クリステル。 機能美!クリステルの鍋を4年使い続けた感想

滝川クリステルなら小泉進次郎に太刀打ちできる

クリステル

小泉進次郎衆議院議員と滝川クリステルさん(写真:毎日新聞社/アフロ) 8月7日に首相官邸で結婚を発表した、 小泉進次郎衆院議員とフリーアナウンサーの 滝川クリステル。 あまりにもサプライズ過ぎる出来事に業界関係者は困惑しているようだ。 週刊誌が夏休みに入ったタイミングでの発表に、『今回はやられた』との声が上がっています」(週刊誌記者) 滝川といえば、2000年代前半はフジテレビの看板番組だった『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。 フリー転身後は東京五輪誘致のためのIOC総会でのフランス語によるプレゼンが話題に。 現在はタレント活動のほか、動物愛護団体代表理事を務めるなど社会的活動にも積極的に参加している。 そんな滝川だけに「政界のサラブレッド」を射止めたとしてもおかしくないが、これまでも中田英寿や室伏広治、小澤征悦らといった一流どころと浮名を流してきた。 「彼女は『ニュースJAPAN』降板後にフリーとなり、さまざまなオファーが殺到して引く手あまたの状態でしたが、『好きなドキュメンタリーだけやりたい』『収入はCMだけで十分』という意向で、ほとんどの仕事を断っていました。 特に滝川をCMに起用していた資生堂やトヨタ自動車、パナソニックといった名だたるナショナルクライアントの重役たちが、滝川さんの魅力にゾッコン。 ある企業幹部は『現代のビーナスだ!』とまで言っていたほどです。 そんな環境で過ごしてきただけに、本人はおっとりした性格で決して悪い人ではないんですが、あくせくして働くタイプではありません。 今回の妊娠・結婚でキリンビール『本麒麟』のCMが差し替えられたことが話題になっていますが、キリンと滝川の所属事務所の間では、まったく問題にはならないと思いますよ。 (文=編集部).

次の

【楽天市場】キッチンウェア > クリステル:チェリーテラス

クリステル

「英語であそぼ」の経験から子供たちが『英語はたのしい!』と感じながらスタートできるメソッドを常に考えてこられたクリステル・チアリさんですが、リズムと英語のコラボに「ひらめいた」との事です。 早速、お話を伺いしました。 お子さまが、楽しそうに太鼓を叩いて遊びますよね。 太鼓を叩くとかマラカスで遊ぶことは幼いお子さまでも簡単にできると思いますので、どなたでも楽しく参加できるメソッドだと思います。 英語で音遊びをする、、、単純に音で、リズムで遊ぶと英語が自然と身につくということを提案していきたいですね。 歌に関しても日本の童謡を私が独自に英訳して楽しく歌えるようにしていきます。 今まであまり英語で歌われてこなかった日本の素晴らしい童謡を英訳することによって、日本のお子さまだけでなく外国の方にもこんな歌だったんだと分かってもらえるといいなとも思っています。 私のYouTubeでも「おひなさま」「こいのぼり」を英訳して歌っています。 これを音遊びとしてみんなと共有して、英語を難しいものと構えずにシンプルに楽しく遊んでもらえるようになったらいいなと思います。 遊んでいるうちに気づいたら英語だけでなく、楽器もめちゃくちゃ楽しくなって、上手に弾けるようになっていけたらいいですね。 小さい子が自然と音遊びが始まるといいなって思っています 英語やリズム、楽器を「さあ身につけよう」「覚えよう」とすると構えてドキドキするんですけど、太鼓は叩いていると「この音面白いな」って……。 そうそう、ちっちゃい時はダンボールとか叩いたりするじゃないですか。 その延長線上にあるといいなって思っています。 子供の頃コップに水を入れて叩いたりして、お行儀が悪いとめちゃくちゃ怒られちゃいましたけど……。 でも、水が一杯入っていたらこんな音、ちょっと飲んで少なくなったらこんな音って気づいた記憶があるので、、、そう言った体験が音・楽器の入り口になってドレミが自然と身についていくのが理想ですね。 「これってドって言うんだ」という感じで小さい子が自然と音遊びが始まるといいなって思っています。 木の楽器には、人に、地球に、優しい「ぬくもり、あたたかみ」がある ナカノさんの木製楽器には人に、地球に、優しい「ぬくもり、あたたかみ」があるので、私は嬉しくて大好きです。 お子さまにもお勧めできますね。 楽器は人が作り上げるものですが材料の木は元々地球の一部です。 その自然な素材を活かして作られた木製の楽器を触ると「優しくなるあたたかさ」を感じますよね。 ガイア(大地の女神)のエネルギーがつまったものに人の手が加わったとしても、やはりそこに「あたたかみ」は無くならないので小さい頃から触れることは素晴らしいことだなと思います。 昔は、木や竹を使って自分で遊び道具を作ったり、公園では木の遊具で遊んでいたことを思い出します。 私は「えんぴつ」が好きなんです。 今でもシャープペンシルではなく木のぬくもりのある「えんぴつ」を使って書き物をしているんです。 ですから、楽器の「ぬくもり」に触れて、子供たちが「英語はたのしい!」と感じながら音遊びができる「えいごリズム」のメソッドには「ひらめき」を感じました。 —————————————————————- クリステル・チアリさん、お話しをありがとうございました。 では、今後をお楽しみに!! 占いをはじめ、様々なメディアでコンテンツリリース。 自らもセッションやワークショップを開催したり、個人セッションも行ってます。 MotoGP やモトクロス、国内でのさまざなレースでMC やゲストで参加。 CATEGORY• 113• 16 TAGS• ARCHIVES•

次の

『クリステル』VS『十得鍋』徹底比較!両方を使いこむ主婦がおすすめのステンレス多層鍋をレビュー|なばなブログ

クリステル

料理研究家ミセスのお宅を訪問 調理グッズや食器などが美しく納められた、横川さん宅のキッチン。 「有名な、いいお鍋」にはいくつかありますが、今回ご紹介するのは「クリステル」。 実はガイド自身もここ数年愛用しているのですが、クリステルの魅力をさらに知りたくて、素敵なミセスのお宅を訪問してきました。 おじゃましたのは、都内でイタリアン料理教室を主宰する横川まどかさんのお宅。 ご主人とおふたりで暮らす都心のご自宅で催される料理教室は、定員8名のアットホームながらも本格レシピが人気です。 「食べること中心に生きてます(笑)」とはご本人の弁ですが、横川さんのそんな気さくなお人柄も料理教室の魅力のようです。 コンパクト! 今回ご紹介したクリステルは、フランス製のステンレス多層鍋。 ガイド自身も愛用しているのですが、「使い勝手のバランスがとれている」というのが実感です。 機能はしっかりしているのに重すぎない。 ハンドルが外れるので入れ子にして収納でき、場所をとらない。 すっきりしたデザインなので汚れもたまりにくく落ちやすい、と「基本の鍋」の条件を兼ね備えています。 横川さんのお宅にはクリステル以外にもたくさんの鍋がありましたが、「使うのは断然クリステル。 重過ぎないし、手入れがラク。 ハンドルを外して冷蔵庫や食洗機にも入れられるので、こればっかりです」とのこと。 結婚や新築のお祝いとして差し上げることも多いそうです。 「グラフィットシリーズ」と「Lシリーズ」の2ライン 「Lシリーズ」で3つの料理を同時並行で行うとこんな感じ。 クリステルには日本で約15年販売されている「グラフィットシリーズ」と、2004年に新たに加わった「Lシリーズ」という2つのラインがあります。 ガイド宅では「グラフィットシリーズ」の「スターター・プラス」という大中小3サイズのものと、別に買い足したひとまわり大きいものの4種類を愛用。 「スターター・プラス」は蒸し料理もできるバスケットなども付属しており、最初に揃えるにはおすすめのセットです。 一方、横川さんのお宅では新シリーズの「Lシリーズ」が大活躍でした。 こちらは直線的なデザインで、よりスタイリッシュな印象。 特にガイドが気に入ったのが、フラットふた。 クリステルの魅力である「収納の場所をとらない」がより進化した形と言えます。

次の