サイレント ヒル 主人公。 サイレントヒル|みやびの映画日記|note

サイレントヒル2の選択肢

サイレント ヒル 主人公

実は、 つい最近メアリーを介護疲れの末にその手で殺害していた。 三年前、メアリーが死に至る不治の病を患ってからはあらゆる医学書を読み漁り、頻繁に見舞いに行ったが、病の進行は止められず、愛する妻からは八つ当たりで顔を合わせる度に口汚く罵られていた。 メアリーからの八つ当たりによるストレス、発散できない性欲、楽にしてやりたいという善意、苦しんでいる愛する人を見たくないという思い…………… 様々な思いから、衝動的に犯行に及んでしまった。 まもなく正気に戻った彼は、自分が最も恐れていた事態である「メアリーの死」を、そして生き甲斐を失ったことを理解し、ある目的のために妻の遺体と共にサイレントヒルへ再訪する。 そう、 メアリーとずっと一緒にいるために。 しかし、サイレントヒルに着いた時、サイレントヒルに宿る「神」が彼の現実逃避を手助けした結果、記憶が塗り替えられてしまった。 妄想が具現化した手紙を手にいるはずのない妻を探し、自らの内面が具現化した世界をさまよい歩く。 二人の思い出の場所で、最終的には自らの罪を思いだし、「神」に勝利するが……。 尚、オカルト的な知識も無いジェイムスがこれ程の異変の元凶となり、他者をも巻き込んでしまったのはの事件により「神」の力が活性化していた為である。 かつての死刑執行人達は民間伝承に於ける彼らの御使いであるの姿を模して、正義の名の下に裁きが行われていることの証明として、この扮装と兜を身に付けたという。 つまり、ジェイムスが資料館で見た情報を下に自らを罰する為に生み出した「もうひとつのジェイムス」である。 他のクリーチャーとは違い、自我や感情があり、ジェイムスが自らの罪に気づくように行動していた。 ジェイムス曰く「私は弱かった だからおまえの存在を望んでいた」。 この台詞から、自殺をしようにも死に対する恐怖から実行できなかったジェイムスが、「自分を殺してくれる都合の良い誰か」を望んだために生み出されたことがわかる。 ジェイムスがその存在を望んでいるため、不死身。 ……だが、全てを思い出したジェイムスにもはや不要な存在であることを告げられ、怯えて後退りし、不死性を失う。 その後、自らの存在意義を賭けてジェイムスに抵抗するが、ジェイムスの攻撃に 初めて怯む様になり、最後は自らの喉を槍で刺し貫いて直立した遺体と化す。 メアリーにそっくりなマリアを殺すのは、ジェイムスによるメアリー殺害を再現しており、ジェイムスに見せつけることで現実を直視させようとしている。 体格と声がジェイムスと酷似・武器「大鉈」を使用できる・他のクリーチャーを殺害する等、ジェイムスとの共通点があり、三角頭が「もうひとつのジェイムス」であることの伏線となっている。 また、水の中に潜っていく場面や最後に自害する場面はエンディング「in water」の伏線である。 ちなみに、レッドピラミッドシング(赤い三角頭)という呼び名は設定上ジェイムスが付けたものである。 つまり、クリーチャーと成り立ちは同じ。 ただ、メアリーの霊的存在が宿っている様な描写もある。 三角頭と同じく自我や感情がある。 「ジェイムスにとっての理想のメアリー」であり、外向的で健康的で ジェイムスを必要としていて、性に対しても開放的なのはそのためである。 が、ジェイムスがその存在を望んでいるため、何度でも復活する。 このあたりはあのにも似ている。 尚、に於いて彼女の外見のモデルとなったのが『Heaven's night』のダンサーであることが解る。 この時、幸せな、綺麗な、優しいメアリーは確かに死んだ。 余命三年を言い渡され、薬と病で顔は醜く歪み、精神は荒んでいった。 死への願望、生への執着、その両方を抱えながら、見舞いに来たジェイムスに八つ当たりした。 本心でははげまして欲しかった。 気休めでも、「大丈夫」と言って欲しかった。 だが、ジェイムスのような不器用で真面目な人間にそんな芸当ができるはずもなく、心はすれ違うばかりであった。 しかし、それでもジェイムスに対する愛は本物であり、遺書には「あなたはあなたの生きたいように生きてほしい」「ジェイムス 私は幸せでした」と記している。 三年間の闘病生活の末、予期せぬタイミングでジェイムスに枕を押し付けられて窒息死した。 喧嘩が弱いわけではなく、むしろ強いのだが、あまりにも内向的で自虐的過ぎたためいじめの対象とされていた模様。 だが、いじめに対してひたすら我慢していた結果、ある日限界を迎え、いじめ加害者の飼い犬を射殺、更にいじめ加害者の足を撃ち抜く反撃に出る。 しかし、もともと小心者であったためにサイレントヒルへ逃げ込む。 かなりのお人好しで、そんな状況にも関わらずローラを手助けしていた。 サイレントヒルでは理不尽な暴力や暴言を浴びせてくる人間(おそらくクリーチャーと似た存在)に襲われ、いじめによる心の傷を散々にえぐられた末、気に入らない人間を問答無用で殺害するソシオパスと化してしまった。 最後はジェイムスに敵対した末に殺害されてしまうが、この 更なる殺人の罪によって、最後に対峙する三角頭が二体に増えたとされる考察もある。 ちなみに、小説版では犬型の怪物に執拗に襲われる。 ラスボス部屋へねの -- 名無しさん 2013-12-07 21:15:34• ミスった。 ラスボス部屋への道で泣いた。 -- 名無しさん 2013-12-07 21:16:22• ドボンEDが正史なんだっけ? -- 名無しさん 2013-12-07 21:28:04• サントラはこの作品が一番好きかも。 -- 名無しさん 2013-12-07 21:44:00• 4にジェイムスの親父が出てくるんだっけ…ここからクリーチャーが何とも言えないキモい姿になった -- 名無しさん 2014-04-02 03:24:45• マリア編にもう少し力入れてほしかった -- 名無しさん 2014-11-02 00:53:59• 2chだったかwikiだったか忘れたけど、ジェイムスが便器に手を突っ込む場面を『自分の触れたくない部分に手を伸ばす行為』と考察している人が居たのが記憶に残ってる。 そこで手に入るのが銃弾 敵と戦う、向き合うための手段 の入った金庫のメモというのもなんだか趣深くて好き -- 名無しさん 2015-05-07 11:23:48• 4だとジェイムスは行方不明だから水の中なんだろうなぁ。 ローラと一緒に立ち直ってるなら受刑者なのを父ちゃんが知らないってことは無いだろうし -- 名無しさん 2018-05-18 08:39:09• ドボンエンドが公式なのはそういうこと。 -- 名無しさん 2018-05-18 08:57:42• 前後作にはいる「空を飛ぶクリーチャー」が今作にはいない事って、何かしら意味があるのかな? 攻撃手段として羽虫が飛んできたり、宙吊りの敵はいるけど、個別のクリーチャーとしてはいない。 独房の4以降のクリーチャーはわからないけど。 -- 名無しさん 2020-03-07 17:54:53• 途中送信。 独房の絵に「そらとぶおんな」はあるけど「空を飛ぶ敵」はいない。 4以降のクリーチャーはわからないけど、他の作品には空を飛ぶ敵がいるなら、何かしらの意味を見いだせそうだ。 -- 名無しさん 2020-03-07 17:57:55• ジェイムスの「逃げられない」心境を表してるのかも -- 名無し 2020-03-25 23:06:19• 「プリズナー」 刑務所の姿の見えないクリーチャー を、白文字で「見えない」ようにしたかったんだが、なんかやり方が違うみたいだな…… -- 名無しさん 2020-03-28 18:52:31• もっと単純で大丈夫よん。 -- 名無しさん 2020-03-28 19:02:01.

次の

【ネタバレ無し・感想】映画『サイレントヒル リベレーション』を観るか迷っている方へ!DBDの演出の理由がわかって嬉しい!

サイレント ヒル 主人公

ジェイムス・サンダーランド( derland)とは、の『』のである。 概要 在住の。 年齢は29歳。 は小さな会社の員。。 瞳の色も色。 妻は専業の・。 は中規模「」のにある「サウスツ」のを若い頃から勤めており、の出身地もこのあたりであると思われる。 三年前にが病死し、最の人を失ったで気な日々を送っていたが、ある日届いた、「かつて二人で訪れたのの場所であなたをまっている」という旨の からのにひかれ、へ再訪する。 人物像 く「ぶっきらぼうで あまり笑わない ちょっと短気な人だけど 本当はとても優しい」。 一方で、作中では、常に穏やかな口調で他者と接し、自らの命を顧みずにの他人を助けようとするなど、感や慈に満ちた的な人物として描写される。 しかしその反面、幼いに対してを荒げることがある。 非常に内向的かつ内罰的な一面がある。 身体能力 並よりは逞しい体格だが、訓練を受けていない一般である。 を構えればへっぴりが立ち、を撃てばをうまく逃がせずに硬直時間が長い。 しかし、射撃の命中率は高いため、性の才があるともいえる。 以下、 異常な行動 作中で、は「まあ、だし…」としてしてしまうことが多いが、な行動を多々みせる。 作中でも序盤こそあまり信じていない素振りをみせるが、が進むにつれ、「の場所に辿り着けばに会える」という 盲信になる。 版では「バの存在が許せなかった」というバたら 理不尽極まりな理由。 さらに版では、を発見した際はにんまりと微笑み、バを殺す度に感を得る。 に至ってはに謀られた八つ当たりで殺される。 がを入れた。 具体的には、数回攻撃してさせ、 這いつくばってようとするを追い詰め、に蹴り殺す。 汚がたまったに なく手を突っ込む。 さらには 底が見えないほど深いに何度も身を投じる。 中で訪れるでは、の三頭の「 」に襲撃される。 やっとのことでたどり着いたにははおらず、代わりにと二つな「 」と出会う。 との会話でしたもうひとつの「の場所」 ビューをす。 以下、 更なる 心の旅 中で会った を知る「 」を追い、と共にへ。 しかし、そこで待ち受けていたのはによく似た「 」の群れ。 精にをきたした患者が残したやメモ そして、 を殺す三頭 院長が残した 自分宛の の心の闇を表すかのような 、、、…………… そのの先にあったの徴……… 更に深くにある通りの そして、死んだはずなのに、何事ったかのように復活した 用意されていた 自分の墓 そして、ついにへたどり着く 真相 「? 」 「何か用 」 「ああ ほらこれ の好きな…」 「 買ってきたの…… 醜い私へのあてつけ? 帰って 」 「何いってるんだ 」 「私もで顔を見たときはぞっとしたもの とのせいで 怪物みたい 何みてんの?く出ていきなさいよ こんな女 放っておけばいいでしょ 役にもたたないし どうせ すぐに死ぬんだから だかだかしらないけど どうせ死ぬなら 今 殺してくれた方が楽なのにね まあ には大切なヅルだから 簡単には手放さないでしょうけど まだいたの? ねえ 出てけって聞こえないの? 二度と来ないで!」 「…… やっぱヤダ 行かないで お願い そばにいて ずっとそばにいて 出てけなんてよ ねえ お願い って言って しなないよって まして ……」 「で死んじゃったの?」 「違う 私が殺したんだ」 結末 三年前にでを訪れてからなく、は死に至る不治の病を患う。 余命三年をに告げられ、な、は、確かに死んだ。 の八つ当たりによる、発散できない性欲、こいつさえいなければという、い人を苦しみから解放してあげたい、心身共に醜くなっていくい人。 そう、 疲れである。 さまざまな思いと共に、衝動的にをで死させてしまう。 正気に戻った頃、は、彼にとって最も恐ろしい出来事「の死」をの当たりにする。 そしてある決意をしたはをに乗せ、へ向かう。 とずっと一緒にいるために だが、は という名のが蔓延る。 都合の悪い記憶を消し、願望をえ、心の傷を抉り、魂を貪る。 つまり、が名付け親である。 のいローブのようなを着ているが、 股下が袋の様に閉じている。 他にもい長靴、いを着用している。 また、最大の特徴である錐状の頭部は、付いたの様な質感。 かつて存在したの「 トカ」にて、受刑者を処刑する が専用のを身にった姿に酷似している。 とは体格やが酷似し、同じ「 大」を扱うという共通点がある。 また、かつてのも使用していた 長いもとする。 頭部はもちろん、体も非常に頑健で、如何なる攻撃を受けても一時的に動きが鈍くなるだけで 倒れないばかりか怯しない。 を幾度も襲撃するのみならず、他の や でさえも嬉々として殺する。 その正体はの 自罰意識、内罰がの「」のによって具現化した存在。 く「 私は弱かった だからの存在を望んでいたんだ 私を罰してくれるか」 つまり、「死」への恐れからできない自分を殺してくれる、裁いてくれる都合の良いかを望んだ結果、誕生したといえる。 自身がその存在を望んでいるため、 が自らの心の弱さをしない限り。 内罰、すなわちの心の闇そのものであり、「 もうひとつの」である。 そのため、を殺すことでを精的に追い詰める(による殺のでもある)、をするかのように処刑する様をに見せつける(の自ら抑圧している性への執着)等の行動を起こす。 「もうひとつの」であることのは多く、例えばのたまった階下へ入っていく場面や最後にする場面は「In 」におけるを彷彿させる。 複数体存在するようで、での最では二体現れる。 最後はを直視し、「 決着は自分で着ける」決意を固めたに「 もういらない」と告げられ、自らの産みの親から存在意義を否定され怯えて後ずさるも、抵抗を試みる。 このことから、他のとは違い 明確な自と感情があることがわかる。 しかし、自分の弱さからるのをやめたに勝てるはずもなく、 初めて攻撃を受けて怯むようになる。 最後は自らの喉にを突き刺し、する。 直立したジェとなった三頭を調べると、「 もう私には必要ない」と感慨を述べる。 関連動画 ジェイムス・サンダーランド 『サイレントヒル』シリーズ に関するのを紹介してください。 関連商品 ジェイムス・サンダーランド 『サイレントヒル』シリーズ に関するの商品を紹介してください。 関連コミュニティ ジェイムス・サンダーランド 『サイレントヒル』シリーズ に関するを紹介してください 関連項目• ジェイムス・サンダーランド 『サイレントヒル』シリーズ に関する項を紹介してください。

次の

サイレントヒル2の選択肢

サイレント ヒル 主人公

L 深い霧を体験したことがあると、この映画は印象がだいぶ変わってくる。 深い霧という非日常 私は大学生のころ、車の峠越えで濃霧を経験した。 視界のすべてが霧で覆われ、ほんの数メートル先も見えない。 そして霧の中から、対向車がいきなり現れる。 (下のツイートにある「」で濃霧にやられた。 1年中、霧の影響があるリアルサイレントヒル。 それが主人公たちと、サイレントヒルをつなぐカギ。 (ちなみにサイレントヒルには、モデルになったという町がある) その謎を「霧の世界・現実世界」2つの視点から、真実へとすすんでいく。 世界によるパート分け• ローズ:行動ターン• いつもは深い霧と灰つつまれたゴーストタウン。 冒頭にシャロンとはぐれてしまい、ローズは霧のなかでサイレントヒルを探索することに。 L なぜローズは戻れないのか キーは「霧の世界」を生み出しているアレッサ。 ラストでローズが「霧の世界」にいるということは、確実にアレッサが関係している。 しかし、アレッサはローズに対して敵対心はないはず。 (ローズが妄信的な信徒に殺されそうなとき、アレッサが助けるシーンがある) 「何かしらの理由」でローズは、霧の世界(アレッサ)から出られずにいる。 考えられる答え シャロンを助けるため捨て身になるローズを見て、アレッサは彼女を「求めるべき親(神)」と認めた。 アレッサはシャロンと同化、体を乗っとる(元に戻った、というべき?)。 ローズはそれに気づかず、霧の世界に囚われることになる。 ラストシーンにつながる情報はさりげなく、見落としやすい。 しかし情報を照らしあわせると、矛盾なく答えを導くことができる。 ラストにおける伏線• シャロンと同化を思わせるシーン• ラストシーンにセリフが一切ない• ダリアに対する視線• 赤子のように指をくわえる• 「現実世界」夫クリスがいるソファを見る 1. シャロンと同化を思わせるシーン アレッサはあるシーンを境に、姿を見せなくなる。 アレッサによる復讐のスキに、ローズはシャロンを助けだす。 2人は物陰に隠れ、ローズはシャロンの視界を手でおおい「目を閉じて」と。 しかしシャロンは指のスキマから、つい目を開けてしまう。 シャロンはすでにアレッサと同化。 ラストシーンにセリフが一切ない シャロンは大人しいが、けして無口ではない。 いきなり異常な世界に迷い込み、母親とはぐれてしまう。 それがやっと母親と再開し、家に帰ることができる。 それなのに、ひと言もしゃべろうとはしない。 ダリアに対する視線 ほとんど面識のない人物に「侮蔑」の視線? 誰もいなくなった教会から出ていくとき、アレッサの母親(シャロンの生母でもある)ダリアに、シャロンは軽蔑のような表情をする。 一時的であれ保護してくれた人物におくる視線とは思えない。 そしてダリアからローズへ親(神)は移動しているため。 赤子のように指をくわえる 冒頭と対比するようなシーン構成、そこに見える違和感。 事件も終わり、自宅に帰るために車に向かう2人。 はしゃぐように走るシャロンは、車の後部座席に乗りこみ横たわる。 そしてローズをじっと見つめて、指をくわえ眠りにつく。 愛に飢えたアレッサの感情がしぐさに出ている。 夫クリスは同じリビングいるが「現実世界」のため、ローズは認識できない。 しかしシャロンはあきらかに「見えている」ように、クリスがいるソファを鋭い目線で追っている。 夫クリスへの視線が厳しいのは、アレッサに必要なのはローズ(母親)だけだから。 まとめ 「霧につつまれたゴーストタウン」という独特な世界。 CGも違和感を感じさせないほどクオリティが高い。 シーンの映像表現も美しく、なかでもラストの教会シーンは秀逸。 キャラごとの感情がうずまく、残酷で幻想的なシーン。 ちょっと残念だったのは、ストーリーがすんなり進みすぎたこと。 せっかくのクリーチャーもほぼ置きものだし、もう少しアグレッシブに使ってもよかった。 あとシャロン役の、天使みたいにかわいい。

次の