に っ し ー 手術。 レーシック

アレルギー性鼻炎の手術(レーザー手術・アルゴンガス凝固術)について

に っ し ー 手術

この手術は1980年代後半から普及しはじめて、そろそろ20年経とうとしています。 どんな手術かというと、曲がったり、ぐらついたりした背骨に添え木をあてるように金具をつかって、固定する手術です。 背骨はいくつもの骨が椎間板と関節でつながり、動く柱になっています。 若い頃はつなぎがしっかりしていますが、老化によりゆるみやずれが生じます。 それに対し、ふつうは生体反応で椎間板のまわりに骨ができたり、関節が大きくなったりして、安定化します。 動きは減りますが、体重を支える柱の機能は保たれるわけです。 しかし、この過程がうまくいかないと、ぐらついて曲がったり、だるま落としのようにすべったりして、腰や頚の痛みの原因となったり、背中の中を通る脊髄神経を圧迫して、手足のしびれ、痛みを引き起こします。 こうした病気の手術治療には、背骨の安定化が必須です。 インストゥルメンテーション手術の導入により、背骨の安定化が容易に確実になったため、治療期間が短縮し、成績も向上、今まで不可能であった手術も可能となりました。 脊椎インストゥルメンテーション手術は特発性側弯症、腰椎変性側弯症、腰椎変性後弯症、腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症、脊椎損傷、頚椎後縦靭帯骨化症などで用いられています。 (上の写真は、腰椎変性後側弯症 56歳女性の術前術後のエックス線写真 クリックすると拡大します).

次の

整形外科の手術で使用するターニケットの扱い方について

に っ し ー 手術

経歴 [ ] 生い立ち [ ] ウォルター・J・フリーマンは1895年11月14日に、出身の上流階級の両親の元に、で産まれた。 彼の祖父()はのとして高名で、父も成功した医師であり、そのような家系で育ったフリーマンも必然的に医師の道を歩み始めた。 1912年に(当時はカレッジ)に入学し、に卒業した後、を学ぶために進んだ。 医学を学んでいる間、彼は臨床神経科医のウィリアム・スピラーに傾倒し、特にの知識を臨床的に的問題に適用する事に強く興味を示した。 卒業後まもなく、にフリーマンはに移住し、同市で初の精神科医として活動を開始した。 到着後すぐに彼は同市にあるというに研究室を構えた。 そこで患者が受ける苦痛や苦悩を目撃したことは、彼の研究意欲をさらに惹起した。 、神経学の博士号を取り、に移籍しその教授の職を得た。 精神外科=ロボトミー [ ] レントゲン写真を前にロボトミーの術式を検討するフリーマン(左)とワッツ(右)。 1941年5月24日付サタデーイブニングポスト誌より 人間に対する最初の、(への侵襲による精神疾患治療の試み)は、1880年代から90年代の、の精神科医ゴットリーブ・ブルクハルトによるものと一般的には言われている。 ブルクハルトの先駆的な試みは同時代においても非難され、ゆえにその後は、精神外科手術は散発的にしか試みられなかった。 11月12日、ポルトガルの精神科医は、新しい精神外科手術を考案し実行した。 彼の考案した「ロイトコミー(切裁術)」は、精神病を治療する目的で、患者のにあるの一部分を切除するものであったが、フリーマンは、すぐさまモニスを『師』と仰ぐようになり、そしてそれを「ロボトミー」と呼ぶ術式に発展させた。 ロボトミーは、前頭葉を切除するのではなく前頭葉との間のを切断する方法であった。 フリーマンは、自分自身は脳外科手術を行う資格を持っていなかったので、彼は医に研究の協力を求めた。 モニスが行った最初のロイトコミーの1年後、9月14日に、フリーマンは早くもアメリカ合衆国で、最初の前頭葉白質切裁術をワッツと共に実施した。 彼らはその後の2ヶ月間で、20回にも及ぶロボトミー手術を行っている。 経眼窩ロボトミー=アイスピック・ロボトミー [ ] 経眼窩ロボトミーに使われたアイスピックに似た手術器具 ロボトミーを開始して10年後、フリーマンは、の精神科医アマロ・フィアンベルティの論文より、(眼球を収める頭蓋骨のくぼみ)を経由して脳に到達する技法を知った。 それを使えば、を砕く事なく脳にメスを入れる事ができるのである。 この新しい技法について実験を行った後、フリーマンはこの技法「経眼窩ロボトミー」の手順を完成させた。 この技法は別名「・ロボトミー」としても知られ、金属製の錐状の棒(本物のアイスピックが使われた事もあるという)を、左右の瞼の裏から眼窩に差し込み、頭蓋骨の最も薄い部分を破砕して前頭葉に到達し、前後にそれを動かす事で、への神経繊維を無造作に切裁するというものである。 彼はで、最初の経眼窩ロボトミーを行ったが、この方法は、脳神経外科やの助けを借りず、によるのみで行う事ができるため、手術室以外で処置が行えるだけでなく、簡便さ、処置時間の短さにおいても、当時は画期的なものであった。 実際、この術式の「発展」により、より多くの「治療」を行う事ができるようになり、当時精神病患者で慢性的に溢れ、医師やの数も絶対的に不足していた全米の精神病院で実施されるようになった。 しかし、長年の協力者であったワッツは、通常は手袋やマスクもせずに実施する、経眼窩ロボトミーの濫用と残虐性について、フリーマンと意見が対立し、1950年、彼の元を去る事になった。 晩年 [ ] アイスピック・ロボトミーを開発した後、フリーマンは自分の自家用車のバンで全米の精神病院を訪問する旅行を開始した。 彼はこれを「ロボトモバイル」と呼んだ。 彼の旅の目的は、ロボトミーを行えるスタッフを教育し訓練することで、ロボトミーをより広範囲に普及するためのものであった。 の妹に対する治療は、彼女にひどい障害を残すだけに終わり、その他ロボトミーに対する広範囲に渡る批判にも係らず、フリーマンは名声を得続けた。 40年間でフリーマンが23の州で行った3,439件ものロボトミー手術のうち、2,500件は、彼が正式な外科的なトレーニングを経ずに実施した、アイスピック・ロボトミーであった。 モーテンセンという患者に対して、フリーマンは3度もロボトミー手術を行ったが、その最後の手術で彼女が脳溢血で死亡するまで、彼は彼女への治療を止めなかった。 フリーマンは、唯一許可していたのヘリック記念病院で行っていたが、2月にロボトミー手術を受けた患者が死亡したことにより、病院はロボトミー手術の許可を取り消し、フリーマンのロボトミーは終焉した。 ロボトミーを受けた患者は、しばしば食べ方やバスルームの使い方から再教育しなければならなかった。 再発は普通にみられたうえ、手術を受けた患者の一部は決して回復することはなかった。 そして、およそ15%は手術によって死亡した。 フリーマンは、手術の際、手袋もマスクも着けなかった。 彼は4歳の子供を含む19人の未成年者にロボトミー手術を行った。 57歳で、フリーマンはジョージ・ワシントン大学の職を辞し、で引退生活を送り始めた。 フリーマンは、ににより76歳で亡くなった。 フリーマンの膨大な研究成果は、にジョージ・ワシントン大学に寄付された。 コレクションは、主にフリーマンとワッツの医学職歴と精神外科に関する物で、現在大学のリサーチセンターが管理しており、に所蔵されている。 精神医学への貢献 [ ] ウォルター・フリーマンは精神医学と神経学の研究に重要な貢献をしている。 フリーマンは、彼の「導師」アントニオ・エガス・モニスをに推薦し、モニスはにを受賞している。 彼は重篤な精神病の治療可能性として、神経外科を精神医学の世界に門戸を開ける先駆的な役割を果たした。 彼はまた、精神の振る舞いが脳生理学的な基礎に寄っているという意見を支持した。 しかし、彼の心に対する関心に関わらず、彼はには無関心であったし、脳に対しても無理解で、精神外科手術の結果も無関心であった。 フリーマンはまた、アメリカ精神科神経科評議会の創立メンバーであり、事務長を努め、アメリカ精神医学会のメンバーであった。 脚注 [ ].

次の

整形外科の手術で使用するターニケットの扱い方について

に っ し ー 手術

日本全国から多くの患者さんが心臓カテーテル治療を受けに院が千葉県にあります。 千葉西総合病院は年間3,000例を超える心臓カテーテル治療を行っており、その数は5年連続で全国1位です。 中でも難度の極めて高い「ロータブレーター治療」は世界で有数の件数をほこっています。 この医療チームを率いる三角和雄医師は、世界でもっとも「ロータブレーター治療」を行っている医師として世界的に有名な医師です。 三角先生に、ロータブレーター治療とはどのような治療なのかをお伺いしました。 ロータブレーターを用いた冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)治療とは? 冠動脈疾患(、)は、悪玉コレステロールが心臓の周りの血管(冠動脈と呼びます)の内側にへばりついて硬くなり、血管の内腔が狭くなってしまうことから起こる病気です。 冠動脈疾患が進行してくると、血管が石のような硬さになります。 硬くなってしまうと、通常の冠動脈疾患の心臓カテーテル治療で使われるバルーンやステントなどで血管を広げることが不可能になってしまいます。 石のように硬くなってしまった血管を広げるためには、それよりも硬いもので削ることが必要です。 石よりも硬いものはダイヤモンドという発想で、ダイヤモンドドリルさながらのロータブレーターが作られました。 ロータブレーターは心臓の血管の固くなった部分を削り取るドリルのような医療機器です。 ロータブレーターの先端には小さなダイヤモンド粒子が組み込まれており、ドリルを高速回転させることでを起こした血管壁を削ります。 ロータブレーターのイメージ 私がこの治療法に出会ったのは1993年のことです。 それから二十数年間、累計で数千件のロータブレーター治療を行ってきましたが、多くの場面でこの治療は絶大な効果を発揮してきました。 ロータブレーターがなければ救えなかった患者さんは多くいます。 たとえば通常のカテーテル治療も心臓のバイパス手術も行えないような高齢の患者さんなど、多くの命を救ってきたのです。 どのような患者さんにロータブレーターを使用するのか? ロータブレーターの強みは、固くなってしまった病変を削ることにあるので、心臓の血管が石のように硬くなってしまった患者さんがよい適応になります。 具体的には、• 長期間の、高コレステロール血症、などがあって、が進行してしまった患者さん• 血液透析を行っており、血管が硬くなっている患者さん• 血管が硬くなることの多いの患者さん(若い人に多い) などがあげられます。 ロータブレーターNo. 1病院である千葉西病院 ロータブレーターは日本でも1997年に認可されました。 その使用効果は絶大ですが、誰でもできる治療ではありません。 血管に穴をあけてしまうなどといった重大な合併症もあるため、習熟した医師しかできず、病院が厚生労働省に定められた基準を満たさないと、ロータブレーター治療を行うことは認められていません。 どれくらいの難しさかというと、一般的な心臓カテーテル治療であるバルーンやステントは自転車やオートバイを普通に運転する程度のレベルだとすると、ロータブレーターはフェラーリで首都高を時速200kmで運転するレベルの難しさです。 千葉西総合病院では、世界的に見てもロータブレーターの手術件数ではトップクラスの病院で、私個人としても累積で行ってきたロータブレーター件数は世界でもトップだと思います。

次の