エポスゴールド インビテーション。 エポスゴールドカードのインビテーションを無料で貰う方法

エポスカードのインビ届く!アップグレードすべき?ゴールド・プラチナ

エポスゴールド インビテーション

エポスカードが運営している「エポスカード」。 通常は年会費5000円で「ゴールドカード」へグレードアップが可能だ。 しかし、優良顧客として通常カードを年間50万円以上利用すると、年会費が永年無料になるインビテーション(招待状)が送られてくる。 そこで今回は、インビテーションが届いた際に、通常のエポスカードをゴールドカードにランクアップさせる方法をご紹介する。 エポスのゴールドカードのインビテーションがほしい場合 インビテーションがもらえる目安として 1:1年以上の利用 2:年間50万円以上のカード料金の支払い実績 が招待の要件となっている。 【参考】 年間50万円以上という利用条件は厳しく感じるかもしれないが、公共料金の引き落としなどにエポスカードを使用すれば、月々の利用額を増やせる。 条件を満たせば、「郵送」または「メール案内」または「EPOS Net(アプリ)」にインビテーションが届くはずだ。 ただし支払い遅延などがあると、インビテーションが来ない場合もある。 ゴールドカードのインビテーションが来るのは「13日」? ゴールドカードのインビテーションが来る日は、「毎月13日」といわれている。 アプリの「EPOS Net」の場合、13日の午前0時に案内が来た人もおり、毎月13日が案内の目安になっている。 ただし、公式サイトには一切記載がないため、参考程度にとどめていただきたい。 エポスカードからインビテーションが送られてくる条件とは? 年間50万円以上の利用が目安となっており、それ以下の年間使用料金でも利用実績が良好ならば案内が届くこともあるようだ。 なお、支払いが滞ると条件を満たしていたとしても案内が来ない可能性もあるため、利用は計画的に行おう エポスカードをゴールドカードにするための審査基準とは? エポスカード利用者へのインビテーションの条件は非公表となっている。 目安としては ・年間50万円以上のエポスカード利用 ・1年以上のエポスカードの利用 となっている。 インビテーションが届いたら、アプリや招待アドレス、丸井の店舗などから申し込める。 エポスカードのインビテーションは最短どのくらいでもらえる? ゴールドカードへの案内条件に「1年以上の利用」とあるが、実は1年以内にも案内が来る人もいるという。 支払い状況、勤続年数、持ち家資産の項目で審査されるようだが、明確ではない。 公共料金の引き落としで使用した人の中には「3か月で案内がきた」という人もおり、「毎月一定金額を使用する顧客」とみなされることが、ゴールドカードの招待への近道となるようだ。 エポスゴールドカードのインビテーションが来ない! 理由は? せっかくゴールドカードが欲しくてエポスカードに申し込んだのにインビテーションが来ない! いう人もいる。 まず「20歳以上で安定した収入がある人」でない場合が一因として考えられる。 また「過去の支払い遅延」や「残高に引き落とし金額が足りなかったことがある」場合はインビテーションが来ない人もいるという。 明確なガイドラインは公表されていないため注意が必要だ。 インビテーションが届いたら? エポス ゴールドカードへの切り替え方法! インビテーションが「EPOS Net」や郵送で届いた後、必要事項を記入/入力して返信/返送すると手続きが完了する。 手続き次第、1週間ほどでゴールドカードが届く人が多いようだ。 また、丸井各店のエポスカード窓口でも手続きが可能。 ゴールドカードに変更をした際は、カード番号が変わるため注意が必要だ。 エポスカードをゴールドカードに切り替えたら前のカードはどうなるの? ゴールドカードへの切り替えが完了すると、通常の今まで使用していたカードはどうなるのか。 下記のいずれかを行うと、旧カードは使えなくなる。 1:「EPOS Net」からカード受け取りの手続きをする 2:届いた新しいカードを利用する 3:新しいカードが届いてから数週間経過した場合 使えなくなった旧カードは、自分でハサミを入れて処分が推奨されている。 【参考】 エポスカードのゴールドカードには家族紹介制度がある? ゴールドカードのインビテーションがもらいやすくなる方法の1つとして「家族カード」を作る手がある。 ゴールドカード保有者の家族も、ゴールドカードが持ちやすくなる「エポスファミリーゴールド」という制度であり「EPOS Net」で紹介メールを家族へ送ると、通常ランクのカードを作っていなくても、年会費永年無料でゴールドカードへの申し込みが可能となる。 文/小林恵理子.

次の

【体験談】エポスプラチナカードのインビテーションの条件は?手に入れるまでの最短ルートは?

エポスゴールド インビテーション

念願のエポスゴールドカードのインビテーション(招待)がメールで届き、翌日にエポスカウンターで 年会費無料のエポスゴールドカードを発行しました! どれくらいの時期(期間)で、いくらぐらいのエポスカード利用でエポスゴールドカードのインビテーションが来たのか気になりませんか?! 私が年会費永年無料のエポスゴールドカードをゲットした、方法・流れをご紹介します。 エポスゴールドカードのインビテーションが来るまでの利用履歴 2017年10月に一般のを発行しました。 その後、エポスカードを利用したり利用しなかったりの状態が続き、2018年11月にエポスゴールドカードのインビテーションを狙おうと思い立ち、エポスカードをコツコツと利用し始めました。 そして、ついに使いはじめてから時期的に約4ヶ月が過ぎた3月20日、エポスゴールドカードのインビテーションメール(招待)が届きました。 支払月 引落し額(円) 2017年10月 0 2017年11月 1,879 2017年12月 0 2018年1月 0 2018年2月 3,294 2018年3月 0 2018年4月 26,289 2018年5月 12,921 2018年6月 0 2018年7月 0 2018年8月 0 2018年9月 0 2018年10月 0 2018年11月 0 2018年12月 9,836 2019年1月 22,724 2019年2月 21,753 2019年3月 20,230 マルイやモディ・特約店の利用は無しでインビテーションが来た 近所のスーパーやコンビニでの日頃の買い物(主に食料品の買い出し)に、エポスカードをコツコツ利用しました。 ちなみに、すべてiPhone(Apple Pay)に登録したエポスカードの「クイックペイ(QP)」での決済です。 マルイ・モディ店舗、特約店などの利用はまったくありませんでしたが、うれしいことにエポスゴールドカードのインビテーションが届いたのです。 もし、「 マルイやモディ・特約店での買い物をあまりしないから、エポスゴールドカードのインビテーションを期待するのは無理かも・・・」と思っているなら、今回の私のようなケースもあるので、マルイ系列とか特約店などのことは気にせず、普段使いでエポスカードを利用して、エポスゴールドカードを狙ってみることをおすすめします!• 以下は、利用明細の抜粋です。 日々コツコツと使い続けました。 エポスゴールドカードを狙いはじめて4ヶ月でインビテーションが届く! 2018年11月にエポスゴールドカードを狙いはじめてから、時期的に約4ヶ月たった3月20日にインビテーションメールが届きました。 この4ヶ月の期間のみのカード利用だけを見てインビテーションが来たのか、利用は少ないけど、それ以前の11ヶ月の保有期間も込みでインビテーションが来たのかどうかは、確認のしようがないのでわかりません。 ただ、私の利用履歴を見ると、エポスカードで月に2万円くらいを毎月継続して使い続ければ、早ければ数ヶ月程度でエポスゴールドカードのインビテーションが来てもおかしくないのではないかと思います。 月に約2万円のカード利用で4ヶ月間かかりましたが、4万円とか5万円のように利用額を多くできる方なら、インビテーションはもっと早く来る可能性がありますよ。 エポスゴールドカードのインビテーションは最短3ヶ月だと思う エポスゴールドカードのインビテーション時期が最短ならどれくらいか気になるところですが、最短でも3ヶ月はかかると思われます。 エポスカードとしては、年会費5,000円を無料にしてあげるだけの継続したカード利用額が見込めるかや、きちんと毎月引落しができるかの実績の確認(審査)を行なう必要がありますよね。 どう考えても最短1ヶ月のインビテーションというのは絶対無理でしょうし、最短2ヶ月というのもまあ無理でしょう、常識的に見て最低3ヶ月間くらいの利用履歴・支払実績を見届けて、ようやくエポスゴールドカードのインビテーションを出せるくらいでしょう。 3ヶ月間かけて、エポスカードのインビテーションをしても良いかどうかを慎重に審査していると考えるとわかりやすいですね。 そう考えると、私の場合2018年11月からエポスゴールドカードのインビテーションを受けるためのコツコツ利用活動をスタートし、2018年12月~2019年2月の3ヶ月間の引落しを無事終えて、4回目の引落しを前にエポスゴールドカードのインビテーションが来ましたので、ある意味、最短の時期で審査を終え、無事にインビテーションを受けたのではないかと推測できます。 普通のカード利用であれば、エポスゴールドカードのインビテーションは最短で3ヶ月くらいと考えれば間違いないでしょう。 インビテーションが来るまでに使った金額はわずか74,543円 エポスゴールドカードのインビテーションを狙い始めた2018年11月から、実際にインビテーションが来た2019年3月20日までに 使った金額はわずか74,543円です。 10万円行かないエポスカードの利用額で、エポスゴールドカードのインビテーションが来たのには驚きです。 ネット上にはたくさんの口コミがあり、中には10万円くらいでエポスゴールドカードのインビテーションが来たという口コミもありましたが、本当にあるんだなとビックリしました。 もし、年会費永年無料になるインビテーションからのエポスゴールドカード発行を狙っているなら、ハードルはそれほど高くないと思うのでチャレンジしてみましょう! やっぱり、5,000円の年会費を毎年払い続けるのと、ずっと無料なのとではお得度が違い過ぎますからね。 10年で50,000円、20年で10万円ですよ~。 エポスゴールドカードのインビテーションが来る条件は? エポスゴールドカードのインビテーションが来た時の、利用状況(条件)は以下の通りです。 ポイントアップショップの登録• たまるマーケットの利用• ETCカードの発行• エポスプリペイドカードの発行• 公共料金の支払い• 優待店舗の利用• 「マルコとマルオの七日間」の買い物 日ごろの近所のコンビニやスーパーでの買い物に、エポスカードのクイックペイでちょこちょこ買い物をしただけで、エポスゴールドカードのインビテーションが来たのです。 エポスゴールドカードのインビテーションの条件について、あまり気にし過ぎなくても良さそうですね。 引落し時の残高不足トラブルなどを起こさず、継続してエポスカードでの決済をし続ければ、エポスゴールドカードのインビテーションが来る可能性は高いと思いますよ。 もちろん、上記のエポスカードのさまざまなサービスや特典を使いこなすことで、さらにインビテーションの来る確率が高くなることはあるでしょう。 インビテーションが来た理由は何か考えてみた エポスカードの利用期間が短く、利用金額も低いのに、エポスゴールドカードのインビテーションが届いた理由を考えてみました。 要因は、以下の2つではないかと思います。 日々コツコツと使い続け良いお客に見えた• 引落し時の預金残高不足トラブルはなかった 毎日1,000円使い月3万円でも、1万円を月に3回利用で3万円でも、継続しているとエポスカード側から見ると良いお客さんになり、ゴールドのお誘いが来る可能性が高くなるのだと思います。 さらに、マルイ系・特約店などの利用割合が多ければ、もっと良いお客さんになるので、インビテーションの可能性は高くなるはず。 あとは、銀行口座の残高 不足で引落しができないなどの、トラブルが無いことは必須条件ではないでしょうか。 それさえなければ、エポスカードをコツコツ使い続ければ、エポスゴールドカードのインビテーションが来る可能性は高いと思います。 インビテーションが来た翌日にエポスカウンターですぐ受取り エポスゴールドカードのインビテーションメールが届いた翌日に、エポスカードカウンターに出向き、約10分でエポスゴールドカードを発行していただきました。 エポスカウンターに持参したのは、iPhone(インビテーションメールを見せるため)と旧エポスカードのみです。 身分証明などは持参しませんでしたが、提示を求められることはなく、タブレット端末での登録内容確認などを数分かけて行なったのみです。 インビテーションからエポスゴールドカード発行まで、とてもスピーディーで好感が持てました。 学生でもエポスゴールドカードのインビテーションは来るか? マルイやモディなど商業施設は、学生の方を含む若年層が主なターゲットです。 社会人になってからも長期にわたってエポスカードを利用してもらうために、学生さんでも良いお客さんは、超お得なエポスゴールドカードにどんどん招待して、顧客として抱え込みたいと考えるのは企業して当然でしょう。 そういう意味で、条件が整えば学生の方でもエポスゴールドカードのインビテーションが来る可能性はあると思います。 参考に、想定する条件は以下の通りです。 エポスカードをメインとし支払集約• 20歳以上• アルバイトなどで定期収入がある• 預金残高不足(支払遅延)など無し 学生さんですから月々のカード利用額は社会人よりも少ないものの、支払いをエポスカードに集約し額を積み上げ、コツコツと使い続けていれば、おそかれはやかれエポスゴールドカードのインビテーションがくるのではないかと思います。 エポスゴールドカードが欲しい一番の理由 エポスゴールドカードを狙う一番の理由は、私の場合、ずばり手厚い海外旅行保険です。 年会費無料の一般のエポスカードでも、付帯する海外旅行保険は一般カードとしてはトップクラスに充実しています。 しかし、エポスゴールドカードになると、さらに重要な治療費用の補償が手厚くなるので、是非とも手に入れたいクレジットカードです。 いくら充実するとは言っても、やはり年会費5,000円はネックです。 手厚い海外旅行保険が自動付帯するエポスゴールドカードは、何としてもインビテーションを受け年会費永年無料で手に入れたいですね! 保険の種類 エポスカード エポスゴールドカード 傷害死亡・後遺障害 500万円 1,000万円 傷害治療費用 200万円 300万円 疾病治療費用 270万円 300万円 賠償責任 2,000万円 2,000万円 救援者費用 100万円 100万円 携行品損害 20万円 20万円 まとめ エポスゴールドカードのインビテーションが来た体験をご紹介しました。 私自身も、想像していたより全然早く、マルイ系商業施設等の利用がほとんど無いにもかかわらず招待されたのは意外でした。 私が体験したように、月々の利用額はそれほど多くなくても、コツコツ利用し続けていれば、エポスゴールドカードのインビテーションが来る可能性が高いです。 エポスゴールドカードが欲しい方は、さっそく年会費無料のエポスカードを作って利用実績を積みはじめましょう!.

次の

これ最強すぎ!「エポスゴールドカード」のインビテーションの条件・時期とは。年会費無料でメリット・特典がありすぎる。

エポスゴールド インビテーション

エポスゴールドカードは、の1枚。 年会費無料の条件は、エポスカードからインビテーション(招待)によってゴールドに昇格すること。 インビテーションの条件は「エポスカードで年間50万程度の利用」と「1年以上のカード利用」と言われており、ハードルが非常に低いのがGOOD! エポスカード特有の優待特典に加え、ゴールドカードならではの空港ラウンジ無料サービスが付いたりと、年会費無料カードとしてはあり得ないレベルのスペックになります。 エポスゴールドは必ず年会費無料で持ちましょう! そのためには、まずエポスカードを作ってから年間50万円以上使うこと。 そうすればゴールドカードへのインビテーションが届くとおもいます。 次で詳しく解説しますが、 からインビテーションによってゴールド昇格すれば年会費無料で持てるので、そのコースでゴールドを手にした方が圧倒的にお得です。 インビテーション(招待)でグレードアップすればゴールドカードなのに年会費無料! 「インビテーション」とは、カード会社からの 招待状のことです。 これはクレジットカード用語ですが、要するにカード会社の方から「お使いのカードをゴールドカードにグレードアップしませんか?」と招待通知を受けることをインビテーションと言います。 エポスゴールドカードは、 からインビテーションを受けた場合に限り、年会費無料のままゴールドカードへ移行できるわけですね。 このインビテーションが届く条件ですが、あくまで公式には明かされてはいません。 がしかし、ユーザーの口コミから以下2つのインビテーション条件がほぼ確定しています。 年間で50万円以上のカード利用• 1年以上のカード利用 実際に私もエポスカードからインビテーションでゴールド昇格した経験がありますが、この2つの条件で間違い無いと思います。 条件1:年間のカード利用額50万円以上 まず1つめは、 1年間で50万円以上をカード利用することが最低条件です。 といっても、年間50万なんて1ヶ月4万程度ですから全く難しいことではありません。 公共料金をカード引き落としにしたり、日頃の買い物でカードを使うようにすれば年間50万円なんて簡単に超えますので余裕です。 学生でも余裕で利用できるレベルでしょう。 1年以上カードを利用すること カードを作った月に一気に50万円使っても、すぐにインビテーションが来るわけではありません。 早くてもインビテーションが来るのはカード利用開始から1年後ということですね。 私もインビテーションでエポスゴールドカードにグレードアップしました 実際に私もエポスカード使っていたので、インビテーションで無事にゴールドカードにできました。 最初からゴールドカード狙いだったので、エポスカードを作って3ヶ月程度で50万は余裕で使いましたが、実際にインビテーションが来たのはちょうど1年経った頃でしたね。 なのでやはり、 「年間50万円以上の利用」と「1年以上のカード利用」がインビテーション条件で間違いないかと思います。 ちなみに私はエポスゴールドの優待特典と旅行保険が目当てで作ったので、支払いには一切利用していません(笑)。 支払いに使わなくても、持っているだけでお得なカードです。 それにしても、エポスゴールドはめちゃくちゃハードルが低いですね。 これなら誰でも年会費無料でゴールドカードを持つことができます。 学生でも主婦でも余裕です。 私の専門学校生の友人もエポスゴールドカード持ってるので、 学生でも持てる貴重なゴールドカードですね。 ただ最低1年はかかるので、欲しい人は早めにエポスカードを作っておきましょう。 公式サイト エポスカードの最強特典!5000店以上の提携店で割引・優待が受けられる 通常のエポスカードの目玉特典である、全国5000店以上の提携店で割引や優待を受けられる特典も、もちろんゴールドカードに備わっています。 さらに、 ゴールドカード会員限定のレストラン・温泉・ホテルの優待もあります。 これ、5000店ってあまりに多すぎてあまり意識してない人が多いですけど、普通に日頃から使うお店とか割引で利用できるんですからね。 カラオケとかファミレスとか居酒屋とか、ちゃんと割引利用してますでしょうか?? せっかくこれだけ膨大なお店を割引・優待で利用できるんですから、最大限に活用しましょう。 旅行系の保険やサービスもバッチリ 海外旅行傷害保険は最高1000万 海外旅行保険は、最大で1000万円が自動付帯します。 自動付帯なので、旅行代金をカードで払っていなくとも自動で付帯します。 海外って医療費がバカみたいに高いケースが多いので、万が一ケガでもして入院しようものなら数千万単位のお金を請求されたりします。 冗談抜きに。 なので海外旅行では保険加入が必須ですが、クレジットカードにもとから備わっていれば、いちいち旅行会社の保険を検討する手間が省けるので楽チンです。 空港ラウンジが無料で利用できる ホノルル空港含め、国内主要22空港のラウンジを無料で利用できるのも嬉しい旅の特典です。 エポスゴールドカードを提示するだけで無料で入ることができます。 Wi-Fi環境や充電の完備はもちろん、ドリンクが無料であったり軽食なども用意されているので、旅行の際は必ず利用しておきたいサービスです。 VISAゴールドカードの優待も受けられる エポスゴールドカードの国際ブランドはVISAなので、VISAゴールドカードとしての優待特典も受けられます。 海外の帰国の際、手荷物を自宅まで配送サービス• 海外でカード紛失したら緊急発行• 日本語OKの海外サポートデスクで緊急連絡にも対応 などなど、全部挙げていくとキリが無いほどの特典があるのです。 年間ボーナスポイントで実質的なポイント還元率は1. この還元率は正直なところ、高いとは言えません。 パッと見では還元率の悪いカードと言えます。 しかし、エポスゴールドカードは『 年間ボーナスポイント』というものをもらうことができます。 年間ボーナスポイントとは? 年間のカード利用額に応じて、以下のボーナスポイントを受け取ることが可能です。 この点をちょっと突き詰めて計算してみます。 仮に通常の店舗で年間100万円の買い物をすると、通常還元率が0. 5%です。 5%になるということです。 ちなみに、年間50万円利用だとボーナス分が0. つまり、ある程度カードを利用していればボーナスポイントがもらえるので、実質的なポイント還元率は1〜1. さらに50万円以上の利用で年会費も永年無料になるので、ダブルでお得なカードになるということです。 ポイントの有効期限が無期限に また、通常エポスカードはポイントの有効期限が2年ですが、ゴールドカードはポイント永久不滅の無期限になります。 これで、せっかく貯まってたポイントを使い忘れて失効……なんてことにはなりません。 月日を重ねてザックザックとポイントを貯めていくことが可能です。 まとめ|エポスカードからのインビテーションを狙って年会費は必ず無料に! というわけで、結論としてひとまず言える事は、 今エポスカード使ってる人は、エポスゴールドカードにアップグレードした方がお得!! ってことです。 年間で30〜40万以上もカード使えば、カード会社からインビテーション(招待)が来ます。 それでゴールドカードにアップグレードしたら年会費も無料のままですし、特典やサービスが増えこそすれど損することはまずありません。 なにより、 ゴールドカードってやっぱカッコいいじゃないですか。 数あるゴールドカードの中でも、最強のコストパフォーマンスを誇るエポスゴールドカード。 2015年のオリコン顧客満足度ランキングでは、ゴールドカード部門で1位になっています。 ゴールドカードと言えど年会費無料にできるので、サブカードとしても持てます(ゴールドカードを!)。 空港ラウンジサービスも完全にタダで手に入るのがスゴすぎる。 エポスゴールドを欲する場合は、まずはエポスカードから作りましょう。 インビテーションの条件は年間50万利用と言われているので、意識的に使えば一瞬のはずです。 エポスカードからグレードアップし、必ず年会費無料のゴールドカードとして持つべきですね。 公式サイト.

次の