ローランド パンツ ユニクロ。 ローランドのズボン ユニクロの黒レギンスパンツの値段や履いてる理由は?

ユニクロの「感動パンツ」を試してみたら、本当に心の底から感動した

ローランド パンツ ユニクロ

15日の放送で密着することになったのは、カリスマホスト・ローランドさん。 実は、ローランドさんがホストで接客する時や、ゲストで呼ばれたファッションショーで愛用しているのは、ユニクロの「1990円」のズボンであることが明かされます。 カリスマホストのローランドさんなら当然もっと高いブランド物のズボンを買うことはもちろん可能。 しかし、ホストとして接客しつつ何度も立ったり座ったりを繰り返す中で「これが最高」とたどり着いたのが機能性の高さがあるユニクロの「1990円」のズボンなのだとか。 ローランドがユニクロを愛用する理由とは? ユニクロの「1990円」のズボンを愛用する理由についてローランドさんは「金額じゃない、本当に心惹かれるか惹かれないか。 ブランドとかも関係ない純粋に使いやすいか」と、本当に自分が心から気に入っているかが物を買う基準であるとコメント。 続けて、「1億円でも価値のないものだったら絶対に買わない。 逆に100円でもそこに価値を見出したら買います」とローランド節が炸裂。 ホストの仕事に加えて、イベントや書籍、テレビ出演など売れっ子になっても、本当にその物に価値があるのかどうかが重要だと語ります。 ローランドさんのブレない金銭感覚が素晴らしいですね。 また、ユニクロのズボンについては、立ったり座ったりを繰り返す時、「1番エレガントに動ける」機能性を高く評価していました。 カンボジアでも歓迎されるローランド 番組では、ローランドさんがカンボジアを訪れた様子にも密着。 現地で1000人の住民に歓迎され、カンボジアの内務省長官から感謝状を受け取ったローランドさん。 カンボジアの人からここまで歓待されたのは自伝本の印税500万円程を寄付して、老朽化した学校を修繕し、井戸を作ったのがその理由。 1000人のカンボジア人から感謝されたことについて、ローランドさんは「冷静に自分のスペックを考えたら、面白いし、かっこいいし、身長高いし、このスペックで生まれて来るためにはかなり徳を積まないといけない。 俺、前世、星かなんか救ってる」と、ここでもローランド節を炸裂させ、ご満悦の表情を見せます。

次の

ローランドは1990円のユニクロパンツを愛用「1番しっくりくる」

ローランド パンツ ユニクロ

「ユニクロ ローランド 1990」。 先日、そのように検索した人はきっと日本中に数え切れないほどいるだろう。 なぜなら、ホストの帝王・ローランド(ROLAND)さんがテレビ番組『神様の数字』で ユニクロのパンツを愛用していると発言したからである。 しかもお値段1990円……!! 愛車のロールス・ロイスをはじめ、どんなに高級であっても手に入れられる彼がなぜ? と思いきや、 機能性がいい上にエレガントに動けて1番しっくりくるらしい。 超一流の男が価値を認めるユニクロのパンツとは一体……これは是が非でも欲しい! ということで、新宿・歌舞伎町近くにあるビックロへやってきた。 購入するにあたり、まずは事前調査。 ネットで調べたところ、どうやら「ウルトラストレッチレギンスパンツ( ウィメンズ)」の黒がそうらしい。 だが、私は男だ。 ウィメンズのコーナーへ野郎1人で行くのは、やはり恥ずかしいものがある。 男性の中にウィメンズを買う人が存在するのは知っているが、いざ自分が買うとなると一歩が出ない……。 そこでとりあえずはメンズコーナーで可能性のあるパンツを探しつつ、店員さんに「ローランドさんが愛用しているパンツはウィメンズなのか」と聞くことに。 要するに怖気づいたのだが、店員さんと協力して1つ、また1つと候補の商品を潰していく。 もうここまで来たら腹をくくるしかない。 ただ、せっかく勇気を出して買うので、どうせならとウィメンズコーナーの店員さんに気になっていた質問をいくつかぶつけてみた。 ホストのローランドさんが愛用しているパンツを買いたいんですけど、どうもウィメンズのものみたいなんですよ。 僕の大根みたいな足でも入りますかね? 「そうですね、お客さまならLかXLくらいでちょうどいいかと思います。 なんとローランドさんだけでなく、歌舞伎町のホストの方たちもユニクロのウィメンズを愛用しているとの耳寄り情報まで教えてくれた。 あえてのウィメンズ。 やはりメンズに比べて、レッグラインとかスラッとして見えるから人気なのだろうか。 さて、ここからは気になる使用感である。 試着したところXLでバッチリフィット。 360度伸びるウルトラストレッチ素材を使用しているだけに、窮屈な感じはまったくしない。 イメージとしては、スパッツよりも少し余裕のあるパンツを履いているといったところか。 しかも、パッと見はウィメンズと分からない。 で、実際に履いてみたのだが、足を通せば…… おほほほぉ! 今回、初めてウルトラストレッチ系のパンツを履いたのだが、これヤバい! 一度履いたら他履けなくなるやつ!! だってだって…… シルエットがよいっ……!(足元が死んでるけど) 試しに短い足を組んで座ってみても…… なんだかシュッとしているっ……!(ような気がする) ゴムのようにビョーンと伸びるから少し無茶な姿勢になってもノーストレスで、パンツを履いていないのと何ら変わらない感覚とさえ言える。 ていうかウルトラストレッチ、神すぎるんですけど。 今さら「ウルトラストレッチ」シリーズを味わったが、一言でいえば「もう戻れない」。 ジーンズはもちろん、ルームウェア(これからの季節は暑いけど)まで一式揃えたい気分だ。 ユニクロのウルトラストレッチは間違いなく価値ある買い物。 当初、ウィメンズを買うのは気が引けたが、実際に履いてみてローランドさんが愛用しているのも納得だった。 種類によってはメンズもあるので、未体験の人は一度そのスゴさを味わってみることをオススメする。 参考リンク:ユニクロ Report: Photo:RocketNews24.

次の

#神様の数字

ローランド パンツ ユニクロ

15日の放送で密着することになったのは、カリスマホスト・ローランドさん。 実は、ローランドさんがホストで接客する時や、ゲストで呼ばれたファッションショーで愛用しているのは、ユニクロの「1990円」のズボンであることが明かされます。 カリスマホストのローランドさんなら当然もっと高いブランド物のズボンを買うことはもちろん可能。 しかし、ホストとして接客しつつ何度も立ったり座ったりを繰り返す中で「これが最高」とたどり着いたのが機能性の高さがあるユニクロの「1990円」のズボンなのだとか。 ローランドがユニクロを愛用する理由とは? ユニクロの「1990円」のズボンを愛用する理由についてローランドさんは「金額じゃない、本当に心惹かれるか惹かれないか。 ブランドとかも関係ない純粋に使いやすいか」と、本当に自分が心から気に入っているかが物を買う基準であるとコメント。 続けて、「1億円でも価値のないものだったら絶対に買わない。 逆に100円でもそこに価値を見出したら買います」とローランド節が炸裂。 ホストの仕事に加えて、イベントや書籍、テレビ出演など売れっ子になっても、本当にその物に価値があるのかどうかが重要だと語ります。 ローランドさんのブレない金銭感覚が素晴らしいですね。 また、ユニクロのズボンについては、立ったり座ったりを繰り返す時、「1番エレガントに動ける」機能性を高く評価していました。 カンボジアでも歓迎されるローランド 番組では、ローランドさんがカンボジアを訪れた様子にも密着。 現地で1000人の住民に歓迎され、カンボジアの内務省長官から感謝状を受け取ったローランドさん。 カンボジアの人からここまで歓待されたのは自伝本の印税500万円程を寄付して、老朽化した学校を修繕し、井戸を作ったのがその理由。 1000人のカンボジア人から感謝されたことについて、ローランドさんは「冷静に自分のスペックを考えたら、面白いし、かっこいいし、身長高いし、このスペックで生まれて来るためにはかなり徳を積まないといけない。 俺、前世、星かなんか救ってる」と、ここでもローランド節を炸裂させ、ご満悦の表情を見せます。

次の