たちまち鬼に組み伏せられてしまう。 出典: 鱗滝のいる狭霧山へ向かう途中の道端で炭治郎は血の匂いが漂うことに気づきます。 誰かが怪我をしたと察した炭治郎は血の匂いがする家に駆け込むとそこには鬼が! 初めて炭治郎が鬼に遭遇しましたね。 理性がなく意思疎通ができないものかと思っていましたが、普通に鬼が話せてびっくりしました。 首が取れても普通に動けるんですね…人間と鬼で比べると人間が無力に感じてしまいます。 出典: 鬼になってから陽の光に当たるのが駄目になってしまった禰豆子を知った炭治郎は、禰豆子をお昼でも運べるような背負いカゴを作ろうとします。 その際に道に会った人に丁寧にいらない竹や藁などをもらえないか尋ねます。 「いらないからあげるよ」と言われても、律儀にお金を払って竹や藁などを入手! 炭治郎が生真面目、律儀な男の子だと思いましたね。 禰豆子は陽の光が苦手みたいです。 きっと鬼になると陽の光が苦手になってしまうのでしょう。 禰豆子がモグラみたいに暗闇、土の近くにいて可愛かったです! 背負いカゴを作り終えて禰豆子を入れると、大きくて入り切らなかったんですけど炭治郎が「禰豆子は大きくなったんだなあ」と実感していて、お兄ちゃん目線な感情に思わずほっこりしました。 禰豆子が鬼になったとしても、禰豆子は炭治郎にとって大切な妹には変わりないんですよね。 出典: 道を歩いていると炭治郎は嗅覚が鋭いので、血の匂いがすることに気づきます。 血の匂いのするお堂へ行くとそこには人を食べている鬼の姿が!? 炭治郎は持っていた斧で首の近くを攻撃しますがあまりダメージを受けているように見えません…。 鬼ってすごく強いんですね。 禰豆子の攻撃により、鬼の首と身体が分断されてしまうのですが普通に動いていました。 鬼に襲われている禰豆子を助けるためにも、炭治郎は鬼と戦いついに木に鬼を追い詰めます。 でもトドメを刺すことに躊躇する炭治郎。 家族の仇である鬼ですが「苦しむだろうな…一撃で絶命させられるようなものはないのか?」と考えます。 家族の仇でもある鬼の心配をする炭治郎にびっくりしました。 なかなか敵の存在に対してこんなに優しい気持ちを持つことって難しいんじゃないでしょうか。 そんなときに声をかけてきたのは鱗滝左近次!鬼を倒すことに戸惑う炭治郎を見て鱗滝は「思いやりが強すぎるから鬼を倒すことはムリ」だと考えます。 炭治郎はとても優しい男の子なんですね。 敵の鬼が自分でも倒せそうならトドメをすぐに刺しちゃいそうです。 夜が明けたため、結局トドメを刺すことなく陽の光で鬼は消えました。 この先も鬼に対して優しい気持ちを持ちながら戦っていくのかが気になりますね! 出典: 鱗滝に山で遭遇した後、すぐに鬼殺隊の剣士に相応しいかの試験が始まりました。 徹夜明けから寝ずに全力で何時間も走り、そこから休憩なしで山登りを指示されます。 鱗滝から「夜明けまでに山を下りろ」と言われ早速頑張りますがトラップだらけ! 匂いを頼りに罠の匂いを見つけ出し避けていきます。 罠を避けているだけなのにすごく演出が凝っていて、アトラクションを見ているような迫力があります。 夜明けギリギリに山下りを終え、鱗滝の家に着きました。 義勇が鱗滝に手紙を出していたことが明かされるのですが、鱗滝も炭治郎のように嗅覚が鋭いんですね。 義勇は無口なキャラだと思ってたんですけど手紙ではすごく丁寧な言葉を綴っていてびっくりしました。 優しい人なんですね! 山下りを終え、鱗滝に認められ安心しました。 帰ってきたときとても炭治郎がボロボロになっていましたが、あんなに罠があれば仕方ないですね…。 無事に帰ってこれてホッとしました。 これから炭治郎がどう成長していくのか気になります! 鱗滝さんの「厳しくて優しい人」感がよかったです。 鱗滝さんのキャラと大塚明夫さんの声がマッチしていました! 『鬼滅の刃』第2話のTwitterでの評判・口コミ 【鬼滅の刃 2話までを見た感想】 ・ピアスの穴は開けてるのかな? ・眉毛細い。 描いてるのかな? ・激しい戦いになっても炭治郎の髪型がバッチリ決まってる。 一切乱れなくてすごい。 どんなヘアスプレー使ってるのかな? — 👾 赤沼俊幸 👾 AKANUMA toshiyuki83 鬼滅の刃第2話の感想 ・炭治郎と禰豆子のお互いを思い守り合う兄弟愛最の高。 わしが炭治郎だったら大事な妹禰豆子が人を食べても殺せないし腹切れない。 — ゆゆ🍓 yucmeeey 鬼滅の刃アニメ2話だけ見た感想は、 ・最近のアニメのグラフィックが素晴らしい! ・声優さんの迫真の演技!疲労困憊の所とか! ・名前は覚えられるか心配! ・冬に見ると寒い ゚〰゚ ・鬼が不死身なら勝てるのかしらという不安 最近アニメ見てないけどこれは面白そうー! — ソフィー貴婦人 sofikihuzinaru 鬼滅の刃2話観た👀感想、血いっぱい怖い、鬼怖い、顔から手生える怖い、人食ってる怖い、夢に鬼出てきそう怖い、続き気になる、おもしろい。 動きがすごいけど、それ以上によだれの描写すごすぎ。 主人公がほんといい子だなぁ。 妹ちゃん可愛いしいい子だし。 師匠になるであろう人も厳しいけどいい人だ。 先の展開めっちゃ気になる。 鱗滝の修行が次回から本格的に始まりそうですね。

次の

鬼滅の刃「2話」の動画!アニメの無料視聴方法をご紹介!

鬼滅の刃 アニメ 2話

2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09.

次の