豪 ドル。 豪ドル/米ドル(AUDUSD)|為替レート・チャート|みんかぶFX

豪ドル/米ドル(AUDUSD)|為替レート・チャート|みんかぶFX

豪 ドル

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• レンジをブレイクしてから一本調子で上昇しています。 昨日上昇が止まったとは断定できず、現在は横ばいの動きとなっており、押し目を付けていくかどうかを見ていく時間帯となります。 FR23. 6を割り込んでくるようであれば、FR38. 2まで下落していくと考えられ、ここは0. 6800と重なったポイントとなり、場所の情報が2つあります。 そのため、ここで押し目を付けて上昇していくシナリオをメインとして見ていきます。 6800で反発したのを確認して、0. 06870で買い もし、FR23. 6を割り込まずに上昇していくようであれば、情報としてキリのいい数字しかありませんので、そこを切り上げで買っていきましょう。

次の

豪ドル/米ドル(AUDUSD)|為替レート・チャート|みんかぶFX

豪 ドル

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック 0. 5 pips 0 円 -15 円 1,000 通貨 最大1,500,000 円 0. 6 pips 2 円 -2 円 1,000 通貨 最大400,000 円 0. 6 pips 2 円 -2 円 1,000 通貨 最大400,000 円 0. 6 pips 1 円 -38 円 1,000 通貨 最大40,000 円 0. ランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨で表記しています。 特徴 かつては高金利通貨の代名詞としてFX取引でも人気の通貨であった。 2018年8月時点での政策金利は1. 50%と、米国よりも低く、長期金利などでも米国の水準を下回っている。 もっとも、日本や欧州に比べると金利が取れる分、ある程度金利を意識した取引も残っている。 また、世界有数の資源国として、天然資源の国際市場での動向が相場に影響を与える資源国通貨としての一面も持っている。 輸出のトップ10はすべて天然資源が占めており、資源価格動向が豪経済に与える影響が大きい。 鉄鋼・石炭などが主な輸出品で、輸出先のトップは中国。 そのため、自国の経済指標だけでなく、中国の鉱工業生産や小売売上高など、中国の経済指標で豪ドルが動くこともある。 取引のポイント 鉄鋼・銅など金属資源の国際市場動向の影響を大きく受けるため、国際商品市場動向を要チェック。 中国向けの資源輸出が経済のカギを握っており、中国の需要減退などのニュースに反応しやすい面も。 かつて金利を狙った投機的な取引が多かったこともあり、世界的なリスク警戒感を誘うようなニュースに対する感応度が大きく、リーマンショックの際に、経済的にはほとんどン関係なかったにもかかわらず、ドル円以上に値を落としたこともあるため、大きなニュースには要注意。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

オーストラリアドル為替レートこの先の見通しは?

豪 ドル

豪ドル/円の為替相場は、国外要因の影響を受ける場面も予想されるものの、再評価される可能性があるものと考えられます。 オーストラリアでは、実質GDP成長率が2019年2. 政策金利は2019年7月に2ヵ月連続となる利下げにより過去最低の1. 市場では2019年末までにあと1回の追加利下げが予想されていますが、現状の豪ドル相場には概ね織り込まれていると考えられます。 豪州準備銀行(RBA)は2019年7月に、2ヵ月連続となる0. 25%の利下げを決定しました(政策金利は過去最低の1. 00%へ引き下げ)。 RBA総裁は先行きの金融政策に関して、労働市場の動向を注視しながら、景気支援のために追加利下げを実施する可能性にも含みを持たせました。 2019年7月2日時点の先物市場が織り込む2019年末の政策金利予想では、もう1回の利下げが実施される確率が38. 3%とメインシナリオとして見込まれています。 RBAの利下げ決定当日の豪ドル相場の反応は、概ね横ばいでの推移となりました。 利下げ決定は大方の市場参加者の予想通りの結果であったことから、実際のRBAの利下げ決定は豪ドル相場にとっての悪材料とは捉えられていない模様です。 むしろ、RBAの利下げ決定によって豪州の金融政策を巡る不透明感が払しょくされ、金融緩和による先行きの景気下支え効果への注目が高まれば、豪ドル相場の見直しに繋がる可能性があると考えられます。 オーストラリア政府予算案の主な政策概要 政策 概要 所得税減税 主に低・中所得層を対象に、今後10年間で総額1,580億豪ドル規模の追加の所得税減税を実施。 現在4段階(19%、32. 5%、37%、45%)の所得税率を2024年度には3段階(19%、30%、45%)へ簡素化し、所得税率の引き下げを図る。 中小企業 向け減税 即時減価償却額の上限を2. 5万豪ドルから3万豪ドルへ引き上げ。 年間売上高5,000万豪ドル未満の中小企業の法人税率を、現行27. 5%から2021年度に25%へ引き下げ(当初計画を5年前倒し)。 インフラ 投資 今後10年間のインフラ開発への拠出額を従来計画の750億豪ドルから1,000億豪ドルへ引き上げ。 メルボルン〜ジーロング間の高速鉄道に20億豪ドルを拠出。 都市混雑の解消のためのインフラ基金への拠出を10億豪ドルから40億豪ドルへ増額。 輸送ルート改善のため道路建設への拠出を35億豪ドルから45億豪ドルへ引き上げ。 (出所)レッグ・メイソン・アセットマネジメント提供データをもとに新生銀行作成 オーストラリア政府予算案の主な政策概要 政策 所得税減税 概要 主に低・中所得層を対象に、今後10年間で総額1,580億豪ドル規模の追加の所得税減税を実施。 現在4段階(19%、32. 5%、37%、45%)の所得税率を2024年度には3段階(19%、30%、45%)へ簡素化し、所得税率の引き下げを図る。 政策 中小企業向け減税 概要 即時減価償却額の上限を2. 5万豪ドルから3万豪ドルへ引き上げ。 年間売上高5,000万豪ドル未満の中小企業の法人税率を、現行27. 5%から2021年度に25%へ引き下げ(当初計画を5年前倒し)。 政策 インフラ投資 概要 今後10年間のインフラ開発への拠出額を従来計画の750億豪ドルから1,000億豪ドルへ引き上げ。 メルボルン〜ジーロング間の高速鉄道に20億豪ドルを拠出。 都市混雑の解消のためのインフラ基金への拠出を10億豪ドルから40億豪ドルへ増額。 輸送ルート改善のため道路建設への拠出を35億豪ドルから45億豪ドルへ引き上げ。 (出所)レッグ・メイソン・アセットマネジメント提供データをもとに新生銀行作成 「財政引き締め」 2008年のリーマン・ショックで国内経済が急激に悪化したため、オーストラリア政府はそれまでの良好な財務体質を活かして、巨額の財政出動を伴う景気対策を実施しました。 その効果もあり、徐々にオーストラリア景気が回復に向かいはじめたことでオーストラリア政府は、財政の改善に転換する方針を打ち出しています。 「新興国経済の落ち込み」 オーストラリア経済は中国向けの輸出に代表されるように、資源や農産品の輸出において、新興国の景気動向に影響を受けやすいといえます。 そのため、政治が不安定だったり、財政や金融政策が未熟な一部の新興国の政治手腕にオーストラリアの景気が大きな影響を受ける可能性もあります。 「一段の利下げ懸念」 オーストラリア政府は、前述のように財政の改善を優先する方針を示しています。 そのため、財政の引き締めや、新興国経済の落ち込みなどで、今後再びオーストラリアの景気が悪化した場合は、景気のテコ入れ策は「金融緩和」が主な手段となると考えられ、オーストラリアの金利が一段と低下する可能性があり、金利低下は豪ドル安要因となります。 「資源価格の下落」「世界的な天候不安」 資源国であるオーストラリアにおいては、2000年以降、資源価格の上昇を追い風に海外投資家や事業会社が鉱山などの資源開発に積極的に投資を行ってきました。 その資源開発投資がオーストラリアの雇用の一部を担い、さらに投資や消費を促すなど経済発展に大きく貢献してきました。 そのため資源価格の下落は、輸出の減少のみならず、資源開発投資の減少につながり、オーストラリア経済に大きな影響を与える可能性があります。 また近年の世界的に不安定な気候の影響で、オーストラリアでも大規模なかんばつや洪水被害を引き起こし、農作物の生産にも多大な被害が及ぶなど、近年の異常気象の多発はオーストラリア、豪ドルへの投資のリスク要因となりつつあります。 この資料に述べられている見通しは、レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社が提供するマーケット情報であり、弊行の売買・ポジション等に関する方針等を示すものではありません。 この資料は公に入手可能な情報・データに基づくものですが、弊行がその正確性・完全性を保証するものではなく、その内容を随時変更することがあります。 この資料に述べられている見通しは実際の市場動向とは異なる可能性があり、今後の推移を弊行ならびに執筆者が約束するものではありません。 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、ご自身の判断と責任においてお取引をなさるようお願いいたします。 金融商品によっては、金利水準、為替相場、株式相場等の金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により、お客さまに損失が生じることがあり、またこの損失がお客さまからご提供いただいた証拠金・担保(もしあれば)の額を上回るおそれがあります。

次の