プル アップ ジャンパー。 [バスケ]プルアップジャンパーのやり方とコツ!うまい奴らは知っているプレイ

ピョンピョンが止まらない!赤ちゃんが大喜びするジャンパーが欲しい!|cozre[コズレ]子育てマガジン

プル アップ ジャンパー

ケビン・デュラントはブルックリン・ネッツに所属しているスモールフォワードです。 NBA屈指のスコアラーで、4回の得点王に輝いています。 歴代でみてもトップクラスのオフェンス能力でしょう。 では、ケビン・デュラントのプレースタイルを分析してみます。 デュラントは登録身長が206センチですが、もう少し大きくみえます。 実際には211センチくらいあるかもしれません。 その証拠に211センチあると並んでも同じ高さです。 さらにウィングスパンが225センチと長いです。 その腕の長さと身長がありながらシュートタッチやボールハンドリング能力が優れていたら止めようがありません。 さて、デュラントはスコアラー型のフォワードで、 主に得点することがメインの役割になります。 シュートを乱射することはなく、効率のいいシュートを重ねていきます。 インサイド、アウトサイド、さらにはディープスリーとシュートレンジが広く、 どこからでも得点することができます。 攻撃パターンも多く、なかでもプルアップジャンパーを多用しており、 クロスオーバーなどのドリブルでディフェンスを崩してから打ってきます。 トランジションからプルアップジャンパーを打つケースも多いです。 また、フェイダウェイも得意としており、 ダーク・ノヴィツキーのような片足のフェイダウェイも見事に使いこなしています。 シュートの打点も高いので、ブロックするには難しいでしょう。 クラッチタイムにも強く、数々のビッグショットを決めてきました。 印象的なのは2017年ファイナルのゲーム3と2018年ファイナルのゲーム3でしょう。 同じようなスポットからスリーポイントを決めてゲームを終わらせました。 優秀なクラッチシューターの1人だと思います。 おそらくが現役ナンバー1ならデュラントはナンバー2でしょう。

次の

プルアップジャンパーとは

プル アップ ジャンパー

自分もそこまでバスケ歴が長いわけではありませんが、経験則などから話させていただきます。 プルアップジャンパーも、ステップバックからのジャンプシュートも、下半身をしっかりつかって打つことが大切だと自分は思います。 自分はフォワードですが、ステップバックをあまり使いません。 使ってもワンフェイク入れてディフェンスを完全に抜くのに使うので、そのままジャンプシュートという使い方はあまりしません プルアップジャンパーは、ドライブで姿勢が低く、前傾になっている状態からのジャンプシュートとなりますが、コツとしてはシュートを打つために体を起こす勢いよりも、下半身でしっかり体を持ち上げてシュートを打つことが大切だと思います。 あとは、自分の感覚の話になってしまいますが、イメージとして、ドライブして止まる時に、足にかかる力をそのままシュートに使うことです。 何を言ってるかよくわからないかもしれませんが、自分はこの2つを意識するようになってからプルアップジャンパーの成功率が格段に上がりました。 トップスピードから一瞬で止まって、そのままジャンプシュートを打つという難しい技ですが、ものにすれば試合ではかなり使えます。 次は、バックステップからのジャンプシュートですが、バックステップでどれだけ速く、そしてどれだけ相手から遠ざかるかが大事だと思います。 当然のことですが笑 若干フェイダウェイ気味になると思いますが、ループを高さを意識してみるといいと思います。 高ければいいというわけではなく、高い方が確立が高くなる人も、その逆の人もいると思っています。 いろいろ試して、しっくりくるものを自分のスタイルとすべきだと思います。 ただ、ループが高い方がメリットは大きいです そして、プルアップジャンパーと同じように、上半身はシュートを打つ瞬間だけに使い、ジャンプする瞬間はあくまで下半身だけを使うという意識が大切だと思います。 ステップバックからのジャンプシュートは、シュートフェイクを織り交ぜることで格段に威力が上がります。 質問者様のポジションはおそらくフォワードかガードだと勝手に推測させていただきたしたが、フォワードとして点を決めたいなら必ず持っておくべきと言っても過言ではないスキルだと思います。 相手に遠くで守らせるためにドライブのキレを鋭くするというのも一つの考えとしてあります。 質問者様の「必殺技」となるように。 または、その「必殺技」をより引き立てられるように、この二つのスキルの習得、頑張ってください。 駄文失礼致しました。

次の

【説明・ドリブルアタックパターン】フロート(スキップ)~プルアップジャンパー(ラッセル・ウエストブルック)

プル アップ ジャンパー

この記事でわかること• プルアップレザーの特徴とは? 出典: 革の分類上、プルアップレザーは「オイルレザー」の位置付けです。 オイルレザーとは、皮から革へ加工する際の鞣し(なめし)で、オイルを十分に染み込ませることで出来上がります。 そのオイルレザーよりも、オイルの量が多いのがプルアップレザーです。 オイルの量は、革を曲げたり指で軽く押すとすぐに分かります。 圧力により、オイルが革の内部を移動して表面に浮き出てきます。 プルアップレザーの利点 染み込んだオイルの効果によって、プルアップレザーには利点がたくさんあるんです。 油は水を弾く性質と同じく、撥水作用がある。 オイルが革をしなやかにし、耐久性が高い。 傷をオイルがコーティングし、傷が付きにくい(目立たない)。 圧がかかる場所によって色の変化が異なり、自分だけのエイジングができる。 移動したオイルが「エイジング模様」を作る多才な表情のまだら模様が魅力。 深層のオイルがゆっくり染み出し、独特の美しいツヤがある。 厚みがあり重量感のある見た目でも、肌触りはなめらか。 エイジングのことを踏まえて、あえてシワを付けている人もいるようです。 つるんとした見た目が好みなら合わないかもしれないので、特徴を理解しておきましょう。 プルアップレザーをかっこよくエイジング・経年変化させる方法 出典: プルアップレザーはオイルによってしっとりした外見になり、植物タンニン由来の渋くて落ち着きのあるエイジングを楽しめます。 変化は早く、使い始めてから6か月頃から現れます。 日頃の使い方によっても異なるので、取り扱いを心掛けると素敵な色合いになりますよ。 【ポイント】• 水汚れに注意:撥水性があるとはいえ、放置するとシミや色むらの原因になります。 衣類のポケットに入れず、鞄にしまう:型崩れや傷を防ぎます。 毎日のケアと定期的な手入れ:ブラッシングや乾拭きをし、汚れが付いたら早めに落としましょう。 湿度と気温が安定した保管場:保管中に問題が起こるケースも少なくありません。 適した場所へ。 プルアップレザーの手入れ・相性のいいクリームは? 基本的な手入れ方法は、他の革製品とほとんど変わりません。 ここでは、 「財布」と「靴」の手入れ方法についてご説明します。 準備するもの 出典:• 馬毛ブラシ• 豚毛ブラシ• 革用のケアスポンジ• 革専用クリーナー• クロス(または柔らかい布)数枚• 保湿剤• 防水スプレー 豚毛ブラシは仕上げに使用します。 無くてもクロスで磨けるので問題ありませんが、製品によって相性があります。 クロス磨きでしっくりこない場合は、購入を検討してみてください。 靴を手入れする時は、 除湿効果のある木製のシューキーパーがあると尚良いです。 靴の「甲部分」の形に合うデザインにしましょう。 手入れ方法 出典:• 靴の場合は、靴紐を外してシューキーパーを入れる。 馬毛ブラシでブラッシング。 クロスにクリーナーを付けて汚れを落とす。 別のクロスに替えて、クリーナーと汚れを拭き取る。 スポンジに保湿剤を少量付け、全体に塗り広げていく。 豚毛ブラシでブラッシングして、余分な保湿剤を除く。 一晩置き、清潔なクロスで磨き上げる。 防水スプレーを噴霧し、乾くまで保管する。 5と6の工程はクロスで行ってもかまいません。 何を使用するかによってエイジングに変化があるので、それもまた醍醐味ですね。 一番のポイントは「革への油分補給」です。 名の通りオイルが豊富とはいえ、手入れを行って油分を補いましょう。 相性の良いクリームは? 出典: 基本は「 ミンクオイル」が良いとされています。 相性が悪いのは乳化性のクリームで、革の通気性を妨げて劣化を早めます。 また、1つのクリームで様々なレザーが手入れできる商品とは反対に、「 オイルレザー専用のクリーム」があるので迷ったら専用を選んでみてはいかがでしょうか。 プルアップレザーを使った財布・靴は? 出典: プルアップレザーは、自身の特長を生かして財布や靴にも取り入れられています。 財布:手に触れる機会が多いので皮脂が移り、エイジングを楽しみつつ管理もしやすい。 靴:登山靴やブーツに使われることが多い。 険しい道でも耐久性があるので壊れにくい。 きちんとした実用性があり、趣味に合わせやすいレザーのようです。 デザインの一環として、起毛があるオイルレザーもあります。 手入れ方法は先程ご説明した内容とほぼ同じです。 汚れを落とす箇所だけ 「消しゴム型」を使用してください。 色ムラを予防します。

次の