いくつか 敬語。 「見る」の正しい敬語は?【尊敬語・謙譲語・丁寧語】

古文における敬語の使い方~敬意の方向~

いくつか 敬語

私達は、日常生活で、相手に何かを確認してもらいたい時や、チェックしてもらいたい時、「確認」という言葉をよく使います。 ビジネスの場でも、資料やデータのやり取りをする際などに、「ご確認」という言葉をよく使うと思います。 ビジネスシーンでは、敬語や丁寧語が基本とされている為、相手に確認を頼む際も、「ご確認下さい」など、丁寧な表現を使うことが一般的です。 しかし、「ご確認」のフレーズはたくさんあり、使い方も幅広くあります。 その為、誤った使い方で覚えてしまいがちな言葉でもあるのです。 以下で、「ご確認」の正しい使い方や例文をご紹介していくので、確認していきましょう。 「ご確認」は「ご」+「確認」の【丁寧語】 また、「ご確認のほど~」という言い回しも、よく見掛けるフレーズの1つです。 「ご確認」以外にも、敬語などでよく使われる「~のほど」というフレーズ。 この「ほど」という言葉には、断定や強制を避け、柔らかい雰囲気やニュアンスを演出する効果があると言われています。 上記でご紹介した「ご確認ください」は、確認することを相手に義務づけたり強制したりしているイメージが、少しありますね。 しかし、「ご確認のほど~」というように、「ほど」を付けることで、強制的な印象が弱まるのです。 では、「ご確認のほど~」の言い回しを、例文で確認していきましょう。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 ・ご確認のほど、宜しくお願い致します。 「~のほど」は、今回のテーマである、「ご確認」の他には、「ご協力のほど~」「ご支援のほど~」といった使い方があります。 また、「ご確認の上~」という言い回しも、ビジネスメールではよく使われます。 上記でご紹介した「ご確認のほど~」などの言い回しは、「お願い致します」などの言葉が続くことが多く、相手に確認をお願いする場合に使われる言葉となっております。 ただ確認をお願いするだけでなく、確認した上で何か動作や反応をお願いする際に使われる表現なのです。 実際に、例文を通して、「ご確認の上~」という表現の使い方を学んでいきましょう。 ・数量をよくご確認の上、受領印を押してください。

次の

「見る」の正しい敬語は?【尊敬語・謙譲語・丁寧語】

いくつか 敬語

ビジネスの現場では、必ず、上司や先輩・同僚に、分からない点や疑問に思ったことをたずねる機会が発生します。 社内のみならず、取引先やお客さまに教えてもらわなければならない場面も起こりえます。 この場面ではさらに間違ったたずね方をしてしまったらNGです。 疑問点を解決したいと思った時、目上の人に「教えてください」とそのまま伝えるのは問題があるでしょうか。 やはり、ビジネスの現場では、より丁寧な言い回しが必要となってきます。 みなさんは「教えてください」の実務の現場での使い方をきちんと習得できていますか。 ここでは、「教えてください」の使用例を見ながら失礼のない使い方をおさらいしましょう。 ビジネスメールでの「教えてください」はこう使う 「教えてください」とビジネスの現場において依頼する場合、よく使われる文例を集めました。 下記の文例を参考に、その時々のシチュエーションや内容でもっとも適しているものを選び、用いるようにしましょう。 ・「お知らせいただけないでしょうか。 」 ・「お教えいただきたく存じます。 」 ・「ご教示くださいますよう、お願いいたします。 」 ・「早急なご回答をお待ち申し上げております。 」 ・「ご回答いただけましたら誠にありがたい次第でございます。 」 ・「お手すきの際で結構ですので、折り返しご回答をいただきたく、お願い申し上げます。 」 ・「引き続きご指導ご鞭撻くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 ・「こののちも色々とご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その際はなにとぞよろしくお願い申し上げます。 」 いかがでしたでしょうか。 ビジネスの現場における「教えてください」の使い方を、例を挙げながらいくつか見てきました。 口頭で目の前の相手に「教えてください」と伝えられる場面や一般的な内容に対して「教えてください」と頼む場面、専門的な知識などの教えを請う場面など、シチュエーションによっていくつか使い分けることができることをおさらいしました。 適切な表現で、相手へ教えて欲しい気持ちを表現できるようにしましょう。 ビジネスシーンでは、メールや電話で顔の見えない相手に「教えてください」と頼んだり、アドバイスの依頼をすることが多々あります。 社会人の礼儀として、顔を見ながら話せる相手でも、文書やビジネスメールなど顔の見えない相手とのやり取りでも、正しい敬語を使ってコミュニケーションをはかるように心がけましょう。

次の

古文における敬語の使い方~敬意の方向~

いくつか 敬語

続いて「見る」の謙譲語、「拝見する」「見せていただく」です。 「拝見する」は使いやすい表現ですから、覚えておくと便利です。 自分が「見る」ときは謙譲語を使う 謙譲語は、自分の動作についてへりくだった表現をすることで、間接的に相手を立てる表現です。 そのため「拝見する」や「見せていただく」は自分が「見る」ときに使います。 謙譲語を尊敬語と混同してしまうケースは多いようです。 「拝見する」は丁寧な印象がありますが、あくまで謙譲語なので、自分が「見る」ときに使いましょう。 「拝見する」「見せていただく」を使った例文 「拝見する」「見せていただく」は以下のような使い方をします。 【例】 恐れ入ります。 拝見致します。 昨日の内に見せていただきました。 「見る」の丁寧語:見ます 次に「見る」の丁寧語「見ます」についてです。 丁寧語は、「です」「ます」や、より丁寧な「ございます」を使って、文字通り丁寧に表現しようとする敬語です。 「見る」の場合は「見ます」という形になります。 丁寧語は様々な場面で使える 尊敬語や謙譲語は、目上の相手に対して敬意を明確に示す表現でしたが、丁寧語はもっと広範囲に、様々な場面で使用されます。 仲の良い先輩やご近所さんなど、尊敬語や謙譲語を使うのは逆に不自然と思われるような仲の相手に対して、丁寧語は非常に使いやすい敬語です。 丁寧語は、尊敬語・謙譲語と組み合わせても使われる また、丁寧語は尊敬語や謙譲語と組み合わせても使われます。 たとえば、「見る」の謙譲語として「拝見する」をご紹介しましたが、もし、丁寧語を使わずにこの言葉を使ったとしたら、「ありがとう。 拝見する」などといった表現になってしまいます。 とても敬意は伝わりません。 「ありがとうございます。 「見る」の敬語を使う際の注意点 「見る」の尊敬語、謙譲語、丁寧語についてご紹介してきました。 最後に、これらの敬語表現を使う際に注意したいポイントをいくつかご紹介します。 敬語は、丁寧にしようと思うあまり、逆に誤った使い方をしてしまうケースがよくあるので注意しましょう。 「ご覧になられる」は間違い まず、「見る」の尊敬語の「ご覧になる」ですが、これをより丁寧にしようとして「ご覧になられる」というのは間違った使い方になります。 敬語には二重敬語というNGルールがあり、同じ言葉に同じ種類の敬語を2度使うのは誤りとされています。 この場合「ご覧になる」で一つの言葉といえますが、これがすでに尊敬語になっています。 この上で、さらに「なる」を「なられる」にするのは二重敬語なのです。 二重敬語と敬語連結 二重敬語と混同しがちな敬語表現として「敬語連結」というものがあります。 たとえば「社長がお話しになっていらっしゃる」という文ですが、一見、二重敬語に見えます。 これを敬語連結といい、誤用ではありません。 逆に、「社長がお話しになられる」と言うと「話す」に二度敬語が使われているので、二重敬語になります。 「拝見させていただく」は微妙な表現 「拝見させていただく」という表現は、よく二重敬語で誤りであるとされますが、これは敬語連結であり、状況によってOKであるという声もあるため、微妙です。 過剰な敬語表現は避けるのがベター しかし、過剰な敬語表現はときに人に違和感を与えてしまいます。 「お話になっていらっしゃる」に違和感がある方も多いのではないでしょうか。 また、「させていただく」の濫用も敬語としてどうなのか、という声もあります。 ですから、たとえ正しい表現だとしても、相手に違和感を与えるような表現は避け、「拝見致します」「お話しになっている」といったすっきりした敬語を使いたいものです。 自然な言い換えができる場合も! また、敬語は別の表現に言い換えればより自然に言い表せる場合もあります。 ご査収のほど、よろしくお願い致します。 より丁寧な表現もある.

次の