背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下。 背中に異変!肩甲骨の下の痛みに潜む病気の可能性

背中の右側に痛みが起こる原因|病気のサインの危険性は?

背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下

下を向くと背中が痛みます。 右背中の肩甲骨から首の付け根がずっと痛いです。 普通にじっとしている時には痛みは全くあり ません。 普通にあぐらをかいた状態で首を下に向けるとギュっと痛みます。 あと深呼吸をすると一 番空気を吸い込んだ状態のときに同じく、右肩甲骨あたりがギュっと痛みます。 よく寝る前に仰向けになって下半身を持ち上げてストレッチなどしていたので、そのせいではない かと思うのですが心配です。 1ヶ月くらいずっと痛いです。 普段の生活で特に体に変化はありません。 筋肉とか首の頚椎とかの病気でしょうか? 一年ほど前整骨院に通っていた時に毎回首の骨の同じ場所がずれてると言われていました。 あとやっぱりストレッチで仰向けになってこう足を伸ばして首の方に折りたたむやつはあまりしない 方が良いですか?逆立ちとかも普段好きでよくやっています。

次の

背中に異変!肩甲骨の下の痛みに潜む病気の可能性

背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下

ページの目次• 背中の肩甲骨の下の痛みの原因とは? なんだか背中が痛い!特に肩甲骨の下辺りが痛いのはなぜ? こんな症状に覚えがある人の原因とはなんでしょうか。 ズキズキ痛かったり痛みに波があるし、シップを貼ってもよくならないという人へ。 もしかしたら筋肉痛などではないかも知れません。 考えられる病気などを挙げてみます。 背中の「肩甲骨の下の痛み」から考えられる病気 背中が痛み、特に肩甲骨の下に異変を感じる人の中には病気の可能性も考えられます。 ・膵臓炎 背中の左側から左下、またはみぞおちから左脇腹上部にかけて痛みが続く場合は膵臓炎の可能性があります。 膵臓炎の特徴は、空腹時には痛みが和らぎ、食事後には痛みが強くなります。 これは膵臓から分泌される消化酵素によって、膵臓に炎症が起きてるからです。 これらの症状が起きるほかの原因としては。 胆石症やアルコールの過剰摂取も考えられます。 ・膵臓癌 先ほどの膵臓炎の症状よりも重い痛みがある場合に考えられます。 胃のあたりに強い痛みを感じる場合もあります。 そのほかの症状としては、尿の色がいつもよりも濃くなったり、身体に痒みが出る場合もあります。 膵臓癌を患い、糖尿病を発症してしまう合併症にも注意をする必要があります。 ・胃炎 膵臓炎や膵臓癌の痛む場所と同じなので、胃炎との区別が難しいです。 胃の辺りに強い痛みを感じ、さらに背中の左側から下にかけて症状が出ます。 さらに、胸やけや吐き気、嘔吐や吐血などの症状が出ると重症となってしまうので、要注意です。 ・胃癌 胃炎と同じような症状ですが、黒い便が出るのが胃癌の初期症状です。 長い間胃の不快感が続く場合は早めの受診や検査を行いましょう。 このように背中に痛みを感じた場合に考えられる病気を挙げましたが、あくまで一例です。 自己判断をしないことが大切です。 早めの治療を行いましょう。 背中の右肩甲骨の下の痛みの原因とは? 先ほどとは逆に、背中の右側に痛みを感じる場合、特に肩甲骨の下に痛みがある場合に考えられる病気を挙げてみます。 ・胆石症 脂肪分が多い食事をした後に上腹部や右肩甲骨当たりに痛みを感じる場合に考えられます。 胆石症とは、胆嚢や胆管に結石ができて痛みを起こす病気です。 主に胆汁が固まってしまい、胆石となってしまうことが原因です。 はっきりとした痛む場所がありませんが、強い腹痛や発熱などが現れたら早めに受診をしましょう。 黄疸などが現れた場合は急を急ぎます。 ・肋間神経痛 背中の右側が痛む場合に考えられるのが、肋間神経痛です。 肋骨に沿って痛みが走るため、かなりの激痛が走ります。 これはどちらか片方の胸の痛みが原因となり、長時間続く痛みではないものの強い痛みを生じる神経痛です。 これらの症状が起きた場合は早めに整形外科などで受診をしましょう。 ・胸郭出口症候群 手のしびれから始まり、肩や肩甲骨に痛みが広がるのが特徴です。 これは鎖骨周辺の神経が何らかの原因で圧迫されて起きる症状です。 症状が悪化すると手の色が青紫になり、手を動かすことも難しくなってしまいます。 少しでも思い当たる点がある場合、早めに受診をして早期治療をしましょう。 日常の動作を正して痛みを改善しよう! 片方の肩甲骨に痛みを感じる原因は、日常的な動作が原因の可能性が高いです。 痛みに悩んでいる人は、ちょっとした心掛けで痛みから解放されると思いますよ。 こんな姿勢は取っていませんか? ・勉強をする時おかしな姿勢をしている。 ・ついつい前かがみになっている。 ・テレビを見るとき、右ひじか左ひじを付いている。 ・バッグを持つ手がいつも同じ。 この中で1つでも「あるある」と思う点が見つかったら、ぜひこれからは気をつけてみましょう。 右ばかりを使っている、または左ばかり…という人は、どちらも同じように使うようにしてみましょう。 また、ついつい猫背になってしまう人も肩甲骨に痛みを感じやすいです。 姿勢を正すことを心がけてみましょう。 左右のバランスを考えて動作をすることで、身体全体のバランスも整います。 骨盤の歪みもこの動作に深く関係しているので、ぜひ注意をしてみましょう。 背中の痛みは「内臓疲労」のサイン 運動をしているわけじゃないのになぜか背中が痛いという場合、内臓が疲れていることも考えられます。 内臓の疲れが背中に出るってちょっと不思議な気もするでしょうけど、背中のマッサージをしても痛みが収まらない場合は、内臓疲労かも?と考えてみましょう。 ここ最近の食生活はどうでしたか? 暴飲暴食はしていませんか? 辛い物ばかり食べませんでしたか? また、お酒の飲みすぎやストレスも考えましょう。 内臓は常に動いているため、内臓が疲れてしまうと背中に痛みが生じます。 背中の痛みは内臓疲労のサインだと思い、思い当たる点は改善しましょう。

次の

息を吸うと肩甲骨が痛い(左側右側)場合の症状【3段階のチェックリスト】

背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下

朝起きたら、右肩甲骨の内側に痛みが… 寝違えかなぁ…。 首は回るけど肩甲骨の内側は痛い。 下手にストレッチをすると余計に痛いしなんでだろう? 冷やしたり湿布を貼ったりするけど変化なし。 何をすれば良いか分からない!こんな時は、原因から知らないと 慢性化し、さらに 激しい痛みに襲われる危険があります。 こちらでは突然起こる肩甲骨の痛みの原因と治し方について書いていきます。 身体の中で起こっているメカニズム まず 痛みとは外傷でなければ悪い部分が痛むのではありません。 痛みが起こるのは、 酸素などの必要な栄養が足りない時で、筋肉は痛みを発することによって筋肉に栄養が足りていないことを知らせようとします。 さらに 乳酸の蓄積は筋肉の働きを阻害し二次的に血流障害や筋の過緊張を引き起こし痛みを増大させます。 凝りを感じるのも同じメカニズムで血流が阻害されていることを知らせています。 つまり、どちらも状態の悪化を知らせるアラームですね。 乳酸は血液が循環している心臓、腎臓、脳、手足などすべての器官で作られます。 全ての乳酸は肝臓に集められ肝臓でしか処理されません。 処理が滞らなければ、疲れは感じなくなると同時にエネルギーが補給され元気が出ます。 つまり肝臓での処理を滞らせないのが重要で、肝臓の働きが低下している時に• 筋トレ• ストレッチ を 行っても逆効果とも言えるでしょう。 肝臓の処理をいつも良い状態にするのに必要な事を次は書いていきます。 起こりやすい肩甲骨の痛みの場所を知ろう まず問題として多いのは 首の骨です。 特に、 肩の上部1は首の骨の動きが悪くなる事から神経を圧迫し痛みを出します。 次に 背骨です。 ちょうど肩甲骨の間にある背骨の動きが悪くなると 肩の下部2や3に痛みが出ますね。 しかし、骨の問題だけなら、 左右均等に痛みが出る可能性が高いです。 もちろん、利き腕や職業上の問題で、右腕ばかりを使うという事も影響します。 この時に、姿勢の歪みを気にする人も多いですが、 歪みは原因ではありません。 歪みとは、 身体が抱える問題から発生するからです。 歪みを治したせいで、 余計に痛くなったという人もいるくらいです。 では、身体が抱える問題とは何か? 意外かもしれませんが、右側に出る時の問題の多くは、 肝臓や胆のうにある事が多いのです。 実は肝臓や胆のうが問題になりやすい 肝臓や胆のうに異常があるなら、前症状として以下のようなものがあります。 呼吸がしづらい• 胸やみぞおちも痛みがある• 朝起きた時から身体がだるい 以上のような症状は、 肝臓や胆のうの機能が低下しているために起こります。 肝臓や胆のうは、調子が悪いと背骨の固さに影響します。 内臓の不調は背骨に影響しますが、肝臓や胆のうはちょうど肩甲骨の間に影響するので、痛みの原因として多いですね。 多くの内臓は筋肉や肋骨にくっついたり、ぶら下がったりしているので、機能低下で動きが悪くなると周りの筋肉や骨に悪影響します。 背骨が固い状態だと、内臓の機能は低下する悪循環に陥ります。 身体は、肝臓や胆のうの機能回復を手っ取り早く行うために、 身体を歪めて働きやすいスペースを作るという事を覚えておいて下さい。 そのため、肝臓や胆のうの機能が低下したまま、身体の歪みだけを整えれば上記のような症状が悪化します。 大切なのは、 肝臓や胆のうの機能を取り戻すことです。 肝臓や胆のうを疲れさせるNG行動をとっていませんか? 肝臓と胆のうの特徴をしり元気にしよう! まず肝臓は何をしている所か知っていますか? 痛みに関係する肝臓の機能を書くと• 有害物質や疲労物質の分解• 胆汁の生成• 余分な糖質の再合成 以上が挙げられます。 肝臓が疲労する原因には• 過度なアルコール• 肉食が多い• 炭水化物の摂り過ぎ 以上が原因になりやすいですね。 また、 脂肪分が多いと胆のうの疲労も加わります。 その結果、肝臓と胆のうの機能は低下します。 身体を歪ませて、機能を維持しようとするのも一時的な処置ですが、負担が日常的に続けば歪みが癖になりますね。 肩甲骨の右だけが痛むというのは、 歪んだ姿勢を長らく続けた結果です。 肝臓を元気に保って疲れ知らず 乳酸は肝臓で多くの酵素の働きによって分解されます。 しかし酵素の働きが弱い人は乳酸の分解が遅れ、なかなか疲れがとれません。 これらの酵素の働きを良くしているのが• マンガン• ビタミンB1 などの微量ミネラルなどの栄養素です。 疲労感を感じさせる物質はもう一つあって、それがアンモニアです。 体の細胞はタンパク質でできていますが、このタンパク質が分解されるとアンモニアになるのです。 アンモニアは乳酸よりも強い疲労感を感じるのが特徴で、アンモニアも主に肝臓で処理されるので肝臓は大忙しですね。 アンモニア処理にもミネラルの亜鉛が大切な役割を担っています。 ミネラル不足は• インスタント• 総菜 などをよく買う人に多いですが、ダイエットなどで脂肪がつかないように摂生し過ぎている人もミネラル不足にも陥りやすいので注意しましょう。 脂肪の基本的な働きは筋肉細胞が働くためのエネルギー源です。 脂肪1gは炭水化物やタンパク質の2倍以上のエネルギーを供給するのはご存知でしょうか? また脂肪はビタミンA、D、E、Kなど脂溶性ビタミンを吸収し利用するために必要です。 ベータカロチンが豊富な• にんじん• ほうれん草 など 緑黄色野菜は生で食べるよりも油で炒めたほうが吸収されやすいということも重要と言えるでしょう。 体脂肪をやたらと嫌う人がいますが脂肪は体の構成成分として必要です。 皮下脂肪は熱を保持して体が寒さに耐えられるようにし• 肝臓 などの 器官や組織を保護する働きがあり脂肪が少なすぎる人は肝臓が疲れやすいと言えるでしょう。 ボディビルダーが風邪を引きやすいというのは聞いたことがありますか? 身体は鍛え過ぎて内臓に脂肪が少なくなりすぎても問題を起こします。 だから、食べる量を極端に減らすというようなことは止めて下さいね。 身体を根本的から改善するには、肝臓と胆のうの機能回復を図りましょう。 肝臓と胆のうの機能を回復するには 当然、 食生活の改善が効果的です。 まず、• 過剰な肉食とアルコールは控える事• 肝臓の回復を促すアミノ酸をとる事• ビタミンも合わせて摂取する 具体的にはオルニチンというアミノ酸を含むシジミや魚、チーズなどが良いですね。 もちろんレバーも重要ですね。 緑黄色野菜も積極的に摂りましょう。 そして、控えたいのが、 古い油です。 古い油は肝臓と胆のうに大きな負担となるので、• 揚げ物の惣菜• スナック菓子• 外食の揚げ物 などは積極的に減らしましょう。 肝臓は回復力も高いですが、悪くても自覚しづらい内臓の一つなので、普段から気をつけたいですね。 可能なら、外食は週に3日までに収めて自炊を心がけましょう。 スナック菓子も3時のおやつより夜に食べた方が身体には悪いので気をつけましょう。 外食の時でも、野菜の多いメニューや魚などを選ぶと良いですね。 アルコールも連日は避けるか最低でも週に一日の休肝日は確保しましょう。 身体を改善するのに必要な水分と塩分 人間の身体が必要とするのは 体重30kgにつき1Lと言われます。 体重60kgの人なら2Lの計算です。 ただし水分だけでは身体への吸収は不十分なので、毎日 水2Lにつき茶さじ半分の塩を食事に加えましょう。 茶さじ一杯で約6gで2Lにつき3gの計算です。 もちろん 腎臓疾患があり医師に止められている人はこの限りではありません。 人によってはむくみが生じますが2~3日塩の量を減らし、むくみが消えるまで飲む水の量を増やし続けましょう。 加えて運動すれば余計な塩分は汗と尿の形で排出されるので問題ありません。 長い時間同じ姿勢でいる事も避けましょう。 ちなみに体液に近いと言われる経口補水液は水1Lに対して塩3g(砂糖40g)です。 体がナトリウム不足になると• 筋肉の痙攣(こむら返りなど)• めまい• 立ちくらみ などが起こるので、その場合は摂る塩を増やす必要があります。 日本人は昔から発酵食品である• 醤油 を摂取することで必要な塩分量を補い腸内環境を維持してきました。 量があっているかどうかの目安としては尿の色を参考にしましょう。 本来は 尿の色は薄く無色から薄黄色が理想です。 朝一番の尿を除いて濃い黄色から橙色の場合は水不足の可能性が高いです。 さらにストレッチを追加して肩甲骨の動きを上げよう! まずは、正面を向き顔の前で肘から先の両腕を揃えます。 この時、手の甲が正面を向いています。 次に、そのままの状態で肘を離さないように気を付けて挙げていきます。 この時顔は正面を向いたままで挙げれるところまであげたら5秒間キープ。 そして次は、両腕を離して腕を水平にして肘を後ろに引いていきます。 この時、顔は上を向くので、肩甲骨同士が近づき、さらに顔が上を向くので背骨沿いの筋肉が盛り上がるような感じです。 この状態で5秒間キープ。 この動作を5セット繰り返すことで、驚くほど身体が温まり、血液の流れもよくなります。 ただし、人によっては筋肉がつりそうな感覚があるので軽めから始めて下さいね。 続けて行えばより大きな動作で出来る様になりますが、初めは軽めに小さく肩甲骨が動いているのを感じながら痛くない範囲で行いましょう。 まとめ 右側の肩甲骨だけが痛む時は、 肝臓や胆のうの問題が多いです。 姿勢の歪み• 背骨の固さ は、肝臓や胆のうの機能が低下した結果ですね。 痛みが突然でたという人も多いですが、肝臓は一朝一夕では疲労しません。 当然、長い期間に渡って負担をかけてきていたと言えますね。 痛み自体はある程度マシになっても根本的に痛まないようにするには時間がかかるので、痛みが治まっても• ストレッチ• 食生活の改善 などは続けると良いですね。 治すべきは歪みや痛みではなく、日々の 生活習慣だという事を忘れないでください.

次の