りんご ポリフェノール。 プロシアニジンとは

青森りんごの会 りんごと健康

りんご ポリフェノール

りんごは、ビタミン・ミネラル・食物繊維が含まれていて、美容・ダイエットに必要な栄養を摂取できる果物です。 しかし、りんごが美容・ダイエットに良い大きな理由は、リンゴポリフェノールによるものです。 りんごには、ポリフェノールが多く含まれています。 ポリフェノールと言えば、抗酸化作用持つ成分として知られています。 りんごに含まれているポリフェノール(リンゴポリフェノール)には、プロシアニジンと呼ばれる成分が多く含まれていて、抗酸化作用の他、美肌効果やダイエット効果など美容効果が期待できることが、多くの研究で実証されています。 プロシアニジンは、りんごの種類や部位よって含まれている量が違うため、プロシアニジンを目的にりんごを食べる場合は、注意が必要です。 今回は、リンゴポリフェノール「プロシアニジン」に期待できる効果と、効果的な食べ方について詳しくご紹介します。 リンゴポリフェノールとは ポリフェノールと言えば、抗酸化作用を持つことで、知られています。 りんごには、クロロゲン酸、カテキン類、プロシアニジン類など50種類以上のポリフェノールが存在します。 その中で最も多いのがプロシアニジン類で、全体の40〜65%と言われています。 (その量は品種によって異なります) リンゴポリフェノールについては、世界で研究されていて、様々な効果が期待できる成分です。 りんごのポリフェノール含有量は? りんごの総ポリフェノール量は、100gあたり100mg程度含まれていると言われています。 また、国民生活センターの調査では、55mgという数値を発表しています。 参考: 品種により含有量が異なるため、100gあたり50〜100mg。 また、りんご1個あたり250gなので、1個あたり125〜250mgと考えられます。 リンゴポリフェノールに期待できる美容効果は? リンゴポリフェノールには、様々な効果が期待できると思われる研究結果があります。 がん予防• コレステロールの上昇抑制• アレルギー症状の軽減• 虫歯予防• 口臭予防• 肉体疲労の軽減• 筋力増強• 育毛作用• 抗酸化作用• 脂肪吸収を抑制• 美肌作用 その中でも美容に関連する、抗酸化作用・ダイエット効果・美肌効果が期待できる理由をご紹介します。 抗酸化作用 老化や病気の原因となると言われているのが、「活性酸素」。 活性酸素は通常カラダの健康を守るために働いてます。 しかし、増え過ぎてしまうと、逆に老化や病気を招いてしまう要因になってしまいます。 リンゴポリフェノールには、過剰になった活性酸素を抑制する働きがあります。 そのため、アンチエイジングや病気予防のサポートになります。 脂肪の吸収抑制でダイエット効果 食べ物に含まれる脂肪は、エネルギーやホルモンの材料となるため、カラダに必要な栄養素で欠かせないものです。 しかし、摂り過ぎや運動不足で使用されなければ、体脂肪として蓄積されてしまいます。 食べた脂肪は、リパーゼという酵素によって分解され、消化吸収されます。 リンゴポリフェノールは、リパーゼの働きを阻害することがわかっています。 そのため、脂肪吸収を抑制してくれます。 美肌効果 メラニンは、髪や皮膚の色に関連している色素。 メラノサイトという色素細胞で生成されてます。 メラニンが通常よりも多く生成されると、シミや皮膚のコラーゲンが減少するなど、肌に悪影響を及ぼします。 リンゴポリフェノールは、メラニンの生成を抑制することがわかっています。 そのため、美肌作りに有効な成分と言えます。 Sponsored Link ダイエット・美肌効果が期待できる理由は「プロシアニジン」 りんごに含まれているポリフェノールは、50種類以上になります。 その中でも多く含まれているのが、プロシアニジン。 お茶に含まれていることでよく知られている「カテキン」ですが、このカテキンが複数繋がったものがプロシアニジンになります。 りんごに含まれているポリフェノールの60%がプロシアニジン類になります。 そして、このプリシアニジンが、多くの効果に影響を与えていることがわかっています。 メラニン生成を抑制 前述で、リンゴポリフェノールには美肌効果が期待できるとご紹介しましたが、その要因はプロシアニジンが関係しているという研究結果があります。 アサヒビール未来技術研究所によると、プロシアニジン類とその他のポリフェノールのメラニン生成の影響を調べてみると、メラニンの生成を抑制する効果が見られたのは、プロシアニジン類という結果が出ています。 抗酸化作用はビタミンCの約60倍 アサヒグループの調査によると、プロシアニジンの抗酸化作用や、様々な成分と比較しても圧倒的に高い数値になっています。 抗酸化作用を持つことで知られているビタミンCと比較すると、約60倍になります。 また、ゴマに含まれているセサミンの約17倍となっています。 参考: 脂肪吸収抑制と内臓脂肪の低減 同じくアサヒグループでは、プロシアニジンを含むお茶を12週間飲み続けた結果、内臓脂肪が減ったという研究結果を発表しています。 プロシアニジンを効率的に摂取する方法 りんごの皮に含まれている 多くの人は、りんごの皮を剥いて食べますが、リンゴポリフェノール(プロシアニジン)が多く含まれているのは、その皮の部分です。 りんごは、ビタミン・ミネラル・食物繊維が含まれていますが、リンゴポリフェノールの効果を期待するなら、皮も一緒に食べるほうが良いです。 未熟果の青りんご 成熟したりんごよりも未熟果(早摘み)のりんごのほうがポリフェノールが多く含まれています。 その量は、成熟りんごの10倍と言われています。 プロシアニジンを使用したサプリメント りんごに含まれているポリフェノールには、美容効果やダイエット効果が期待できる成分です。 ただし、リンゴポリフェノールの効果を実感できるまで定期的に摂取する必要があります。 また、リンゴポリフェノールを多く含む未熟果(早摘み)りんごを皮を剥かずに食べる必要があります。 しかし、未熟果(早摘み)りんごをスーパーなどでは購入することが難しいので、効率的に摂取することができません。 そのため、リンゴポリフェノールを効率よく摂取した場合は、サプリメントを利用するのがオススメです。 支持されているのが、未熟果(早摘み)りんご8個分のリンゴポリフェノールが配合されているプロシア8。 プロシア8については、以下の記事でご紹介しています。 まとめ いかがでしたか?りんごには、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが含まれているため、美容やダイエットに必要な栄養素が摂取できる果物です。 そして、りんごのポリフェノールには、美肌効果やダイエット効果が期待できるという研究結果が多く存在します。 普段の食事にりんごを加えるだけでも良いですが、りんごポリフェノールを摂取したい場合は、効率的に摂取できるサプリメントを利用するのが良いでしょう。 参考にしてくださいね。 りんごダイエットについては以下の記事でもご紹介しています。

次の

プロシアニジンとは

りんご ポリフェノール

りんごの皮に多くあるりんごポリフェノール りんごには様々なポリフェノールが含まれており、それらは総称して 「りんごポリフェノール」と呼ばれています。 最も多く含まれているポリフェノールは「プロシアニジン」といいます。 強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去して血流を改善したり、美白効果があると言われています。 りんごを切ると切り口から茶色く変色していきますが、あれはりんごポリフェノールが空気中の酸素と結合することによって起こる現象なのです。 そしてこのリンゴポリフェノール、実は果肉部分よりも皮に多く含まれています。 りんごの栄養をまるごと頂くなら、皮ごと切って食べたり、食感が気になる方は焼リンゴにして召し上がるのもおススメです。 一般的に、1日のうちで朝くだものを摂ることには多くのメリットがあるといわれています。 しかし、くだものの中でもりんごは栄養成分においてもくだものの中でもとても図抜けた栄養バランスを誇ります。 ですから朝といわず昼でも夜でも食べられるときにりんごを皮ごと食べることは身体のためにとても高い効果が期待できるといわれています。 しかも、りんごの皮に多く含まれているりんごポリフェノールを皮ごと食べることで摂取できるわけです。 リンゴの皮にはたくさんの有効な栄養素が含まれている リンゴのべたつきは新鮮さと完熟の証し そして、食べるとき気になる表皮ですが、表面のべたつきのある物質は、じつはきゅうりや葡萄のブルームと同じ、リノール酸、やオレイン酸が分泌したものでリンゴ自体の新鮮さを保つために自ら分泌したものということです。 これは、すごく誤解している人が多いので、農薬でないことや光沢を出す為の人為的なワックス処理ではないことを多くの人から知っていただきたいものです。 また、時折、りんごの果皮に白い粉が付着していると残留農薬ではないかという問い合わせがあります。 これは、残留農薬ではなく果粉(ブルーム)といわれるものでりんご自身が作り出しているろう物質です。 食べても問題はありません。 ブルームはりんごの新鮮さを保つための身を守るお化粧のようなもの 白いブルームは新鮮さを保つ働き ブルームは、雨や露などの水分をはじき病気を予防したり、また 果実の水分の蒸発を防いで新鮮さを保つ働きがあります。 ぶどうやプラム、プルーンなど皮の表面が滑らかな果物で特に目立ちますが、柿やすいか、きゅうり、和かぼちゃなどもブルームを出します。 また、りんごの表面がべとべとして、ワックスを塗っているのかといわれることがあります。 これはりんごの表皮から出るろう物質で、ブルーム同様、水分の蒸発から実を守っています。 りんごの場合は、熟度が進むと果皮にリノール酸やオレイン酸が分泌され、それが果皮のろう物質を溶かしてべとべとした状態になります。 これらは植物自体の生理現象なので 食べても全く問題はありません。 リンゴは水でかるく洗って皮ごと食べるのが身体のためにいい りんごポリフェノール 皮ごと食べる効果とは まとめ 「1日1個のりんごは医者をいらず」という言葉もあるほど、ほかのフルーツと比較しても、りんごはカルシウム・カリウム・食物繊維・鉄分・ビタミンCを豊かに含んでおり、体にいい食べ物といえるくだものの王者です。 毎日、美味しいりんごを食べて元気に毎日を過ごしたいものです。 出来れば 「リンゴは皮ごと食べる」ことでくだもの生活で生活習慣病から身体を守りたいものです。 便秘や下痢にりんごがよいといわれるのはこのためです。 またペクチンはアレルギー性疾患の予防に有効だという報告もされています。 ですから、りんごを召上るなら出来るだけ皮ごと食べると身体にいいということは多くの皆さんが百も承知していることです。 本当に実践している人が少ないことが、根本的な問題という指摘もされるわけにも頷けることになります。 参考資料 (独)農林水産消費安全技術センター公表資料・パンフレット「そうだったのか!!」、「食品の不安解消の手引き」など 山形は寒暖の差が激しい盆地特有の気候で、りんご本来の美味しさが生じる完熟期と収穫期が見事に合致する、日本有数のリンゴの産地です。 極ふじ(きわめふじ)は特に食味が良く肉質は緻密で硬く、果汁が多くジューシー特に蜜入が良いことで食味が大変良いと生産者の中でも評価が高い。 人気の秘密は、なんといっても果肉の大半を占めるアメ色 の蜜入りりんごの生産地の山形県でも生産量が少ないため、大変希少なりんごとなっています。 「こうとく」は全面に蜜が入り、食味、香りが高いりんごとして評価が高くなってきました。

次の

リンゴポリフェノール「プロシアニジン」に美肌・ダイエット効果がある理由!

りんご ポリフェノール

りんごの栄養や効能について知っていますか? 日本でポピュラーな果物といえば、りんご、みかん、バナナなどですが・・・ なぜか、りんごだけは、「一日一個のりんごは医者知らず」というイギリスのことわざにもあるように、体にとてもいいとされている果物です。 どうして、りんごだけそんな言い方をされてきたのか不思議ですね。 それは、りんごが持っている栄養に秘密があるかと思います。 特に皮の部分にポリフェノールが多く含まれていると言われているので、とても気になりますね。 りんごの栄養とは りんごにはたくさんの栄養素が含まれているのですが、中でも皮の部分には私達の体に良い効果をもたらす栄養素として、 ポリフェノールと 食物繊維が多く含まれています。 ポリフェノールの種類は5000類以上と言われています。 その中でも、りんごだけが持っている独自のポリフェノールがあります。 りんご皮ポリフェノール そのりんご独自が持つ「りんごポリフェノール」には、主に下記の栄養素が含まれています。 エピカテキン• プロシアニジン• アントシアニン• カテキン• クロロゲン酸• ケルセチン この中で注目すべき栄養素は、 強い抗酸化作用を持っているエピカテキン。 エピカテキンは特にりんごの皮の部分に多く含まれていて、ココアに次いで多量に含まれているので皮ごと食べるといい。 他にも食物繊維のペクチン、ルチン、カリウムなども含まれていて、皮の部分には本当にたくさんの栄養素が含まれているのです! りんごの果肉の栄養 また、皮ばかりでなく、りんごの果肉には、• ビタミンA・C• ミネラル• 有機酸 リンゴ酸・クエン酸• カロチン• アントシアニン• ケルセチン・カテキン が含まれていて、ほとんど捨てるところがない食べ物なのです。 ビタミンは、朝に食べるといいとされているので、 朝に皮付きでそのまま食べるりんごが最も栄養価が高いという事ですね。 では、りんごの様々な栄養素は私達の健康にどんな効果があるのか、りんごポリフェノールの効能を中心に見てみましょう。 体内の活性酸素除去・ストレス予防• 老化や疾病予防• 血流の改善・動脈硬化予防• 高血圧・がん予防• コレステロール・中性脂肪・メタボ・糖尿病など生活習慣病の予防• 肥満予防・ダイエット効果• ビタミンEの消耗を防ぐ• 脂肪吸収の抑制効果• 老化防止• 寿命を延ばす作用 長寿遺伝子を活性化させることによって• 口臭予防• 歯垢の付着・虫歯予防• 美肌・美白効果• 視力の改善や眼精疲労、白内障・緑内障などの眼病予防• 花粉・アトピー性皮膚炎・アレルギー疾患改善と予防• 育毛作用 そして、りんごのポリフェノールには、 脂肪の吸収を抑える効果があるので、食事前に摂取すると効果的です。 これって、ダイエットにいいですね! 恐るベシ、りんごの皮! りんご皮の効能効果 りんごポリフェノールの効果と重なる部分もあるので、それ以外の りんご皮の効能効果をまとめてみました。 腸内整腸・便秘改善・大腸がん予防• 疲労回復• 骨粗鬆症予防• ビタミンC吸収促進• 紫斑病予防• 利尿作用• むくみ改善• 筋肉痛・痙攣の予防• 内臓脂肪の分解 りんごの皮の部分にはりんごポリフェノール以外にも、すでに述べた食物繊維のペクチンやルチン、カリウムなども含まれていることを忘れずに。 また、りんごの表面のテカテカは、ワックスではなく、リノール酸やオレイン酸です。 これはりんご自身が乾燥を防ぐため出している成分なのです。 このリノール酸やオレイン酸は、オリーブオイルなどに含まれていて悪玉コレステロールを減らすことなどに有名ですが、このテカテカも栄養価の高い成分なのですね。 りんご果肉の効能効果 また、りんごの果肉の部分にもたくさんの栄養成分が含まれていましたが、それらがもたらす効能効果も次のように様々です。 おいしく食べるための保存方法 りんごには、素晴らしい栄養と効能がしっかりと凝縮されていますが、りんごを購入の際は、なかなか1個売りはしていない場合が多く、どうしても4~5個程度を買わざる得ないことが多いですが、鮮度が良いうちに食べたいですよね。 どうしてかというと、りんごは保管する温度が 18度以上になると、どんどん味が落ち早く傷んでしまうからです。 だから、保存する場合は18度以下の一定温度で直射日光が当たらない涼しい場所で保管しましょう。 注意点としては、冬が寒いからと思っていると大変なことになります。 冬は、暖房をしますので意外に室内は温かくなり、りんごの腐敗が早まってしまう。 ですので、暖房の効いていない気温の低い、風通しの良い冷暗所に新聞紙などで包んで段ボール箱に入れておけば1カ月位は大丈夫ですよ。 空気接触を極力抑える! りんごの保存2 段ボールの開け閉めでりんごが空気に触れる回数が多いと、味が落ちるのも早く、傷みやすくなる。 そこで対策として、 りんご一個ずつ新聞紙でくるみ、ビニール袋に密封して入れると更に保存には効果的です。 冷蔵庫の保管 暖かい時期や、暖房が入る場所しかない中で長期保存したい場合は、やはり、 冷蔵庫での保管が良いでしょう。 その際の保存としては、ラップでりんごを隙間なく包み、ビニール袋に入れて 空気を抜き、密封状態で袋の口をねじり止めて冷蔵庫 できれば野菜室 で保存します。 時々りんごを見て水滴があれば拭き取ってください。 りんごをビニール袋に入れるときは、空気が入らないようにするのがポイントです。 口を閉じて、密閉することで、りんごの劣化が防げます。 この冷蔵庫で方法だと2か月くらいはおいしく保存できますよ。 賞味期限のチェック! りんごの保存3 長期保存が可能だからと言ってもある程度、おいしく食べられる賞味期間があります。 りんごの賞味期限としては、2週間~1か月程度ですが、保存状態が今一つですと、軟らかくなったり水分が抜け、スカスカになったりして美味しくなくなってしまうので、できれば早めに食べましょう。 やってはいけない冷凍保存! りんごの保存4 りんごの冷凍保存はいいのでは?と思う方もいらっしゃると思います。 しかし、 りんごはそのまま冷凍してしまうとシャキシャキ感がなくなってしまうので、冷凍には向いていません。 おすすめのやり方としては、 すりおろしにしてレモン汁を絞り冷凍保存です。 それを、カレーに入れたり、ヨーグルトに混ぜたり、離乳食にも、スムージーにもいいですよ。 ここで、りんごの意外な注意点と効用を紹介しますね。 りんごの意外な注意点 りんごは、エチレンガスをたくさん放出します。

次の