まるで 意味 が わから ん ぞ。 どうせ

どうせ

まるで 意味 が わから ん ぞ

まるで反対だ. 彼は まるで別人だ。 まるで is used when you express something by a metaphor or simile. どうやら is used when you say something by your guess or inference. あたかも is the almost same as まるで. examples: まるで嵐でも過ぎたかのように部屋が荒れているな。 This room is in a terrible mess as if a storm had gone through. どうやらこれは自殺ではなく殺人事件のようだ。 This is probabry a murder case, not a suicide. この町の治安の悪さはあたかも内戦が起きてるかのようだな。 The peace of this city is terrible as if this city were at civil war.

次の

まるで意味がわからんぞ!とは(意味・元ネタ・使い方解説)アニメ

まるで 意味 が わから ん ぞ

いつも遊星が使っているパソコンの前に人影がある。 遊星よりもがっしりしていて、大きな背中だ。 すぐに夢だとわかったのは、ルームウェアに着替えたはずがなぜかシャツとジーンズを身につけていて、しかもそんな自分を俯瞰で見下ろしていたからだ。 視界は遠いのに手や肩は動くし、自分のぽかんと間の抜けた顔と、勝手に遊星のパソコンを使っている誰かの背中を同時に見下ろすのは、なんだか不思議な感覚だった。 軽快にキーボードを叩いていた、丸まった背中がぐうっと伸びる。 あくびをしながら襟足に跳ね癖のある髪を掻き混ぜて、そして椅子を引いた。 若い男だ。 ブルーノよりもいくらか年上で、遊星より一回りは若いだろう。 当然面識はないが、ブルーノを振り返ったきつめの目尻や黒っぽい瞳がなぜか懐かしい。 警戒するのが馬鹿らしい気になってしまう。 「やあ」 笑うと拍子抜けするほど目つきがやわらかくなる男だった。 大きな手のひらで隣の椅子を叩き、どうぞと言って笑うので、勧められるまま腰掛ける。 にこにこ見下ろされるとどうにも落ち着かない。 「遊星は相変わらずみたいだね。 ……ああ、でもちゃんと毎日寝るようにはなったのかな」 「あまり、自分の部屋は使わないけどね。 たいていここのソファーで寝てるよ」 「しょうがないなあ」 ここにいない遊星へ向ける苦笑が親しみに満ちている。 しばらく肩を揺らして、男はそっと細めた目でブルーノを見た。 こことは違う遠い何かを探るようなまなざしで、すぐ隣のブルーノへ笑う。 これは夢なのに、しっとり冷えた夜気や明滅するディスプレイの青白い光がいやにリアルだ。 初対面の見知らぬ男が深夜の下宿先でパソコンをいじっているという非常識さがなければ、これが現実の続きだと勘違いしたかもしれない。 「ここでの生活はどう? 楽しいかい?」 「とても楽しいよ。 遊星は色々なことを教えてくれるし、学校もそれなり」 そう、と男は笑う。 「羨ましいなあ」 「学校が?」 「ううん。 学校も楽しそうだけどね。 遊星と一緒に過ごせる君が、羨ましい」 瞬きを繰り返すブルーノへ少し肩を竦めて、男は視線をななめに上げた。 キッチンやリビングもすり抜けて、今きっと彼はその先にある遊星の自室へ向かいたがっている。 いったい彼はどうして人の夢のなかでくつろいでいるのだろう。 遊星のことを知っているようだし、どうせなら彼の夢枕に立てばいい気がする。 浮かべる表情は穏やかなのに、会いに行けばいいのに、と気楽に言ってやれない雰囲気だ。 居心地の悪さをおぼえて椅子の上でごそごそするブルーノに気づくと、男はのんびり微笑んだ。 「遊星は僕の憧れで、夢そのものだから。 ずっと彼の傍にいられたらってどうしても思ってしまうんだ」 「会いに来ればいいじゃないか。 遊星はどんなに忙しくても、会いに来てくれた人を追い返したりしないよ」 「うん」 男は曖昧に頷いて頬を掻く。 さっきからずっと笑っているが、今はことさらに表情がやわらかい。 「いいんだ。 会いたいけど、僕はもう大丈夫」 「……どういう?」 「僕が君に繋がって、やがて君が僕に繋がる。 これも絆なんだ、きっとね」 「絆?」 耳慣れない言葉だ。 けれど、どうしてか懐かしく聞こえる言葉だ。 噛みしめるようにして単語を発音するブルーノの頭に男が手を置いた。 大きな手のひらで髪をぐしゃぐしゃにされたので、唇を尖らせながら振り払う。 「大切な友達から教えてもらった言葉なんだ。 意味がわからなかったら、いつか遊星に訊いてごらん」 こっくり頷くと男も嬉しそうに頷きかえしてくれた。 ブルーノが払いのけた手を、今度は肩に置く。 「……遊星のこと、僕の代わりに見てあげてほしい。 彼はとても優しい人だけど、自分のことにはとても鈍感だから」 「うん」 彼の言うとおりだ。 ブルーノがポッポタイムに押しかけたあげく受け入れてもらったこともそうだし、研究のこまごまとした手伝いをさせながら知識を与えてくれるさりげなさ、向けられる信頼も、すべてに遊星の気遣いを感じずにはいられない。 遊星のことをよく理解しているのだろう、男の声が深かった。 だが、とブルーノは肩に手を置く男をじっと見上げる。 「僕は、あなたの代わりがしたくて遊星の傍にいるわけじゃない。 あなたの代わりに遊星を見るなんてことはできないよ」 自分の意志で、ブルーノは母国を飛び出して遊星のもとへ転がりこんだのだ。 食卓へ引きずって行かなければ平気で食事を忘れるくせに、ブルーノがせがんで取りつけたライディングディエルの日時はしっかり覚えているような人との共同生活を、誰かの代行で続けているつもりなどこれっぽっちもない。 男はきついまなじりを見ひらいて、ブルーノの目をじっと覗きこんだ。 つるつるしたガラスと似た目に、ピントを合わせるように凝視されると尻の座り心地が悪い。 「……うん」 ブルーノの鼻先で男が顔をくしゃくしゃにして笑った。 「うん。 そうだね、そうだ。 君の言うとおりだ」 本当に嬉しそうに呟いて、男は晴れ晴れしい笑顔をブルーノに向ける。 夢で出会ったりしていなければ、きっとブルーノと彼は友人になれたはずだ。 ブルーノと同じく遊星を憧れだと言う彼から、もっと色々な話を聞いてみたい。 静かに笑いかける男は、そう思っていることをすっかりわかっている顔つきだった。 「さよなら。 ブルーノ」 にこにこしながら男が手を振る。 もう二度と会うこともないのだろうなと漠然と思いを巡らせかけて、そこでブルーノの意識はぶつりと途切れた。 「……うーん」 目を開けたら自分のベッドでしっかり毛布にくるまっていた。 不可思議な夢に首を傾げながらルームウェアを脱ぎ、作業服に着替える。 今日は朝から遊星の手伝いをする約束になっている。 リビング、キッチンを覗き、人の使った痕跡がないことを確認する。 居住区とガレージを繋ぐ階段から身を乗り出して階下を見回し、やはりソファーに丸まっていた人影にため息をついた。 こんなに近くで居眠りしていたのなら、昨日の夢についでに遊星も出てくればよかったのではないか。 階段を駈け降りてソファーの前に仁王立ちする。 腕を組み、大きく息を吸いこんだ。 すうすうと健やかな寝息をたてる、デュエリストとして科学者として、そしてそういうものをすべてまとめた一個人として敬愛する人の肩に、申し訳程度にかけられていた三色切り替えのジャケットを引き剥がす。 白と青、黄の三色が使われたジャケットは目立つ色合いだが、遊星の趣味ではないし、彼が着るには少し大きい気がする。 むしろブルーノが羽織ってちょうどいいくらいだから、遊星が目覚めたらねだってみよう。 そしてそのために、ブルーノは腹に溜めた声を朝の平穏な光のたゆたうガレージへ思いきりぶちまけるのだ。

次の

わたしは

まるで 意味 が わから ん ぞ

「誰か説明してくれよ!」 -- 名無しさん 2013-06-30 21:01:59• 「答えろ!答えてみろルドガー!」(答えろルドガー!) -- 名無しさん 2013-09-21 07:12:32• ルドカー「調整中だ」 -- 名無しさん 2013-10-09 15:20:14• EDF4でもアースイーターの報告に言ってなかったっけ? -- 名無しさん 2013-12-24 16:57:49• -- 名無しさん 2013-12-24 16:59:28• 答えルドも入らないかな -- 名無しさん 2013-12-24 17:29:40• 略してまるみかん -- 名無しさん 2014-01-07 22:08:30• まるで意味がわからないんです!信じてください! -- 名無しさん 2014-03-28 07:23:18• ああ! -- 名無しさん 2014-04-05 22:08:40• 使いやすい -- 名無しさん 2014-04-05 22:17:08• それって満足街? -- 名無しさん 2014-04-08 00:46:57• それってナンバーズハンター? -- 名無しさん 2014-04-20 22:32:57• 類義語にアンヘルの台詞も追加してほしいな... -- 名無しさん 2014-05-22 11:51:55• なぁにこれ -- 名無しさん 2014-06-04 19:13:50• 何でも管轄外にする兄さんは嫌いだ・・・ -- 名無しさん 2014-06-15 01:10:36• -- 名無しさん 2014-06-15 01:21:50• -- 名無しさん 2014-06-30 18:09:42• つまりどういうことだってばよのタグにリンクがないんだが…まるで意味がわからんぞ! -- 名無しさん 2014-08-25 22:25:44• 漫画版でも出てきたので追記してみました。 -- 名無しさん 2014-09-21 03:58:01• 今回の制限改定でも言われまくるんだろうなぁ -- 名無しさん 2014-12-17 01:18:04• ARC-Vで権現坂ver追加だな! -- 名無しさん 2014-12-23 21:19:53• 遊戯王シリーズでは貴重な常識人からの常識的なツッコミ -- 名無しさん 2015-02-04 08:52:26• どういうことだってばよ… -- 名無しさん 2015-02-04 09:22:52• TFSP にてカイザーも使用 -- 名無しさん 2015-02-14 14:10:49• 遊戯王の中でもこのセリフの汎用性はズバ抜けてる。 最後に!がついてるから勢いもあって良い。 これで上官の出番が多かったら間違いなくネタキャラになっただろう。 -- 名無しさん 2015-03-26 18:37:07• 5つってもあそこでミサイル撃たなかったら死んでたからなんともいえん。 結果的にそれで助かったんだし返答の仕方では穏便に済んだ可能性もあるんじゃないか?とも思う -- 名無しさん 2015-03-31 22:41:50• -- 名無しさん 2015-04-24 11:01:04• 俺が言いたいのは裁かれるか否かではなく、軍法会議前に退官は無理なのではないか?ってこと。 -- 名無しさん 2015-06-03 20:45:02• もしくは名家の出っぽいし、そこら辺で便宜が図られたとか。 -- 名無しさん 2015-07-31 15:51:36• ネタ抜きでも汎用性あるよね -- 名無しさん 2016-07-20 23:31:48• マジで兵器より強いモンスターたちが大暴れするのを見て、この場面が心に浮かんだよ -- 名無しさん 2016-10-18 17:03:41• 実際ほんとうに意味がわからんからなぁこのセリフが出た状況 -- 名無しさん 2017-03-03 19:10:11• pixiv百科事典やニコニコ大百科の「まるで意味がわからんぞ! 」の項目で、「ハラルドが戦おうとしているイリアステルは歴史改変によって邪魔な人物の存在そのものを抹消してしまえるほどの力を持つ相手(実際、イリアステルの手によってシグナーなど対処する力がある者以外にとっては、「最初から存在しなかったことにされてしまった者」もいる)。 だから真相を知ってしまったら上官や軍の仲間にも危険が及ぶと考え、あえて真相については伏せざるを得なかったか、わざと真相がわからない意味のわからない言い回しで説明したのではないか?」という旨のフォローの文章を見かけて納得した。 -- 名無しさん 2017-05-31 15:01:32• 何でもかんでもデュエルで決着を付ける世界でも一応、一般人にとって最大の防御手段が軍であることにむしろ驚いた -- 名無しさん 2018-01-04 14:35:48• ジャックの台詞と勘違いしてる人もまれによく見る台詞 -- 名無しさん 2019-03-10 11:52:38• 蒼天航路の呂布が劉備と袁術を和睦させるときの紀霊かと思った -- 名無しさん 2019-10-29 20:29:47.

次の