ブルーベリー レシピ おかず。 ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

ブルーベリー レシピ おかず

冷凍パイシートでつくるおかずレシピ10選 冷凍パイシートでつくるおかずレシピをまとめました。 具体的な作り方はリンクから各サイトにとんでいただければご確認できます。 冷凍パイシートのおかずレシピその1:チーズウインナーパイ 簡単で美味しいウインナーパイにチーズを入れてさらにおいしく仕上げました。 こどものおやつや朝食にぴったりです。 パイシートを3等分にしたら、スライスチーズとウインナーをパイシートと同じサイズに切って一緒に巻くだけ! ウインナーのパリッとした食感とサクサクのパイ、とろけるチーズで最高の美味しさです。 3個分 パイシート1枚、スライスチーズ3枚、ウインナー3本、溶き卵適量 サイト: 冷凍パイシートのおかずレシピその2:ベーコンとほうれん草のキッシュ 冷凍パイシートで作り方は簡単! クリスマスやお祝い、おやつや朝食にもぴったりのベーコンとほうれん草のキッシュです。 ベーコンとほうれん草を炒めてキッシュ型に冷凍パイシートをはめこみ、卵、生クリーム、牛乳、塩コショウを混ぜた液を炒めた具材と一緒に流し込んで焼けばOK。 栄養たっぷりの美味しいキッシュが出来上がります。 和のテイストもキッシュにマッチする、落ち着いた味わいです。 ホクホクのかぼちゃときのこの食感が美味しいです。 普段のスイートポテトがより美味しくおかずのようにして食べられます。 さつまいも 150g、ソーセージ 4本、冷凍パイシート 2枚、塩 適量、こしょう 適量、ガラムマサラ 適量、溶き卵 適量 サイト: 冷凍パイシートのおかずレシピその7:サーモンとクリームチーズのキッシュ サーモンとクリームチーズの相性が抜群のキッシュ。 キッチュの中身は焼くと膨らむので卵液は入れ過ぎず、八分目くらいにしておきましょう。 魚介はホタテ、エビ、白身魚で、えのきやエリンギの旨味が魚介と絡み合い絶品です。 材料もたったの3つのみで、お手軽に美味しくいただけます。 具体的な作り方はリンクから各サイトにとんでいただければご確認できます。 冷凍パイシートでつくるお菓子レシピその1:甘酸っぱいベリージャム入りのチョコパイ ベリージャムとカシスリキュールの甘酸っぱさとチョコの甘さが美味しいチョコパイ。 板チョコを大胆にそのまま包んで焼いていきます。 シナモンとりんごの美味しすぎるコラボレーションを存分にお楽しみください。 見た目は普通のクロワッサンですが、食べるとちょっとうれしいレモン風味です。 冷凍パイシートにバナナをのせチョコシロップをかけて焼くだけの簡単パイです。 2人分 冷凍パイシート 1枚、バナナ 1本、レモン汁 少々、チョコレートシロップ 適量、あられ糖 適量、コーヒー 少々 サイト: 冷凍パイシートでつくるお菓子レシピその5:HBを使って簡単!クロワッサン食パン ホームベーカリーにパイシートを入れて作る美味しいクロワッサン風味の食パン。 サクサクとした食感でお土産やプレゼントなどにもおすすめです。 2人分以上 バターミルクパウダー 12. 5g、強力粉 200g、薄力粉 25g、アーモンドプードル 25g、塩 3g、 砂糖 25g、たまご1個+牛乳 トータル160ml、無塩バター 35g、バニラオイル 約10滴、ドライイースト 3. 5g、冷凍パイシート 2枚 サイト: 冷凍パイシートでつくるお菓子レシピその6:トースターで出来る!オープンアップルパイ 簡単すぎるのにとっても美味しいオープンアップルパイです。 トースターで出来るので忙しい朝でもすぐに美味しい朝食として食べられます。 お祝いやお土産などにぴったりですね。 お好みのデコレーションで楽しんでみてください。 アツアツをアイスクリームと一緒にくずしながら食べてくださいね。 濃厚なガナッシュをたっぷり入れた贅沢なチョコパイです。

次の

冷凍ブルーベリーの食べ方・レシピ12選!栄養や保存方法も紹介

ブルーベリー レシピ おかず

【ブルーベリージャム】鍋・レンジ・冷凍ブルーベリーを比較 タイプ 食感 風味 保存期間 とろりとして、適度な粒感がある 濃厚な味わい 冷蔵3週間 冷凍1ヵ月 さらりとしたソース状。 粒感がやや残る フレッシュで香り豊か 冷蔵2週間 冷凍1ヵ月 さらりとしたソース状。 ブルーベリージャムは鍋、電子レンジどちらの場合でも比較的短時間でできるのも特徴です。 鍋を使う場合は水分が少ないと焦げ付いてしまうため、ある程度の分量がある方がよいでしょう。 材料(作りやすい分量)• ブルーベリー…200g• 流水でよく洗い、ペーパータオルで水けをしっかり拭きとる。 2 鍋に材料を入れてさっくり混ぜ、強めの中火にかける 最初に強めの中火にかけてブルーベリーから水分を出すことで、鍋底に焦げ付きにくくなる。 3 水分が出たら中火にして、アクを取る ブルーベリーが浸かるくらい水分が出たら(写真左)中火にする。 4 8分ほど煮詰める さらさらの状態からとろみが出て、すくったときにとろっと流れ落ちるような状態になる。 できあがり 粗熱が取れたら完成。 翌日まで置くと味がなじむ。 冷蔵庫で3週間、冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 生ブルーベリーのフレッシュな香りが残るのも特徴です。 材料(作りやすい分量)• ブルーベリー…100g• 2 耐熱ボウルに材料を入れ、さっくりと混ぜる 3 ラップをせずに600Wの電子レンジで3分加熱する 適度に水分を飛ばすため、ラップをかけずに加熱する。 4 一度取り出してアクを取り、電子レンジでさらに2分加熱する できあがり さらりとしたソース状のジャムは、ヨーグルトなどにかけるのがおすすめ。 冷蔵庫で約2週間、冷凍庫で約1ヵ月保存可能。 冷凍ブルーベリーは生に比べて風味や香りが弱いため、よりさっぱりした味に仕上がります。 グラニュー糖の割合も減らし、甘くなりすぎないようにしましょう。 材料(2人分)• ブルーベリー(冷凍)…50g• 耐熱ボウルに材料を入れ、さっくりと混ぜる• ラップをせずに600Wの電子レンジで2分加熱する• 一度取り出してアクを取り、電子レンジでさらに2分加熱する あっさりとした風味は肉料理のソースとしても合わせやすい。 冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約1ヵ月保存可能。

次の

昼ごはんにオススメのブルーベリーを使った人気レシピ10選

ブルーベリー レシピ おかず

採れたての栄養をそのまま凍結できる 生で売られているブルーベリーより、冷凍ブルーベリーの方が栄養価が高いことがあることを、みなさんご存知でしょうか。 ブルーベリーは収穫後、生のままだと時間が経つにつれて徐々に栄養価が落ちていってしまいます。 スーパーや八百屋さんで売られているブルーベリーは収穫後何日か経ってしまっていることがあるので、 その分栄養価が落ちてしまっています。 一方で、収穫後すぐに冷凍したブルーベリーは 収穫後の栄養価がそのまま閉じ込められています。 その結果生のブルーベリーより冷凍ブルーベリーの方が、栄養価が高くなることがあるのです。 実際にイギリスのチェスター大学とレザーヘッド食品研究所が行った調査でも、冷凍した野菜や果物が 生のままのそれらより栄養価が高いことが証明されています。 調査によると、冷凍フルーツと生のフルーツの栄養価を比較した結果、3分の2の品種において冷凍の方が ビタミンCや抗酸化物質の含有量が高いことが分かったそうです。 medicaldaily. 年間を通してブルーベリーを楽しむことができる ブルーベリーは5月頃から出荷が増え、7月頃にピークを迎えます。 そのため新鮮な生のブルーベリーを食べることができるのは初夏から真夏にかけての数か月ですが、 冷凍保存することで旬の味を1年中楽しむことができます。 そのためなるべく 収穫直後の新鮮なブルーベリーを冷凍すると、豊富な栄養をそのまま閉じ込めることができます。 例えばスーパーで売られているものでも、夕方に売られているものよりも午前中に売られているものを買った方が、より新鮮な冷凍ブルーベリーを作れます。 しっかり水気をとってから冷凍する ブルーベリーを冷凍する際は、洗ったブルーベリーを市販のフリーザーパックに入れてそのまま凍結できます。 冷凍する前に水で洗ってゴミなどを取り除きましょう。 そして、洗った後はペーパータオルなどで しっかりと水気をふき取るのがポイントです。 水気を含んだまま冷凍すると、ブルーベリー同士がくっついてしまって調理のために取り出しにくくなってしまいます。 小分けにして冷凍すると使いやすい 冷凍するブルーベリーを何回かに分けて使う場合には、初めから小さめのフリーザーパックに 小分けにして冷凍すると便利です。 使うときに必要な分だけ取り出して解凍すればよく、使わない部分を一緒に何回も冷解凍して品質が悪くなってしまうことを防げます。 用途に合わせた解凍方法 解凍するときはブルーベリーの用途に合わせて解凍方法を選ぶとよいです。 ブルーベリージャムなど加熱調理するときは、 常温で30分ほど解凍してから使うと、加熱の時に手間がかかりません。 逆にブルーベリースムージーなどに使う場合は、 凍ったまま使うことでシャリシャリとした食感を味わえます。 また、ケーキなどのトッピングに使うときは 30分ほど冷蔵庫において解凍することで、食べるときにちょうど良い冷たさになります。 冷凍ブルーベリーの保存期間 ブルーベリーは冷凍することで基本的に 賞味期限を気にせず保存することができます。 ただし冷凍することで 少しずつ乾燥していってしまうので、1年を目安に食べきりましょう。 そうして毎年旬の味を冷凍することで、毎年新鮮な味が楽しめます。 材料 ・冷凍ブルーベリー 300 ・砂糖 100g ・水 80cc ・レモン搾り汁 大さじ2 1 室温で30分程度解凍したブルーベリー、砂糖、水を鍋に入れ、沸騰するまで煮る。 2 沸騰したら中火にして、アクを丁寧にとりながら10分程度煮る。 3 仕上げにレモン汁を入れ、煮立ったら出来上がり。 自然にブルーベリーが崩れていくので、 軽く混ぜながら煮詰めれば大丈夫です。 煮詰める時間によってブルーベリーの形の残り具合が変わるので、好みに合わせて調整するとよいです。 ヨーグルトにのせる場合は形が少し残っているくらい、パンにつける場合はしっかりと煮詰めるとおいしくいただけます。

次の