日本 インフルエンザ 患者数 2019。 【インフルエンザ19

コロナとインフルエンザの死亡者数を比較したら、インフルのがヤバかった!

日本 インフルエンザ 患者数 2019

調べるの難しいですよ。 インフルエンザは全数報告ではないので、定点医療機関(全国5000医療機関)からの1週間ごとの報告数です。 2019年・・・ 2月25日~3月3日 29384人 3月4日~3月10日 20454人 3月11日~3月17日 14488人 3月18日~3月24日 12320人 3月25日~3月31日 8567人 4月1日~4月7日 7227人 4月8日~4月14日 8282人 4月15日~4月21日 12613人 4月22日~4月28日 10601人 4月29日~5月5日 4703人 年間の定点患者数から全体の患者数を推計します。 (定点以外の医療機関からのインフルエンザ患者数は報告義務がないので推計値になります・・・年間1千万人くらい) 死亡者は死亡診断書から直接死因を拾い上げるため、2018年までしか集計されていません。 直接死因がインフルエンザなら簡単ですが、死因が肺炎になっているとインフルエンザから肺炎で死亡した例が含まれていてもわかりません。 したがって超過死亡という概念で計算して年間1万人くらいになっているわけです。 平成29年・・・ インフルエンザ死亡 2569人 肺炎死亡 96841人 平成30年・・・ インフルエンザ死亡 3323人 肺炎死亡 94654人 インフルエンザ罹患者推計方法 H5N1亜型の鳥インフルエンザは、2004年以来アジア、アフリカ、中東、ヨーロッパにまたがり、家きん、野鳥を含めてこれまで53カ国にて鳥における発生がみられており、そのうち、10カ国において258例のヒトにおける感染と、うち死亡154例が報告されています。 すなわち、この一連の発生事例は、鳥インフルエンザウイルスといえども、濃厚に接触すれば、やはり感染するということを如実に物語っています。 科学的には、ヒトの気管/気管支上皮細胞に鳥インフルエンザウイルスに対する受容体があるという報告(Proc. Natl Acad. Sci. 101:4620-4624, 2004. )や、肺胞上皮細胞がH5N1亜型のウイルスに感染しているという報告(Emerg. Infect. Dis. 11:1036-1041,2005. )がありましたが、最近の研究結果(NATURE 440 23 : 435-436,2006. )は、ヒトの肺胞上皮に鳥インフルエンザウイルスに対する受容体があることを示しており、この受容体が肺の深部にあるために、鳥インフルエンザウイルスに大量に暴露された場合には鳥からヒトに感染しうるが、ヒトからヒトへは容易には感染しないことを示唆しています。 どのような場合に鳥からヒトに感染しますか? 感染源は、H5N1に感染した病鳥や死鳥の排泄物や体液ですが、アヒルなどでは感染しても無症状の場合もあります。 これら感染した家きんあるいは野生鳥などの体液・排泄物への濃厚な接触、あるいはこれらからの飛沫を吸入することによりヒトへ感染しています。 特に病鳥の羽をむしったり解体したり、感染した闘鶏を世話したり、病鳥、特に症状を示さないが感染しているアヒルと遊んだり、アヒルの生の血液、あるいは加熱調理不十分と思われる家きん肉の摂食などが原因となった感染が報告されています。 しかしながら、これまでのところ、おそらく数百万人が暴露を受けていることからすれば、ヒトへの感染は少数であり、少なくとも現時点ではトリからヒトへの感染効率は低いと考えられています。 ヒトからヒトへ感染しますか? 1997年に香港でH5N1亜型のウイルスによって、また2003年にオランダでH7N7亜型のウイルスによって、ヒトからヒトへの感染が見られたと報告されています。 また、現在アジアを中心に流行しているH5N1亜型に関しては、明らかにヒト-ヒト感染が疑われる事例は、ベトナムとタイ、インドネシアにおける濃厚接触による3件と、2006年5月末に報告されたインドネシアの北スマトラの一農村における家族内集積事例が報告されています。 前者の3例は、それぞれ患児を看病しており濃厚な接触をしていた母親に1対1で感染したと考えられていますが、後者では、一人の母親から、その兄弟とそれぞれのこどもたちに合計6例の感染者がみられており、その後一人のこどもから父親に感染が認められ、第三世代までの感染があったと考えられています。 つまり現状でも濃厚である程度の期間持続する接触があれば、感染は起こりうると考えられます。 なお、これまでのところ、効率的な持続的なヒト-ヒト感染の証拠はありません。 タイでは、発症後6日程度(4~13日)でARDSを発症したと報告されており、トルコにおける重症例では発症から3~5日で呼吸不全が認められたとしています。 またもう一つの特徴として多臓器不全やDIC(播種性血管内凝固症候群)が報告されています。 一方、ベトナムからは、ほとんど呼吸器症状のない脳炎事例が報告されており、その引き起こす疾患の幅が広いことを示唆しています。 H5N1亜型による致死率は、これまでのところ全体で56%(WER 26 81 :249-260,2006. )ですが、年齢層によって異なり、10~39歳で最も高い数字がでています。 軽症例が見逃されている可能性を考えると、実際の死亡率はもっと低いのかもしれないとの意見もありますが、最近の血清学的サーベイランスでは、軽症例や無症候性例は非常に少ないというデータ(N Engl J Med 2005;353:1374-85. ; Euro Surveill 2006 Sep 7;11 9 )も出ており、実際にH5N1感染は重症であると考えられます。 ただし、これまでの臨床症状に関する情報は、すべて入院患者に基づいていることに注意しておく必要があります。 すなわち現状では、発症から医療機関受診までの期間はおおむね4日前後であり(WER 26 81 :249-260,2006. )、発症早期に受診している例は多くはないこと、そしてこの発症から受診までの遅れが、これまで抗ウイルス薬の効果を評価できない原因となっています。

次の

新型コロナ:米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え (写真=ロイター) :日本経済新聞

日本 インフルエンザ 患者数 2019

2018年第49週に定点当たり報告数が全国レベルの流行開始の通常の指標である1. 報告のピークは2019年第4週(57. 09人)で, この定点当たり報告数は, 1999年4月の感染症法施行開始以降最高値であった。 定点報告を基に全国医療機関を受診したインフルエンザ患者数を推計すると, 累積推計受診者数約1,200万人であった(2018年第36週~2019年第17週)。 66倍になると考えられている。 基幹定点医療機関(全国約500カ所の300床以上の病院)を対象としたインフルエンザ入院サーベイランスにおける入院患者総数は20,389人(2018年第36週~2019年第17週)であった。 全数把握5類感染症である急性脳炎(脳症を含む)の届出のうち, インフルエンザ脳症報告数は223人であった(2018年第36週~2019年第17週)。 うち, インフルエンザ定点で採取された検体からの分離・検出数は7,704, 同定点以外の検体からの分離・検出数は678であった()。 B型の分離・検出数は2019年第10週から増加し, 第17週以降A型を上回った( & )。 海外においても, A型を主体とする流行がみられ, B型の流行は小さかった。 1A群に属し, さらにHAの183番目のアミノ酸に変異をもつ株が多かった。 抗原性解析ではワクチン接種を受けたヒトの血清との反応性は低下している傾向がみられた。 2aおよび3C. 2aに属した。 2a1群)の細胞分離株に対するフェレット血清とよく反応したが, 卵馴化による抗原変異を受けた卵分離株に対するフェレット血清とは, ほとんど反応しなかった。 0%)で検出された。 うち4株は同剤未投与の患者から分離された株であった。 また, 国内分離331株のうち, バロキサビル耐性変異株が6株(1. 8%), 同剤投与例から検出された。 6%)検出された。 うち5株は同剤未投与の患者から分離された株であった。 B型でのバロキサビル耐性変異株は検出されなかった()。 引き続き積極的なワクチン接種が推奨される。 鳥・ブタインフルエンザウイルスのヒト感染例():家禽に対する高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスのヒト感染例は, ネパールにおいては初めてとなる2019年3月の事例を含め, 2003年以降17カ国で861例(うち455例死亡)が確認された。 A(H5N6)ウイルスは2014年以降, 2019年3月と8月にそれぞれ1例のヒト感染事例を含め, 中国では24例の報告がある(2019年9月27日現在)。 一方, 2013年から低病原性鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスのヒト感染例も中国で多数報告され, 感染者総数は1,568例(うち616例死亡)となっている(2019年9月27日現在)。 2016年10月~2017年9月の第5波では, 家禽に対して高病原性に変異したA(H7N9)ウイルスも出現し, ヒト感染例も報告されたが, 2017年10月以降, ヒト感染例の報告は高病原性ウイルスによる3例であり, 2019年4月以降, このウイルスによるヒト感染例は報告されていない。 これまで, 鳥インフルエンザA(H9N2)ウイルスのヒト感染例は, 中国, エジプト, バングラデシュ, オマーンで散発的に報告されている。 ブタインフルエンザウイルスのヒト感染例は, これまでに, 米国の農業フェア等での曝露によるA(H3N2)v, A(H1N1)v, A(H1N2)vが報告されている()。 おわりに:患者発生動向, 通年的なウイルス分離, 流行株の抗原変異・遺伝子変異の解析, 薬剤耐性ウイルス出現, 国民の抗体保有率等の包括的な監視が今後の新型インフルエンザを含むインフルエンザ対策に引き続き重要である。 注)IASRのインフルエンザウイルス型, 亜型, 株名の記載方法は, 赤血球凝集素(HA)の分類を調べた情報を主とする場合と, さらにノイラミニダーゼ(NA)の型別まで実施された場合などの違いによるものである。

次の

インフルエンザ患者数 増加(日直予報士 2019年12月09日)

日本 インフルエンザ 患者数 2019

厚生労働省は2019年11月29日、第47週(2019年10月18日~24日)のインフルエンザ発生状況を発表した。 定点あたり患者報告数は3. 11人で、前週の1. 84人より増加。 46都道府県で前週より増えており、最多は北海道の10. 12人であった。 インフルエンザの2019年第47週の定点あたり患者報告数は3. 11人。 第46週(11月11日~17日)の1. 84人から増加した。 第47週における全国の患者報告数は1万5,390人と、 今シーズン初めて1万人を超えた。 都道府県別では、 北海道(10. 12)がもっとも多く、青森県(8. 08)、石川県(6. 04)、宮城県(5. 14)、山形県(5. 13)、広島県(5. 04)、富山県(4. 96)、福岡県(4. 85)、鹿児島県(4. 34)、長崎県(4. 13)、熊本県(4. 10)、秋田県(4. 00)、神奈川県(3. 94)、福島県(3. 88)、新潟県(3. 51)、愛知県(3. 27)、沖縄県(3. 22)、東京都(3. 00)と続いている。 前週の報告数との比較では、減少した福井県を除く46都道府県で増加した。 全国で警報レベルを超えている保健所地域は北海道の1か所、注意報レベルを超えている保健所地域は1道14県の29か所だった。 国内のインフルエンザウイルスの検出状況を直近の5週間(2019年第43週~第47週)でみると、「AH1pdm09」が90%を占めている。 このほか、「AH3亜型」6%、「B型」3%。 基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は159例あり、前週の95例より増加した。 38都道府県から報告があり、年齢別では 「1~9歳」が79例と最多で、「80歳以上」28例、「10代」16例と続いた。 インフルエンザ様疾患による保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校の休業施設数も増え続けており、第47週は休校が9施設、学年閉鎖が125施設、学級閉鎖が361施設であった。 国立感染症研究所によると、インフルエンザの流行の程度とピークの時期はその年によって異なるが、日本では例年11月下旬から12月上旬ごろに始まり、翌年1月から3月ごろに患者数が増え、4月から5月にかけて減少していくパターンを示す。 予防にはワクチンのほか、流行期に人混みを避ける、マスク着用、外出後のうがいや手洗いなどがあげられる。 《奥山直美》.

次の