柴咲 コウ ツイッター。 柴咲コウ「炎上ツイート」で法的措置検討も、今度はYoutubeに飛び火(2020年6月1日)|BIGLOBEニュース

種苗法改正案、今国会の成立見送り。柴咲コウさんのツイートがトレンド入りし注目集める。問題点は?

柴咲 コウ ツイッター

いま、 が世にはなったメッセージが波紋を呼んでいる。 《新型コロナの水面下で、「種苗法」改正が行われようとしています。 自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです》 4月30日、彼女のツイッターに投稿された(現在は削除済み)この文言の影響もあってか、5月20日、ブランド農産品種の苗木などを海外に持ち出すことを規制する『種苗法改正案』の成立を見送る可能性が明らかになった。 毎日新聞のデジタル版がこの件について報じたときのタイトルが《「種苗法改正案」今国会成立を断念へ 柴咲コウさんの懸念ツイートで慎重論拡大》だ。 ツイッターでは、柴咲の名前が一時、トレンド入りするほどの事態となり、なかには彼女の意見に反対する農家も出てくるなど炎上と論争が巻き起こった。 各農家が自分の畑などで増やす際、開発者の許諾を必要とする許可制となった。 農業専門誌『現代農業』編集部の山下快氏(農山漁村文化協会)は「ほとんどの農家はこの法改正については反対しています」としながら、 「農家が反対しているのは、『農家による自家増殖』が自由にできなくなるというポイントでしょう。 しかし、法改正されることで実際に悪影響が出る農家もあるという。 有名なものでいくと『ユキホマレ』などがそれにあたりますね。 しかし、こうした(大豆のような)影響が大きくなるかもしれない作物の例は農水省のサイトには掲載されていません」(山下氏) また、国は日本のブランド農作物の国外流出を防ぐための法だとも発表しているが、実際の農業現場から落胆の声が聞こえているようで……。 『シャインマスカット』を例にすると、枝一本を切り取って海外に持ち運んで、現地のブドウにくっつけてしまえば、簡単に無限増殖させることができるわけです。 つまり、悪意をもって流出させようとする人がいる限り、絶対に防ぎようがない。 続けて《何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。 しかし、遺伝子組み換えと今回の種苗法改正の自家採種禁止とは別問題であるかなとは思いますね。 さまざまな物事を結びつけすぎていて、少し極端な意見という気も……。 こういったところが炎上の理由になってしまったのかもしれません」(全国紙記者) 今国会では法改正は見送られそうだが、彼女の戦いはまだ終わっていないということか。 「現在の彼女はというと、3月末に所属していた芸能事務所を退所し、自身の会社を設立。 代表取締役を務めるようになりました。 事業のなかには、オーガニックのレトルト食品などを販売するような取りくみもしています。 環境問題や自然食品へのこだわりが強く、ライフスタイルを提唱したいという思いがあるようで、実際に農作物の生産者と交流を深めたりもしているんだとか」(食料品メーカー関係者) 確かに彼女が運営する『LTG FOODS(エルティージィー フーズ)』の公式サイトには、《食と環境への関心が高い女性に、化学調味料不使用のレトルト食品を提供してまいります》とある。 衣食住を見直し、食が原因だったのではないかとも考えた」 と話している。 一般層にまでこの問題を知らしめたことと、炎上しSNSを削除したこと。 柴咲の功罪はそれぞれ大きい。 〈取材・文 野口侑弥〉 ().

次の

種苗法改正案、今国会の成立見送り。柴咲コウさんのツイートがトレンド入りし注目集める。問題点は?

柴咲 コウ ツイッター

「日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます」 「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています」。 柴咲さんは2020年4月30日、ツイッターでこう切り出した。 ネット上では、感染拡大への対応ぶりに注目が集まる陰で、政府が論議のあるいくつかの重要法案を国会で通そうとしていると、話題になっている。 柴咲さんは、そのことを意識したらしく、次のように問題提起した。 「自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです」 著名人の発言だけに、柴咲さんのツイートは大きな反響を呼び、その反応を報じたスポーツ紙もあった。 しかし、その意見については、賛否が分かれている。 種苗法については、政府が3月3日に改正案を閣議決定して国会に提出した。 農水省サイトの説明によると、日本で開発されたブドウやイチゴなどの優良品種が海外に流出し、第3国に輸出・産地化されるケースがあるなどとして、国内で品種開発を滞らせないよう、新品種を保護するのが目的としている。 米や果物、野菜の9割前後の一般品種は制限せず、ゆめぴりかのような米やシャインマスカットのようなブドウといった登録品種について、自家採種などを制限する内容だ。 ところが、国会上程の前後から、農水相経験者や農業ジャーナリストらがブログなどで問題点を指摘し、地方議会からも慎重な審議を求める意見書が可決されるようになった。 「農家の経営圧迫につながる」「権利者を保護するための改正だ」 札幌市議会は、3月30日付の意見書で、農家の自家増殖の権利を著しく制限したり、許諾の手続きに負担が生じたりして、農家の経営圧迫につながる懸念もあると指摘している。 東京新聞も、問題点を追及しており、4月25日付社説では、「農業崩壊にならないか」のタイトルで、農家は民間の高価な種を毎年購入せざるをえなくなり、自給率の低下にもつながるなどと疑問を呈した。 一部の農民団体も、外資企業が日本になだれ込むといった批判をツイッターなどで繰り返し、改正に反対するネット署名運動も始まっている。 一方、種苗法改正に理解を示す声も、農業研究者やジャーナリストらから次々に寄せられている。 新しい品種の権利が侵害され海外に流出するケースがあって権利者を保護するための改正だ、国際競争力を持つ日本の種苗企業に対してその開発力を育てる発想が必要になる、といった意見だ。 こうした声が柴咲さんのツイッターにも寄せられ、柴咲さんは、前出のツイートを削除したうえで、「何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました」と説明した。 そして、「きちんと議論がされて様々な観点から審議する必要のある課題かと感じました」としている。 農水省「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正」 農家が窮地になるとの批判に対し、農水省の知的財産課は5月1日、J-CASTニュースの取材にこう反論した。 「プロが作った種で品質が下がるのを止めることが可能で、むしろ産地形成にプラスになります。 農業を発展させるための改正ですので、農業崩壊はしないと考えています。 許諾などの手続きが煩雑になる懸念は確かにありますので、煩雑さをできるだけ少なくしたいです。 一般品種については自家増殖できますので、誤解が解ければ反対する理由はないのではと思っています」 そのうえで、種苗法改正の意義をこう説明した。 「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正であり、もちろん海外での品種登録も進めたいと考えています。 日本の品種は、海外に比べても優れていますので、外資企業などから高価な種を買わないといけないということは考えられません。 海外に負けない品種を作るためのモチベーションになりますので、制限しないことは逆に外資の攻勢を許すことにもつながります」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

【パヨク】柴咲コウ、炎上ツイート消し後も「種苗法改正案」反対署名運動 ネット「農家を敵に回した」「赤旗女優」「共産党だけでなくカルト臭も…

柴咲 コウ ツイッター

いま、が世にはなったメッセージが波紋を呼んでいる。 《新型コロナの水面下で、「種苗法」改正が行われようとしています。 自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです》 4月30日、彼女のツイッターに投稿された(現在は削除済み)この文言の影響もあってか、5月20日、ブランド農産品種の苗木などを海外に持ち出すことを規制する『種苗法改正案』の成立を見送る可能性が明らかになった。 毎日新聞のデジタル版がこの件について報じたときのタイトルが《「種苗法改正案」今国会成立を断念へ 柴咲コウさんの懸念ツイートで慎重論拡大》だ。 ツイッターでは、柴咲の名前が一時、トレンド入りするほどの事態となり、なかには彼女の意見に反対する農家も出てくるなど炎上と論争が巻き起こった。 農水省のサイトに掲載されていない例も この改正案は『シャインマスカット』や『とちおとめ』といった高級国産品が中国や韓国に持ち出された種や苗木が独自の新品種として出回っている被害を食い止めようと政府が提案したもの。 各農家が自分の畑などで増やすときに、開発者の許可が必要となった。 農業専門誌『現代農業』編集部の山下快氏(農山漁村文化協会)は「ほとんどの農家はこの法改正については反対しています」としながら、 「農家が反対しているのは、『農家による自家増殖』が自由にできなくなるというポイントでしょう。 しかし、法改正されることで実際に悪影響が出る農家もあるという。 有名なものでいくと『ユキホマレ』などがそれにあたりますね。 しかし、こうした(大豆のような)影響が大きくなるかもしれない作物の例は農水省のサイトには掲載されていません」(山下氏) また、国は日本のブランド農作物の国外流出を防ぐための法だとも発表しているが、実際の農業現場から落胆の声が聞こえているようで……。 「遺伝子組み換え」と「種苗法改正案」は 「農家の自家増殖を禁止したところで流出は止まらないですね。 『シャインマスカット』を例にすると、枝一本を切り取って海外に持ち運んで、現地のブドウにくっつけてしまえば、簡単に無限増殖させることができるわけです。 つまり、悪意をもって流出させようとする人がいる限り、絶対に防ぎようがない。 続けて《何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。 しかし、遺伝子組み換えと今回の種苗法改正の自家採種禁止とは別問題であるかなとは思いますね。 さまざまな物事を結びつけすぎていて、少し極端な意見という気も……。 こういったところが炎上の理由になってしまったのかもしれません」(全国紙記者) 今国会では法改正は見送られそうだが、彼女の戦いはまだ終わっていないということか。 「現在の彼女はというと、3月末に所属していた芸能事務所を退所し、自身の会社を設立。 代表取締役を務めるようになりました。 事業のなかには、オーガニックのレトルト食品などを販売するような取りくみもしています。 環境問題や自然食品へのこだわりが強く、ライフスタイルを提唱したいという思いがあるようで、実際に農作物の生産者と交流を深めたりもしているんだとか」(食料品メーカー関係者) 確かに彼女が運営する『LTG FOODS(エルティージィー フーズ)』の公式サイトには、《食と環境への関心が高い女性に、化学調味料不使用のレトルト食品を提供してまいります》とある。 また、'18年にも自身のアパレルブランド立ち上げの記者会見での質疑応答でも、9歳のときに乳がんで亡くなった母親について触れ、 「病気の家族を抱えると、何が悪かったのか、何が原因で病気になったのかと考える。 衣食住を見直し、食が原因だったのではないかとも考えた」 と話している。 一般層にまでこの問題を知らしめたことと、炎上しSNSを削除したこと。 柴咲の功罪はそれぞれ大きい。 〈取材・文 野口侑弥〉 外部サイト.

次の