専修大学 学部。 専修大学/学部・学科

専修大学の評判・口コミ【経済学部編】専修 経済の先輩が語る!

専修大学 学部

援助は役に立っているか? 発展途上国にとって日本の援助は重要な開発資金となっています。 援助が実際に役立っているかについて関心がある人も多いのではないでしょうか。 近年、政策は証拠に基づいて検討されることが多く、援助が有効かについても活発に議論されています。 10年ほど前に世界銀行の研究者が「良い政策の国でのみ援助は効果的である」という証拠を示し、その研究は世界の援助政策にも大きな影響を与えました。 ところが、多くの研究者が検討したところ、その証拠は正しくないことが後に示されました。 このように、ある研究成果がその後の研究で否定されることはしばしばあります。 どのようなときに援助は効果的なのかについては未だに結論が出ていません。 結論が出ない、役に立つ成果が得られない研究は無意味だと思う人もいるかもしれません。 しかし、それは誤解です。 わからないことがあるからこそ研究が必要となります。 教科書の知識は先人たちの努力と長い議論の結果です。 大学で学ぶことは、次世代に伝えるべき新たな知識の創造に参加することなのです。 春日 秀文 教授• 歴史・社会専修 アジア経済のいまを歴史的に考えてみる 世界金融危機以後、欧米諸国の経済が失速し、日本経済もさらなる停滞を余儀なくされているなか、インドや中国といった新興国の台頭は今や世界の注目を集めています。 しかし、インドや中国が世界経済において重要な地位を占めるようになったのは、20世紀後半が歴史上初めてというわけではありません。 ケネス・ポメランツをはじめとする「カリフォルニア学派」の研究者たちにより提起されたGreat Divergenceに関するさまざまな議論によれば、18世紀末の段階で世界のGDPの半分以上はアジアで作り出されており、インドや中国はおおきな割合を占めていました。 これらアジア諸国で工業化を達成した国は、いずれの場合も人口圧力を内包した農業中心の経済を端緒としている点で共通点がありますが、その工業化のパターンや世界経済との結びつき、そしてどの産業に比較優位をもっているかなど、それぞれ初期条件におおきな差異が存在します。 ゆえに本当の意味でアジア諸国のいまを理解するためには、現状分析だけではなく、歴史的な視座から考えてみなければ、その本質に迫れないのではないでしょうか。 西村 雄志 教授• 国際経済専修 世界のさまざまな国の経済を学び、そのつながりを意識することで、自分自身を再発見し、未来へ向かう知恵を身につける 世界のさまざまな国についてあなたはどれくらい知っていますか。 知っているようなつもりでいても、例えば人びとの暮らしについて具体的に想像することは難しいのではないでしょうか。 日々の生活の中で少し注意してみると、私たちの暮らしがさまざまな物を通じて世界の国々とつながっていることに気が付きます。 例えば、日々消費しているさまざまな商品について、製造過程や原材料に至るまですべてが日本製であることは、あり得ません。 電気やガスなどの暮らしに必要なエネルギーも、ほかの国々で産出される天然資源などを利用しなければ十分な供給は不可能になるでしょう。 そして、これらの物質的なつながりの向こう側にはさまざまな国のさまざまな人びとの暮らしがあるのです。 一方で、モノやお金の流れがグローバル化し、また、情報化によって瞬時に世界中のどこかにいる誰かとつながることができるような時代になった今日でも、自然環境や資源賦存など、国境によって分けられた人びとの間には厳然たる差異や距離だけではない垣根が存在しています。 このため、国際経済専修では、経済学を学んで全体的な世界経済の仕組みを理解するだけでなく、アジアやヨーロッパなど、特定の地域に関する研究を通じて、世界の動きをより具体的にとらえ、将来を見据える目を養うことを目標にしています。 神江 沙蘭教授• 経済理論専修 市場の働きを科学的に考える 市場メカニズムとは何かと問われると、「需要曲線と供給曲線の交点で価格が決定される仕組み」と答える学生が多いに違いありません。 これを常識にした学問が経済学なのです。 この「需要と供給の法則」をめぐって3つの重要なテーマがあります。 例えば、需要曲線が途切れているとしたら、均衡価格は存在しないのかも知れません。 「均衡価格の存在」が数理解析として証明されたのは、およそ60年前のことです。 経済理論では、これを微分方程式によって解析します。 この点は自然科学系の学問と比較して著しく異なる特徴です。 この問いかけへの答えは「厚生経済学の基本定理」と名付けられており、最も大事な定理の1つとなっています。 社会に潜む数理を学習することが本専修のテーマです。 坂根 宏一教授• 公共経済専修 経済における公共部門の意義と役割 市場を通じた調整に重きが置かれる今日の経済にあっても、公共部門の行う経済活動は非常に重要です。 しかしながら、今日の経済社会において市場は万能ではありません。 市場を通じた経済活動では、個人は最も満足度が高くなるように生活し、企業は最も利潤が高くなるように生産を行うことになりますが、そのためには社会の安定や市場の秩序が守られるとともに、社会的なインフラなどの環境が整っていなければなりません。 公共財の供給、貧因への対応、環境の保全、多様な経済政策の展開等々、これらは市場における経済活動のみでは実施することは難しく、公共部門 政府 による取り組みが必要です。 そしてそれには、直接的な支出や課税、産業政策の策定や運用、また法律による規制といった方策が取られます。 今日では、日本を含む先進諸国では各国の経済活動の規模を表すGDPの4割や5割を公共部門の経済が占めています。 公共経済専修では、マクロやミクロの基礎的な経済理論を土台として各教員の専門分野の講義を進めます。 ゼミ 経済学演習 では、関連する経済社会問題を取り上げ、理論的あるいは実証的な分析を用いて学びます。 林 宏昭教授• 産業・企業経済専修 企業行動と産業に対する理解を深める 企業の行動はさまざまな形で私たちの暮らしに結びついています。 例えば、企業の販売戦略は消費者である私たちの日々の消費や生活に影響を与えます。 また、企業の採用行動や人材育成の方針は労働者でもある私たちの将来に直結します。 一方、企業合併や企業間の提携などが行われ、新聞等で報道されたりしています。 農業、流通、地域経済や中小企業など産業や企業と密接に関連する重要な問題も存在します。 こうした企業行動が与える影響の理解には、経済学の道具を使うことが有効です。 この点を雇用という観点から見てみましょう。 例えば、労働者保護のため、労働者を解雇した企業に対し、政府が罰金を課す政策を導入したとします。 一見すると労働者に望ましい政策のように見えます。 しかしながら、企業側からみると、将来不況になっても容易に解雇できなくなるため、企業は労働者の新規採用に慎重になり、雇用に悪影響を及ぼすかもしれません。 こうした政策が企業の行動や雇用に与える影響を理解するためには経済学が欠かせません。 産業・企業経済専修では、企業の行動や産業の特徴を研究対象として、経済学という強力な道具を使って理解を深めます。 野坂 博南教授• 統計・情報処理専修 統計学の意義と役割 統計学というと、数学だ、難解だ、縁がないという印象を持つ学生が多いと思います。 実際、高等学校では数学の一部のため、文系学生がそのような印象を持つのもやむを得ない面はあるでしょう。 しかし世の中にはデータがあふれ、それをどのように統計処理するかが成功の鍵になることも多いのです。 既に1990年代初頭に、ロバート・ライシュは「知識社会ではシンボリック・アナリストが主役になる」と説いています。 ここでシンボルとはデータ、言語、映像、音声等を指します。 これらを分析することによって問題を発見し、必要な人材や資材を集め、問題を解決する専門家が主役になるということです。 その際に必要となる重要なツールの一つが統計学なのです。 統計学はもともと、社会科学の女王と言われてきた経済学と特に関係が深かったのですが、最近では医学、経営学、会計、社会学など、あらゆる学問分野で統計分析が行われています。 何らかの知見を主張するには統計的な裏付けが必須になっているのです。 そして、統計分析を行うには情報処理の知識が必要になります。 単なる印象で統計学を毛嫌いしているだけでは何も始まりません。 統計・情報処理専修では、消費や経営、交通、環境等を題材に統計を易しく学びます。 松尾 精彦教授.

次の

専修大学 偏差値 学費 学部学科 情報 2020

専修大学 学部

駒澤大学と専修大学を比較してみる 駒澤大学と専修大学はMARCHの中でもイメージ的に近いポジションにあるように思われます。 両大学とも近年受験生からの人気が上昇している大学です。 「駒澤と専修、W合格したらどっちを選んだらいいの?」と悩む人もいると思われるので、この記事では 具体的なデータを元に学生数、男女比、立地、偏差値、就職状況、人気度を比較していきます。 学生数は? まずは学生数を比較してみましょう。 大学の公式サイトによると、2019年度の学部生の人数は• 駒澤大学・・・14,881人• 専修大学・・・17,392人 となっています。 学生数は専修大学の方が多いようですね。 駒澤大学の学生数は全国18位で、専修大学の学生数は全国22位になっています。 男女比は? 次に、男女比はどうなっているのでしょうか? 大学の公式サイトによると、男女比は次のようになっています。 駒澤大学・・・男子9,145人 女子5,831人• 専修大学・・・男子11,067人 女子6,325人 割合にすると、 駒澤大学の女子率は約39. 女子率は駒澤大学の方が高いようです。 立地は? 両大学の立地を比較してみましょう。 まず、 駒澤大学は東京に1つのキャンパスがあり、東京都世田谷区に立地します。 一方、 専修大学は東京と神奈川に2つのキャンパスがあります。 メインは 生田キャンパスで、神奈川県川崎市に立地します。 つまり、メインキャンパスの立地は• 駒澤大学・・・東京都世田谷区• 専修大学・・・神奈川県川崎市 となっています。 偏差値は? では、両大学の偏差値を比較してみましょう。 今回使用する偏差値は、河合塾が発表している『入試難易予想ランキング表(2019年6月25日更新)』から学部個別入試(3教科型)の両大学に共通する学部学科のものを引用しています。 入試難易予想ランキング表 文学部 文学部の偏差値は以下のようになっています。 駒澤大学55 専修大学55 日本文学 駒澤大学55 専修大学55 英米文学 駒澤大学50 専修大学52. 5 環境地理 文学部は専修大学に軍配が上がります。 法学部 法学部の偏差値は以下のようになっています。 駒澤大学55 専修大学55 法律 駒澤大学55 専修大学55 政治 法学部は引き分けになりました。 経済学部 経済学部の偏差値は以下のようになっています。 駒澤大学55 専修大学55 現代経済 経済学部は引き分けになりました。 経営学部 経営学部の偏差値は次のようになります。 駒澤大学55 専修大学55 経営学部は引き分けになりました。 総合 上の結果をまとめると、各学部で偏差値が高かったのは 文学部・・・専修大学 法学部・・・引き分け 経済学部・・・引き分け 経営学部・・・引き分け このようになりました。 偏差値に関しては 両大学で大きな差はないと言えるでしょう。 なお、日東駒専の最新年度の偏差値について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。 志願者数は? 志願者数を比較してみましょう。 2019年の入試において、志願者数は次のようになりました。 両大学ともに志願者数が増加しています。 人気度は? 次に、両大学の人気度を比較してみましょう。 今回使用するデータは東洋経済ONLINEが発表した「『生徒に人気の大学』トップ100ランキング」より引用しています。 「生徒に人気の大学」トップ100ランキング こちらのランキングによると、• 駒澤大学・・・52位• 専修大学・・・35位 となっています。 生徒からの人気は専修大学の方が高いようです。 就職状況は? 続いて、両大学の就職状況を比較してみましょう。 今回使用するデータはこちらも東洋経済ONLINEが発表した「『有名企業への就職率』が高い大学ランキング」より引用しています。 「有名企業への就職率」が高い大学ランキング こちらのデータによると、有名企業の就職率への就職率は次のようになっています。 駒澤大学・・・9. 専修大学・・・9. 結論:どっちがいいの? 今回は学生数、男女比、立地、偏差値、人気度、就職状況を元にして明治大学と立教大学を比較してみました。 結果を見る限り、 一概にどちらが良いというのは言えないでしょう。 個人的には、駒澤大学と専修大学の大きな違いは立地だと考えます。 駒澤大学は全学部生が東京都世田谷区にある駒澤キャンパスに通う一方、専修大学は法学部を除き神奈川県川崎市にある生田キャンパスに通います。 駒澤大学のキャンパスは東京都心へのアクセスに優れた住宅街にあり、専修大学のキャンパスは自然の多い環境にあります。 個人の好みや自宅からの通いやすさを考慮しておくべきでしょう。 ちなみに 専修大学法学部は都心の一等地に立地し、明治大学駿河台キャンパスや日本大学法学部・経済学部が近くにあります。 都心のキャンパスに通いたい人は専修大学法学部を目指すのもいいかもしれません。

次の

専修大学 偏差値 学費 学部学科 情報 2020

専修大学 学部

2016年度は全国の研究機関から10万件の応募があり、採択率は25%だった。 科研費の大部分は「基盤研究」が占めます。 専修大学の科研費の採択率は私立大学では1位の38. 5%でした。 満足していること:授業 経済学部は川崎市の生田の丘の上にあります。 4年間山登りをして通学しました。 経済学部の専門科目には講義をおもしろく、興味深く進めてくれる先生が多かった。 授業に出るのがとても面白かった。 科研費の採択率が高いように、経済の先生方もそれぞれ探求心をもって講義を行っていたようで卒業してからも熱弁を時々思い出します。 人気のある教授の講座は前の席はすぐに埋まってしまうので時間より30分くらい早く来て友達の分も合わせて席取りをした懐かしい思い出があります。 広い生田緑地やゴルフ場に囲まれています。 新宿や渋谷の喧騒から離れた静かな環境で、ゆったりと人生を考えるにはもってこいの場所だと思います。 私自身ものんびりした自然の中で育ったものですから、生田キャンパスの環境は心を落ち着かせてくれたとも思います。 アルバイトをするには小田急線で都心へ30分程度で行くことができます。 天気の良い日は富士山も遠望できる生田キャンパスで4年間過ごしたことが人生のよい経験になった感謝しています。 不満に感じていること:情報発信力が地味 在学中も卒業してからも思うことは情報の発信力が弱いことです。 昔から伝統的に地味な大学として通ってきていますが、もう少し情報を発信してほしいと思います。 大きな新聞広告などを出す大手大学もありますが、それは教育機関の大学としては好ましくないと思います。 しかし卒業してから母校の名前を目にすることほどうれしいものはありません。 スポーツで名を売る手もありますが、あまり賛成できません。 科研費の優秀な採択率などを活かしてうまく宣伝するべきだと思います。 国際化の時代には学生を海外に出す、海外から学生を受け入れる仕組みの器を大きくするべきだと思います。 遅ればせながら2年後には本部のある神田キャンパスに高層の学舎を建築し、国際系の新学部を開設する計画が走り出しています。 この新学部によって国際化に遅れていた専修大学が一気に前進すると期待できます。 国際化に後れを取っていた教育体制を一気に挽回できるものと期待しています。 専修大学のおすすめ学部:経済学部 経済は人間生活を成り立たせる基本だと思います。 経済の仕組みを勉強し、応用してゆく能力を身につけることは大切なことです。 社会人となっても経済の仕組みをしっかり理解していないと、仕事でとんでもないミスをやりかねません。 経済は社会の基盤です。 専修大学に通って良かった?• 大学:専修大学 経済学部 国際経済学科• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:男性• そのため、学部はあまり専門性の高い学部ではなく、幅広く学べそうなイメージのあった経済学部を選択しました。 ま… 学んでいること 経済学部国際経済学科では、日本経済の仕組みやこれまでの変遷、貿易や今後の経済の動きなどを学びました。 また国際経済学科では東南アジアを専門に学ぶゼミナールに所属していたた… 満足している点 私が通っていた生田キャンパスは敷地が大きいため、とにかく人が多かったです。 また、大学に隣接した留学生の寮では国際交流もできます。 規模が大きく様々な国からの留学生がいるた… 不満に感じている点 人数が多いため、大学職員が一人一人となかなか向き合えていないように感じます。 大学:専修大学 経済学部• 状況:大学卒業後、2年以内• 性別:男性• いわゆる山の上に大学が立地し、学生は大学に行くことを「山登りをする」なんて言い方もしま… 不満に感じている点 授業の内容ではなく、カリキュラムの面において不満がありました。 大学1、2年のころは英語が必須科目であり、週に2回授業がありました。 ただ、実際この英語の授業に出ると、その… おすすめ学部:経済学部 何といっても、専修大学の卒業生で活躍しているのは経済学部と感じています。 大学:専修大学 経済学部 国際経済学科• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:男性• 授業中は勿論私語は厳禁ですが、スマートフォンを操作しているところを教授が発見すると授業… 不満に感じている点 進路指導の人は一人ひとりの生徒に親身になっているような感じが一切せず、見下しているような雰囲気さえありました。 まだ就職活動をするかしないかで悩んでいた時期の就職ガイダン… おすすめ学部:経済学部 経済学科 私が勉強していた国際経済学科、と言いたいところですが経済学科をおすすめしたいです。 大学:専修大学 経済学部経済学科• 状況:現在大学に通っている 大学1年生• 性別:男性• このサークルは部活ほど練習や上下関係が厳しくなく、かといって一般的なサークルのように緩くはないのでメリハリのしっかりしたサークルで… 不満に感じている点 専修大学のキャンパスはとても広くて居心地が良いのですが、食堂の席が少ないことが不便です。 専修大学の学生はとても多いので、昼休みになると大変混雑します。 昼休みになったら素… おすすめ学部:文学部 文学部は国際交流に力を入れている学部です。 留学してみたい人や日本に来た留学生と話したり、友達になりたいという人にオススメです。 大学:専修大学 経済学部国際経済学科• 状況:現在大学に通っている 大学1年生• 性別:男性• 一つは豊富な蔵書数を誇る図書館で、専修大学の図書館には人文・社会科学系を中心に幅広い分野の図書資料が存在しさらにプレゼ… 不満に感じている点 専修大学の授業に不満を抱く理由はやる気のある学生が少ないことです。

次の