電気あんま。 「電気あんま」に関するQ&A

「電気あんま」に関するQ&A

電気あんま

電気あんまは一体どこから浸透していったのでしょうか。 電気あんまの元ネタをご存じですか。 実は『ドロロンえん魔くん』という永井豪原作の漫画が元ネタになっています。 ドロロンえん魔くんのストーリーの中に出てくる登場人物に「電気あんま」という名前の妖怪がいて、そこから来ています。 まさか妖怪が元ネタで電気あんまという遊びができてしまったのか、と驚く人もいるのではないでしょうか。 しかし、なぜ電気あんまが股間を足でぐりぐりして行うものになったのかと疑問を抱くのではないでしょうか。 それは、ドロロンえん魔くんに登場する電気あんまの攻撃が股間に電気を流すものだったのです。 そして、股間から魂を吸い取ってしまうという想像もつかない展開になります。 まさか作者も電気あんまが世に知れ渡り、日本中の人たちが一種の遊びとして行うようになったとは思わなかったでしょう。 電気あんまをやって友人でわいわい楽しむことは悪いことではありません。 しかし、中には電気あんまをされたくなくてやられてしまっている人もいるかもしれません。 そして、電気あんま自体を知らない人やあまり電気あんまを受けたことない人にやってしまうと大変なことになります。 無理やり電気あんまをすると、いじめにも繋がります。 また、学生だと女性はスカート履いています。 スカートでなくても体操服になっている時に女性にしつこく電気あんまをすれば、それはセクハラになってしまいます。 そして、やりすぎてしまう事によってケガをしてしまう危険性も考えられます。 自分はいじめやセクハラのつもりがなくても、相手からしたらそのように捉えられることもあるでしょう。 そのため、その点は気を付けるようにした方が良いです。 あまり電気あんまをすると思いがけないことが起きてしまう場合があります。 男性に電気あんまをやりすぎてしまう事によって、射精をしてしまう恐れがあります。 元々、射精をしてほしくてお互い同意の上で電気あんまをしているのならば構いません。 しかし、射精目的とは違った場合には注意が必要です。 実際に母親が子供に対して「悪いことをしたら電気あんまをするよ」としつけのために、普段から発していたという人がいます。 ある日、いつものように息子に対して「電気あんまをする」と怒った際に息子から「電気あんまをしてほしい」と要求があったそうです。 そして、電気あんまをすることによって小学生の男の子でさえも射精をしてしまったという実話があります。 そのため、電気あんまのやりすぎには十分に気を付けるようにしましょう。

次の

金的・電気あんま☆ファン倶楽部★ 〜男だから分かる、あの感覚〜 サッカー部〜下剋上伝説〜

電気あんま

「いやああぁあぁぁぁぁああぁぁっっ!! 」 僕は叫べる限りの大声で叫びました。 電気あんまされている姿をじっくりと見られる、これだけでも、かなりの屈辱だというのに、このまま射精するところまで見られたら、僕はもう恥ずかしくて、龍一と顔を合わせることもできないと思いました。 だから、射精だけはしたくない。 そう思いましたが、こればかりは耐えられるものではありません。 僕は、自分の出せる精いっぱいの力を出して、なんとか逃れようとしましたが、長峯たちの力はかなり強く、全く歯が立ちませんでした。 「あ…あぁ…」 僕は頭の中がとろーんとしてきました。 中学三年生にもなって、されるがままに電気あんまをされている。 僕の目の前には、完全に勃起した自分自身の「モノ」があり、普段、憎くてたまらないいじめっ子の足が、それに足をあてがい、ぶるぶると震わせている… そして、それを黙って見ているしかない親友の龍一… そんな中、そろそろ限界でした。 こんな恥ずかしく、屈辱的な状況なのに、僕の頭はほとんど働かず、股間はどんどんくすぐったくなっていきます。 もうダメだ…全部おわりだ…そう思いました。 「俺が代わってやる!! だからもう悠斗をはなしてくれ!! 」 龍一が僕の喘ぎ声にも似た声をかき消すような大声で叫びました。 すると、電気あんまをしていた長峯の振動が止まりました。 助かった… 「はぁ…はぁ…」 僕は目もうつろな状態で、汗だくになりながら肩で息をしていました。 ギリギリセーフといった感じでした。 「お前が代わりに?」 「あぁ。 だから…悠斗にもうそんなことはしないでくれ…可哀想すぎるだろ…」 ダメだ!そんなこと言っちゃダメだよっ! 僕はそう叫びたかったです。 けれど、僕はそのとき、情けないことに、呼吸を整えるのが精いっぱいでした。 「ふーん…そうか。 じゃあ代われ!」 長峯がそう言うと、龍一を押さえていた奴らは龍一の両腕だけを押さえて、その場に座らせました。 けれど、龍一は体育座りのように足を閉じていました。 「おい!それじゃあ電気あんまなんかできないぞ」 長峯はそう言いながらも、まだ龍一の足を掴んだりはしていませんでした。 龍一は悔しそうな表情をしながらも、なかなか足を自分から開くのには抵抗があるようでした。 「お前が言いだしたんだろ!いいんだぜ、俺らは。 別に池上を相手にすればいいだけなんだからな!」 龍一はそこまで言われる、観念したように眼をギュッと閉じて、ゆっくりと足を広げ、股間を無防備にしてしまいました。 「ふん。 後悔させてやるよ!」 長峯は龍一の両足首を掴み、更に龍一の股を開かせました。 そして、その開かれた股の中央にある、龍一の大事なところに、僕にしたのと同じように右足をあてがいました。 「んあああぁぁあぁぁぁぁぁっ!! 」 長峯が足を震わせた途端、龍一は足をクネクネと悶えさせながら、悲鳴をあげました。 「くっ!くっ…」 僕には見ていることしかできませんでした。 僕は最低な男です。 自分の代わりに、親友を電気あんまの餌食にさせてしまったのです。 「ん〜!! んぁぁあぁぁ!! 」 龍一は苦しそうにもがきます。 痛いのではないでしょう。 おそらく、僕がやられたのと同じ「快感系」。 股間がくすぐったくて、しょうがないという様子でした。 龍一は既に顔を真っ赤にしていました。 「くっ…くっ…んんぁぁ…」 龍一は弱まることのない長峯による電気あんま攻撃に、ときどき声を漏らしながらも必死に耐えていました。 通常、お遊びの電気あんまは、やっている側が飽きるか、やられている側が抵抗して逃げ出すかのいずれかで終わりますが、今の龍一は腕をがっちりと他の連中に掴まれていて、逃げ出すことは困難です。 長峯も、弱めるどころか、龍一の反応を楽しみながら足の振動を続けています。 どうやらこの電気あんま、先ほどの僕のときもそうでしたが、龍一がギブアップ…すなわち「逝く」まで続けられそうです。 僕の股間はだいぶ落ち着いてきて、息も整ってきましたが、他の連中に押さえつけられ、口もふさがれ、龍一を助けに行くことも、「やめろ!」と叫ぶこともできませんでした。 龍一は僕の身代わりとなり、ただひたすら、終わりなき振動に耐えているしかないのでした。 「くぅっ…んん〜…」 龍一の顔は真っ赤でした。 目をつむり、歯を食いしばりながら、やはり時々、喘ぎ声のような声を漏らしていました。 座った状態で電気あんまをされているため、龍一のモノに長峯の足がしっかりあたっているのが、僕からも分かりました。 あの体勢の電気あんまは、きついと思います。 「どうだ?気持ちいいか?」 「……ふん…お前らの好きにさせてたまるかよ…」 龍一は、顔は真っ赤なままでしたが、いつもの凛々しく頼もしい表情に戻って、毅然と長峯に向かって言い放ちました。 「は?」 長峯は電気あんまを続けながら、眉間に皺を寄せました。 「どうせ…俺が『あんあん』喘ぐ姿を見て、バカにしたいんだろ?…俺はお前らなんかに屈しないぞ…悠斗を救い出すためにもな…だから…俺が身代わりになったんだ!屈服させられるもんなら、やってみろよ!! 」 僕は胸が熱くなりました。 依然として、長峯に電気あんまされている姿に変わりはないのですが、龍一はとても格好良かったです。 同時に、罪悪感もありました。 ここまで僕のことを大切にしてくれている親友を、いじめっ子の電気あんまの餌食にしてしまっている自分が…そして、今、何もできない自分が、とてもとても情けなかったです。 「は?生意気言ってんじゃねぇよ!! オイみんな、こいつ逝かすぞ」 長峯は残酷な一言を発しました。 龍一をおさえている奴らもニヤッと笑いました。 「んっ…くぅ…やれるもんなら、やってみな…電気あんまなんかで、俺は逝かない!」 龍一の口から「電気あんま」という単語が発せられた瞬間、僕はちょっとドキッとしてしまいました。 しかし、すぐに我にかえりました。 「ハァ…ハァ…てめぇの足が使えなくなるか…俺が先に逝くか…勝負だ…」 龍一は真っ赤な顔のまま、額に汗をかきながら言いました。 「悠斗!心配すんなよ!助けてやるからな!」 龍一は僕の方を見ながら、いつもの笑顔で叫びました。 僕は申し訳なくて涙が出てきました。 そして次の瞬間、龍一から笑顔がなくなり、龍一が顎を仰け反らせて「ぐわぁあぁ!」と叫んだのです。

次の

「電気あんま」に関するQ&A

電気あんま

電気あんまは一体どこから浸透していったのでしょうか。 電気あんまの元ネタをご存じですか。 実は『ドロロンえん魔くん』という永井豪原作の漫画が元ネタになっています。 ドロロンえん魔くんのストーリーの中に出てくる登場人物に「電気あんま」という名前の妖怪がいて、そこから来ています。 まさか妖怪が元ネタで電気あんまという遊びができてしまったのか、と驚く人もいるのではないでしょうか。 しかし、なぜ電気あんまが股間を足でぐりぐりして行うものになったのかと疑問を抱くのではないでしょうか。 それは、ドロロンえん魔くんに登場する電気あんまの攻撃が股間に電気を流すものだったのです。 そして、股間から魂を吸い取ってしまうという想像もつかない展開になります。 まさか作者も電気あんまが世に知れ渡り、日本中の人たちが一種の遊びとして行うようになったとは思わなかったでしょう。 電気あんまをやって友人でわいわい楽しむことは悪いことではありません。 しかし、中には電気あんまをされたくなくてやられてしまっている人もいるかもしれません。 そして、電気あんま自体を知らない人やあまり電気あんまを受けたことない人にやってしまうと大変なことになります。 無理やり電気あんまをすると、いじめにも繋がります。 また、学生だと女性はスカート履いています。 スカートでなくても体操服になっている時に女性にしつこく電気あんまをすれば、それはセクハラになってしまいます。 そして、やりすぎてしまう事によってケガをしてしまう危険性も考えられます。 自分はいじめやセクハラのつもりがなくても、相手からしたらそのように捉えられることもあるでしょう。 そのため、その点は気を付けるようにした方が良いです。 あまり電気あんまをすると思いがけないことが起きてしまう場合があります。 男性に電気あんまをやりすぎてしまう事によって、射精をしてしまう恐れがあります。 元々、射精をしてほしくてお互い同意の上で電気あんまをしているのならば構いません。 しかし、射精目的とは違った場合には注意が必要です。 実際に母親が子供に対して「悪いことをしたら電気あんまをするよ」としつけのために、普段から発していたという人がいます。 ある日、いつものように息子に対して「電気あんまをする」と怒った際に息子から「電気あんまをしてほしい」と要求があったそうです。 そして、電気あんまをすることによって小学生の男の子でさえも射精をしてしまったという実話があります。 そのため、電気あんまのやりすぎには十分に気を付けるようにしましょう。

次の