ナース あおい あらすじ。 Ns'あおいのネタバレと感想!ドラマの原作を無料試し読みはココ!

Ns’あおい

ナース あおい あらすじ

番組紹介 「あんたも気をつけな…この病院ヤバイから」 利益優先!医師優遇!何も変わらない、病院の「日常」。 「みんな患者さんを助けたいと思って医師になったり看護師になったりしたと思うんです。 そんな人達が集まったのが病院なんだから変わるはずです--」 ここには、ナースの「リアル」がつまってる! ナース歴3年目の美空あおいは、日本有数の巨大医療グループの本院の救命救急センターでとある問題を起こし、系列の病院の内科病棟に異動させられる。 ここは、かつて勤めていた救命救急センターとは異なり、一命を取り留めた後こそが正念場の患者を多く抱えた病棟であった。 長期的かつ慎重なケアが重要であるこの内科で、相次いで起こる事件。 腕が伴っていない不誠実な医者、各界の著名人と医者との癒着、売り上げ第一、患者のケアは二の次という経営方針。 それに伴う無理な人員削除、ナース不足…。 徐々に浮き彫りになってゆく病院の「ヤバイ」現状。 しかし、そんな中、あおいは持ち前の明るさで、誠心誠意患者の看護にあたっていく。 頑張れば頑張るほど、プライドの高い医師には疎んじられ、変わらない現実の前に立ちすくみつつも、あおいはそれぞれの過去に傷を持つ先輩ナース・小峰響子や医師・高樹源太の協力により、徐々に周囲の人々の意識を変えていく。 果たして、あおいは自らも背負ったある過去を乗り越えながら、病院の現状を変えることができるのか?! あらすじ 美空あおい(石原さとみ)は、看護師歴3年目の23歳。 大手医療グループ・清天会の本院、清天総合病院の救命救急センターに勤務していたあおいは、ある事件が原因で系列の地方病院・桜川病院への異動を命じられる。 その事件は、今もあおいの心に大きな傷跡を残していた。 初出勤の日。 あおいは、総師長の泉田(片平なぎさ)に挨拶するために、総師長室を訪ねた。 すると泉田は、異動の原因になったあおいの行為を厳しく非難した上で、この病院で問題を起こしたらもう行く場所はない、と釘を刺す。 あおいが勤務するのは内科病棟だった。 そこであおいは、軽薄そうな内科医・高樹源太(柳葉敏郎)に出会う。 初対面早々、セクハラまがいの発言をしてあおいを困惑させる高樹。 内科には、そんな高樹以外にも、看護師を召使のように扱う内科部長・浜松平助(小野武彦)や茶髪の看護助手・北沢タケシ(小山慶一郎)、内臓オタクの放射線医師・片桐(鈴木浩介)など、どこかクセの強いキャラクターがそろっていた。 内科師長の緑川雅子(高橋ひとみ)は、あおいの指導役を小峰響子(杉田かおる)に命じた。 しかし小峰は、何もしなくていい、と最初からあおいに対して冷たかった。 そんなあおいにとって救いになったのは、親身になって患者に接する内科主任・田所義男(西村雅彦)の存在だった。 その夜、勤務を終えたあおいが病院を出ようとすると、若い男が、酒を飲んでいて急に倒れたという女性を抱えてやってくる。 あおいは、他の病院に運んだほうがいい、という小峰を無視し、女性を外来に運び込んだ。 が、その日当直していたのは、耳鼻科が専門の研修医1年生・江藤誠(八嶋智人)だけ。 堪りかねたあおいは、まともに診察することも出来ないでいた江藤をサポート。 的確な指示で彼を誘導し、その女性の危機を救う。 高樹と小峰は、そんなあおいの姿に驚きを隠せなかった。 そこで初めて、あおいが救命救急センターにいたことを知るふたり。 すると小峰は、この病院で下手な正義感を振りかざすと痛い目に遭う、とあおいに告げ、こう続けた。 「この病院、本当にヤバイから」と…。 2006年1月~3月放送・全11回• 本放送時の平均視聴率:14. ) 関連商品.

次の

「あおい」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|西加奈子

ナース あおい あらすじ

番組紹介 「あんたも気をつけな…この病院ヤバイから」 利益優先!医師優遇!何も変わらない、病院の「日常」。 「みんな患者さんを助けたいと思って医師になったり看護師になったりしたと思うんです。 そんな人達が集まったのが病院なんだから変わるはずです--」 ここには、ナースの「リアル」がつまってる! ナース歴3年目の美空あおいは、日本有数の巨大医療グループの本院の救命救急センターでとある問題を起こし、系列の病院の内科病棟に異動させられる。 ここは、かつて勤めていた救命救急センターとは異なり、一命を取り留めた後こそが正念場の患者を多く抱えた病棟であった。 長期的かつ慎重なケアが重要であるこの内科で、相次いで起こる事件。 腕が伴っていない不誠実な医者、各界の著名人と医者との癒着、売り上げ第一、患者のケアは二の次という経営方針。 それに伴う無理な人員削除、ナース不足…。 徐々に浮き彫りになってゆく病院の「ヤバイ」現状。 しかし、そんな中、あおいは持ち前の明るさで、誠心誠意患者の看護にあたっていく。 頑張れば頑張るほど、プライドの高い医師には疎んじられ、変わらない現実の前に立ちすくみつつも、あおいはそれぞれの過去に傷を持つ先輩ナース・小峰響子や医師・高樹源太の協力により、徐々に周囲の人々の意識を変えていく。 果たして、あおいは自らも背負ったある過去を乗り越えながら、病院の現状を変えることができるのか?! あらすじ 美空あおい(石原さとみ)は、看護師歴3年目の23歳。 大手医療グループ・清天会の本院、清天総合病院の救命救急センターに勤務していたあおいは、ある事件が原因で系列の地方病院・桜川病院への異動を命じられる。 その事件は、今もあおいの心に大きな傷跡を残していた。 初出勤の日。 あおいは、総師長の泉田(片平なぎさ)に挨拶するために、総師長室を訪ねた。 すると泉田は、異動の原因になったあおいの行為を厳しく非難した上で、この病院で問題を起こしたらもう行く場所はない、と釘を刺す。 あおいが勤務するのは内科病棟だった。 そこであおいは、軽薄そうな内科医・高樹源太(柳葉敏郎)に出会う。 初対面早々、セクハラまがいの発言をしてあおいを困惑させる高樹。 内科には、そんな高樹以外にも、看護師を召使のように扱う内科部長・浜松平助(小野武彦)や茶髪の看護助手・北沢タケシ(小山慶一郎)、内臓オタクの放射線医師・片桐(鈴木浩介)など、どこかクセの強いキャラクターがそろっていた。 内科師長の緑川雅子(高橋ひとみ)は、あおいの指導役を小峰響子(杉田かおる)に命じた。 しかし小峰は、何もしなくていい、と最初からあおいに対して冷たかった。 そんなあおいにとって救いになったのは、親身になって患者に接する内科主任・田所義男(西村雅彦)の存在だった。 その夜、勤務を終えたあおいが病院を出ようとすると、若い男が、酒を飲んでいて急に倒れたという女性を抱えてやってくる。 あおいは、他の病院に運んだほうがいい、という小峰を無視し、女性を外来に運び込んだ。 が、その日当直していたのは、耳鼻科が専門の研修医1年生・江藤誠(八嶋智人)だけ。 堪りかねたあおいは、まともに診察することも出来ないでいた江藤をサポート。 的確な指示で彼を誘導し、その女性の危機を救う。 高樹と小峰は、そんなあおいの姿に驚きを隠せなかった。 そこで初めて、あおいが救命救急センターにいたことを知るふたり。 すると小峰は、この病院で下手な正義感を振りかざすと痛い目に遭う、とあおいに告げ、こう続けた。 「この病院、本当にヤバイから」と…。 2006年1月~3月放送・全11回• 本放送時の平均視聴率:14. ) 関連商品.

次の

Ns'あおいのネタバレと感想!ドラマの原作を無料試し読みはココ!

ナース あおい あらすじ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の