ゼニガメ 飼育。 両生類・爬虫類のエサ(両生類・爬虫類用飼料):カメの飼い方 カメの飼育方法

クサガメの赤ちゃん

ゼニガメ 飼育

ゼニガメの脱皮同様、亀の脱皮に注意しないといけない点をご紹介致します。 ゼニガメの脱皮同様、亀の脱皮に注意しないといけない点とは ゼニガメは、普通の亀同様甲羅が脱皮をしていきます。 脱皮をする時になると、甲羅の部分からボロボロと垢のようにとれていき、一回り大きくなります。 成長するための脱皮ですが、この脱皮には注意する必要があります。 その注意を以下に記載していきます。 亀のみに関わらずですが、脱皮をする生物の中には脱皮不全というものがあります。 脱皮不全とは、読んで字の通り脱皮が不完全な状態になっていることを書きます。 亀の場合の脱皮不全は、甲羅の部分に皮がくっついてるので良く見る必要があります。 脱皮不全が起こる原因として、飼育環境が劣悪であるためという点があります。 例えば栄養不足であったり、環境が汚かったり、体が弱っていたりなど様々な点が挙げられます。 しかし、 主な原因として良く挙げられるのが紫外線不足やビタミンの過剰摂取や不足などです。 そのため、餌のあげかたには注意することや、日光浴は毎日数十分程度してあげる必要があります。 また脱皮不全かなと思っていると、たまに病気の場合ということもあります。 その病名は、水カビ病です。 水カビ病とは、真菌類の感染を原因とする皮膚病の総称のことをいうらしく、これが発症すると甲羅の部分に白い物が付着するそうです。 脱皮不全と水カビ病との違いは、水から出してあげると白いものがついたままであることや、白い物をはがすと甲羅が赤くなっていたりする点から見分けがつくそうです。 この症状に感染すると、体が徐々に弱くなっていき、最悪の場合亡くなってしまうおそれがあります。 この原因として、脱皮不全どうよう環境状態が良くなかったり、傷からの感染だったりがあるそうです。 この病気を治すためには、水槽の水質を良い状態にすることや、薬浴をしてあげる、また白い物をとってあげるなどです。 亀に少しでも長く生きていて欲しいなら、こうした点には気配りをする必要があります。 スポンサードリンク まとめ 脱皮不全や水カビ病は、亀にとってまずいそうです。 そのため、飼っている亀が脱皮不全や水カビ病を起こしているような気がしたら、病院にいって診てもらうのをオススメします。 亀に少しでも長く生きてもらうため、ちょっとした気配りには注意する必要があります。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

ゼニガメとミドリガメで雑種は生まれるの? 無精卵か有精卵か判別する方法

ゼニガメ 飼育

このぐらい大きい水槽になると、 値段もけっこう高いです、 4,000円ぐらいだったでしょうか。 はっきり覚えていないけど、 5,000円はしなかったと思います。 カメが小さかった最初のうちは、 カブトムシを飼うような小さな水槽で飼っていました。 が、成長とともにどんどん体が大きくなって、 水槽が狭くなって、 今までに3回ぐらい買い換えました。 ゼニガメは丈夫な生き物なので、 それなりにちゃんと世話をしていれば、 簡単には死なないと思います。 だから、水槽を買うとき、買い換えるときは、 成体になるまでの数年間でかなり大きく成長することを予想して、 大きめの水槽を買うようにしたほうが、 経済的かもしれません。 まあ、住居スペースの問題もあるので、 そう大きな水槽も、なかなか買いづらいのですけど。 なおかつ、カメが頭を持ち上げたときに、 頭が水の上に出る量にします。 ゼニガメは、泳ぎがそれほどうまくないので、 (小さいうちは特に) 頭が出ないほどたくさん水を入れると、 溺れてしまうことがあるようです。 ゼニガメは、いちおう皮膚呼吸もできるみたいですが、 基本的には、水から顔を出して、 鼻で息をしています。 わが家のカメぐらい大きくなると、 激しく動いた合間(水槽の中で泳いだりしてるとき)に、 水から顔を出して息をすると、 「フー、フー、フー、」 という荒い鼻息が、 同じ部屋にいるわたしたちにも聞こえます。 (笑) 水槽の水の量は、ゼニガメが首をのばしたら、 頭が水の上に出るぐらいまでの高さにしましょう。 わが家の場合、夏は毎日か最低でも1日おき、 冬は、2〜3日おきに換えるのが、目標(笑)です。 ゼニガメは、水槽の中の水を飲むので、 こまめに水換えをして、 きれいにしておいてあげなければなりません。 匂いの問題もあります。 わが家のカメぐらいの大きさになると、 つい、面倒だったりして水換えをさぼると、 すぐに匂ってきます。 面倒くさがり屋の方は、 一時の感情で、ゼニガメを安易に飼うのは、 やめておいたほうがいいかもしれません。 ゼニガメは、長生きする動物です。 カメが生き続けている30年とかの間、 夏は毎日のように、 水換えをしてやらなければなりません。 わが家では、わたしが水換えの係なのですが、 正直いって、けっこう負担感はあります。 以前、まだカメが小さくて水槽が小さいときは、 水槽ごとお風呂場に持っていって、 水を換えていました。 でも今使っている大きな水槽は、 水の入った状態だとすごく重くて、 わたし1人では、持ち上げられません。 なので今は、 水槽をその場所から一切動かさず、 その場で水換えをしています。 ポンプで、水槽の中の水を吸い取り、バケツに移して、 そのバケツの水をトイレに捨てて、 その後、お風呂場でくんだ新しい水を、 水槽に入れるようにしています。 水槽の水は、10リットルのバケツ2杯分入っているので、 水槽とトイレとお風呂場を何往復かします。 ちなみにポンプは、 手動のものを使っています。 灯油ポンプと同じ作りで、 とても使いやすいです。 電動のものも売っていますが、 手動ポンプで十分、ラクに水換えできます。 カメは、甲羅干しをして甲羅を乾かさないと、 成長できず、病気になってしまうと聞きます。 わが家で使っているのは、 カメ飼育専用のライトではなくて、 家庭用の普通の電球ライトです。 ホーマック(ホームセンター)で、 1,000円ぐらいでした。 最初にライトを買うときは、 カメ飼育用の何か特別なライトがいいのかなと、 迷ったのですが、 いろいろ調べた結果、普通の電球でも問題なさそうだと思い、 普通の白熱球のライトを買いました。 4年たった今、 わが家のカメは、もりもり元気に大きく成長していますので、 甲羅干し用のライトは、普通の白熱球で 問題なかったんだろうと思っています。 これは、カメ飼育の専用のものを買いました。 たしか、2,000円ぐらい。 こんな台なんて、大きな石でも拾ってきて、 入れておけば代用できるんじゃない? って最初は思ったんですが、 探してみると、 ちょうど良い高さと大きさと形の石が、 なかなかみつからないんですよ。 石が小さすぎると、カメが台の上でくつろげないし、 大きすぎると、水槽の面積を占領していまいます。 石の形も、あんまりつるんとしているとダメで、 つめを引っ掛ける部分がないと、カメが登れません。 また、つめをひっかける部分があっても、 傾斜のない四角い形のプラスチック製品などだと、 カメは体を前かがみに丸めることができないので、 やっぱり登れません。 登るための斜面が必要なんです。 だから、カメ用の陸地は、 代用できるほかの物を探すより、 市販の専用のものを買ったほうが 早いんじゃないかと思います。 わが家で使っているのは、 市販のカメ甲羅干し用の台(グレーの部分)に、 あとからプラスチックの板(黄色の部分)を付け足したものです。 市販の台には、斜めになっている部分に、 細かい穴が開いていて、 ここにカメがつめを引っ掛けて、 登れるようになっています。 ただ、わが家の場合、 カメが大きくなってしまったので、 買ってきたそのままで使っていると、 陸地の部分がせまくて窮屈そうになってしまいました。 そこで、黄色いプラスチックの部分を、 夫があとから付け足しました。 市販の台とプラスチック板に、穴をあけて、 錆びないステンレスのねじで留めています。 温かい時期なら分かりませんが、 冬など寒い時期は、ヒーターがあったほうがいいと思います。 ただ、私の子ども達の幼稚園や小学校で 飼われているカメの水槽には、 ヒーターが入っていないです。 どちらも古い校舎と園舎ですので、 暖房を切っている夜〜早朝にかけては、 相当、室温が低いと思います(ここは北海道です)。 それでも、学校と幼稚園のカメさんたちは、 何年もちゃんと生きています。 (どちらもゼニガメではなく、ミドリガメですが) なので、カメを飼うときに、 ヒーターがなけれ絶対ダメっていうわけでは ないのかもしれません。 ただ、わが家では一応、 年中、ヒーターを入れてあげてます。 そのほうが、本人(カメ)も快適かなと思うので。 でも、考えてみれば、夏場は十分暖かいので、 ヒーターは必要ないかもしれませんね。 いま、この記事を書いていて、 そう思いました。 (たった今、コンセントを抜いてきました。 以前は、水槽をお風呂場に持っていって、 水換えをしていたので、 そのときに、カメを別のバケツにうつして、 陸地の台とか、ヒーターとか、 水槽に入っているものを全部出して、 たわしなどで掃除していました。 でも今は、 水槽を動かさず、その場で水換えをしているので、 掃除もそのときに、その場でやっています。 わが家の水槽の掃除と水換えの 具体的な手順は、以下です。 (1)水槽の中の汚れた水を全て、ポンプで吸い取って捨てます。 (2)次に、バケツ1杯のきれいな水を水槽に入れます。 (3)その水が入った状態のまま、 水槽の内側や、陸台やヒーターを、たわしでこすってきれいにします。 (4)掃除に使った水槽の中の水を、ポンプで吸い取って捨てます。 (5)そこに、新しいきれいな水を入れます。 この手順で、 水換えと掃除が同時に終了します。 カメと水槽が大きくなって、 運ぶのが大変になってきたら、 この方法のように、 掃除、水換えをその場でしたほうがラクです。 ちなみに私は、掃除に使うたわしを、 水槽の中に、いつもぶら下げておいてます。 このように。 たわしに、丸いリング(単語帳とかについているやつ)をつけて、 そこをS字フックに掛けています。 こうしておけば、 カメの糞で汚れたたわしを、どこに干しておこうかと、 悩まなくて済みますし、 掃除のときも、さっとすぐに使えてラクですよ。 わが家でも、以前(カメが小さいうち)は使っていたのですが、 今はもうまったく使っていません。 カメは、水の汚し方が激しいので、 カメが大きくなるにつれて、 ろ過装置はあんまり役に立たなくなってきます。 「ろ過」ってことは、 フィルターを通して、水の中のゴミや糞を取り除くことですが、 その取り除いたゴミや糞は、 当たり前ですが、フィルター内に残っています。 だから、パッと見ただけだと、 水槽の水は一応、透き通った状態に保たれても、 糞や汚れは、水槽の(フィルターの)中にある状態なので、 そこから汚臭がしてくることには、変わりないのです。 水も、フィルターを通すことで透き通った状態ではあっても、 色じたいは、茶色っぽくなってきます。 ろ過装置を通したところで、 きれいな換えたばかりの水とは、 明らかに違う色になってます。 カメが大きくなるにつれ、 ろ過装置 フィルター)なんかでは、 太刀打ちできなくなってしまうのです。 だったら、ろ過装置なんかつけないで、 こまめに水換えしたほうが、 結果的にはラクです。 汚れたろ過装置は、 入り組んだ細かい部分の掃除が面倒なものです。 加えて、交換するたびに、 フィルター代がかかります。 そのため、わが家では、 ろ過装置は使っていません。 右側のがエサで、 左側のは、「おやつ」です。 (笑) カメのおやつは、海老です。 ぜいたくでしょ? わが家では、私たち人間でも、 海老なんてあんまり食べないのに。 (笑) 夫が初めて、 この海老のおやつを買ってきたときは、 「ほんとに食べるのかね〜」 なんて、半信半疑だったんですが、 あげてみると、すごい喜びました。 ふだんあげているエサより、 すごく食いつきがいいです。 (笑) お腹が、まあまあ満腹のときでも、 この海老を入れてやると、張り切って食べます。 カメにエサをやる回数は、 わが家の場合、1日1回ぐらいです。 3日に2回になるときもあります。 1日2回はあげません。 わが家のゼニガメは、 お腹が満足していて、水槽の水もきれいな状態のときは、 たいてい、気持ち良さそうに 甲羅干ししていることが多いです。 カメが甲羅干ししながらのんびりしている時は、 放っておいて、 わざわざエサをあげたりしません。 お腹がすいてくると、 甲羅干しなどせず、水の中で泳ぐようにしていたり、 私たちが水槽の前を通ったときに、 求めるように寄ってくるので、 それを合図に、エサをあげています。 以上、 【わが家のゼニガメの飼い方・ぷち講座】でした。 (笑) まあ、カメはかわいいですよ、 癒されます。 同じペットでも、犬などに比べれば、 世話もそれほどかかりませんし。 ただ、やっぱり生き物なので、 水換えや掃除、エサやりなどの 最低限の世話は必要になります。 あと、犬や猫ほどは、 気軽に触れ合って遊んだりしにくいので、 家族との関係は、 それほど濃くならない場合が 多いんじゃないかと思います。 犬なんかだと、 「セラピー犬」なんて言葉があるくらい、 家族の一員であり、 心の拠りどころになる場合もありますが。 わが家の場合、団地住まいなので、 犬を飼うことができず、 生き物が好きでペットを欲しがる娘のおねだりに負けて、 カメを飼い始めました。 でも結局、犬などと違い、 毎日一緒に遊んだり、散歩したりはしないので、 ペットとのそうした楽しい関係を求めて飼うなら、 カメはちょっと、役不足だったかな〜と思ってます。 あと、どんな生き物でもそうだけど、 飼っているカメを野生に放すことは 法で禁じられていますし、 無責任に途中で飼育を放棄することはできません。 しかも、カメは長生きです。 私が生きているあいだはずっと、 面倒みないといけないんじゃないかと 覚悟しています。 (どっちが先に逝くか微妙・・笑) だから、カメを飼おうかと思ったら、 あんまり気軽に考えて飼うと、 あとで後悔することになるかもしれません。 まあ、わが家のはなちゃんは、 かわいいですよ。 ^^ 生き物がいるっていうのは、 そこに灯がともっているような、 温かさがあるものです。 甲羅干ししてのんびりしている姿を見ると、 やっぱり癒されます。

次の

クサガメ(ゼニガメ)の飼育や飼い方は?寿命と販売値段はどれくらい?

ゼニガメ 飼育

このページの目次 OPEN• スポンサーリンク 1.ゼニガメの飼育で必要な水槽はどのぐらいの大きさ? ゼニガメ(クサガメ)は、日本の池や高配が緩やかな川、神社などに生息している身近な動物です。 ですから基本的に日本の気候に適応しており、丈夫ですが幼体の頃は 病気になりやすいので注意が必要。 スポンサーリンク そのためゼニガメを飼育するのには、ストレスをなるべく与えない生活空間が必須なのです。 ゼニガメの飼育では基本的に水槽を使いますが、問題となるのはその大きさ。 幼体の頃のゼニガメは、5cmぐらいでとても小さいのですが、成長するとオスは15cm、メスは25cmほどになります。 子供の頃とは大きく異なり、立派に成長するので水槽も成長しきった大きさを考えて選ぶようにしてください。 オスを飼育する場合は、長辺が 60cm以上のものを、メスの場合は長辺が 90cm以上の水槽を使用しましょう。 またゼニガメは水中と陸とを交互に行き来しますから、水槽には「水場」と「陸場」の2つが絶対に必要です。 陸場は自作でも容易に作れますが、例えば以下に挙げる市販の「浮島」を使うことでも簡単に設置可能ですので検討してくださいね。 というのもいきなり大きな水槽にすると、掃除が大変で面倒に感じてしまう可能性があります。 まずは手軽に掃除できる水槽にし、それから大きさを変えていけば面倒な掃除の回数も減るでしょう。 2.ゼニガメの飼育で必須な「日光浴」をさせる方法 ゼニガメに限らず亀のほとんどの種類は、日光浴をしないとすぐに死んでしまいます。 というのも体内でビタミンDを生成し、甲羅の形成や骨を強化するのに必要なカルシウムが作られていくため、ビタミンDを生成するのに紫外線が必須だからです。 庭などで飼育している場合は日光浴をさせることは容易ですが、マンションやアパートなど室内で飼育するとなれば一苦労。 スポンサーリンク 日光浴は紫外線を浴びるだけでなく、 甲羅干しをして甲羅にカビが生えるのを抑えたり、体を温めて餌の消化を早めるなどの効果があります。 ですから十分な日光浴をさせるため、室内で飼育しているなら陸場に「バスキングライト」を照射させる必要があるのです。 バスキングライトにより簡易的な太陽を陸場に照射し続け、「 ホットスポット」を作ることが、ゼニガメの飼育で必須。 庭で飼っていない限りバスキングライトは必要ですが、こちらはペットショップで気軽購入できるので入手は難しくありません。 亀専用と謳っていなくても、 爬虫類用であれば問題ないでしょう。 ただし、水場に当たらないよう注意します。 水場にバスキングライトが照射されると、水温がいっきに上昇するのでゼニガメが熱中症を引き起こし、泡を吹いて死亡する恐れがあるからです。 ですからゼニガメの健康を維持するためにも、水温は一定以上を常にキープしておく必要があるのです。 もっとも、水中ヒーターを使うことで水温の調節は可能ですから、頻繁に水温をチェックする必要はありません。 とはいえ、ゼニガメは亀の種類の中でも低温に弱い傾向を示していますから、 油断しすぎないようにだけは意識しておいてください。 4.ゼニガメの飼育で欠かせない「餌」の与え方 ゼニガメの飼育において、絶対に欠かせないのが「 餌」ですよね。 亀も生物ですから、餌を与えないと衰弱しやがて死んでしまいます。 ゼニガメに与える餌は、市販されている 人工飼料で問題ありません。 たとえば、「テトラレプトミン」はペットショップや、ペットコーナーが併設されている総合スーパーで必ず置いてあるほど定番の餌。 栄養面でも申し分なく、ゼニガメの成長に大きく寄与してくれるでしょう。 問題となるのは、餌を与える回数です。 幼体の頃は成長する速度が速いので、1日に2回ほど食べきれる分だけの餌を与えます。 成長しきって大人になれば2日に1回程度、こちらも食べきれる分だけ与えれば十分です。 亀は餌をゆっくり消化していくので、 2日に1回という少ない回数でも問題ないんですね。 逆に心配になって多く与えすぎると、栄養価の高い亀の餌ですからすぐに肥満になってしまいます。 ゼニガメが肥満になると、内臓が自身の重みで潰れ 死亡する危険があるので油断はできません。 餌の与え方には、十分に注意を払うようにしてください。 5.ゼニガメの水槽を掃除するタイミング ゼニガメは清潔な環境を好み、汚れが目立ってくるとストレスを感じてしまい 病気になりやすいです。 それでいて、ゼニガメは水をすぐに汚してしまうので飼い主が適度に水槽を掃除する必要があります。 ではどれぐらいの頻度で水槽を掃除してあげるのが理想なのか、気になりますよね? 理想は1日に1回は水換えをし、水槽の掃除をしていくことですが忙しい毎日を送っているとなれば難しいものです。 そのため1週間に2〜3回は、必ず水換えを行い水槽の掃除をしてください。 ゼニガメは水中で餌を食べ、排泄し、その水を飲みます。 水換えをする際は、水をすべて入れ替え、残っていた餌などは 捨てておくようにしましょう。 魚を飼育する際はろ過機を使うことで、水質をある程度清潔に保つことができますから、亀の場合も有効と考えるかもしれません。 しかし亀は水をすぐに汚してしまうので、ろ過器は全く役に立たないでしょう。 まとめ ここでは、 ゼニガメの適した飼育方法について紹介していきました。 ゼニガメは初心者でも飼育しやすい亀の種類ですが、それでもある程度の知識や準備が必要になります。 変温動物なので、犬や猫と違い紫外線の照射なども必要となるので、亀の健康を考えしっかりと対応するようにしましょう。 関連ページ 「鶴は千年、亀は万年」という諺が物語るように、亀は寿命の長い動物として広く知られていますよね。 長生きや健康という面で、亀にあやかる人は多く地方によっては祈願を捧げる対象となる場合も少なくありません。 そんな亀ですが、本当に寿命は長いのか、もし長いとすれば何が関係しているのかあまり知りませんよ・・・ 身近なペットとして、犬や猫、金魚などが思い浮かぶ人も多いでしょうが、亀も外すことはできない人気のペットです。 亀は変温動物なので犬や猫と同じような飼育ではなく、生態などについてある程度の知識が必要となってきます。 そんな亀の飼育ですから、気軽に購入できるとはいえ安易な気持ちで飼おうとすると後で悩んでしまう場合・・・ 動物と一緒に暮らしていると、家族が1人増えたような感覚を覚え、お金を惜しみなく使えてしまいますよね。 犬や猫など古くから人間に飼育されていた動物はもちろんですが、最近は亀を飼う人が増えています。 そんな亀の飼育に欠かせないのが、亀の家となる水槽です。 しかし水槽と言っても、その種類は実に様々でどれを選んだらベストなのか・・・ ペットショップやお祭りの屋台などで安価に販売されており、ペットとして飼育している人も多いのが「亀」です。 亀は生活する環境が良ければ、30年ほど生きる種類がいるなど長生きする動物として知られ、長く一緒に生活できるとして人気があります。 そんな亀ですが、飼おうとしたとき、最初はどんな種類から飼い始めたら良いか疑問・・・ 忙しい毎日を忘れさせてくれ、ストレスの解消にも一役買ってくれるのが「亀」という存在ですね。 マイペースでゆっくりと生活する亀を見ていると、慌ただしい毎日に翻弄されている自分とのギャップがありすぎて穏やかな心になれます。 そんな亀の中でも、比較的長生きで飼育するのにクセがあると言われるのが「リクガメ」で・・・ 1980年代から日本人の間で大人気のペットとなり、今でも根強い人気を誇っているのが「ミドリガメ」ですね。 甲羅が濃い緑色をしていることから名づけられましたが、正式名称はミシシッピアカミミガメと呼ばれる外来種です。 そんなミドリガメですが、初めて飼育するとなれば寿命のことや、健康に暮らしていくためにどんな点に気を付けるべきか・・・.

次の