ふくらはぎ 伸ばす と 痛い。 ふくらはぎをストレッチ!痛い人もつる人も、むくみのひどい人も!

膝裏が硬い原因と伸ばすための3つのストレッチ法

ふくらはぎ 伸ばす と 痛い

Contents• かかとに痛みがあるときにストレッチは効果があるのか? かかとに痛みがあるときには、• してもいいストレッチ• してはいけないストレッチ があります。 それは、痛めた部分がどこかによって選び分けます。 もし、かかとが痛いからといって、むやみに伸ばしてしまうと、かえって痛みを悪化させることもあります。 かかとの痛める原因はいくつかあります。 ここから先は、骨に異常がなく、自分でもケアできる場合について話を進めていきます。 手軽な対処の1つにストレッチがあります。 このストレッチには、いくつかの目的があります。 筋肉を伸ばす• 筋肉の位置を元に戻す• 筋肉の形を整える• 関節の動きを誘導する などいくつかあります。 ストレッチはとても有効な手段です。 しかし、タイミングや選び方を間違えると、返って悪化させることもあります。 ここからは、そんなストレッチの選び方や方法について説明していきます。 かかとの痛みを悪化させるストレッチ まずはしてはいけないストレッチを説明するわ。 直接痛い部分を伸ばす 痛みがある部分はとても気になります。 しかし、だからと言って、その部分を無理やり刺激を与えてはいけません。 痛みで痛みを紛らわせてしまいます。 痛みを感じつる部分は、保護すべき部分なのです。 かかとと一言で言っても範囲があります。 悪化させるのは、その痛みのある部分を直接伸ばすことです。 痛みの感覚は保護したいときに感じるものなのです。 ですので、このときにすべきは、2つあります。 痛みがどうすると悪化するのか• 痛みが楽になる動きは何か このような確認としてストレッチや運動をするのは良いです。 しかし、あくまでも確認のためですので、やりすぎには注意が必要です。 かかとの痛みを軽減するストレッチ• 痛みを引き起こしている部分のストレッチ• 痛めている部分の負担を減らすストレッチ かかとを痛めにるにはいくつかの原因があります。 その原因がどこかによってストレッチも使い分けます。 例えば、アキレス腱のついている部分が痛い場合には、アキレス腱を作っている筋肉を緩めます。 他にも、アキレス腱やふくらはぎそのものに負担がかからないように、お尻の筋肉を伸ばすこともあります。 後者が負担を減らすストレッチです。 どんなストレッチが効果的なのか? かかとの痛みの原因によってストレッチは変わります。 足の指は、足裏からかかとを通過してふくらはぎまでついています。 その筋肉が硬いとかかとに影響を与えます。 足底腱膜炎という状態になりやすく、負担のかかっている部分に炎症が起こりやすいです。 足裏 足裏には無数の筋肉があります。 足の指や足の形を支える筋肉などあります。 足に負担がかかることでその組織のついている部分い炎症が起こりやすいです。 その場合は、 負担のかかっている部分に関連する筋肉を緩めます。 ふくらはぎ かかとの前側に痛みがあっても、その 原因がふくらはぎにあることもあります。 ふくらはぎは、アキレス腱に変化してかかとの後ろ側についています。 ふくらはぎが硬いと、かかとがお辞儀をするように傾いてしまいます。 その結果、足裏に引っ張られる力が起こり、炎症が起こりやすくなります。 この場合の辛さは、かかとを傾かせているふくらはぎの硬さを緩めることで軽減できます。 2.かかとの真ん中が痛い場合 坐骨神経 腰からかかとまでには、 坐骨神経という神経が通っています。 この神経が圧迫をされると痛みが出ることがあります。 お尻や膝などを緩めることで楽になります。 ポイントは、膝や股関節を曲げた時にかかとの痛みが変化するかで、神経の圧迫を受けているかに区別ができます。 膝裏を緩める 膝裏には神経が通っています。 この部分に負担がかかることで神経痛が起こります。 今回はそんな膝裏の緩め方についての動画です。 3.かかとの後ろが痛い場合 ふくらはぎ ふくらはぎは、アキレス腱を介してかかとに付着しています。 ふくらはぎが硬くなることで、付着しているかかとへ負担がかかり、痛みを感じます。 その場合は、ふくらはぎを緩めることで解消できます。 足指 足の指はかかとの骨にもついています。 足指が硬くなりすぎると、かかとの位置がずれてしまいます。 そうすることで、かかとが他の組織と摩擦が起こり、炎症が起こります。 そんな時は足指を緩めて、かかとの骨が元の位置に戻ることで、解消しやすいです。 膝裏 膝裏には、膝窩筋(しっかきん)という筋肉があります。 この筋肉は、足の下の方でアキレス腱になり、かかとへ付着しています。 この筋肉が硬くなることでも痛みは起こります。 その場合は、膝の裏を緩めることで解消できます。 だからなんとなくストレッチってのではダメよ。 ストレッチでも効果がない痛みの場合はどうすればいいのか? まず、確認するのは、 何もしなくても痛みがあるかどうかです。 もし動いたときに痛いのであれば、考えられるのは、炎症が強い場合です。 その場合は、まずは アイシングが有効です。 つまり、痛みが起きた原因への対応よりも、今起きている辛さを解消することが優先となります。 痛みが強い場合には、正しい変化を引き出すことはできません。 ですので、その痛みの程度によって優先順位が変わります。 今回の記事のまとめ さて、いかがでしたでしょいかがでしたでしょうか。 かかとの痛みがある場合には、 まずは痛みはどんなときにおるのかを観察します。 そして、ストレッチをしても痛みが軽減できる問題でなければ、辛さを感じる部分の炎症を抑えることを優先とします。 一言でかかとが痛いと言っても、適切な対応の仕方が異なります。 まずは、今の状態を把握することから始めていきましょう。

次の

【ふくらはぎマッサージの健康効果】全身の血流を改善する要は「ふくらはぎ」。目安は「痛いけれど気持ちいい」強さで

ふくらはぎ 伸ばす と 痛い

街を行き交う人々=東京・新橋(AFP時事) 足の機能が衰えると、それを補おうと、連鎖的に体のあちこちに負担がかかって、筋肉が硬くなり、すぐに疲れを感じ、時には足そのものが痛くなってしまうこともあります。 機能の回復には、足に合った靴とインソールなどを使用して歩くことが大前提ですが、その他、ストレッチで体の柔軟性を高め、筋トレで筋肉を使いやすくしておくことが大切です。 そんな方に1日1回、必ずやってほしいのが、アキレス腱(けん)のストレッチです。 昔からアキレス腱を伸ばすという表現をしますが、実際に伸ばしているのは腓腹筋(ひふくきん)です。 腓腹筋が硬いと、歩くときに足首が前に倒れず、かかとが早く地面から上がってしまうため、踏み返しの時間が長くなってしまい、スムーズに歩くことができません。 その結果、歩幅が小さくなってしまうだけでなく、1歩を踏み出すごとに、余分なエネルギーを必要とします。 また、踏み返しの時間が長いと、指の付け根に大きな力がかかってしまい、痛みや変形の原因にもなります。 ペタンコ靴よりハイヒールの方が楽という人は、アキレス腱が縮んで、伸びにくくなっている可能性が高いです。 また、かかとや足の裏に痛みがある人は、硬いアキレス腱に引っ張られて、足裏の筋肉に負担がかかっている可能性が高いです。 ストレッチで負担を軽減させておきましょう。

次の

膝を伸ばすと痛い!これって何が原因?

ふくらはぎ 伸ばす と 痛い

ふくらはぎがだるい ふくらはぎがだるいという場合は往々にして血の流れが悪いと考えられます。 身体のどこの部位でも血が巡る事でエネルギーが届けられ、 それによって細胞はエネルギーを得て活動しているのです。 だるいという事はエネルギーが不足しているという事です。 つまり血液が上手く届かずにいると考えて良いでしょう。 その原因として考えられる事はいくつかあります。 まず考えられるのはふくらはぎの筋肉が固くなっているという事です。 筋肉が固まれば血液の循環はたちまち悪くなってしまいます。 ふくらはぎを触ってパンパンに張っているようなら優しく揉みほぐしてあげましょう。 しかし、筋肉のせいでない場合には更に危険な兆候かもしれません。 血管に詰まりがある、あるいは血管の弁に故障が生じるという病気があるのです。 ふくらはぎの肌の色が悪くなっていたり、 湿疹やシミが出来たり、ひきつれや瘤のような物が生じていたりするようなら、 病院で診断を受けてください。 ふくらはぎの痛み ふくらはぎを伸ばすと痛いという状態は 筋肉に障害が発生していると見て良いでしょう。 一番に考えられるのが肉離れです。 これは激しい運動をしている人が起こす症状ですが、 長くその部分の筋肉に負荷をかけ続けている場合にも起こります。 負担が続くと筋肉が断裂してしまいますので早めの治療が必要です。 ふくらはぎにそれ以上の無理をさせずに病院で治療を受けましょう。 最悪筋肉が断裂してしまうと歩けなくなってしまいます。 くれぐれも無理を続けないようにしてください。 また、筋肉の痛みでなく身体の状態の悪さがふくらはぎの痛みに繋がる場合もあります。 1つが坐骨神経痛です。 坐骨神経痛の痛みは段々下にさがっていくという特徴があります。 その結果としてふくらはぎが痛くなる事があるのです。 これは痛みの場所が下がる程悪化しているのでふくらはぎの場合、 かなり悪くなっていると考えられます。 早期の治療が必要です。 肝臓が悪いとふくらはぎが痛い? 肝臓が悪くなるとふくらはぎにしびれるような鈍い痛みを感じる事があります。 いわゆるじんじんする痛みですね。 最初の内は春から夏ごろだるい痛みを感じて それを段々年中感じるようになった、という場合は肝臓が悪くなっている可能性が高いです。 顔色や爪の白い所が黄色っぽくなるなどの症状が現れていたら間違いないでしょう。 最近おこりっぽい、首や肩がだるいなどの自覚がある場合も肝臓が悪い兆候です。 肝臓が悪いからふくらはぎ痛い説濃厚。 普通じゃないもん、このふくらはぎの鈍痛。 — PYM ZILZAL1211 出来るだけひどくならない内に病院で治療を受ける必要があります。 間違ってもお酒を飲み続けたり、 身体に負担が掛かる事を続けたりするのはやめましょう。 せっかく身体が異常があるというサインを出しているのですから きちんと身体を休ませて回復させてあげてくださいね。 ふくらはぎがよくこむら返りを起こす方 朝起きるとよくふくらはぎがつって痛い、 というこむら返りを起こす方がいます。 あるいは寝ている時にこむら返りを起こす方も多いと思います。 この症状はビタミンやミネラルの不足が原因の場合が多いようです。 その中でも特にビタミンB1が不足している時に頻発すると言われています。 ビタミンB1は別名チアミンと呼ばれる栄養素で豆類や緑黄色野菜、豚肉、 レバーなどに多く含まれている成分です。

次の